FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。

海外発・優良サイト(有料)のご紹介











ブログランキングに参加してます。クリックお願い⇓






小夜子が気が付いた時には、まだ車は走っていた。しかし、小夜子は冷たい手錠で、両手首を後手につながれて、さらに目隠しをされていた。左右の男に両腕をがっしりと掴まれ、身動きも出来ない。どこをどう走っているのかも分からないが、僅かに潮の香りが空気に混じっていた。
車が停まると、ガラガラとシャッターの開く音がした。車はまたゆっくりと進んで停まる。今度は背後でシャッターの音がした。

小夜子は乱暴に車から引きずり出された。目隠しが取られる。
がらんとした倉庫の中であった。片隅に木箱が幾つか積み上げられている。奥の方に鉄骨で二階が作られ、事務所になっているようである。鉄の階段が事務所へ通じていた。その階段を四人の男が降りて来た。そのうちの二人が、シャッターの脇の出入口を通って外へ出だ。

「おんな、預かったものはどこだ」
小夜子の前まで来ると、ほっそりしたスーツ姿の男が小夜子のあごをつまみ上げた。小夜子は萎えそうな気持ちを必死に立て直して男を見た。
「預かったものって何なのですか」
「お前の男から預かったものだ」
「男って、畠山さんのことですか」
「お前には畠山と名乗ったのか‥‥‥そう、その畠山だ」
「何にも預かってなんかいません」
「金井さん、お嬢さんは預かってないといっているじゃないか。見込み違いじゃないのか。それとも、そっちが別に流したのか」
金井と一緒に事務所を降りて来た太った男が、ちょっと癖のあるイントネーションで口を挟んだ。
「朴さん、それはないでしょう。そんなことをしないことは、今までの長い付き合いで分かっているでしょう。上手くやられてしまったんですよ」
「それなら、その畠山というのを連れてきて、白状させればいいでしょう」
「それがどうもよく分からない男で、網に引っかからないんです。でも、この女は間違いなくその畠山の女です。原版を預かっていなくても、畠山がどこにいるのか位は知ってるはずです。もうちょっと時間を下さいよ。今日あの博物館へ連絡員の女が行くと言うのは確かな情報なんですから。現に畠山の女が来たでしょう」
「ともかく今日中だ。明日は船に乗せる。だめなら本国へ戻って報告する」
「分かりました」 
金井は小夜子を連れてきた男達のほうを向いた。
「ともかく白状させろ。殺さなければ、何をしてもいいぞ」

金井のその言葉で、三人の男達がいっせいに小夜子に襲い掛かった。ボタンが吹っ飛ぶほどの勢いで、博物館へ行くので着てきたしゃれたワンピースが毟り取られた。
靴も脱げて、遠くにすっ飛んで行った。
屈強な男達に動きを封じられ、腕を捩じ上げられる。スリップも鋭い音を立てて引きちぎられた。
もう小夜子は悲鳴すら上げられない。茫然自失の状態で、男達の手の中で小突き回されていた。
足払いを掛けられ、うっすらと砂埃の浮くコンクリートに倒れると、両脚を持ち上げられ、パンティーストッキングとショーツが、情け容赦もなく足先から抜き取られた。
瞬く間にすっかり脱がされ、小夜子は丸裸の細い体を丸め、床にうずくまってしまった。まるで毛を毟られた兎みたいに、白い体を震わせていた。

「こいつ、パイパンじゃないか」
「剃っているんだな。こんな可愛い顔をしていても、プロの女じゃないのか」
「こんな体をしているんだ。やっぱり、こいつが連絡員で、原版をどこかに隠してるぞ」
「ハンドバッグは調べたか」
「手がかりになるようなものは何も無かった」
男達は口々に言いながら、小夜子を床に押さえ込んだ。硬いコンクリートの床に背中が当たって痛い。
「ちゃんと押さえてろ」
男の一人がズボンを脱ごうとした。

「お前たち、何をやってるんだ。回せって言ってるんじゃないぞ。原版のある所か、男の居所を吐かせなきゃ駄目じゃないか」
金井に言われ、男達は本来の目的を思い出したようだ。
朴はその間にお手並み拝見とばかりに、片隅に転がっていた折りたたみ椅子を持ってくると、どっこいしょとばかりに腰を下ろした。

「吊るすんだ。吊るしてひっぱたいて吐かせろ」
男の一人がわめくように言うと、もう一人が倉庫の隅に打ち捨てられていたような、縄の束を持ってきた。
「よし貸せ」
わめいた男が縄を受けると、他の二人は小夜子を床に押さえつけた。
「何も知らないわ、やめてー、助けてぇ~~~」
小夜子はやっと喚いたが、男たちに抑えられて抗うことすらできない。

縄が小夜子の細い両足首に巻きつけられる。柔らかく処理をした縄ではない。ごわごわした縄が、小夜子の柔らかな皮膚を締め上げた。
SMプレーとは違う。女に対する気遣いも無く、荒々しいやり方である。
「おい、天秤をもってこい」
一人がやはり倉庫の片隅に片付けられていた鉄のパイプを持ってきた。長さが2メートル弱くらいだろうか。両端に鎖が二本ずつ付いている。長いものや幅の広い荷物をバランス良くクレーンで吊るための道具である。
両端の鎖の先のフックに、小夜子の足首を縛った縄尻を各々結びつけた。それだけで、小夜子の脚は大きく引き裂かれ、無毛の股間が広がってしまった。
「松木、女にそんなことして壊れないか」
心配そうに金井が声をかけた。
「兄貴、大丈夫ですよ。女ってのは、結構丈夫に出来てるんで。それだけしぶといから、手加減してたら駄目なんですよ」
小夜子を縛った男は、金井に答えると他の男を振り返った。
「順次、ホイストをこっちに寄せろ。」

倉庫の隅に止まっていたホイストクレーンが、順次と呼ばれた男の操作で、小夜子の上まで動いてきた。
松木が天秤と呼ばれた鉄の棒の鎖のうち、小夜子の足首を結びつけたのと別の、中央の鎖をホイストのフックに引っ掛けた。
松木の操作で、ホイストの鎖がモーターの回転音と共に巻き上げられてゆく。ホイストのフックにかかった鎖で天秤が引き上げられる。それと一緒に、小夜子の脚も上に吊られていった。

「イヤー、やめて。こわい~」
泣いても喚いても鎖は停まらない。脚が引き上げられると、尻が浮き、ズズッと背中が床を擦って引き摺られた。小夜子は自由な手で床を掻き、体を立て直そうとしたが、そのときにはすでに背中が床を離れてしまった。
やがて、小夜子は上向きに大きく脚を開いて、逆さ吊りになってしまった。最後に下に伸ばした手が床を離れると、小夜子の体がぐらりと大きく揺れた。 完全にY字形に逆さ吊りにされてしまった。
無毛の股間が天井からの明かりに白々と照らし出される。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







「小夜子、離婚してくれないか」
春の彼岸も近づき、暖かな日が続いていた。珍しく早く帰ってきた夫の博文に、唐突にきりだされ小夜子はぎくりとした。
暮れに益本の自宅で、畠山にアナルを犯されてから、何回か畠山とは逢瀬を重ねていた。そして、縛られて過酷な責めにあい、その中で犯されるようにつながることで、深い陶酔を得て、何回も絶頂を極められる躯になっていた。
夫のある小夜子にとっては、当然のことながら、それは不倫である。いくら夫が忙しく、妻を放り出して家を留守にして飛び回っているからといっても、許されるものではない。いつかはこうなるであろうと、小夜子は覚悟していた。

「はい、でも‥‥‥」
「小夜子みたいな大人しい、可愛い妻を持ちながら、こんなことを言えたものではないのだが‥‥‥」
そこで、博文は言い淀んだ。 その言葉に小夜子は一瞬戸惑ってしまった。
「はい…?」
「好きな女性が出来てしまった」
「えっ・・・」
小夜子は自分の不倫を突かれて、追い出されるものと覚悟したのだが、完全に立場が逆だった。
「君にはできるだけのことをする。法的には僕の方から言えることではないことも承知はしている。だがお願いだ、許してほしい」
「でも、お相手の方は‥‥‥」
と、小夜子は日本人かと言外に滲ませた。タイへの出張が多い。そこで、現地の女性と結ばれたのか‥‥‥それでも小夜子はまだ納得がいかなかった。

仕事一途で、くそ真面目な夫が浮気し、それが離婚して欲しいと言い出すほど、深い仲になっているなんて全く感じられなかった。それだけ、小夜子は自分の身だけに心を奪われていたのであろう。
「日本人だ。それで、急な話なのだが、君に会って詫びたいし、お願いもしたいと外で待っている。会ってくれるかい」
不倫相手が既に来ている。突然の勝手な言い分ではあるが、小夜子の方も弱みはある。だが、今日の今日、突然会えというのも酷い。出来れば相手に会わずに済ませたい。やはり、形は博文の妻である。会えば、何が起こるか、小夜子にも自信がなかった。
小夜子の言い分を聞き入れ、博文は相手に会えないことを伝えるために出て行った。
窓から覗くと、玄関前の道路に佇んでいる女性に、博文が話しかけているのが、街灯の光の中に見えた。小夜子よりやや年上と思える、すらりとした女性である。いかにも切れそうな理知的な顔と自信に溢れた態度に、小夜子は自分にないものを見た気がした。その女性は博文の話に軽くうなずくと、きびすを返した。

その後、小夜子の実家が世話になっている弁護士に間に入ってもらい、離婚は成立した。
「諸井さんから言い出せる話ではないのですがね。本当に小夜子さんはいいのですか」
弁護士に何回も念を押された。しかし、小夜子にはこの話を拒むことは出来なかった。
住んでいる家とかなりの慰謝料が小夜子に渡った。その金額をどのように博文が工面したか分からない。
桜が散るころには、小夜子は“鎌”という珍しい旧姓に戻っていた。

「うんそうか。それはよかった。小夜子さんが独身になったなんて夢みたいだ。これで遠慮なく会える。いや、プロポーズも出来る」
離婚後初めて会ったとき、畠山は子供のように喜んだ。小夜子も後ろめたさが残るにせよ、もう気に掛けることはなかった。
「そうだ、一度外国へ行こう。ヨーロッパがいいかい。それとも北欧か」
「そうね。長く家を空けても大丈夫だから。でも、畠山さんは時間が取れるのかしら」
「何とかなるだろう。あと少し経てば、きっと‥‥‥」
そういえば、小夜子は畠山の仕事を聞いていなかった。今までの雰囲気から、商社マンかと勝手に思っていた。ともかく、日本と外国を往復しているようだ。それも、博文のように、決まった所ではないらしい。話の中に時々こぼれる話題から、小夜子はそんなことを思い浮かべていた。

めくるめくようなひと時をすごし、小夜子は一人でホテルを出た。隠れる必要がなくなった今は、SM専用ホテルでプレーを堪能した後、畠山が泊まっているシティホテルに移って、ゆっくりと時間を過ごした。畠山は日本に居る時はホテル住まいが多いらしい。去年コンサートの後連れ込まれた部屋は、畠山のものではない様子だ。その後一度も使っていない。
今度会ったときには、色々な事をはっきり教えて貰おう。そう決めると、畠山とのヨーロッパ旅行を夢に描いて、小夜子は満ち足りて帰宅した。

それから10日ほどたった午後、小夜子は上野の博物館にいた。 相も変わらず特別展は大混雑である。
何の前触れも無く招待券が送られて来た。日にちと時間だけが書かれたメモが同封されていた。送り主の名は無かったが、小夜子は畠山が送ってくれたものと思っていた。前に逢った時、行ってみたいと畠山に話しておいたからである。ただ、具体的にどこでどう会うのかも書いてなかったが、行けば向こうで逢えるであろうと簡単に考えていた。
その招待券があったため、小夜子はチケット売り場に並ばなくてもよかったが、中では人の波に呑まれて、展示してある宝物の前をぞろぞろと通るだけである。その人混みも前の方に居ないと、小柄な小夜子には何も見えない。
どう回ったのか分からなかったが、そろそろ出口のようだった。不思議なことに畠山には逢えなかった。
いささか疲れたので、大きな部屋へ入ったところで、混雑から抜け出し、部屋の中央においてあるベンチ椅子に座ろうとした。その時、二人の男が小夜子の両脇に寄った。そのとたんに鋭い当身を鳩尾に受け、小夜子は息が詰まって、崩れるように男達の腕の中に倒れてしまった。手からハンドバッグが床に落ちたが、男の一人が素早く拾い上げた。
何人かがその騒ぎに気付いたようだが、小夜子を男達の連れかと思ったらしく、そのまま行過ぎて行った。小夜子は男達に支えられ、引きずられるように外に出た。

「どうされたのですか。大丈夫ですか」
出口のところで係員が声をかけてきたが、男の一人が、混雑で連れが気分が悪くなったのだと答えると、そのまま見過ごされてしまった。
博物館の外には、待ち構えるように大型のセダンが停まっていた。その後部座席に男達は小夜子を引きずり込むと、何事もなかったように走り去った。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







腰を掴まれ、力が込められて、先端がもぐりこもうとする。だが、拡張されて、さらにバイブで調教されたとはいえ、畠山を呑み込むには、佳奈子のようには肛門括約筋はこなれていない。そのうえ、小夜子が怖がって力を入れるために、ますます受け入れにくくなる。
「小夜子さん、畠山君とは躰をつなげた関係だろう。リラックスして、入れてもらうんだ。口でゆっくり大きく息をして」
佳奈子のアナルを嬲りながら、益本が声を掛けた。
益本にそんなことを言われても、小夜子には出来る訳がない。だが、畠山の先端はじりじりと括約筋を押し広げ、もぐりこんできた。 拡張の効果は十分にあったようである。
「イヤーッ、ああ、入ってくる。痛いっ・・・たすけて~~」
悲鳴をあげながら、小夜子は相変わらず躰を硬くしてしまっていた。

ぶすっという感じで、一番太いところが、関門を通過した。
「アア~~ン・・・アォ、アォ・・・ハー・・・ハ~~」
引き裂かれるような鋭い痛み。腸壁を擦り上げながら、鎌首が腸内を押し進んでゆく。
畠山の下腹が、小夜子の尻たぼに密着した。
「ふー、すっかり収まったぞ」
さすがに畠山も大きな息を付いた。

佳奈子はもうかなり熱くなってきてしまっていた。益本とのアナルでのつながりは、昨日今日のことではない。何処をどうすればいいのかは、二人共分かっていた。それでも、佳奈子は更なる愉悦を求めて、益本とのつながり方を求めていた。益本もそれに応えて色々と変えてゆく。
「アア、アア‥‥‥アウン~~」
もうとめどなく悦びの声が迸って、快感を伝える。

その佳奈子の乱れる様子を見ながら、畠山が、小夜子の腰を支えて、抽送を始めた。
「だめ、動かないで・・・・・・イヤァ~、変な感じ」
「佳奈子さんを見てごらん、あんなにいい声を上げてるぞ」
腸壁を鰓で擦られ、大きく開きっぱなしにされてしまった肛門を茎で嬲られ、小夜子にはどうなってしまうのか分からない。
それ以上に、夫がある身でありながら、あらぬ所に初めて男の肉の塊を呑み込まされてしまった、道ならぬ浅ましさに、段々気持ちが高ぶってきてしまっていた。
畠山の肉棒は、ただ抽送を繰り返すだけでなく、微妙に直腸を抉るように動く。大きく張った鰓が、直腸を擦り上げてゆくのが分かる。直腸には神経がないといわれている。だが、薄い粘膜一枚を隔てて、快感の坩堝を刺激されて、むず痒いような感じが、焦燥感を呼び起こしていた。
いつの間にか、肛門括約筋は柔らかく畠山の剛直の動きに追従できるようになっていた。
そんな小夜子の耳に佳奈子の法悦とも思える声が聞こえてきた。
その声に影響されたのか、入り口の肉の環が茎に刺激され、何ともいえない快感が呼び起こされてきた。
直接性感帯を刺激されるのとは違う快感が、躰の奥底から湧き上がって来た。それに呼び覚まされたように、ヴァギナの奥が、熱く潤ってくる。
<気持ちいい。とっても気持ちいい。なんて私は淫らなのだろう・・・いや~そんな・・・>

「アア・・・アゥン・・・ァアア・・・」
途切れずに声が漏れ、めくるめくような甘いうずきに、とうとう佳奈子は耐えられなくなってきていた。
「・・・・・・ィ・・・イ・イ・・・ヒィ~・・・」 
急激に絶頂に向かって駆け上ってゆく。
「し、死んじゃう~~ヒィ~~・・・いくぅ~」
膝を立てて腰を上げていた躯は、もうその姿勢を保ってはいられず、佳奈子は益本に押しつぶされるように突っ伏してしまい、一声大きな声を上げると、躯を思いっきり突っ張らせた。
完全に見捨てられている秘口は、むなしく大量の蜜を吐き、マットレスを汚していた。
だが、益本はますます激しく責め上げてくる。
がっくりして、うつ伏せになってしまった佳奈子の腰に手を入れると、益本は引っ張り上げてさらに責め続けていった。

そのうち、いったん開放され収まった快感が、また目を覚まし佳奈子に襲い掛かった。
「ヒィーッ、またぁ~。いや、だめ~~~」
何度も、繰り返して襲ってくる波頭に、完全に翻弄されてしまった。
「それ、いくぞ」
「ヒィィー・・・ィィ、逝っちゃう・・・またいくぅーーいやぁ~イ、いきますぅ!」
ひときわ深く突き入れられ、益本が放った大量の飛沫を受け、佳奈子は完全に逝ってしまった。

小夜子の方も、もう痛みは感じない。それどころかヴァギナでは感じることの出来ない奥深い快感を感じ始めていた。その時に、佳奈子が絶頂を迎えて崩壊を曝してしまった。
それを目にし、さらにあられもなく悦びの声を上げて、オルガスムスを味わった姿を見て、小夜子も一気に快感が高ぶってきた。
「ア、アウ‥‥‥アゥ‥‥‥」
声というより、喘ぎ声が途切れなくなっていた。
「アアア・・・ア、だめ、もう・・・い、イクゥ~~」
一声大きな声を出すと、雁字搦めに縛られた小夜子の躰が、びくんと反り返った。

しかし、益本同様に畠山もまだ終わらない。さらに激しく攻め続ける。
肛門からの不思議な快感と、蜜壺への刺激で、丁度一番敏感な所を攻められて燃え上がってくるあの激烈な刺激が、絡み合って小夜子を追い上げて行く。
やっと小夜子にも二度目の攻撃で、アナルコイタスの魅惑が分かったようである。
小夜子は、今度は躯中が火の玉になり燃え上がる最高の愉悦を感じていた。そしてそれが大きく膨らみ破裂して、頭の中が真っ白になり、絶頂に追い上げられてしまった。
「ああ、また・・・い、逝っちゃう・・・ヒー~~」
躯が自然に突っ張り、ヒクヒクとおこりが起きたように痙攣が走る。
畠山が腰を抱きかかえ、崩れそうになる小夜子を支えて、ぐっと腰を入れた。
「それ、喰らえ!」
畠山の迸りを腸壁に受け、小夜子の目がひっくり返った。 同時にここへ来てから全くトイレに行っていなかったためか、意識が薄れて尿道が緩んでしまったためか、無意識の内に排尿をしてしまっていた。その放出感も、小夜子の中から何かを開放するかのように心地良かった。
それらすべての中で、まだ見ぬ底知れぬ深い悦楽の空洞に、ただただ堕ちてゆく自分を感じていた。

佳奈子は精も根も尽き果てたように、マットレスの上に横たわっていた。始末をされていないアナルからは、益本の凌辱の跡がそのまま滲み出ている。
畠山がつながりをほどいた後の小夜子も、佳奈子と同じように、ぐったりと横たわっていた。つながりをとかれた跡は、ポッカリと暗い穴が開いたままで、そこからは射込まれた畠山の精がどろりと流れ出ていたし、漏らしてしまった尿がマットレスに大きな染みを作っていた。
歳相応のふっくらした佳奈子と、歳の割には脂の薄いほっそりとした小柄な小夜子の二体の裸身が、同じ快楽を味わった後のそれぞれの姿を男たちの目に晒していた。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト

BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード