FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。












その日はそれで終わったが、翌日から総合調教と称した責めが連続して続いた。それは過酷な拷問だったり、とろけるような愉悦をもたらす快楽凌辱だったり、あるいは人間性を奪われる様な恥辱責めだったりと、限りが無かった。段々舞子は、そのどんな責めでも受け入れて、快感を感じるようになってしまってきた。
調教の初めに後ろ手に縛られただけで、息が荒くなり、うっとりとして躯が潤ってきてしまう。痛みも快感に感じられるようになってしまった。

ある日、後手に縛られた躰をY字形に開かれて、逆さ吊りにされた。もう縄で吊られることにはすっかり慣れ、逆さ吊りも何回か経験していた。
床に仰向けに寝かされた足首を金属の棒の両端に縛り付けられて、大きく股間を開かれた。そして、その金属の棒の鎖をチェンブロックのフックに掛けられる。もう舞子はその姿で逆さまに吊られることは分かり、覚悟をして身構えた。
すでに哀願の声など上げなくなっていた。そんなことをしても無駄なことだと分かっていた。さらに、舞子の躯は縛られたり吊られたりすることだけで、うっとりとしてしまう。そのまま寄せてくる愉悦を期待して、身を任せてしまっていた。

チェンブロックがモーターの音を立てて、鎖を巻き上げ、ゆっくりと脚が引き上げられ始めた。脚がVの字に割れて引き上げられ、腰も上がりやがて頭が床から離れた。縛師の手で注意深く縛られているので、足首に縄が強く喰い込むことは無い。その点は楽だった。
「さて今日は新しいことを経験して貰おう」
調教師の山本が顔の高さ位のところで開いている舞子の肉壺に二本の指を挿し込んだ。
「アッ!」
すかさず舞子のポイントを探って強く動かす。それだけで舞子の秘筒は潤ってきてしまった。
「アアゥ~~~」
「よしいいだろう。これをここで咥えて貰う」
山本は紅い色をして蝋燭を屈みこんで舞子に見せた。舞子は既に蝋涙を垂らされる拷問を受けていた。それだけに紅い蝋を見せられるとその時の熱い刺激を思い出したが、秘筒で咥えるということに、何とも言えない不安を感じた。今までそんなことは無かった。何をされるのだろう‥‥‥
山本はすでに潤んでいる秘口を指で開くと、蝋燭の根元を挿し込んだ。
今まで入れられたことの無いものを含まされてしまい、さらにその蝋燭に火が点けられた。
部屋の灯りが少し落とされると、逆さ吊りにされた舞子の股間は、美しい燭台になってしまった。
「ほら鏡を見て見ろ」
躰を少しまわされて、この部屋にもある鏡の方に向けられた。舞子はそこに映った自分の姿を見たが、以前のように悲鳴を上げることは無かった。
むしろ、白い無毛の股間に蝋燭を灯らせている自分の姿を美しいとすら思ってしまっていた。

突然尻たぶに激痛が走った。鞭使いの野々村がバラ鞭を振るったのだ。その勢いで舞子の躰がぐらりと揺れる。
「アツ!」
既に溜まり始めた蝋涙が、躯が揺れたために舞子の太腿の内側、皮膚の薄い所に飛び散った。鞭の痛さと蝋の刺すような熱さ‥‥‥火傷をするほどの温度でないことは、今までの経験で舞子はわかってはいたが、融けた蝋が滴った瞬間の熱さは何度経験しても慣れない。今までは男の手で蝋を躰に垂らされたので、蝋燭の高さで蝋涙の温度をコントロールできたが、今は自分の躯の中心に立てられた蝋燭から飛び散る。距離が短いので温度は高い。
鞭打たれて躯が揺れている間は、蝋が流れ出して躯を焼く。揺れが小さくなると、蝋燭が立てられている秘裂にまで、蝋涙が垂れてきてしまった。

バシッ!
また鞭が腰をしばく。最近は野々村の鞭も加減することも無く舞子の肌を攻撃する。また躯が揺れ、蝋が飛び散り舞子に襲いかかってくる。
「アア~~」
体の前や後ろと、所構わず野々村の鞭が振るわれる。その度に舞子は哀れな悲鳴を上げていたが、それがだんだんか細くなってきてしまった。
頭の中がぼんやりしてくる。それと同時に鞭の痛さも蝋涙の熱さも快くなってきてしまった。

<ああ~~~いい気持‥‥‥>
ぼんやりした頭で、舞子は倒錯した快感に浸ってしまっていた。
逆さ吊りは、長時間やることは出来ない。頭に血が溜まって脳を圧迫し、最悪の時は死に至ることもある。
すでに舞子の顔色は、赤く染まっていたし、意識もぼんやりしてきていた。だが、舞子もこの瞬間に最近は捉われていた。躯をつないで、首を絞められながら恍惚の内にアクメに達する女もいる。一歩間違えれば窒息する寸前にである。逆さ吊りもそれに似ているのかも知れない。
前に逆さ吊りにされて、バイブに責められた時も、今まで感じたことの無い大きな恍惚感と快感を舞子は感じて、そのまま気を失ってしまったことがあった。
今鞭打たれ、自分の秘筒に立てられた蝋燭に焼かれて、舞子は完全に恍惚の波間を漂ってしまっていた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト







拡張された時、すでに舞子はそこで男とつながっている。しかし、そうはいってもあらぬ所に男の物を入れられるのは恥ずかしいし、違和感が付いて回る。でも逃げることは出来ない。舞子は甘んじて男をそこに受けざるを得ない。その屈辱感に耐えることが、舞子をここでいう奴隷に貶めて行くのであろう。男が肛門にその肉棒を出し入れして舞子を刺激するたびに、舞子は奴隷に堕していく。

ただ違和感だけだったアナルに少しずつ快感が呼び起された。肛門の壁を擦られると、以前の様に痛みではなく、もどかしい感じがする。男が直腸までその剛直を押し込めてこねると、体の芯に言うに言われない甘い快感が湧きあがる。
すでに舞子はアナルセックスでの快感を、前のアナル調教師たちによって開発されてしまっていた。今舞子につながっている男はそのことを知っているが、舞子にはそんな自覚は無かった。ただ、前は苦痛だった肛門でのつながりが、徐々に愉悦を呼び起こしてくることに戸惑っていた。前の時もあの蛇のような肉塊を持った男に、思いがけずアナルで崩壊に導かれてしまってはいたが。
しかし、この男はあの時の男のような特殊な術を持ってはいないようだ。ただ腸壁を擦られると、躯の芯が心地よいし、肛門壁も気持ちが良くなってしまっていた。あのアナル調教を受けて、アナルの快感が開花してしまったのか。舞子には分からない。だが今徐々にゆったりとした快感が舞子を包み込んできている。

男の剛棒をあらぬ所に受け入れて、責め上げられている屈辱感、躯に喰い込む縄の拘束感、そして男の動きが与える刺激、これらが混合された今まで感じたことの無い、ゆったりした快さが舞子を包み込んでいた。
「ア~~~」
まるでため息のような声が舞子の口から漏れ始めた。
男も素人ではない。それどころか多くの女を犯して、悦びに導いている。舞子の変化は手に取るようにわかった。
「よしいいぞ、35号」
ピッチが上がった。動きも大きくなってきた。腰も巧みに動かしている。だが、あのアナル調教師のような特殊なテクニックは使わない。あれは誰でも出来るものではないのかも知れない。舞子はぼんやりとそんなことも思いながらも、男の動きの激しさにつれてどんどん快感が大きくなってきてしまった。

「アア、ア~~~‥‥‥アアゥ!」
止めようとしても、自然に声が出てしまう。
直接快感のポイントを攻撃されている訳ではない。肛門にも神経は集まっているが性感を得るためではない。アナル調教師に開発されて、さらに何回も経験を積み重ねて、その神経叢で得られる快感である。
しかし、舞子はほんの数回でこの快感を感じられるようになってしまった。何回も調教師たちが絶品だと褒めていたのも、あながち間違いではないようである。
粘膜一枚で敏感な所と隣り合っている直腸壁を擦り上げられて、舞子の愉悦の壺のポイントが刺激される。粘膜一枚で隔てられているため、鋭い感覚ではないが、じわじわと快感が湧いてきて、舞子の躯は蜜を吐き出してしまっていた。

「アゥ~ン、アゥ‥‥‥アアア、ダメェェ」
虚しく開いている蜜口から淫液を溢れさせ、舞子は躯中に快感の波が湧きあがってきた。男の動き毎に波頭は高くなり、それは躯中に打ち寄せてくる。
「イイ~~~」
舞子はその波が大きく崩れて、とうとう頭の中まで打ち寄せてきた時に、歯を食い縛ってその波を受け止めていた。しかし、寄せては返す大波は、躯中に広がり段々舞子は耐えられなくなってきた。
「ウーン、いい。まるで生ゴムにでも締められるように、締め付けてくる」
男は舞子がすっかり愉悦の波に呑み込まれたのを感じて、さらに厳しい攻撃を仕掛けてきた。
「イヤァ、ダメ‥‥‥アアア、逝っちゃうぅぅ~~~」
「ほら逝けるのなら、思い切って逝って見ろ」
「アア、ダメ‥‥‥恥ずかしい‥‥‥お尻でなんて、でも、もう‥‥‥」
「そら逝くんだ!」
男はここぞとばかり、早く強く攻めてくる。
「イイ~~~~~ヒィィ~~ッ」
舞子の大きく開いた秘裂から、一瞬水流が光を受け噴水の様に噴き出した。それと同時に、おこりにかかったように舞子の躯が震えだした。さらにガクガクと痙攣し、完全に崩壊したことを曝してしまった。
その舞子のアクメと同時に、男は大量の熱い精で彼女の大腸を焼いた。

アナルで到達したアクメはなかなか収まらない。何回も痙攣を繰り返す。その度に舞子の肛門はきつく締まり、男の茎を締め上げていた。
やっとそのアクメも治まり、舞子は完全に弛緩してしまった。その時になって男は自分のものをゆっくりと舞子のアナルから引き抜いた。しかしアナルがやや上を向いているせいか、射込まれたものを舞子は飲み込んだままだった。
海山と丈山が脚を上に引き上げている縄をとき、さらに二つ折りにした縄もほどいて脚を真っ直ぐにしてマットの上に開いたまま放り出した。すると、まだ締まり切らずにポッカリと暗い中を見せているアナルから、ゆっくりと飲み込まされたものが流れ出てきた。
まるで鯨のように潮を噴き、さらにアナルからは射込まれた汚濁を垂れ流してしまっても、今の舞子は呆けたようにぼんやりとして、羞恥心も無くしてしまったようだ。
「今日の総合調教はここまでだな」
山本の言葉に集まった男達は引き上げていった。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト







「凄いな、確かに鍛え甲斐はある。が、取りあえず降ろそう」
海山がリモコンを操作し、チェンブロックのフックを下げ始めた。その間に数人の男達の手で、床に枠の付いた防水マットが敷かれた。マットは舞子の下に置かれ、彼女はうつぶせのまま、マットに横たわった。
鼻のリングに結び付けられていた紐がほどかれた。胸の錘も外された。しかし、後手に縛ってある縄と、脚を折りたたんでいる縄はそのままだった。その上フックに掛けられていた縄も、まだ舞子の体に取りついたままであった。
川本と野本の二人で、うつぶせの舞子を仰向けにする。後手の腕は海山によって、腕同士が重ならないように縛ってあるので、弾力のあるマットの効果もあって舞子を痛めることは無かった。その上、これだけ動かされても、海山の縛った縄は緩んだりはしなかった。

「さて次にいくか」
最初に舞子とつながった男が声をかけると、三人目の男が褌を外した。
舞子は意識を取り戻してはいたが、ぼんやりと天井を眺めていた。
長い間、吊り責めのままで、マシンで逝かされ、さらに二人の男に完全に絶頂に追いやられてしまった。吊られたままでの結合のためか、二人の男たちのテクニックの上手さなのか、鼻ピアスやバストのピアスで痛められながらも、その痛みすら快感に巻き込まれてしまった。
疲れたということもあるが、舞子は自分の躯がどんどん知らぬ世界に堕ちていってしまう気配を感じていた。

「ほらぼんやりしてないで口を開くんだ」
仰向けになっている舞子の鼻のリングを引っ張って、三人目の男が舞子にまたがるようにして自分の肉棒を突き付けてきた。もう舞子は抗う気力も無い。鼻を引っ張られながら口を開き、突き付けられたものを口に含んだ。
その間に海山と丈山が舞子の上半身を、チェンブロックのフックに掛けていた縄を使って、まるで縫いつけるようにマットの枠に縛り付けた。さらに膝で折り曲げられて縛られたままの脚も、フックに掛けられていた縄を利用して、頭の方に引かれて、これもまたマットの枠に固定された。そのため、舞子は股を大きく開いて、腰を持ち上げるような格好で身動きできなくなってしまった。

汚れた股間が明るい光の下に剥き出しになって曝されてしまっている。秘裂だけでなく腰が持ち上がっているので、双臀の割目の奥にひっそりとたたずむ菊の花まで露わになってしまっていた。散々崩壊を曝してしまった身でも、汚れたままの股間を大きく開いて、明るい中で曝されると、舞子は恥ずかしさに身も細る思いだった。いくら凌辱されても、恥ずかしいという思いは、舞子から去らなかった。生暖かい空気が直接秘裂やアナルに当たる度に、そこが剥き出しだということを、舞子に教えてくれる。
そんな恰好で、男の肉棒を口に押し込まれている‥‥‥だが、いくら恥ずかしくても舞子にはどうしようもなかった。

剥き出しになっている菊の中心に、既に作務衣姿になった最初の男が寄ってきて、チューブからアナルゼリーを絞り出して塗り付けた。
「アッ」
もう舞子にはそれが何だか分かる。そこに塗りつけられたということは、男たちがアナルを狙っていることも分かった。
男の指が、無造作に肛門を割って差し込まれた。
「イヤァ」
「今さら何言ってるんだ、こんなに楽に咥え込むじゃないか。白沢さんたちはいい仕事をしているな」
「そこも絶品だと言っていた」
「そのようだ、こんなに柔らかく拡張しても、締め付ける力はしっかりしている」
男は指に乗せたアナルゼリーを、肛門の奥まで塗り込める。

その間も口を奪った男は、わがもの顔に口の中を嬲り廻していた。舞子もそうされると唾液がわき出て、いつの間にか舌を絡めていた。
アナルの指は二本になり、肛門を押し開いている。
「これなら大丈夫だな。よし、もういぞ。ゼリーもたっぷり塗り込んでやったから」
「よし、じゃあ‥‥‥」
口を嬲っていた男は、完全にそそり立った肉塊を引き抜くと、最初の男と入れ替わって、舞子の股間に膝を突いた。そして自分の剛直に手を添えると、最初の男の指で口を開かれた舞子の肛門に差し込んだ。
「うむ、やはりまだ固いな、でもこの位がいい」
男は体重を乗せるようにして、捻じ込んでいった。硬く猛り立ったものはそうやってもびくともせず、一寸刻みで舞子の中に潜り込んでいく。
「アアゥ‥‥‥」
もう痛みは無かったが、あらぬ所にそんな物を入れられる違和感は取れない。特に一番太い所を呑み込む時は、やはり引き裂かれるような感覚があった。しかし、それもするりと入ってしまい、男の剛直をすっかり呑み込んでしまった。

男は根元まで押し込めると、一息ついた。
「これはいい、痛いほど締め付けてくる」
舞子がそうしようとしている訳ではない。だが、まだ経験のほとんどないアナルは、男の剛直を締め付けてしまっている。
男はゆっくりと抜き出し始めた。
「イヤァ、動かないで。変な感じ‥‥‥」
男は舞子のそんな哀願には耳も貸さず、一旦ほとんど引き抜いた。そしてアナルゼリーを結合部にたっぷりと塗ると、改めて差し込み始めた。男の茎と一緒にゼリーも入って行き、舞子の肛門はすっかり滑らかになった。そのため、二回目の挿入はスムーズに進んだ。
それを確かめると、やおら男は抜き差しし始めた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト



BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード