FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。











由香がまたステンレスの台からチューブを取り上げると、そこから絞り出した軟膏を今剃った所に塗り込んだ。
「剃刀負けをしないように、荒れ止めの薬を塗り込んであげたわ。これを何回も塗り込んでいると、毛根が死んでしまってもう生えてこなくなるのよ。その内に面倒な剃毛をしなくて済むようになるわ。これで剃毛は終わり、次に進むわね」
「ほら目を開けて見てごらん、これで検査がしやすくなっただろう。次は採血と採尿して検査室へ回すからね。塩浜君頼むよ」
舞子は何をされるか分からない不安で、また目を開けてしまっていた。
すでに、由香は長細い袋からビニールのチューブを取り出して、大きく開いた舞子の股間にかがみ込んでいた。

「これ何だか分かる。普通は知らないわよね。カテーテルといって強制的に尿を採取するものなのよ。もう邪魔するものも無から、尿道口も良く見えるわね」
長島医師が広口の瓶を床の上に置いた。由香はカテーテルの先端に潤滑剤を塗ると、指先で舞子の秘唇を押し開いた。
医務室の煌々とした光の下で、舞子の秘部が完全に剥き出しにされてしまった。
「毛が無いと本当によく見えるわね。ほらここがお小水が出る所」
由香は舞子の尿道口にも潤滑剤を塗ると、カテーテルの先端を押し込んでいった。

「アア‥‥‥」
舞子の口からため息にも似た声が漏れる。もう、抗う言葉を言うことも無い。何を言っても、完全に椅子に括り付けられてしまって、その上周りには味方は一人もいないことが身を持って分かってきた。ここでは何を言っても許されるようだが、この医師にしても、味方をしてくれるわけではない。
由香が慣れているのか、カテーテルは滑らかに挿入されてゆく。そしてチクッとした痛みが舞子に襲った。
「アッ、痛い」
しかし、その痛みは注射針を刺されたほどの痛みで直ぐに消えてしまった。だが、その後舞子を襲ったのは、彼女の想像を超えていた。
「目を開けてよく見て、ほらカテーテルを伝わって、35号のお●っこが出て来たわよ」
舞子が排尿の為に力を入れたわけではないのに、カテーテルの中を液体が流れ出してきて、その先端からこぼれ出てきた。
「イヤァ、恥ずかしい~~~」
舞子は見続けることなどできない。目をつぶって、横を向いてしまった。
由香は先端近くに付いている枝の先の小さな注射器の様な物を押すと抜き取った。その後チューブから手を離したが、チューブは抜け落ちることは無かった。先端は長島が置いた広口瓶の中に入れられ、舞子の膀胱から流れ出た、僅かに黄色く色付いた小水が貯まり始めた。その様子は目を開ければ鏡に映り、嫌でも舞子にも丸見えである。一度見てしまった舞子は目をつぶっていてもその様子が手を取るようにわかる。

「お願い、やめて‥‥‥恥ずかしい~~~~」
「全部出るまでの間に採血をするわ。35号は自分の排尿でもゆっくり眺めているのね。ちゃんと目を開けるのよ」
そうは言われても、舞子は目をつぶったままだった。ここでなければ、鞭が飛んできたであろう。
「35号、昨夜トイレを使ったのは、分かっているんだ。そういうことだから、今でてる物のもとは俺たちの小便だな」
「そうか、35号ももうそこまでさせられたのか。でも、尿は薬にもなるし、美容にもいいんだよ」
昨夜トイレで排尿したことはどうやら隠しカメラか何かで見られていたらしい。
ここの医師も水分として男たちの尿を飲まされていることを知っているようである。それは当然と言えば当然であろう。何も舞子が初めての犠牲者ではないのだから。
「びっくりしているようだな、お前の部屋だけでなく、他の調教を受けている奴隷たちの部屋も全てカメラで監視している。不測のことが起こったりした時のためでもあるんだ」
山本が口を挟んだが、冷静に考えて見れば、いつ何が起こるか分からない。閉じ込めている奴隷については、常時監視を怠る訳にはいかないのは当然だろう。

小水は何時まで経ってもチューブの先端から流れ出てくる。その間に、由香は舞子の腕から採血を済ましてしまっていた。舞子は目をつぶって、もう運命に身を任せているような状態であった。
「やっと終わったようだな。随分と調教師さんの聖水を飲んで、大切に溜め込んでいたものだ、これじゃ苦しかったろう。塩浜君、検査の方へ回しといて」
瓶にはすり合わせた密栓がされて、由香に手渡された。由香は舞子からカテーテルを引き抜き、採尿瓶と採取された血液と一緒に持って出て行った。

「じゃあ、いよいよ僕の出番だな」
長島が医療用の薄い手袋をぴっちりと手にはめると、舞子の股間に丸い腰掛けを持ってきて腰を下ろした。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード