FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。












意識が無かったのはほんの少しであろう。三角木馬の振動は止められていた。だが、アナル拡張プラグはいっぱいに膨らんだまま、まだ肛門括約筋を押し広げていた。
「なかなか見事だったな、これからもこの調子で良い声で鳴くんだぞ」
熊井がカッターナイフと開口猿轡を持って、まだぐったりと頭を垂れている理紗の前方に回った。
「口を開くんだ。開かないと怪我をするぞ」
熊井が強い力でマスクに包まれている顎をつかんで締め上げた。
「アウウッ・・・」
逆らえずに開いた理紗の口の部分をカッターで切り裂くと開口猿轡が押し込まれ、ベルトで固定された。さらに、鼻の左右を通って頭にベルトが回され、首の後ろで止められて、猿轡はしっかりと嵌め込まれてしまった。
真っ黒な顔にポッカリと丸い穴が開いて、ベルトが真っ黒だけだった頭部のアクセサリーのようになった。

躰や腕を吊っていた縄が緩められて、小さくモーターの回る音がすると、台が下がり理紗の足先が床に着いた。
足が着かないというのは不安なものである。自分がどの位の高さにいるのか、視覚を奪われている理紗には分からない。その上、クレーンに吊り上げられて、完全に高さの感覚がなくなっていた。
<それほど、高くなかった>
さらに下がって、膝が徐々に曲がって行く。
「よし丁度いい高さだろう」
熊井が声をかけると、スイッチが切られた。

「さて、最後の準備だ」
躰と腕を吊っていた縄がまた元のようにクレーンのフックに掛けられて引き上げられた。さらに理紗の頭に回されている猿轡のベルトに、ロープがかけられ、それが腰のベルトの背側のリングに通された。引き絞られると、がっくりと折れていた理紗の顔が上がった。リング状の猿轡をはめられた口が正面を向く。苦しい体勢だった。
「武本さん、どうです。後ろからは先生のあらゆるものが見えますよ。前は口を開けたまま涎を垂らしている。こうなっちゃどんなに偉い先生でも、ただの女でしょう」
「はあ、そうですね」
「その上顔を黒いマスクで覆われている。顔が一番個性を表すんですよ。こんな黒坊主では、全く個性が無い。ただの女の躰ですね。こうなれば誰でもおんなじです。こうやって、加賀先生の人格を奪ったんだが、少しは気が晴れましたか」
「ええ、ええ、言うとおりです。これじゃただの肉体です」
「そういうふうに分かって貰った所で、武本さんに加賀先生の処女を破って貰いましょうか」
「処女って・・・だけど先生は・・・」
武本も理紗が処女ではないことくらい分かっている。熊井は何を言っているのだろう。
「躯の中を清めることも知らなかったんだから、ここはまだヴァージンですよ」
熊井は後ろに突き出している理紗のヒップをぴしゃぴしゃと叩いた。
「ウウ・・・」
「晴美、もう大分広がったろう、拡張バルーンを抜いてやれ」
晴美は拡張バルーンのチューブについている排気ネジを回して、理紗のアナルを押し広げていたバルーンの空気を抜いた。シューと音がすると、簡単に空気は抜けて、バルーンは萎んだ。しかし、大きく開かされた肛門は直ぐには閉じてこない。しかし、やがて窄まって皺をよせて菊の蕾になってきた。

熊井の言っていることは理紗の耳にも届く。
<お尻の穴を・・・・・・?>
理紗とて子供ではない。ましてや医学を修めたからには肛門性交のことは知っている。だが、それは全く違う世界のことだと思っていた。自分がその危険に曝されていることに愕然となった。
「アウウウウ・・・アアゥゥ・・・」
猿轡から声を漏らして、必死に身悶えた。だが、ベルトは緩むどころではない。それどころか、剥き出しになった珊瑚の珠が三角形の頂点に擦れ、強烈な刺激をまた躰に送り込んできた。
「晴美、先生のここを柔らかくして、つながる時少しでも楽になるようにしてやってくれ」
「了解。先生、優しく揉んで、柔らかくして差し上げるわよ」

「武本さん、先生が口を開けっ放しにして待ってますよ。先生の受け入れ準備が出来るまで、あそこを慰めてやったらどうですか。口は塞げないから、噛み付かれる心配は無いですよ」
「よし!」
熊井にたきつけられ、武本は着ているものを脱ぎ去った。もう股間は半分くらい力を得ている。
晴美はチューブからたっぷり潤滑剤を搾り出すと、アナルのおちょぼ口に塗りこんだ。
武本が股間の肉塊に手を添えて、理紗の口に差し込む。リングで開かされた口は、差し込まれた醜いものを、そのまま呑み込むよりしょうがない。生ぐさい臭いが口いっぱいに広がった。
「うぐ・・・ッゥゥ」
「お詫びのしるしだ。丁寧に舌を使うんだぞ」
口を犯したものは遠慮なく舌や頬の内側に押し付けられる。理紗は逃げることが出来なかった。 さらに喉にも突き立てられてくる。

アナルの方は、晴美が優しく揉み解していた。
すぐに武本の肉棒は力を得てきた。大きく膨らんできたものを喉にまで突きたてられ理紗は苦しくてむせ返った。
「アグァ・・・グワァ・・・」
なんともいえない苦しげな声が理紗から漏れる。
喉を犯されて、目からは涙が溢れているが、マスクに遮られ外からは見えない。
武本は暖かな口の粘膜に包まれ、えも言われぬ心地よさに、真っ黒い坊主頭を抱えるようにして、夢中になって闇雲に付き立てた。
晴美の巧みなマッサージで、理紗の肛門はふっくらと柔らかくなり、晴美の指を楽に呑み込んでいる。
晴美は指を二本にした。それも楽に呑み込む。既に拡張バルーンで押し広かれた括約筋は思ったより柔軟になっていた。晴美は差し込んだ二本の指を大きく開いた。
「リーダー、かなり柔らかくなってますよ」
晴美の指に押し開かれ、理紗の肛門はほの暗い内部を曝していた。
「武本さん、どうですか。思い切って突き破ってくださいよ」



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト







「アウ・・・・・・」
股間が頂点と触れる。
丸くなっていて柔らいので、秘裂に食い込むことは無いが、体重の全てがそこに掛かる。三角形の頂点が少しつぶれて、理紗の股間にぴったりと押し付けられた。理紗は三角棒を強く挟みつけて躰を浮かそうとしたが、空しい努力である。
理紗が落ちないように、井村が体を支え、熊井が吊っていた鎖を緩めた。
理紗の足先は、あと少しのところで床に着かず、虚しく空をまさぐっている。

理紗のクリトリスは包皮がカットされているのですぐに剥き出しになる。今もちょっと身じろぎをしたため、すっかり裸になってしまっていた。
その股間が完全に木馬の上に密着してしまった。馬のサドルにまたがったような姿だが、その頂点はサドルよりも狭く、秘裂を裂くほどではないが、完全に開いた状態で、ビニールレザー状の頂点に当たってしまっている。そこに自分の体重が全て掛かってしまっていた。
クレーンから吊るされていた縄が緩められると、代わりに両腕を一本の棒のように締め付けているアームザックの尖端のリングに縄が結ばれ、その縄尻がクレーンのフックに掛けられた。
「体を前に倒すのだ」
アームザックで肘も曲がらないように固定された両腕の先端を上に引き上げられれば、言われなくても躰は前屈せざるを得ない。うつ伏せになると再び腰のベルトの縄がフックに掛けられて、木馬から落ちないようにされた。しかし、この縄で引かれているので完全に前に躯を折ることも出来ず、中途半端な状態であった。

「晴美、アナル拡張バルーンを入れてやれ」
すでに浣腸をした時から、次のターゲットはアナルだと晴美には分かっていたので、すぐに細長いゴム製の拡張バルーンを持ってきた。そして、前屈みになっているので、さあどうぞとばかりに剥き出しになっている菊の蕾に、潤滑ジェルを塗り込み始めた。
浣腸をされた時、無理やりプラグをされたため、理紗の括約筋はある程度柔らかくなっているようで、晴美の指を簡単に二本呑み込んだ。
「仲さん、お願い、もう辱めないで」
「何言ってんのよ、武本さんにこれから恨みを晴らしてもらうのよ。自業自得でしょう」
確かに手術のミスはミスでも、その場で理紗が直ぐに処置していれば、命にかかわることは無かった。しかし、連絡の出来ない所へ理事長と行っていたことについては、申し開きも出来なかった。黙って晴美のやることを甘んじて受けるよりしょうがない。
潤滑ジェルで滑らかになった肛門に、ゴムチューブが差し込まれた。末端にはストッパーの鍔が付いていて、そこに握り玉の付いたチューブがつながっている。見えない理紗には何が起こるのか、不安が益々募ってきた。

「武本さんの恨みを晴らしてもらう前に、この木馬の威力を試してもらうか」
「どんな声で先生が鳴くか楽しみですね」
「じゃあスイッチを入れるぞ。晴美は先生の状態を見ながら拡張してやってくれ。今度は完全にな」
「分かっているわ。これで武本さんも気が収まるといいけど。それにエージェントの方にも約束を果たさなきゃならないわね」
「ああそうだ、アナルも完全に使えるようにする約束だから」
三角木馬を支えている円柱の根元にある操作盤の様なもののスイッチを熊井がONにした。そして摘まみを右にゆっくりと廻してゆく。
木馬の頂点が僅かに振動し始めた。
「アッ!止めてぇぇ~~~」
突然密着している剥き出しの秘裂に刺激を受けて、驚いて理紗が悲鳴を上げた。しかし、熊井の指は情け容赦なく摘まみを更に右に回し、振動を激しくしてゆく。
剥き出しになったクリから蜜口まで、連続して電マを当てられているようなものである。
「ウウッ」
理紗はその振動からの刺激に耐えようと歯を喰いしばった。

その時、晴美がアナル拡張バルーンの握り球を一回握り潰した。拡張バルーンに空気が送り込まれて膨らむ。
「アウッ!痛い~~」
敏感な部分を刺激する振動に、感じまいと必死に耐えていた理紗は、突然無理やり肛門を押し広げる拡張バルーンにびっくりするとともに、さっき浣腸の時にアナルプラグを押し込められた時の痛さを再び味わっていた。しかし、今度のは前みたいな激痛ではなかった。我慢すれば我慢できそうな位だったが。
その間にも、熊井がダイヤルを回して、大きく開いた下半身からの刺激は、ますます強まってきてしまっている。特に、包皮から顔を出してしまった珊瑚珠への刺激は快感を通り越して、熱い放射腺を躯中にまき散らしているようであった。
また、アナルが開かれる。しかし、その痛さも、もう理紗には下半身全体に広がってしまった快感の中に組み込まれてしまったような感じだ。肛門を裂かれる痛さも快感の一つの要素のようになってしまっている。
「ああ、ああ‥‥‥ウウウ~~~~」
真っ黒な全頭マスクを被された口からは、切れ目なく声が漏れて、口の辺りが濡れてきてしまっていた。

跨った三角木馬の頂点は、理紗が吐き出した淫液で濡れそぼっている。アナル拡張バルーンも、何回も空気を送り込まれて、菊の花を満開に咲かせていた。
「あ、あうん‥‥‥あ~~~もうダメ、逝っちゃいそう、お願い停めて‥‥‥」
「逝くんなら、ここで一度逝ってしまいな」
「イヤァァ~~~、恥ずかしい‥‥‥イイ、もうダメ、イクゥゥ~~~~」
「ほら、最後の一押しだよ」
なかば虚ろになってきている理紗に埋め込まれたアナル拡張バルーンに、晴美が最後の一押しをした。
「痛いぃぃ~~~イヤァァ、ヒィィ~~~」
拡張バルーンが与えた痛みが引き金になったのか、突然理紗の躰が足先まで突っ張り、続いてガクガクと痙攣が始まった。木馬の上からは、潮を噴いたのか液体が滴り落ちてきた。
「ヒイーーーーーッ」
一声悲鳴を上げると、理紗はぐったりと縄にぶら下がってしまった。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト







理紗は椅子から解放された。しかし、躰を拘束している革の拘束具はそのままである。井本に押されるようにして、簡易診察室と言っていいかもしれないコーナーから通路になっている部分に連れてこられた。全く視界を奪われている理紗には、自分で動くことが出来ない。
胸を締め上げている乳房を絞り出している穴あきのベルトの背後のリングと、腰のベルトのリングに縄が結び付けられて、そこまで来ているホイストクレーンのフックに縄尻が掛けられた。
クレーンがフックを巻き上げる音がする。
「ウッ!」
胸のベルトと腰のベルトが上に引き上げられた。そしてそのまま理紗は宙吊りにされてしまった。

縄の長さの具合で、やや前屈みになり、胸に体重がかなり懸かってくる。
「‥‥‥苦しいぃ~~~」
自分の体重で胸を圧迫することになって呼吸が苦しくなってくる。だが、腰も引き上げられているので、完全に息が詰まることは無い。
理紗は片脚を少し上げて、もう一方の脚と絡ませて、股間を少しでも隠そうとした。しかし、激しい排泄で疲れ切ってしまっているのか、すぐに脚がだらんと下がってしまった。
「せっかくのガーターベルトも、こうびしょ濡れじゃ台無しだな。井村、脱がせてしまってくれ。」
熊井に声を掛けられると、井村によって、力なくぶら下がった理紗の脚から、ストッキングが剥ぎ取られ、腰のガーターベルトも外された。下半身は真っ白な肌を全て曝してしまった。さらに高く吊り上げられてゆくうちに、真っ黒な頭部もうな垂れてしまって、理紗の躰からは完全に力が抜けきってしまったようだ。
理紗は股間を下から見上げられるような高さまで吊り上げられてしまった。

吊り上げられて延び切った躰は、ウエストがベルトでいやが上にもくびれ、それだけ豊かな尻周りの張り出しが目立つ。ふっくらと突き出した尻の双丘は、まだ弛みも無く肌が白く光っている。
股を合わせる力も無いため、吊り上げられた両脚はやや開いている。そのため改めて晴美に剃りあげられた股間が、白々と剥き出しになってしまった。
理紗はそれほどの性経験が無いのか、ラビアの発達も少ないし色素の沈着も無い。ふっくらとした体付きは、土手肉も豊かに盛り上がり、ラビアをすっかり包み込んでいる。剥き出しにされたと言っても、大きく開かれているわけではない。くっきりと深い切れ目だけが見える。若い女の発達していない切れ目に比べると、やはり成熟した女の深さと大きさであった。
「武本さん、こういう姿勢と位置で見る女もそそるものがあるだろう」
熊井に言われて、武本は大きくうなずいた。

完全に吊り上がった体は、ガクンとひとつ揺れると横に動き始めた。クレーンの鎖の縒りが戻るのか、理紗の体はゆっくり回転しながら、さらにクレーンの動きで、前後に揺れながら運ばれてゆく。
機械類を取り外した工場は広さが充分にある。診察椅子からやや離れた所に奇妙な台があった。理紗の体はそこに向かって運搬されてゆく。
「先生には見えないだろうけど、先生のために新しい機械を用意しておいた。いまそこへ運んでいるからな」
熊井がクレーンを操作して、ゆっくりと理紗を運んでいる間に、井村を初めとして他の者達はその台の所に移動した。武本も皆の後に続く。
長さは1メートル弱であろうか。断面が三角形の太い棒が、これまた太い円形の金属製の柱の上にT字型に乗っている。三角形の棒の大きさは、一辺が30センチくらいか、頂点が上を向いている。

「武本さん、これは三角木馬を参考にして造って貰ったのだが」
井村の説明に武本が怪訝な顔をした。
「三角木馬といっても、武本さんには分からないわよ」
「そうだな。江戸時代に拷問に使っていた責め具なんだ。あの三角形の上に脚を開いた女を乗せる。そうすりゃ、自分の重さで、上のとがったところが股の間に食い込むだろう」
「ハア・・・」
「まあ、見てもらおうか。だが、こいつはそんなに尖ってないし、柔らかい。つまり、股を切り裂くようには作っていない。その代わりに、別の機能を組み込んでいるんだが」
井村が言うように、三角形の頂点はかなり大きな半径で丸くなっている。狭いベンチの様なものである。井村が手で押すと弾力があって押されたとこがやや凹むほどだ。
そんな間に、理紗がその三角木馬の上に運ばれてきた。井村の話が聞こえたかどうか、理紗は全く身動きせず、力なくぶら下がっている。
熊井が理紗の体を降ろし始めた。理紗の足先が三角形の横棒に触れた。理紗にはそれが何だか分からない。ただ、吊られて息がつまる苦しさから逃れたい一心で、それをまさぐった。だが理紗の足がそこで踏ん張ろうとしたとたんに、頂点から外れて斜辺を滑ってしまった。もう片方の足は最初から斜辺である。

体が降りてゆくのに従い、足はずるずると斜辺を滑って、もう体を支えることは出来なくなった。どうなっているのか分からない理紗は、三角形で脚を開かれ、空しくもがくだけである。
理紗は完全に三角木馬に跨ってしまった。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト



BACK  // HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード