FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。

海外発・優良サイト(有料)のご紹介


















「ダメェ~~~」
「そんなこと言ったって、楽に半分は入ってしまったわよ」
「痛いっ、もう許して~~~~」
わたくしの言葉には耳も貸さずに、香奈さんは捩じりこんできます。指で開かれたのより更に開かれているのでしょう、肛門の筋肉が引き千切れのではないかと思う様な激痛が走ります。

その時、鋭い鞭音がして、真希子さんがお尻の膨らみを激しく打ち据えられました。
「アア、アア~~~イクゥ~~~~」
逆さ吊りにされた躰が大きく揺れると同時に、真希子さんはその揺れの中で、躰中に痙攣を走らせて、ヒクヒクと蠢くと、股間から液体を鯨の潮吹きのように吹き上げていました。その液体で、蝋燭が消え、香奈さんが言った通り抜け出て床に落ちてしまいました。
「真希子が逝ったみたいね」
香奈さんがつぶやくように言ったとたん、私のお尻もアナルプラグの一番太い所を、ようように呑み込んでいました。
「アゥッ」
「さあ、これが入ったんだから、ここで男の方に可愛がってもらえるわね」

わたくしは気が抜けたようにぐったりとしてしまいました。一番太い所を呑み込むと、その後は楽になりました。
しかし、暫くすると香奈さんは、今度はプラグを抜き始めます。また太い所が肛門を広げ、再び激しい痛みに襲われました。そして、潤滑剤を追加すると、また押し込む。そんな繰り返しを何回かやっている内に、プラグが比較的滑らかに出入りするようになってしまいました。
その間に、真希子さんは吊りから降ろされて何処かへ連れて行かれてしまいました。

「さて、結城の奥様のアナルも準備できたようです。ただ完全なバージンなので、自信のある方に破っていただきましょう。さらに調教の一環として、アナルに慣れている方がいいでしょう。最初のアナルで逝かせる自信のある方は居りますか」
隆さんがそんなことを言っているのをわたくしは虚ろに聞いていました。頭の中では何が起こるのかは、おぼろげには分かっていましたが、実感としては捉えられないでいました。
「よし、俺がやってやろう」
しばらく、お互いにけん制し合っていたようですが、5番の男が立ち上がり、ぐるりと回って、わたくしの前に立ちました。
「そうですね、5番さんで皆様よろしいですか」
隆さんは5番の男を分かっているようで、納得したようです。わたくしの方からは直接は男たちの方は見えません。他の男達は無言でしたが、多分この5番の男が一番ふさわしいと納得したのでしょう。
男はわたくしの目の前で着て居る物を脱ぎました。嫌でも醜い肉の塊が目に入ります。でもそれはまだだらりと頭を下げたままでした。それでも自ら名乗り出たほどです。その状態でも、人並み以上の物であることが分かりました。

「よし、一度その口で刺激してくれ」
もう口は何回か犯されています。それでも、知らない男の物を含むのは抵抗があります。5番の男は躊躇しているわたくしの顔を持ち上げました。そして大きな手で顎を挟むと、無理やり口を開き、もう片方の手で、醜い肉塊を持ち上げるとねじ込んできました。さらに、わたくしの頭を持つと、勝手に口の中をいたぶり始めました。
その間に熊井と井川がわたくしの躰の下に台を持って来て、動かないようにギロチン枷の立てられている板に固定しました。そして、わたくしの腰を吊っている縄を解くと、改めて躯の下の台に縛り付けてしまいました。これでわたくしは殆ど身動きが出来なくなってしまいました。
口の中で、我物顔で動きまくっていた肉塊は、直ぐに力を得てわたくしの口一体になってしまいました。
「こっちは大丈夫ですよ」
香奈さんが、アナルプラグを抜きながら5番の男に声を掛けました。
「よし、ひとつ結城の奥方のアナルの貫通式をやってやろうか」
男はわたくしの口からすっかり勃起した怒張を引き抜き、私の後ろに回ってきました。引き抜いた時、その剛直が、まるで弓の様に天を突いているのが、一瞬目に入りました。
熊井の物も驚くほどの物でしたが、それに勝るとも劣らぬ金棒の様な物で、恐ろしさに躰が固まってしまうほどでした。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
リンク
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード