FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。





アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム








丸見えになった菊の蕾に井村が潤滑ジェルを塗り付ける。
「いや、そこはもう許して‥‥‥」
理紗にも何をされるか分かったのだろう。その上、肉壺にはがっしりと熊井の巨根を呑み込んだままである。
「勝手な泣きごとを言ってるんじゃない。武本さんの時、あんなに大騒ぎしたじゃないか。あれじゃ、立派な奴隷として、エージェントに渡すことは出来ないぞ」
熊井が下から理紗を動かないようにしっかり抱きしめて言った。
「そうだよ、熊井さんの言う通りだ。ただ、熊井さんの物じゃないだけ幸せと思え」
村井は裸になると、もうすっかり準備が出来た自分の肉棒にも、たっぷりジェルをまぶした。そして窄まっている菊座の中心に当て、グッと腰を押し込んだ。
晴美に拡張され、武本の物を受け入れたためか、括約筋はかなり柔らかくなっているようである。村井の亀頭をた易く呑み込んでいった。しかし、その先のカリ首は、そう簡単には入っていかなかった。
井村がのしかかるように力を込めると、蜜壺を満たす熊井の肉棒が、その圧力でさらに強く子宮口を圧迫し、一度逝ったにもかかわらず、不覚にもまた理紗は高みに追い上げられていく。
「あうぅっ、いいい・・・」
理紗の口から声が漏れてしまった。
さらに大きく引き広げられ、理紗は歯を食いしばって耐える。やっと井村の太いカリ首が理紗の胎内に没していった。
その時車の停まる音がした。そして、真希子を責めた時立ち会っていた若い医師の有田が、廃工場の方に入ってきた。
「ちょっと早かったですか。お祭りの最中ですね」
「おっ、有田さんか。ちょっと待っていてくれ。今理紗の最終仕上げをしているから」
理紗の下から熊井が顔を出して声を掛けた。

「よしいいぞ。ここまで入れば大丈夫だ」
井村はゆっくりとその剛棒を理沙の中に突き進めた。熊井ほどではないが、井村の持ち物も武井に比べれば太くて長い。今までは排泄のためだけの穴が、引き裂かれそうなほど口を広げ、井村の肉棒を呑み込んでいる。二度目とは言え、あらぬ所を刺し貫かれる屈辱は、理紗には慣れることは出来ないだろう。そしてさらに今度は、その下の蜜壺には、熊井の塊が突き入れられて蠢いている。
井村がすっかり納めきるのを待って、熊井が下から腰を動かし理紗の敏感な筒の中を硬い肉棒で捏ね始めた。それに合わせる様に、井村も抽送を始めた。
薄い粘膜を隔てただけで、理紗の胎内で太い棒が二本蠢く。どちらの棒がどんな快感を生み出しているのか、もう理紗には分からなくなっていた。
身体が男の肉体で挟み込まれて押しつぶされ、剥きだしになってしまっている珊瑚の珠が揉まれる。そこから生まれる刺激も一緒くたになり、理紗の下半身を包み込んでいる。
視覚も奪われている。それだけに躰はいよいよ研ぎ澄まされ、ちょっとした刺激にでも敏感に反応してしまっていた。

「二つも入れてもらってどうだ。気持ちいいか。気持ちいいだろう」
「うう・・・きもち・いい・・・です。ああ、もっと、もっとはげしくぅ!」
とうとう理紗は二人にねだり始めてしまっていた。もっと強い刺激、もっと高い快楽に身を曝してしまいたい。
こうなったら全てを忘れ、ただ淫悦の波に身を委ねたい。
「お願い・・・もっと、もっと頂戴・・・」
二人の男に挟まれ、理紗はじれたように身を揉んだ。それに上手に合わせて、男達も理紗をこね回す。

理事長の結城健太郎との逢瀬でも、それなりの満足を得ていた。だがこんなに燃え上がったことは無い。今までは健太郎の与える快感が普通だと思っていたが、その時の快感とは異質であった。
自由を奪われ、視覚も奪われ、真珠の珠を擦られながら武本にアナルを抉られて、不覚にも崩壊を曝し、今また、サンドイッチで責められている。
理紗は、日常と全く切り離された世界で、躰全部が性感帯になって燃え上がっているのを自覚した。
日常の延長線上では、決して得ることが出来ない。全く異質の性の悦びである。それを自覚した理紗は、いまや、今までと違った自分を完全にそこへ投じていた。

「いい、いいわ・・・燃える、躰中が燃えてしまいそう」
「それ、どうだ。逝け、思い切り逝くんだ」
「いいぞ、中が蠢いている。よし、そうだ、その調子だ」
上下で二人の男が声を掛けてくる。その声が益々理紗を夢幻の世界に引きずり込む。
「ヒーッ・・・ゥヒッ、ヒッ、ヒヒ・・・」
意味の分からない声が理紗の口からひとりでに迸る。
腰から広がる快感の波が、躰中に広がり、波頭が理紗を持ち上げ、突き落とし、むちゃくちゃに翻弄し始めた。

男達の動きが早く、激しくなった。
「きてぇぇ~~~、いっしょに・・・イイ・イクゥ、逝きますゥゥゥ~~~」
理紗がはさまれた不自由な身体を、それでも力いっぱい突っ張らせる。
躯の中に収められた二つの男が、大きく膨らみ一段と深く突っ込まれ、そして蜜壺のものも、腹の中のものも同時に爆ぜた。
子宮口にも直腸にも、熱い迸りが大量に浴びせられた。
それを受け、理紗の頭の中で、真っ白な火の玉が大きく弾けた。
「きぃぃぃぃ~~~~~」
がっくりと力が抜け、汗まみれになった白い肌の表面を何度も細波が走り抜けた。

失神していたのはほんの少しであろう。気付いた時は、熊井と井川が理紗の縄をといていた。しかし、縄をとかれても激しい息をするだけで、理紗は動くことが出来ない。その躰を有田が清めてくれていた。乾いたバスタオルで綺麗に拭われると、有田は理紗の腕に注射をした。直ぐに理紗は眠りに落ちてしまった。
完全に眠りに落ちた理紗を、熊井たちは有田が運んできたトランクに上手に詰め込んだ。

理紗を詰め込んだトランクを車に乗せると、有田が運転席に座った。
「じゃぁ有田先生、何時もの通りで頼みましたよ」
「分かった、きちんとエージェントへ納めて、その後の処置と調教は引き受けますよ。ビデオの方は後でよろしく」
車は荒れた道を走り始めた。


新・恥辱の万華鏡(女医)は一旦終了し、新・恥辱の万華鏡(人妻)へ続きます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード