FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。





アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム








「そこはいや。ダメ、許して・・・アアアァァァ・・・・・・」
だが指はもう一本増え二本差し込まれてしまった。何回も權衆を受け入れ柔らかくなっているアヌスは、やすやすと権治の指を受け入れていった。
「ア~、アアンン~~、ハァ、ハァ~~」
その間も権介が腰を突き上げて、梨花子を高みに上げようとしている。縄に絡め捕られながら、梨花子は権介の上で揉まれ続けていた。
権治は差し込んだ二本の指を広げる。いびつになりながらも、ほの暗い穴が広がった。
「ウン、いいかな。・・・いいな」
権治が張り切った剛棒に壺に入った液体をたらりと垂らすと、先端をその穴に当て力をこめた。その液体も何回も使われている樹液から取った潤滑剤で、その上催淫効果を持っている。

既にとろとろの秘筒は権介の太い肉塊で満たされている。さらに、菊座の口にも権治が潜り込もうとしているのだ。
アナルを単独で犯されたことは何回かあったが、二穴同時というのは無かった。
「イヤー、ダメ。そんなの無理・・・出来ない~で・き・ない。ヒヒィ・・・ウウッ」
先端がぶすぶすと潜り込む。
「ヒーーィィ・・・」
すでに埋められた権介のものと薄い粘膜一枚だけで隔てられた肉肛を、また権治の野太いものが満たしてくる。
権治の先端が潜り込むと、その粘膜一枚を隔てて、権介のものと擂りあわされる。
じりじりと深く嵌ってゆく。 そして、遂に権治の下腹が梨花子の尻の双丘に密着してしまった。
「よ~し、すっかり収まったぞ」
「アアア・・・ア、ア、ア~~~~~」
権治のものもすっかり呑み込まされると、梨花子は権介と権治にサンドイッチになってしまい、全く身動きもできずに、ただ喘ぐだけになってしまった。

「ア~、ア~・・・・・・アハ・・・アハゥ・・・」
大きく口を開けて、荒い息をつく。
男二人はそんな梨花子を間に挟んで抽送を繰り返す。二人の間で、もみくちゃにされ、下半身が燃えるように熱い。もう自分のものではないようで、ただただ熱い。快感の波が駆け巡っている。
権介の張った鰓で肉筒の襞を擦り上げられ、子宮口を突き上げられる。それに呼応するように権治の棒が、腸壁をかき乱す。
権造が空ろになりかけた梨花子の髪の毛をつかむ。がくがく揺れている梨花子の顔をぐいっと持ち上げた。顔の前にやはりこん棒のような塊を突き出していた。梨花子の目はもう焦点が合わないようにぼんやりしている。
「口を開けるんだ」
顎をつかむと無理やり口を開かせる。そして、そこへ塊を押し込んだ。
「グエッ!」
喉まで突かれて息もつまる。

三箇所すべてを埋め尽くされてしまった。
その全てが微妙にずれながら動く。権造は掴んだ髪を離すと、両手で頭を挟み込み自分の腰の動きに合わせて揺り動かした。口の粘膜がその先端と鰓でこすり上げられる。喉まで突かれ捏ねられる。
同時にGスポットを擦り上げられて、子宮口までつかれる。
その上、一度權造の口で吸引された一番敏感な器官が大きく勃起してしまい、下になっている權介の躰に挟まれて、男がオナニーをするような刺激を受けていた。
躯中が火の玉になったようだ。快感の波というよりは躯中が溶け出して行く。
「アアア・・・アワ・・・アワワ・・・」

揺れる。土蔵全体が揺れる。そして歪んできた。
<大神様・・・きて、きてくだ・さ・・・>
梨花子はいつの間にか宙に浮いていた。蔵の床も壁も、そして天井もない。ただただ光が満ち溢れ、その中に梨花子は浮いた。 權衆たちも梨花子が大神様に包まれると同時に、大神様が憑依していた。
三人の権衆の中で、梨花子の躰は完全に力を失い、ただ権衆の動きと共に揺り動かされ、口からは涎が、秘口からは愛液が溢れ出てぐしょぐしょになっている。
「よし、いくぞ」
「おおう」
「うむ」
男三人は呼吸を合わせ、ピッチを上げた。
「それっ」
権造がまず梨花子の口の中に、熱い白濁を放出した。
権造はすぐに自分のものを梨花子の口から抜き取り、その顎を押えて放出したものを吐き出さないようにした。梨花子は無意識のうちにごくりと喉を鳴らし、生臭い白い液を飲み下していた。
それを合図のように権治と権介が同時に梨花子の胎内に、熱いしぶきを浴びせかけた。それは梨花子にとっては、大神様の精であった。
「ヒィーーー、イ・・・大神・さま、アアア・・・・・・うれしいぃぃぃ・・・・・・」
梨花子は棒のように突っ張ると、貪るように犯しているものを吸い上げて行った。

権衆たちが去った後も、梨花子は襤褸屑のように、土蔵の床に打ち捨てられていた。秘口からも菊座からも白い液がどろりと流れ出している。
口の端からも、飲み切れなかったものが泡状に溢れ出ていた。
だがその顔は恍惚とした笑みを浮かべ、意識はまだ宙を舞ったままであった。

端座した御台所様は、眼を閉じてその様子を見ていた。そう、御台所様は眼で見てはいない。大神様と一体になり、そして大神様と一体になった梨花子を、梨花子と同じ満ち溢れた光の中で観ているのである。

「時は満ちた。大祭を執り行なおう」
口から漏れた声は、いつもの御台所様の声ではなかった。地の底から湧き出すようなしわがれた声である。男の声とも聞き取れそうな低い声であった。
「大神様・・・」
側に控えていた菖蒲がはっと顔を上げた。
「神職に伝えるがよい。亥の日、亥の刻に大祭を執り行うようにと」
「はい、かしこまりました」
そそくさと菖蒲が立ち去ると、御台所様ははっと我に戻った。
<桜子、ご苦労だった。あと少しだ。>
<大神様・・・・・・>
御台所様、すなわち桜子の意識の内部で、大神様の声が聞こえる。
御台所様が桜子に戻る日、すなわち大祭は間もなくである。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







梨花子が意識を取り戻すと、權衆は縄を引っ張って梨花子を再び立ち上がらせた。しかし、鞭打ちでかなりの打撃を受けた梨花子は、しっかり立つことは出来ず、体を二つに折って縄にぶら下がっていた。そのため、紅色の鞭跡を鮮やかに記して、蚯蚓腫れや出血もしている豊かな腰が、大きく後ろの突き出されてしまっていた。
この姿勢では、後ろからの方が、秘所はあからさまになる。
「どの位感じ易くなったかな」
権造の片手が梨花子の股間を割る。
「素直に脚を広げるんだ」
権治のごつい手が後ろから太腿を押し開く。その手に押されて、おずおずと足をずらした。逆らっても無駄なことは学んだ。それよりさっきの強烈な鞭打ちで抗う力を失っていた。
早く大神様を迎えたい・・・梨花子は權造達に責められて、犯され続けてきたうちに、それを待ち望むようにすらなっていた。
だが、恥ずかしさはどうしようもない。そのためについ逆らい、抗ってしまう。それがまた権衆を奮い立たせ、大神様を悦ばせることには、梨花子はまだ気付いていなかった。

菖蒲を伴ってひっそり座っている御台所様は、目を閉じている。大神様がすでに朧に表れているのを、感じているかのように、その顔はうっとりとしていた。

権造の手が秘所を探り、秘裂を指で開く。襞を左右に割ると、紅く艶めく秘口に差し込んできた。梨花子はそこが既に潤んでいることを知っていた。恥ずかしい‥‥‥
「やっぱり濡らしているか。御台所様と同じだ。括られて鞭で一寸可愛がるともう濡らしてしまう。淫らな躰になったな」
「言わないで下さい・・・恥ずかしい」
「そうじゃなきゃ、大祭には臨めないんだ。恥ずかしがることは無いじゃないか」
権造の指が巧みに梨花子の秘所をまさぐる。それにつれ、ますます潤みが増してきた。
権造がそうやって梨花子をいたぶっている間に、権治と権介は着ていた作業服を脱ぎ捨てた。下帯も取り去り、力仕事で鍛えた体を梨花子に誇るように立ちはだかった。
権介が梨花子の前に立ち、梨花子の躰を立たせると、腰を股間に差し込んできた。
今までは、誰か一人か多くても二人で梨花子を凌辱してきた。どうやら今日は三人で嬲ろうとしているらしい。

自由を奪われて一方的に犯されるというやり方で、秘口も菊座も蹂躙されるのだが、權造とは何回も肌を合わせるうちに、愛おしさというか、何か肌にあうものを感じ始めていた。だが、今日はそんな甘いことは許されないようである。
梨花子は日常的にはほとんど権介には会っていない。御台所様の下働きは専ら権造の仕事である。権介が屋敷内に来ることはなかった。もちろん調教の時は權介も参加して、その若い肉体を存分に活躍させていた。ただ、權衆の中では、一番下の地位のようだった。しかし今日はその権介に、やにわに股間を割られてしまったのだ。一番下の權介が最初に股間を割ってくると言うことは、その後はもっと激しい責めもあるのであろう。

「いやっ、やめて~」
思わず腰を捻って避けようとしたが、権介はすかさず前から梨花子の裸体を抱きすくめた。
それと同時に權造が梨花子を吊っている縄を緩めた。しかし、完全にほどいた訳ではなく、梨花子の高さを調整するように縄を握り締めていた。
権介が梨花子を抱きながら床に腰を降ろす。身動きもならず、梨花子は権介の上に跨ぐように座らされた。権治も嫌がる梨花子の肩を押さえ、無理やり座らせてゆく。
権介が仰向けに横になった。若々しい隆とした太い肉塊が、既に突き上げるように上を向いて、先走りの液に赤黒く光っている。權治はそこへ梨花子を座らせようとしている。
「こんな格好で・・・アア・・・」
権造と権治は、既に愛液を吐き、ぬるぬるになっている梨花子の急所をそこに合わそうとしている。体をねじり、避けようとしても、吊り縄を調整され、権治とさらに下から権介に腰を抑えられて、梨花子は自由に動けない。
「よし、いいですよ」
まるで荷物を所定の位置に降ろそうとしているようだ。権介も下から自分で動いて合わそうとしている。
「アア、ダメ。イヤ~~アアアン、入っちゃう。ダメ~~~」
権介の先端が肉口を捉えた。すっと縄が緩められる。さっきの鞭打ちで梨花子は脚に力が入らず、ずるずると腰を落としてしまった。
自分の体重で権介を呑み込んでしまっていった。躰を吊り上げられているとはいえ、自分が膝をついて男に跨っている。梨花子にとっては初めての形であった。

「アウン・・・」
ずしんと子宮口が突き上げられる。どっと躰の奥から溢れ出るものが、権介のものを包み、さらに滑らかになった。
「座り込んでいないで、自分で動くのだ」
権造が梨花子を吊っている縄を引いたり弛めたりする。まるで操り人形だ。縄に操られて梨花子は腰を上げ下げし始め、やがて縄に吊られるのではなく、自から動いてしまっていた。いつの間にか声も出てしまっている。
「アア・ア~、ア~・・・ア、ア・・・アゥ・・・」
「いいぞ、いい・・・その調子だ」
権介の声に、ますます梨花子の動きが滑らかになってくる。
縄が殆ど弛められた。梨花子は体を真っ直ぐに立てていられず、前に二つに折り、権介に覆い被さったようになった。権介がその梨花子を下から抱きすくめる。

「いやー!」
突然梨花子は双臀の底に沈む蕾に指が触れたのを感じた。いまやすっかりびしょ濡れになった結合部の愛液が、そこに塗りつけられる。そして、誰かの指がズズッと差し込まれた。
振り向いた梨花子に権治がニタリと笑いかける。
「ここが寂しがっているだろう」


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







梨花子はそれから何日も権治達によって調教された。必ず縄で縛れて自由を奪わる。毎回縄できつく括られていくと、縛られただけで身体を熱くするようになってきてしまった。
秘筒はもちろん、アヌスでも快感を得て、大神様に包まれなくても絶頂を迎えられようにはなった。
いつの間にか10月を迎えていた。この季節になれば裸では寒くて過ごせないはずだが、何故か梨花子の周りは暖かい。暖気が包みこんでいるかのようである。他の者たちも同じらしく、夏から秋になっても着る物は厚手にはなっていなかった。

そんなある日、権衆三人が揃ってやってきた。
「いよいよ大祭が近づいたので、梨花子の調教の仕上がり具合を、御台所様に確かめていただく」
権衆が確かめるということは、何をするのかは分かっている。そうは言っても梨花子にはまだ大祭で何が起こるのかは分かっていない。權造が大祭までといいながら、梨花子の性を開発していることは確かに関係があるのだろう。だから、確かめるというのは、当然それと関係があることは、梨花子にも察せられた。

「今朝もきちんと準備はしてあるな」
「はい、済ませています」
小さな声で梨花子は答えた。毎朝訊かれるが、この質問の意味は主として浣腸をして、大腸を綺麗にしてあるかと言う意味である。梨花子は訊かれるたびに、恥ずかしい思いで、声も小さくなってしまう。
それも含めて全て桔梗と小菊の手で、梨花子は調教を受ける準備を終わっていた。手を袋に入れるようなことをされなくなってからも、梨花子は何もせずに、食事まで含めて二人の付人に委ねていた。それにもすっかり慣れてしまっていた。
梨花子は何時もの通り、両腕を後ろに回して、一糸まとわぬ身を權造に差し出した。
權造もいつもの通り、梨花子を後手に縛り上げると、縄尻を取った。縄の拘束感がこれからの男たちの責めを期待させるのか、梨花子の股間は既に潤い始めてしまっていた。

「じゃあ、土蔵に来てもらおうか」
梨花子は両腕を縛られると、自然にうなだれる。そのまま自由を奪われた躰を捩るようにして立ち上がると、權造に縄尻を取られて、囚人のように下を向いて土蔵へ歩き始めた。桔梗と小菊は、いつものようにそこで用事は済んだとばかり、座ったまま残っていた。
下の毛も、完全に無毛になってしまっていた。医師の成田に剃られて、薬を塗られてから、数度成田の確認を受けた。ポツポツと数本延びてきたものをまた剃られて、薬を塗られて行くうちに、全く生えてこなくなった。多分、毛根が死んでしまったのであろう。と言うより、ここの村の不思議な薬草が、剃った毛孔から浸み込んで、毛根を殺してしまったのであろう。

土蔵に入ると、何時ものように権衆に取り囲まれ、土蔵の二階に上った。
權介と權治が梨花子を押さえつけると、權造がさらに縄を足して、梨花子の上半身を雁字搦めに縛っていった。縄が増えるたびに、拘束感が増して梨花子は益々縄に酔ったように、男たちの手に身を委ねてしまっていた。

梨花子は伊野谷村に着いた夜、御台所様がこの土蔵で権造に責められた時に、やはり同じように手首を縛られていたのをふと思い出した。あの夜、御台所様は梁に吊り上げられ、権造に貫かれた。そして、その時初めて梨花子は大神様を目にした。目にしたというより、その存在を空気の歪みとして感じることが出来た。御台所様は大神様と一体になる至福に浸っていたのだろうと、今になれば理解できた。
調教の成果を、三人の権衆はどのような責めで確かめようとするのか、梨花子は一抹の不安と一緒に甘い期待にも満たされていた。調教の間は現れなかった大神様は、今日は特別にその責めで抱き取ってくれるだろうか。
調教の確認と言うのは、今まで梨花子が受けてきた苦しくも愉悦に満ちた責めを、大神様が受け入れてくれることの確認であろう、そう梨花子は期待していた。

權造は更に縄を足して、乳房を絞り出し、息も出来ない位きつく上半身を縛り上げる。そして最後の縄尻を中央の梁にかかった縄の環に通し、權治と二人でその縄を引いた。縄を引かれると、梨花子の躰は後手縛りで吊り上げられて、ひとりでに躰が前に折れて、ここの所とみに豊かになってきた腰が突き出されてしまった。
爪先立ちになる位まで引かれたが、さらに二人は引き上げる。
「アア、ダメェ、許して‥‥‥」
哀願しても詮方ないことは分かっていても、梨花子は許しを願ってしまう。
後手縛りでの宙吊りは縄が躯に喰い込み、痛いだけでなく、呼吸も苦しくなる。そして、今までの経験でその後待っている責めも辛い。だが、あっと言う間に梨花子の足先は床を離れ、躰がゆっくりと回転し始めた。

足先が床から三十センチ位の高さで止まったが、高さとは関係なく、吊られることには変わりはない。
梨花子が思った通り、權造は鞭を持ってきた。それも一番恐れていた一本鞭である。
權造は梨花子の目の前で、ヒューと一振り空を切ると、また振りかぶって、梨花子の豊かに張り出した尻の膨らみを打ち据えた。
「ヒィーーッ!」
鞭は尻に炸裂した後、まるで蛇のように絡みついて、前の方まで痛みを走らせる。梨花子は必死に脚を絡ませて、恥ずかしい敏感な所を守ろうとするが、強烈な肉を引き裂くような痛みで、ついそれが緩んでしまう。
ヒュー、ビシッ!
梨花子が身構える前に、再び鞭はほぼ同じ所を打ち、その先端は緩んだ秘裂にも届いてしまった。
鋭い痛みではあるが、ジーンとした痺れるような感じが躯に浸み込んでくる。何回か鞭打ちをされている間に、打たれた後の躯に浸み込んでくるその残響のようなものが、梨花子にとって快感になり、不本意にも躯が潤んできてしまう。さらに吊られて縄の拘束感も増していて、何時しか恍惚感さえ感じ始めていた。しかし、それを打ち破るように、快感を感じて膨れ始めた肉の芽に鞭が当たった。
頭に突き抜けるような痛みとも違う強烈な刺激に、梨花子の躰が跳ね上がった。そして力尽きたようにぐったりとしてしまった。
「第一段階はここまでかな、それにしてもすっかり濡らしてしまっているな」
權造は權治に手伝わせて、一旦梨花子を床に横たえた。
この鞭打ちの間に、密やかに御台所様が菖蒲を伴って登ってきて、部屋の隅に座ったのも、鞭打たれていた梨花子は、当然気付いていなかった。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト



BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード