FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。





アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム








彼女は脱衣所に戻り、また剃られてしまった下腹部の剃り跡にも、改めて彼が渡してくれた荒れ止めのクリームを丹念に塗り込んだ。その後鏡に向かって化粧をした。無毛の全裸のまま鏡の前に座って顔を作っていくのも、彼女に奴隷になってしまったという実感を与えていた。

「よし、綺麗になった。手を前に出して掌を合わせるんだ」
「はい」
言われた通りにした彼女の両手首を、彼が麻縄で縛り始めた。比較的緩く、幾重にも巻き付けていき、その後開いた両手の間に縄を通すと、手首の縄に巻き付けて締め上げていった。幾重にも巻き付けるので、かなり開いていた手首の間も縄でしっかり埋まってしまい、手首を縛った縄もしっかり締まって動かなくなった。縄止めをすると、そこにさらに縄を絡ませて、しっかりと縛りつけた。その縄を彼が手に持った。
「これからはただの奴隷ユミだ。さあ、行くぞ」
何処へ行くのか分からないが彼女は小さくうなずいた。手首をしっかり拘束する縄の感触が、既に彼女に被虐感を呼び起こして、もう彼の命ずるままだった。

浴室の向かい側の壁に彼が手をやると、壁が半分横に動いた。そして、その奥に板の間が現れた。暗い空間ではあるが、何やら下の方から光が漏れてきている。彼はそこへ彼女を引き込んだ。板の間の右手に下に向かう階段が現れ、光はそこから差し込んでいた‥‥‥地下室‥そのイメージに彼女は益々被虐感に引き込まれてしまった。
「降りるんだ」
彼が先に立って縄を引くように階段を下りて行った。彼女もその縄に引かれる様に慎重に降りてゆく。
降り立ったところは、天井も壁もモルタルが剥き出しの地下室であった。床だけがフローリングになっている。部屋全体に煌々とした明かりが溢れていた。彼女は眩しさで一瞬目を細めた。
広い部屋のようであるが、その様子をちゃんと見る前に彼が手を括った縄を引き、降りてきた階段を回り込むように部屋の隅に引っ張られた。
そこは、フローリングの床とより20センチほど低い三和土になっていた。仕上げモルタルが剥き出しで、ひんやりとした感触が足に伝わる。
「そこに立つんだ」
言われた通り彼女は三和土の床に、壁の方を向いてじっと立った。引き綱代わりに彼が引っ張っていた縄を、天井から垂れ下がっているフックに掛けて固定した。
壁からリング状になっている鎖を外すと、彼はそれを手早く手繰り込んだ。カラカラと軽い音がし、彼女の手を括った縄が上に引き上げられてゆく。その時になって彼女は自分を括った縄が、チェンブロックのフックに引っかけられていることが分かった。彼が手繰る鎖で複合滑車が回転し、フックが徐々に上がってゆく。だが、彼女はあえて抗うことをせず、その動きに身をまかせていた。

<これが奴隷としての最初の試練>
そう思って、じっと面を伏せていた。やがて彼女の両手は頭より高く引き上げられ、さらに腕が真っ直ぐになる位まで吊られてしまった。もう足が床にやっと着くくらいである。
「よし、取りあえずここまでにするか」
彼女は両脚をピタリと合わせて、完全に一本の棒のように立たされてしまった。三十路になった頃からふっくらと女らしくなった躰だったが、こうやって引き伸ばされるとまだほっそりしている。
胸の膨らみは引き上げられて薄くなってしまったが、その代わりにウエストはその細さが強調され、下腹部も平たくなっていた。その結果無毛の秘丘が、もっこりと強調されてしまっている。そしてその下から両脚の間に、一筋の深い割れ目が切れ込んでいた。

「後ろを向くんだ」
彼女は不自由な躰を、股を開かないように努力して少しずつ回転し、反対側を向いた。正面から光に照らされて、彼女は伏せていた顔を上げた。そして、この地下室のほぼ全容を見ることが出来たが、それは彼女にとって衝撃的な光景だった。
一言で言えば、彼女がネットで見たSMホテルのような光景だった。そして、一番奥は鉄格子で仕切られていて、そこは檻なのであろう。
「やっとお出ましだな」
その不気味な部屋の中で声がした。彼女がそちらに目をやると、彼と同じようにもっこ褌一枚の男が彼女の方を見ていた。

「これがユミです。以後可愛がってやって下さい。ユミ、この方は俺のお師匠さんみたいな方で、巌泉先生だ」
「うん、なかなかいい奴隷だな。ユミ、俺の足もとを見てみろ」
巌泉の言葉に、彼女は彼の足下に目をやった。
「アッ!」
「ウウウ‥‥‥」
巌泉の足もとには縄で括られた全裸の女体が横たわっていた。縄で括られていると言っても、先日ユミが後手縛りにされたような簡単な縛り方ではなかった。後ろ手に縛られてはいるが、首の所から足首まで縄が巻き付いている。その縄も体の前面で、幾つもの菱形を作り、体を締め上げて、まるで一本の棒のようにされていた。
その縄目の間からも、下腹部はユミと同じように完全に無毛であることが分かる。
口の所には、豆絞りの日本手ぬぐいで猿轡を噛まされている。

「巌泉先生の愛奴、ルカだ」
「寝そべっていては、新しい奴隷に失礼だな。よし起こしてやるか」
巌泉がそこにも吊り下がっているチェンブロックのフックを、ルカの背中の縄に引っかけて、鎖を手繰り始めた。カラカラと鎖が回る音と共に、ルカの躰は起き上がり始めた。しかし、上半身が折れて起き上がるのでなく、棒のように足だけが床に着いて起き上がっていく。それほど、きつくしっかり縄が躰を拘束していた。
「ユミ、羨ましいか。ルカは棒にされてしまっているんだよ」
両腕を上に引き上げられて、やはり一本の棒のように立たされているが、ユミには縄の与えてくれる拘束感はなかった。ただ全裸を余す所無く晒されているという羞恥心がユミを支配していた。
やがて、ルカの躰はほぼ真っ直ぐに立ち上がった。ユミはそんなルカから目が離せなくなっていた。一方のルカもじっとユミを見つめていた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト







「よし分かったら、早速風呂に入って、俗世の塵を落として貰おう。後で俺も行くから、体を洗っておけ。場所は覚えているな」
「はい」
彼女は立ち上がると、持ってきた小さなキャリーバッグを手にした。
「荷物は置いていけ」
「下着だけでも着替えたいので」
「理屈を言ってるんじゃない。俺が命じた通りにするんだ」
今までと一変した彼の態度に驚きながらも、彼女は手ぶらで浴室に向かった。

前の時と同じ浴室である。ただ、前と変わっていたのは洗い場にプラスチックの肘掛椅子が置いてあり、さらにその椅子は木の床に固定されていた。彼女はちょっと違和感を感じたが、奴隷がご主人様に何かをするための椅子だろうかと軽く思って、体にかけ湯をし、湯船につかった。

ほぼ体を洗い終わった頃、彼が入ってきた。褌一枚の裸だった。しかしその褌も、いわゆる越中褌ではなく、もっこ褌と言われる前垂れの無いものだったが、彼女はもちろん褌の種類など知らない。
褌一丁の男の姿は、全裸よりもサディスッティックな雰囲気をもたらす。
「なんだ、その顔は。一緒に仲良く風呂に入るとでも思っていたのか。そんな時もその内にはあるかも知れないが、今日はお前の体の検査をする。もう洗い終わったか」
「はい、終わりました」
「じゃあその椅子に座るんだ」
彼女は言われたまま素直に座った。さっきの奴隷契約書や、彼の褌姿を見て、彼に隷属してしまっているような気持になってきてしまっていた。抗う気持ちなど全く起きなかった。

「手を躰の前で反対側の肘をつかむように、平行に組むんだ」
言われたように彼女は椅子に座ると両腕を躯の前で組んだ。その両腕を幅が5センチほどのボンディングテープでぐるぐる巻きにしてしまった。縄と違って喰い込んでくることは無いが、しっかりと締まって、両腕は全く動かなくなってしまった。
彼女は縄以外の拘束道具を初めて知った。
「これ‥‥‥」
「ボンディングテープだ、粘着剤無しでもテープ同士が接着して、こうやってくっつければ剥れなくなる。水にぬれると縄は思いがけない程締まって、神経を傷つけるし、ほどくのも大変だ。その代わり、このテープなら問題ない。ただ縄で締め上げられる拘束感はないけど、奴隷はいつも自分の楽しみばかりが与えられるわけではない」
「はい‥‥‥」
「もう少し浅く座って」
彼女は躰を前に出し、少し仰向けに横になるように座った。その上半身をやはりボンディングテープで、椅子の背もたれに括り付けられてしまった。
その後、両脚の膝の所を椅子の肘掛に乗せられて、大きく股を開かれてしまった。当然その状態で肘掛と脚は固定された。薄らと黒ずんだ下腹部の下に、秘裂があからさまにされてしまった。
「恥ずかしい‥‥‥」
彼女は目を閉じて斜め下を向いてしまった。

「こんなことで恥ずかしがっていてはこれから大変だぞ。もっとも、その羞恥心は、奴隷にとっては大切なので、いつまでもその気持ちを忘れるな」
彼女は小さくうなずいた。
「やっぱり大分伸びたな。奴隷デビューなんだから綺麗にしておこう」
彼女の股間に座り込むと、彼はシェービングクリームを彼女の下腹部に吹き付け、先日の剃刀でやっと生え始めた若草をサッサと剃り落して、瞬く間に彼女がここを去った時と同じ状態にしてしまった。
湯船の湯で残ったシェービングクリームを流すと、今度は秘唇を指で開いて、その中に鮮紅色に光る粘膜を丹念に調べ始めた。さらに、尻たぶを開くと菊座も調べ、その時まるでついでという感じで、肛門に座薬を押し込んだ。
「アッ!」
彼女は小さくつぶやいたが、その時にはするりと躯に入ってしまい、もう何も感じなかった。そのために何を挿入されたのかを訊きそびれてしまった。
「よし、大丈夫だ」
彼はそう言うと、脱衣所から鋏を持ってきて彼女を括り付けているボンデージテープを切。瞬く間に彼女は自由になれた。
「さあ立って、もう一度シャワーを浴びて出てくるんだ」
彼は一足先に脱衣所に消えた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト







翌日から彼女は避妊剤を飲み始めた。まだ彼の所を再び訪れる決心はついていなかったが、それはそれとして、早めに対策を始めていた。
無毛の下半身を見るたび、彼から与えられたあの縄で縛られた時の、縄に陶酔する気持ち、縛られたまま彼とつながって到達してしまった絶頂の悦びを思い出し、躯がひとりでに疼いてしまう。
更に自由を失っていたとはいっても、夫以外の男の精を躯の中に受け入れてしまったのだ。罪悪感よりも、彼の精を嬉々として収めてしまった。それを感じると、彼女は自分がまた彼の許を訪れ、その悦びに浸るのが確実なように思えていた。それが避妊剤の服用と言う行為をとらせていたのだろう。
しかし、次は『奴隷だ』と彼は言っていた。奴隷とはどんなことをされるのだろう。ネットの動画で見ると、何となくわかるのだが、それも作り物に見えて、実感はわかなかった。
以前からメールで奴隷のことは何度も聞かされている。しかし、実感はどうしてもわかない。そのことが逆に彼女の想像力を掻き立て、官能を刺激していた。
数日すると、無毛の下半身も黒ずんできた。彼はチクチクして耐えられないようなことを言っていたが、生えてきた毛は思ったより柔らかく、チクチクするようなこともほとんど無かった。それに、剃られる前より毛が薄くなったようにも感じられた。
毛が伸びてきても、彼に言われたように軟膏を擦り込み続けていた。

出張から戻って来た夫は、相変わらず忙しそうで、彼女をかまうことも無かった。今の彼女にとってはそれが幸いだった。
彼女が戻ってから半月位後、夫が嬉しそうに会社から戻って来た。
「おい、決まったぞ、カンボジアのプロジェクトの所長だ。数年がかりの工事になる」
その間は、本社でのプロジェクト会議の為に月1回帰国するだけで、現地に滞在することになるという。彼女にも同行しないかと、付け足したように言ったが、家族同伴は会社が認めていないので、彼女の分の費用は出ない。そんなこともあってか、あまり同伴を熱心に勧めていない雰囲気だったので、彼女はやんわりと断った。
夫は、あまり執着せず反って嬉しそうに彼女が日本に残ることを許した。
そんな出来事があり、夫はカンボジアに長期の出張に出て行った。今度戻るのはひと月後らしい。

夫が居なくなってから数日後、彼女は思い切って彼にメールを入れた。
彼は鉄道の駅まで迎えに来てくれることになり、今度は彼女もそれを断らなかった。
地方と言っても、特急も止まる駅である。きちんとしたレストランもあり、改札口で落ち合った後、とりあえず昼食を済ませた。
彼の運転するSUV車の助手席に乗ると、いよいよ、あの古民家へ向けて走り始めた。
「よく決心してくれた。本当にいいんだね。メールでも何回か伝えてあるけど、これからはこの間のようなお試しではないんだ。この間は興に乗ってちょっと行きすぎてしまったけど」
「はい、覚悟してきました。奴隷というものがまだ良く分からないけど、この間縛って貰って、自分の欲しいものが理解できたような気がしたんです」
「縛るだけではない。色々な方法で自由を奪う。さらに責めは躯をつなぐことだけでもない。むしろ、躯をつなぐというのは、奴隷の中の小さなことかもしれない。だが、全くないという訳ではないんで、避妊については気を付けるけど」
「大丈夫です、この間戻ってから薬を飲み始めましたから」
「そうか、恥ずかしいこと、痛いこと、苦しいことや、あなたの思ってもみないことが沢山起きるけど、みんな僕の命ずるまま受け入れてくれるんだね」
「はい‥‥‥」
さすが声は小さくなったが、彼女はしっかり返事した。
「メールにも書いてくれていたけれど、今度は日帰りじゃなくていいな。どの位泊まれるんだ」
「必要なだけ、でも最初はあまり長くはなく‥‥‥」
「じゃあ、二泊して貰おうか。それで奴隷としての初歩の躾をやろう」

そんな話を続けている間に門の所に着いた。一旦降りると門を開け、車はそのまま駐車場のような所、以前この車が停まっていた所に停車した。
しかし、今回違っていたのは、ツーシータのスポーツタイプの車が既に停まっていた。彼女はそれについて聞こうと思ったが、彼がその車を無視して家に入っていってしまったので、慌ててその後を付いて行った。
座卓に落ち着くと、彼は改めて口を切った。
「地獄の門を通ってしまった。もう戻れない、ここまで来たら奴隷だ」
「はい」
「全て俺に隷属するんだ」
「はい」
「じゃあ早速これにサインして貰おうか」
彼が座卓に置いた紙には、一番上に『奴隷契約書』と印刷されていた。それを見ただけで、彼女は中を読むことが出来なくなってしまった。ついに来てしまった。これにサインすることによって、彼の奴隷として契約を結ぶことになる。中身を読むことも無く、彼女は最後の『奴隷:』と書かれている後にサインした。
「よし、これで契約成立だ。これでこれからのことは合意の上と言うことになる」
「はい、分かりました」
「これから後は俺がお前のご主人様だ。もっと端的に言えば飼い主だな。そこの所を最初に理解しておけ」
「はい分かりました」
彼女は矢継ぎ早に彼に言われて、考えることも無く返事をしてしまっていた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト



BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード