FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。












口を犯すことに夢中になっていた武本は、熊井に声をかけられはっと我に返った。肉棒は痛いほど張り切っている。このまま突き進むと口の中で爆発しかねない。
武本は理紗の口からあわてて引き抜くと後ろに回った。珠を擦られすっかり発情してしまったかのように、秘裂はまっかになってぬめぬめと光っている。その上に、皺を寄せた蕾が、潤滑剤をたっぷりと載せて、息づいているように蠢いている。

武本はがちがちに反り返った自分の剛棒に手を添えると、先端を蕾に押し当てた。潤滑剤でぬるぬるし、なかなか狙いが定まらない。
それを見た晴美が、手を添えて手伝うと先端がほんの少し潜り込んだ。
理紗はその気配に、身を避けようとしたが、腰のベルトとアームザックをクレーンのフックで吊られた上、さらに熊井のがっしりした腕で躰を押えられてしまい、全く身動きが出来なかっを。
「ウウ、アアウ‥‥‥!」
リングで大きく開かされた口から、涎をたらしながら、拒否の呻き声を漏らすしかない。
<イヤァ・・・恐い、そんなもの、入らない~~~だめ、お願い>
だが、言葉にはならず、アグァ、アグァとう声だけが漏れるだけである。

武本は先端がちょっと潜ったのに力を得て、のしかかるように押し込んできた。
アナルバルーンで拡張されて、晴美にすっかり揉み解された括約筋だが、やはりかなりの抵抗がある。しかしそれも限界が・・・武本の先端が粘膜を巻き込んで、少しずつ潜り込んでいった。
それにつれて、拡張されたとはいえ、また痛みが理紗を襲う。
<ああ、入ってくる・・・い、い、痛いッ!、だめ、止めて~~~アア、助けてェェ~~~>
括約筋を引き裂かれる痛み。だが、それだけではない。避けようと腰を捻れば、むき出しの珊瑚珠が強烈な刺激を送り込んでくる。
最初の頃とは違って、珊瑚珠の送り込んでくる刺激とミックスするせいか、あるいは括約筋が拡張に慣れてしまったためか、その痛みすら快感にも感じられてきてしまっていた。
「アアアウ!」
ひときわ大きいうめきが理紗の口から迸り、その瞬間に武本の肉棒の一番太い雁首が理紗の中に没した。
「うう・・・う」
雁首を呑み込んでも肛門は皺をすっかり伸ばし、開き切っていることには変わりない。
さらに粘膜を巻き込みながら、武本の肉棒は奥へと潜り込んで行く。やがてすっかり理紗の胎内に没し、尻たぼと武本の下腹が密着した。武本の額に汗が光っている。

直腸には神経が無いはずなのに、理紗にはそこに納まってしまった武本の棒が分かるような気がする。びっしりと隙間なく躯の中を満たしている。
一息つくと武本はゆっくり抜き差しし始めた。
<あっ!だめ、動かないで。いいい・・・いたいぃ~>
すでに呑み込んでしまって、接している所は潤滑剤でぬるぬるになっているといっても、粘膜を巻き込んで動かれれば痛みが走る。 だがその痛みも徐々に薄れていくようだった。

「先生、気を紛らわすのに、これでもしゃぶったらどうだ。」
理紗の躰を押える必要のなくなった熊井が、いつの間にか下半身を丸出しにし、自分の塊を理紗の開ききっている口に押し付けた。
いやいやと首を振ろうとしても、頭もロープで引き起こされて、自由には動かない。簡単に口にねじ込まれてしまった。

その間も、武本は何か試すようにゆっくりと動いている。その動きで、理紗のクリトリスがうつ伏せにさせられた三角木馬の頂に擦れる。
鋭い痛みにも似た快感が、絶え間なく躰を貫く。
徐々に武本のピッチが上がってきた。
武本の横に張ったえらが、直腸壁を擦りあげ、中から肛門の神経を刺激する。
「いいぞ、尻の穴がこんなにいいものだとは知らなかった。ぴっちり締まって、柔らかく擦りあげて・・・ウ~ン、いい、これはいい。」

腸壁を擦りあげられ、何かそこからも疼くものが広がっていた。
敏感な珠からの刺激も、徐々に甘くなってくる。
肛門を嬲られ、そこに集中する神経が刺激され、本来無感覚のはずの直腸まで快感を呼び起しているようだ。 実際にはクリトリスの根を直腸の粘膜越しに刺激しているのであるが、そんなことは理紗には分からなかった。
クリトリスの珠と根からは絶えず甘い刺激が送られ、理紗の下半身はすっかり燃え上がってしまった。

すでに力を得た熊井の塊が、我が物顔に口の中を暴れまわり、喉を、粘膜を、舌をいたぶる。
それにも刺激されて、理紗は躰の奥からどくどくと溢れ出るものを感じていた。しかし、それが潤している所は完全に見捨てられ、直腸のいたぶりに合わせて空しく蠢き、徒に蜜を吐き出していた。
殆ど理沙は逝きそうになってしまっていた。
あらぬ所を犯されてこんなになるなんて‥‥‥理沙はもう理性の限界を超えてしまっていた。

「ウウ・・・いくぞ!」
武本が理紗の腰をがっしりと掴み、ひときわ深く突き入れた。
その気配は理紗も感じ取った。だが、全く身動きもできず、喉まで犯されていては、避けることはおろか、声一つあげられない。
大きく熱く膨らんだ武本の肉塊が、ひときわ強く胎内に突き入れられ、大量の白濁した飛沫を理紗の直腸壁へ撒き散らした。
理紗の秘腔もそれに合わせるかのように、グッと収縮し、快感の矢が鋭く躰を貫いた。

「うぐぐっ」
熊井の硬い棒を頬張りながらも、理紗は絶頂の声を上げて、躰を突っ張らせていた。がくがくと何度も躰に痙攣が走る。
三角木馬の両側に垂れた脚も、力一杯挟みつけていた。

放出した後、がっくりと理紗を抱えて突っ伏していた武本が、ゆるゆると体を起して、力を失ったものを理紗の菊座から引き抜いた。その跡はポカリと大きな穴が開きっ放しで、菊座というより洞窟の入口であった。ほの暗い中が見えるようである。
武本の抜き出したものと一緒に、吐き出した白い液がこぼれ出て、穴の周辺を汚した。
理紗が最後の痙攣をしてぐったりとしてしまうと、熊井はその一物を口から抜き出した。
まだ、最後までいっていないが、今の所はそれでいいのであろう。

「武本さん、先生の口で清めて貰ってもいいんですよ」
鉄骨の柱に寄りかかって眺めていた井村に焚き付けられ、武本は自分の放出した液でぬらりとしている一物に手を添えると、リング猿轡で開いたままの理紗の口内へ押し込んだ。
「先生、武本さんを舌でなめて綺麗にするんだ。それがお詫びというものだろう」
脇から井村が揶揄する。
理紗は尻を侵され、不覚にも絶頂を曝してしまい、そこへ武本の肉塊が口に入ってくると、もう何も考えることも出来ず、舌を動かしていた。武本が満足して引き抜いた後も、理紗の舌は何かを求めているように、空しく口の中で蠢いていた。

「武本さん、満足しましたか」
「アア、これで妻の無念も多少は晴れるだろう」
「では、この先生は契約通り、我々の方へ引き渡して貰いますよ。武本さんは晴美が送って行きますから。我々と武本さんは今後一切関係は無いことは承知してますね」
「もちろんだ。有難う」



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード