FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。

海外発・優良サイト(有料)のご紹介











ブログランキングに参加してます。クリックお願い⇓






割目をなぞりながら、隆さんの指が一本、もうすっかり潤ってしまっている蜜口に差し込まれてきました。
「アゥッ」
その感覚に思わず声が出てしまいましたが、決して拒否する声ではなかったのです。一番大事な女の花芯に、指とはいえ、隆さんの躰を迎え入れたのです。
「奈美子、綺麗だよ」
わたくしのうっとりした顔を見ながら、隆さんの指は更にもう一本増えました。二本の指が私の身体の中を探ってきます。
「ウウ、ウウン~~」
思わず下半身に力が入り、その指を食い締めようとしたようです。
「凄い、この間、熊井が言っていたが、奈美子のここは絶品だな」
もう一本追加して、三本の指で秘筒の中を探られます。外科医のすらりとした指が、まるで関節が無いかのように、粘膜を押し、撫でそして突いて来ました。中はとめどなく蜜を滲み出して、ヌルヌルになってしまっているでしょう。

隆さんの指がまさぐっている時、突然躯を突き抜けるような快感が走り、ひとりでに全身がびくりと突っ張ってしまいました。
「アッ、アア~~~~」
「そうか、ここが奈美子の泣き所なんだな」
隆さんは、その後そのポイントを中心に、指の抜き差しを強くかつ速くしてきました。
強烈な快感が躯中に広がり、熱く燃え上がってきてしまいました。
「アアア~~~」
そのうち、そこだけでなく子宮口の辺りも嬲られて、激しい刺激が躯に送り込まれてきます。こんなにも、秘筒の中に気持ちの良い所があるなど、わたくしは知りませんでした。
隆さんの指が刺激するすべてのところで快感が湧きあがり、もうどうしようもなく、あられもない喘ぎ声を上げて喘いでいました。
「アア、アアッ、アアゥゥ~~~」

「どうだ、極楽だろう」
「アア、ダメェェ~~、逝っちゃう‥‥‥」
とうとう私の躯は、私の意思とは関係なく、隆さんの三本の指戯で軽いアクメを迎えて、激しく淫液を吐きだしてしまったのです。
「さあ、これからだ、こんなことでへばっていては、ちゃんとした奴隷にはなれないぞ」
隆さんはわたくしの吐き出した淫液でぐっしょりになった指を抜き出すと、バスローブを脱いで、わたくしの躰にまたがりました。そして、顔を股間の埋めると舌で愛撫し始めました。
必然的に隆さんの肉塊がわたくしの顔の上に来ます。わたくしは、ごく自然に口を開きそれを呑み込んでいました。見るみる内に隆さんの肉塊は力を得てきました。

隆さんの舌は、蜜を吐いた秘口を舐め廻した後、舌先を固くして尿道口を刺激してきました。何とそこを刺激されても、もう躯全体が燃え上がっているわたくしは快感を感じてしまっていました。さらに包皮を舌で器用に捲ると、一番敏感な珊瑚の珠を嬲ってきました。
その攻撃には、いまのわたくしは耐えることは出来ません。体全体に刺すような痛みを伴った快感が走り、思わず隆さんの硬くなったものを口から離して、声を上げていました。
「アア、アアアぅ~~~許して~~~ダメェェェ」
「そうか、じゃあ奈美子の欲しいものをあげよう」

隆さんは体をいったん離すと、股間に割り込み、わたくしの口で力を得たものを、また蜜を吐き出して濡れそぼっている肉体の中心に嵌め込んできました。
「ああ~~~~隆さん、うれしい~~~~」
隆さんと一つになるのは何年ぶりでしょうか。まだ若かった頃の何も知らなかった二人ではありません。わたくしの方は、隆さんに再会してから開発された肉体でしたが、それでも肉の快楽は十分味わえる躯になってしまっていました。
「よし、奈美子、天国に送ってやろう」
そうです、両腕を後手縛りにされた不自由な状態、そしてその縄が肌を締め付ける拘束感も、わたくしにとっては刺激的でした。
<自由を奪われ、隆さんに犯されてゆく‥‥‥>
わたくしの妄想も、かなりの部分その快感に寄与していたようでした。
隆さんが完全に躰を沈めると、わたくしの肉壺を満たす充満感にもうすっかり意識を奪われてしまっていました。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード