FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。











その後数日して、警察は幸太郎の死を自殺であると結論をつけた。

社内で捜査した結果、先代の社長が交通事故で死んでから、色々なものが幸太郎の肩にのしかかっていたようである。その上、自殺した日に、死亡したのが午前0時を過ぎていたので、正確には前日といった方が良いのだが、自分が専務時代に中心になって進めていたIT関連の事業も、吸収合併を予定していた会社が、今まで話し合ってきたことを全て白紙に戻すと言ってきた。

相手の会社を吸収し、そこへ研究費を投入し、手がけている人体認証システムを完成させるというのが、幸太郎の目論見であった。相手も開発資金が滞り、銀行からも手を引かれ、にっちもさっちも行かなくなっていたので、全従業員をそのまま引き受けるという提案を喜んでいた。それが急に白紙撤回にしたいという。まだ、具体的に何もはじまってなかったので、湯川興産としては、手の打ちようがなかった。

それ以外に、先代が死んですぐ後に、廃棄物処理関係も、市有地への産業廃棄物の廃棄許可を、来年度は更新しないと通告されていた。細かいことを含めると、湯川興産が今まで築き上げてきたものが、音を立てて崩れてゆくようだった。悪くすると倒産という事態にもなりかねなかった。
幸太郎の父親がワンマンでやってきた会社だけに、他の幹部社員もなにも出来なかった。
そもそも幸太郎が社長に就任した時は、父親の片腕として働いていた常務が辞任してしまっていて、他のイエスマンの役員は全く役立たずで、市や商工会とのつながりも希薄になっていた。

メモもみたいな遺書があったが、具体的なことは書いてなかった。ただ『疲れた、もう駄目だ』とだけ走り書きで書かれていた。
そんなことで、色々な心労が重なった結果、発作的に飛び降りたのだろうということだった。

麗子は葬儀などを終えると、玄蔵に電話をした。
幸太郎の葬儀に来た玄蔵が、困ったら相談するようにと、携帯電話の番号を教えてくれていた。

幸太郎には兄弟もいない。先代社長も一人っ子だったため、湯川家は麗子だけが残ってしまった。相談する相手も、誰もいなかった。もちろん顧問弁護士はいるが、その人には相談できないことだった。実家にも心配は掛けたくない。奈那子もあれ以来、姿を現さなかった。
会社中がどたばたしているので、誰も奈那子について気配りをしてくれなかった。
理不尽にもマゾ調教をして、マゾヒストとして麗子を開発した玄蔵だが、今頼れるのは玄蔵きりいないと、なぜ麗子が思ったのか、自分でもわからなかった。
良く分からない人物だが、この市では影の実力者ではないかと言うのが、専らの評判であった。

「ご相談したいことがあるのですが。」
「じゃあ、これからでも、隠れ家に来ないか。自分で運転して来られるだろう。」
「はい、それではこれから支度して。」

隠れ家へ来いということは、その先のことが見えている。麗子はふっと期待に胸を膨らませ、自分で頬を染めた。夫が亡くなってまだそれほど経っていないというのに。
自分自身を戒めたが、密かに買ってあった無花果浣腸で、躰の中も清めてから出かけた。

麗子が隠れ家のエレベーターホールへ出ると、ホールの二つあるドアの手前の方、いつもは閉っているドアから玄蔵が首を出した。何時もの作務衣姿である。
「今日はこっちだ。」
そのドアを入ると中は応接室になっている。そこのソファに腰を下ろし麗子は玄蔵に相談をはじめた。
「そうか、湯川興産をどうしようかというのが、一番の問題だな。」
麗子の話を聞き終わると、玄蔵はさもありなんと口を開いた。

「結論から言おう。幸太郎君が湯川さんから相続したものも殆ど手付かずだろう。その上幸太郎君の生命保険もあるはずだ。自殺といっても、一年以上前に入っているのなら受け取れる。湯川さんから相続したものも麗子が相続することになる。ともかく係累が全くないのだから。なにやかやで麗子が相続する幸太郎君の財産が馬鹿にならないはずだ。そこで、湯川興産はわたしが買い取ろう。といっても、麗子が相続するはずの湯川興産の株を、相応の金額で買い取るということだ。相続税はそれで賄えるし、麗子は会社から縁が切れる。縁を切っておかないと、湯川興産が万一のとき面倒になる。その結果、手元には一生働かなくてもいいくらいのものが残るはずだ。後は、その資産を食いつぶしてゆくか、運用するかだが。いずれにせよ、世界一周しようが、月に行こうが有り余る。相続のことは優秀な弁護士を付けてやるから任せておけばいい。」
「でも、会社の人が。」
「私は、株を手に入れても経営にはタッチしない。経営はその道のプロに任せる。だから、社員は全部もとのままだ。役員は入れ替えるが、辞めてもらう人には手厚くするから心配ない。」
「会社の名前は変えるのでしょうね。」
「とんでもない。湯川興産という名前と商権、それに信用を買うんだ。変えたら価値が落ちる。市との関係も元に戻るし、商工会の方も私が今まで通りにする。」
「そうしてもらえれば。」
麗子は湯川興産を無傷で残せることにほっとした。後は玄蔵の紹介してくれる弁護士に任せればよい。麗子自身は、これから後はどうなるか分からないが、生活に困ることも無さそうである。

「そろそろ事の真相を話してやらなきゃいけないな。」
しばらく無言だった玄蔵が、問わず語りに話し始めた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







「よし、じゃあ仕上げだ。」
玄蔵が、前に黒川が麗子のアヌスに塗り込んだ潤滑剤を、奈那子のすっぽりとすぼまっている、菊座に塗りつけ始めた。
「なにをしているのです。」
思いがけないところに触れられ、その異様な感覚で、奈那子は、はっと気を取り戻した。
「ここを頂くんだ。」
「エッ、」
二人の男に立て続けに蹂躙され、さらに何をされようとしているのか、奈那子には理解できない。

「ムムムム。」
言葉にはならないが、麗子は必死に玄蔵を止めようと鼻から呻き声を出す。しかし何の役にも立たない。
玄蔵が、つぼまりを押し割って、指を一本入れる。
「アッ、痛いっ。」
指が肛門を開くようにして、出し入れされる。さらに一本追加された。
「い、痛い~っ、やめてぇ~」
二本の指で括約筋を無理やり開く。
指である程度押し開いたが、全く拡張訓練を受けていない菊の蕾に、玄蔵の巨大な怒張が押し当てられた。その時になって初めて、奈那子は、玄蔵が何をしようとしているのかおぼろに分かったが、奈那子には理解できないことである。

「何をするんです。いや、気持悪い。」
「この穴へ、こいつを入れるんだ。」
「ダメ、そんなこと、出来ない・・・出来る訳ないじゃ・・・いや~っ、お願い、やめて。」
玄蔵は必死になって喚くのを楽しむように、自分のものに手を添えて、潤滑剤でぬるぬるとすべる蕾に狙いを定め、ぐっと押し込んだ。しかし、滑ってしまって狙いが外れる。
「よし、今度は大丈夫だぞ。」
また突きつけて、力を入れた。強烈な玄蔵の力とコチコチに怒張したもので、その先端が、菊座の口をこじ開け、先端がわずかに潜った。
「ヒー。ダメー、入れないでぇ~~」
しかし、その先がまた一苦労である。何回か反動を付けるようにして、一ミリ刻みで潜り込ませる。
「いつもだったらきちんと拡張作業を時間を掛けてやってからだが、お前は俺たちを嗅ぎまわって、危うく何もかもダメにするところだったんだ。この位の罰を与えてやらなければおさまりが着かない。」
「痛い、いい・・・痛いっ!」
玄蔵に何を言われても奈那子の耳には届かない。ただ奈那子の絶叫がプレールームに響き渡るだけである。
全く拡張されたことの無いアヌスへ押し込もうとするのである。無茶も無茶、下手をしたら括約筋に裂傷を負わせるか、それ以前まずはいらないのが普通である。
しかし、こんな無茶も玄蔵には経験があるのであろう。
玄蔵は無理やり潤滑剤を追加しながら、さらにぐぐっと押し込む。先端が半分くらい隠れた。
えいっとばかりに、玄蔵が腰を進めると、その勢いでぶすっと一番太いところが、括約筋の抵抗を打ち破って、潜り込んだ。

「キーッ」
あまりの激痛に奈那子は失神してしまった。
後は一気呵成に押し込んだ。根元まですっかりつながると、さすがの玄蔵も一息入れる。そして、やおらゆっくりと出し入れし始めた。

その動きで、奈那子は意識を取り戻した。
「ヒー、ヒー‥‥‥」
痛さと、あらぬ所を刺し貫かれたショックで言葉も出せず、ただ喘いでいる。
麗子はあまりにも無惨な奈那子を見ることも出来ず、目をしっかり塞いでいたが、それでも聞こえてくる奈那子の痛ましい声に、<ごめんなさい。頑張って>と心の中で詫びていた。

勝手に抽送を繰り返し、玄蔵は奈那子の腹の中で、精を爆発させたが、奈那子にはただ痛みだけで、快感など全くなかった。玄蔵が引き抜く時も、痛い、痛いと、うわごとのように呟くばかりだった。ひきぬかれた後は、大きな穴が開きっぱなしで、そこからは玄蔵の吐き出した白い液が、どろりと流れ出してきていた。

「二人共分かったか。楯突いたり、裏切ろうとしたりしたら、容赦はないんだからな。」
森本がぐっと睨みを効かせた。 その言葉に玄蔵が付け加えた。
「麗子は帰れ。奈那子はしばらく預かる。香川、送ってやれ。」

すでに時間は夜中の2時を過ぎていた。マンションのエントランスには、ひっそりと明かりがともり、管理人も仮眠を取っているらしく、誰もいなかった。玄蔵が言ったように、幸太郎は戻っていなかった。
隠れ家では、風呂も入れてもらえず、なぜか急いで帰らされた。そのため、麗子は先ず風呂を沸かし、ゆっくり浸かった。
風呂から上がった時は、もう明け方が近い。夜明けは大分遅いが、時間的にはこれから眠るのには遅すぎた。それより、とてもではないが、麗子は眠れなかった。
<奈那子さんどうしているかしら>
思いは玄蔵のところに残した奈那子のことに飛ぶ。
<酷いことをされていなければよいけれど>
しかし、その酷いことが、今の麗子には快楽になりつつあったし、素質があれば奈那子も同じかもしれない。しかし、麗子にはその辺りは全く分からなかった。

電話が鳴ったのは午前6時半である。まだ外はやっと明るくなってきたばかりである。眠れなかったが、寝室で横になっていた麗子は、サイドテーブルの子機を取り上げた。
「わたし、湯川興産の総務部の中川と申しますが。奥様でいらっしゃいますが。」
声の調子はかなり慌てている。
「はい、そうですが。」
「実は、今朝用事があって早く出社したのですが、会社のビルの下で、社長さんが倒れていまして。」
「社長って、主人ですか。」
「はい、今救急車を呼びました。」
という電話に、わずかにサイレンの音が混じってきた。
「来たようです。またご連絡ますので。」
そこで電話は唐突に切れた。
5分くらいあとに、また掛かってきた。
「先ほど電話した中川です。市立病院へ搬送されます。そちらへすぐおいで下さい。わたしも救急車でいっしょに行きます。」
何があったか分からない。麗子はともかく身支度をして、家を飛び出した。地下の駐車場へ行き自分の車に乗る。麗子はドイツ製の小さな車を自分用に持っている。

市立病院は車で10分くらいのところにある。朝早いので道路も空いていた。まだ、正面玄関は開いていないので、救急受付へ回った。
「あの、湯川ですが。」
「直ぐ先生がお会いしますので」
麗子は救急の処置室でも病室でもなく、救急担当の医師の診察室へ案内された。
そこには医師の他に湯川興産の中川や制服の警察官と私服の刑事も居た。
「湯川の家内ですが」
「奥さんですか、残念ながらご主人は即死の状態でお亡くなりになりました。」
医師から告げられた言葉は残酷なものだった。
「詳しいことは今日詳細に調べます。ただ、ビルの上から落ちたと思えるのですが、事故か自殺かそういうことはこれからになりますので、ご遺体はしばらく警察の方で。すみませんが、奥様にご遺体の確認をお願いしたいので、よろしくお願いします。」
私服の刑事が説明したことは、さらに麗子を痛めつけた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







ぐったりして、激しく息をしていた奈那子は、はっとして目を見開いた。急激に下腹部が痛み始めたのだ。結腸から直腸へ大きな塊が、勢いよく押し出されるようだ。急に大腸の顫動が活発になったらしい。
「あの、お願いです。おトイレに・・・・・・」
「なんだ、どうした。」
玄蔵がプレールームに出てきて、顔を覗き込む。
「おトイレに行かせて・・・」
「お、さっきの座薬が効いてきたな。」

二人に輪姦される前に肛門から挿入された座薬は、固形の浣腸薬である。挿入してからしばらくすると、大腸の顫動を促し、結腸内に溜まっている糞便を、積極的に直腸へ押し出すと共に、排出を促す。
「お願いです、早くほどいて下さい。」
「背を立ててやるからここでしろ。下にちゃんと受ける入れ物が置いてある。」
ゆっくりと背もたれが起き上がる。座面が便座のようにえぐれているので、そのまま排便も排尿も出来る。出来るとはいっても、男たちに囲まれて見られている。さらに、磔で拘束されているとはいえ、麗子まで見ている。そんなところで、はいそうですかと奈那子が出来る訳はない。
「いや、お願い・・・おトイレへ行かせて。」

「ムム、ムム・・・」
口をふさがれた麗子は、奈那子を励まそうとするが、どうしようもない。
<奈那子さん、ダメなの。トイレへ連れて行かれても、恥ずかしさは同じ。私のために、ごめんなさい。もう、諦めて。>

「あ、ああ‥‥‥痛い!‥‥‥もうダメ、我慢できない‥‥‥」
無情にも、激しい力で出口を求めて腸の内容物が押し寄せてくる。
「ダメ、ヒィー、見ないで、アアアァァ‥‥‥」
必死に肛門を閉めていたが、激しい便意は、奈那子の努力をあざ笑うかのように、肛門を中からぐっと開く。茶褐色の固形物がぬるぬると顔を覗かせると、垂れ出してきた。液体の浣腸ではないので、液は噴き出さない。その代わり、腸の顫動活動を高めているので、本人の意思にかかわらず、次から次へと押し出されてくる、長くなってちぎれたものが、ボトンと容器の中に落ちる。濃い異臭が立ち込める。容器の中には脱臭剤を溶かした液が、水洗便所のトラップのように入っているので、出されたものがその中に沈むと臭いは消えるのだが、その一瞬の異臭は加奈子自身を苦しめた。
「うう~~~」
「取り澄ました美人でも、出すものは臭いな。」
森本も洋間から近寄って奈那子の下から覗き込む。
「ああ‥‥‥いやぁ、また‥‥‥」
いったん堰が切れてしまうと、奈那子は体中の力が抜けきって、薬の作用で、次々とぬるぬる出し続けている。

やっと終わったと思ったら、また奈那子の肛門が開いた。
「イヤァ~、また出るぅ。」
直腸が空になったところへ第二陣が押し寄せたようだ。またひとしきり押し出される。容器の中には、この美女の腹の中にこんなにもと、ビックリするほどの量が溜まった。もう抗う力もなくなったのか、そのまま小水まで激しい音を立て迸り出た。奈那子は、声も無くぐったりと力尽きていた。
その間に用意したのか、玄蔵がシリンダー式の浣腸器を持ってきて、奈那子の躰に石鹸水を何回も押し込む。終わった途端、奈那子は小水をするように、肛門から音を立てて、黄色く色付いた水を吐き出した。

一番若い芳川の役なのだろう。黙って奈那子の肛門の始末をすると、出したものが溜まった容器の取っ手を持って、洋間の奥のドアから出て行った。また、奈那子の背もたれが倒され、前よりさらに高く脚が上げられた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト



BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード