FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。





アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム








ルシファーの太い指が秘裂を割って、二枚の花びらを押し開く。そして、その奥で、ねっとりとした液を溢れさせて、ぬめぬめと口を開いた女芯に、その太い指が二本同時に差し込んだ。一枚の薄い粘膜を隔てただけで、後ろの筒に納められたルシファーの肉棒と太い指が擦れあう。

「アゥ・・・ングゥ・・・クゥ~ク・クゥ・・・ハァ、ハァ~~~~~」
両方の穴を満たされ麻里子は一気に高まって来てしまった。口から出るのは声というより、荒い息が喉を通過する音だ。
ルシファーの指はその太さに似合わず微妙に動く。直腸の中の動きに合わせて、すっかり濡れそぼった肉の筒の壁を撫ぜ上げる。
指の先で子宮口を嬲られ、抜かれてゆく途中で天井を撫であげられた。その瞬間、麻里子は腰が蕩けるような快感を感じた。
「ハゥ・・・いい、アア、もっと」
思わずせがむ声が出てしまっていた。ルシファーはしてやったりとにやりと笑うと、大きく腰を動かし、やや指を曲げ同じところを柔らかく愛撫する。指の腹が快感の源を嬲り、曲げた関節が直腸を我が物顔に動き回る塊に擦れ合って、薄い隔たりを刺激する。

神経のないはずの直腸の中が熱くなってきた。そこも潤んできたように麻里子には感じられる。
両手首を吊っている鎖にすがるようにして、腰を後ろに突き出し、麻里子はとうとうルシファーの動きに呼応するように動き始めた。
「アアン・・・アゥ・・・・・・ウゥ・・・ン・・・」
途切れなく大きな喘ぎが漏れる。

便意をこらえながら、ルシファーに犯されたときも、それ以前に得られたことのないような絶頂を迎えたが、今はそれを越えていた。大量に吐き出された愛液ですっかりどろどろになった孔から、ルシファーの指が抜き取られた。
「駄目、抜かないで・・・アアン、おねがいぃ~」
「さあ、後は自分で頑張るんだ」

がっしりと両手で背後から抱き締められ、麻里子のほっそりとした躰にルシファーの濃い茶褐色の大きな体が密着した。深くつながったまま、麻里子はルシファーの軀を貪り尽くそうとしていた。
躯の動かし方で、直腸に収められた剛棒が、粘膜を隔てて、さっき指で探り出されたポイントに当たる。その感覚は、甘く麻里子を刺激し、まさに愉悦の世界に誘い込んでゆく。
すでに、麻里子には痛みはない。奥から次々と湧いてくる疼きと快感にすっかり溺れていた。
「もっと、アア、アゥ・・・ア、ア・・・・・・アアアア、いや~・・・ヒ、ヒィ~~」

それは突然だった。稲妻のような鋭い快感が麻里子の躰を突き抜けた。無意識の内にガクンと軀が突っ張る。快感の熱い塊が麻里子を満たした。
「ヒーッ、い、いい、イクゥ~」
絶頂に追い上げたれ、一気に逝ってしまった。だが鎖にぶら下がって力が抜けてしまった麻里子を、ルシファーはさらに攻め上げた。
指が大きく勃起したサンゴの珠を揉むように刺激して、強烈な快感を送り込んでくる。
直腸に呑み込んだ剛棒は、大きく、強く抽送を繰り返す。そのルシファーの動きに、麻里子はがくがくとゆすぶられる。
「アン、あぁ~・・・、いやぁー・・・アア・・・また、またいっちゃう。」
絶頂を極めて終わったはずの麻里子に、また快感が襲ってきた。波のように何回も絶頂が押し寄せるアナルコイタス特有の状態である。襲ってくるたびに波は大きく激しくなってゆく。

「イイ、ダメェーッ、イ、イイ、いきそう、いいいっちゃう、イクゥゥゥ~」
「ほら、まだこっちは終わっていなぞ。もっと頑張れ。」
「おねがい、もう駄目。壊れちゃう・・・ゆ、許して・・・・・・いや、またぁ~」
一段と大きい波が麻里子に襲い掛かった。ルシファーの腰の動きがさらに激しくなる。ほっそりした麻里子の躰が折れそうなほど強くルシファーに抱き寄せられた。

「ヒー、ヒー・・・ハゥ、アゥ・・・・・・」
直腸に収めているルシファーの肉棒が熱く膨れてきた。
「オ・ネ・・・ガイ。一緒に・・・い、イヒィー、もう駄目、いく、イイクウゥゥー、いきますぅ。アアア、ヒィーー・アゥーッ」
同時にルシファーが熱いしぶきを大量に麻里子の直腸壁に浴びせ掛けた。麻里子の子宮がぐっと閉まり、空っぽの肉の筒も収縮する。そのとたん、大きく広げられた無毛の股間から、大量のしぶきが迸った。
麻里子は何がなんだか分からなくなっていた。体重がゼロになったような、宙に浮かんだような、軀がなくなったような飛揚感に包まれて、完全に飛んでしまった。

「ルシファー、麻里子が潮を吹いたぞ。」
そばで眺めていた桜庭の声に、ルシファーが片目をつぶって応える。まだ台に縛り付けられたまま、余韻に浸っていた雪乃も顔を上げて目をやった。水滴が広がって、天井からの明かりに光りながら散っていった。

まだつながったままの麻里子の軀が、鎖に吊られてゆれている。ルシファーがゆっくりつながりを離してゆく。だらりと白い液体をひいて抜け出ると、その後からはどろりと射込まれた白いものが流れ出した。
完全に意識のない麻里子の軀を何回も繰り返して痙攣が走る。そのたびに、無視されたにも拘わらず蜜を吐きだした秘口が、なおも刺激を求めるかのように、ヒクヒクと息付いていた。

<先生も同じ・・・同じ女・・・>
雪乃は深い息を付いた。本妻と愛人が二人とも隠れていたものを引き出され、深い悦びを味わえる躰になっていた。

その時部屋に備えられていた電話機が音を立てた。桜庭が受話器をとり耳に当てる。
「そうか・・・終わったか」
受話器を置いて振り返った。
「名村剛三が父を殺害したことを自白したそうだ」


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







「さて今度は先生の番だ。」
麻里子は目の前に展開された交わりの、余りの激しさに唖然としていた。だからアヌスに埋め込まれた拡張栓に手を触れながら、ルシファーが掛けた声にぎくりとして我に返った。
「何をさせるの」
「先生にも同じことをして貰う」
「いや、私にはできない。許して‥‥‥」
「男を悦ばすマゾ奴隷は、三つの穴が使えなくてはだめだ。先生にはじっくり勉強して貰う。そうだ、それにもう俺の奴隷なのだから、先生と言うのはやめて、麻里子と名前を呼ぶことにしよう」

ルシファーは、麻里子の手を吊っている鎖と、腰のベルトを固定している鎖の位置をリング二つ分ほど弛めた。
アヌス栓を固定しているベルトを外すと、アヌス拡張栓を無理やり引き抜く。
「ギャーァァ!」
激痛が麻里子を襲った。入れられた時も痛かったが、一気に引き抜かれてはたまらない。
抜かれた跡は、ぽっかりと大きな穴が開いたままになっている。その穴に潤滑剤を塗りこみ始めた。 潤滑剤には麻酔薬も入っているので、やがて痛みは薄らいできた。

「私はマゾ奴隷なんかじゃないわ。いや、気持ち悪い。やめて、やめてください。」
鎖を少し弛められたので、多少自由になった腰をひねって逃れようとしたが、ルシファーの大きな手と太い腕で腰を押さえられてはどうしようもなかった。

ルシファーは丹念に潤滑剤を塗りこみ、その上、穴に指を入れて、中にまで塗りつけていった。指2本が楽に入ってしまう。ぬるぬると滑らかになった肛門をルシファーの指が出入りする。痛みは薄らいだが、何ともいえない異様な感覚に麻里子は目をぶって耐えた。
さらに挿入する指を3本にし、丹念にアナルを揉みほぐしてゆく。
「アア、やめてぇ~~~~」
何回も麻里子の哀願が無視されている内に、不思議と肛門は柔らかくなってきた。

ルシファーがトランクスを脱ぎ去り、その剛棒にもたっぷりと潤滑剤を塗りたくった。麻里子の腰を両手で押さえる。ルシファーに押さえられ、麻里子の腰が後ろに突き出され、全く動かせなくなってしまった。充分硬直した肉棒の先が、ぽっかり開いた穴に触れた。さっき麻里子の中にしたたか放出したのにルシファーの肉塊は完全に力強さを取り戻していた。
「いやぁ~」
雪乃がアヌスを犯されたのを見ていた麻里子には、それだけで、その先自分の身に何が起こるか分かった。
雪乃はそれを受け入れ、絶頂を迎えたが、自分には出来ない。排泄器官でつながるなんて、そんなおぞましいことを‥‥‥アア、だめ!助けてぇーっ。

麻里子の鋭い悲鳴。その悲鳴にぐったり余韻を味わっていた雪乃が顔を上げた。その雪乃ですら、まだ後始末をされず、台に縛り付けられたままである。ゆっくり閉じてゆくアヌスからは、角田が射込んだ白濁した液がどろりと流れ出していた。
ルシファーは麻里子の細腰を抱え込むと、ぐっと腰を進めた。潤滑剤ですっかりぬるぬるになっているそこは、ルシファーの太い先端を半分くらい呑み込んだ。しかし、そこでつかえてしまう。

「痛いっ、イヤァー、やめて。い、いい・・・いたいっ!」
無理やり括約筋を開いてもぐりこもうとするルシファーの雁首が、麻里子に耐えられない苦痛を与える。初めてアヌスを捧げる時に避けることの出来ない痛みである。アヌスの処女膜を破られる痛みなのだが、未通の女芯を貫かれる痛さとは比べ物にならない。麻里子は筋肉が引き裂かれる痛みに暴れようとしたが、アメフトのエースだったルシファーにとっては物の数ではなかった。
「うっ」
一声唸るとルシファーは一気に麻里子の処女穴を貫いた。

「ヒィィィ~~」
麻里子の悲鳴と共にルシファーの一番太いところが、麻里子の躰の中に没した。根元までつながるとルシファーは麻里子の痛みが和らぐのを待った。麻里子は両手首を吊った鎖にぶら下がるようにして荒い息をついている。肛門を大きく開いたまま、直腸を満たされる初めての感覚にどうしていいかわからない。鋭い痛みは引いてきたが、疼くような痛みが残っている。

「どうだ、気持ちいいだろう」
「いやぁ~~だめ、変な感じ。動かないで。」
ルシファーが、ゆっくりと抽送を始めると、麻里子の口からはまた悲鳴が迸った。
「痛い~」
「そんな筈はないんだがな。もうすっかり収まってるぞ。ゆっくり大きく息をして、力を抜くんだ。痛いと思って力を入れていると、ますます痛いぞ」

当然アヌスも直腸も自ら濡れることはない。ルシファーは接続したところに潤滑剤ではなく、浸透性の良いアナルローションを追加した。ローションはルシファーが抜き差しするたびに、剛棒と一緒に麻里子の躯の中に浸み込んでいった。
ルシファーは片手で腰を抱き、もう一方の手のひらで前からすっぽりと麻里子の秘裂を覆った。

ルシファーが抜きさしするたびに、大きく張った鰓が麻里子の直腸壁を擦り上げる。その圧迫感が、薄い粘膜を通して、麻里子の敏感な部分に伝わってくるのだろうか、直腸壁には性感帯など無いはずなのに、麻里子は徐々に感じ始めていた。
<雪乃さんが感じていたのもこれだったのだろうか>
もう痛みは薄らいでいる。というより、疼くような痛みが快くなってきていた。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







角田の手が雪乃の下腹と台の間に潜り込んできた。台に張ってあるビニールレザーは、雪乃の汗と秘裂から溢れたものでぬるぬるになっている。そこへ差し込まれた角田の手先が、もう大きく膨れ上がっている敏感な珠を探る。そして、探り当てるとぐっと指を押し付けた。
すでに下半身は熱く、痺れるような甘い快感に包まれている。初めて角田に侵略されたときの引き裂かれるような痛みと、それに続いた怒涛のような快感とは違い、柔らかく包んでくるような快感を雪乃は味わっていた。
そこへ、突然一番敏感なところを刺激された。
「ヒィ~、いい、だめ、そこは・・・・・・ヒ、ヒ、ヒィ~~」
「じゃあ止めようか」
角田の指が離れる。
「いや、止めちゃいや・・・・・・だめ、キツイィィー」
角田は押したり、離したりを繰り返す。そのたびに雪乃は、やめて・・・、止めないで・・・を繰り返す。
「どっちだい。やめて欲しいのか、続けて欲しいのか」
「アアン、いじわるぅ~、続けて、もっと‥‥‥アア、もっと・・いじめて~~~」

雪乃は秘腔を満たしている塊を、括約筋で締め上げ、動ける限り腰を振り、高まってくる愉悦を捕らえようとしていた。それに加わった、直接的な刺激がぐんぐん雪乃を追い上げてゆく。
麻里子の拘束されている柱からは、そんな雪乃を斜め後ろから眺められる。麻里子は排泄器官である肉の環に、角田の剛直を受け入れさせられた雪乃を、最初は痛ましげに見ていたが、その後の雪乃の乱れ方は、それまで麻里子が知っていた雪乃とは全く違っていた。
上品に和服を着て、おっとりとしていた筈である。そんな雪乃が、全裸の身を縄で縛られて、角田にアヌスを貫かれて乱れに乱れている。それだけではない。自ら熟し切った豊かな腰を動かし、角田に更なる攻めをせがんでいる。
そんな雪乃の淫らな悶えように、麻里子も躰が熱くなり、潤んでくるのを感じ、思わずアヌス拡張栓を締め上げていた。

「アン、アアン・・・だめ、もうだめ、いきそう・・・・・・い、い、イヒィー」
雪乃は顔を持ち上げ、髪を振り乱す。麻里子が見ていることなど、すっかり忘れ果ててしまって、感覚のまま声を出していた。
「い、い、い・・・いくぅー・・・・・・」
突然大きな光の塊に、腰から頭まで貫かれる。後手に縛られた手のひらが、ぐっと握られ、また開く。かみ締めた歯の間から、絶頂を告げる呻きが漏れる。
「い、いい、ヒ、ヒヒ、ヒィィーー」
完全に空のまま見捨てられた女芯が、無意識の内に収縮し、どっと熱い愛液があふれ出た。その収縮と常時に括約筋も締め付け、直腸内部も収縮したように感じる。

雪乃は麻里子の前で崩れ去った。しかし、角田はまだ満足してはいない。麻里子へどうだとばかりに顔を向けると、さらに激しく雪乃を攻め立てた。
「アア、許して。おねが・・・イヤァー、また、またいっちゃう」
がっくりと力を抜き、オルガスムスの余韻を味わっていた雪乃に、更なる快感が襲う。下半身は甘いうずきに満たされ、それが背中を通って躰を駆け抜ける。その度に、がくんがくんと、雪乃の躰に痙攣が走る。
「アアン・・・アウンン・・・・・・アウ、アウ、アゥ・・・」
何を言っているのか分からない声が、途切れなく雪乃の口から溢れる。
直腸に収めている角田の肉棒が一段と太く膨らみ、がっしりと硬くなった。
嬉しい、くる‥‥‥雪乃はその瞬間を捕まえようと身構えた。しかし、もうどろどろになった雪乃には余裕が無かった。 思わず角田に哀願していた。
「きてぇー、お願い・・・い、一緒に・・・一緒に、く、ク・ダ・サイ。ヒー、イイイィィ。」
角田が精を放った。大量の熱いしぶきが雪乃の直腸を焼く。
「い、い、イクゥー。いきますぅー・・・・・・」

縛られた体をそれでも精一杯のけぞらせ、雪乃は完全に逝ってしまった。意識の無い躰を、何度も何度も痙攣が走っている。がっくりと台の外に垂れた顔には、すっかり開放された満足感が浮かんでいた。そこには全ての虚飾を捨て、ひたすら絶頂感を味わい尽くした女の悦びがあった。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。



テーマ:SM - ジャンル:アダルト



BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード