FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。











RV車がスタートすると同時に、理紗の口いっぱいに布切れが押し込まれた。
「ウウゥゥゥ・・・・・・」
声を出して抗ったが、もう言葉にはならない。男たちに抑えられて身動きも出来なかった。すかさず布で出来た黒い袋が頭に被され、視界も奪われてしまった。その袋は伸縮性があり、ぴったり理紗の顔を包み込んだ。そのため、口に押し込まれた布を吐き出すことも出来ない。
両側からぴたりと男達に挟まれ、理紗は全く身動きもできなかった。視界を奪われて、どこをどう走っているのか分からない。男達は、全く声を出さなかった。
車が停まって、男達によって引きずり出されるように降ろされた。靴は脱げてしまっている。パンストだけのはだしの足に、荒れたコンクリートの地面が触れた。両側から腕を取られて歩かされる。ドアが開き室内に入ったようだ。床がカーペットに変わった。だが、そこも通り過ぎ、今度は冷たい滑らかな足ざわりになった。
首に縄の様な物が掛けられた。さらにその縄が引き上げれれて、首を吊られた理紗は身動きができなくなった。

頭に被された袋が取られて視界が戻った。口から詰め込まれた布も引き出された。
理紗は知らなかったが、女教師の真希子が凌辱を受けた荒れた廃工場の中である。細長い工場の左半分が鉄骨で二階建てになっている。取り外されていない配管が、縦横に走っている。車が走った時間から考えて、まだ恵須市内なのであろうが、理紗にはそこがどこだか見当も付かなかった。
理紗の周りには三人の男と一人の女がいた。さらに、もう一人、男が業務用のビデオカメラを肩に担いで、鉄製の階段を降りて来た。

「加賀先生、ようこそ」
女が声をかけた。どこかで見たような女である。
「晴美を知っているでしょう。仲晴美、恵須総合病院の看護師ですよ。もっとも先生とは診療科が違うけれど」
中年の男が口を挟む。
確かに何回か顔を見たことはあった。外科だったろうか。婦人科とは建物も違うので日常のつながりはない。
「ねえ仲さん、この人たちに頼んで。こんなことをやめて、すぐに帰して。そうすれば、あなたのこと悪いようにはしないわ」
「先生は、何か考え違いをしているようね」
「そうだな、自分がどういう立場か分かっていない」
「何なの、一体どうしようと言うの」
「ここに入院して手術を受けて貰うのですよ」
「なんですって、そんな・・・私は病気じゃないし。ここはどこなのです」
「先生に説明する義務はない」
「そうね、先生。着ているものを全部脱いで、ここに入れて下さいね」
若い男が理紗の手錠を外した。理紗の手首は手錠にすれて赤くなっていた。その手首を擦りながら、理紗はきっと晴美を見据えた。

「馬鹿なことをいわないで。早くこの首の縄を外しなさい」
「井川、ちょっと先生に分かるようにしてやれ」
手錠を外した男が、コントローラーを操作すると、理紗の首輪に繋がっている鎖がホイストクレーンで巻き上げられた。多少のたるみがあったものが、ぴんと張り、理紗は爪先立ちになる。首の横で吊られているので、すぐには気管を圧迫はしないが、それでも苦しいし、不安定である。ちょっとよろめくだけで、首に力が掛かり、息が詰まってしまう。
「先生だって、診察に来た患者にそう言うじゃないか。着ているものを全部脱いでってね」
「ウウ・・・それとこれでは、違うでしょう。」
「まだ分からないようだな。井川、分からせてやれ」
井川がボタンをチョン押しでコントローラーを操作する。ピクンといった感じで鎖が引っ張り上げられる。
「ウウ・・・・・・分かったわよ。緩めて・・・苦しい~」
少し鎖が緩む。理紗はほっとしたが、自分で脱ぐなんて・・・・・・気が付けば業務用の大きなビデオカメラのレンズが理紗を狙っている。

「早くしろ、本当に吊り上げるぞ。そうすりゃ首吊だ。死体なんかあそこのタンクで簡単に溶かせる。」
理紗が目を向けた先には、建物の左手半分に造られている二階部分に、大きなタンクが据えられている。下三分の一が二階の床から下に出ていて、配管がつながっている。それ以外のタンクは取り外されて、大きな穴が開いているが、確かに人間一人を簡単に入れることの出来る大きなタンクだ。理紗はこれが冗談や遊びでないことを実感し始めていた。

「リーダー、毟っちゃいましょうか」
井川と呼ばれていた一番若そうな男が、いらいらとした様子で、中年の男に声をかけた。中年の男がこの仲間のリーダーのようだ。
「井川、もう少し時間をやろう。いくら加賀先生だって、患者を無理やり裸にはしない」
「そうよ、先生には聞き分けの良い患者になって貰わなくてはね。ねェ先生、どっちにしても裸になってもらうのよ。井川さんに無理やり脱がされるより、自分で脱ぐほうがいいでしょう。それとも首吊り死体になる?」
「分かったわ。脱げばいいんでしょう。」
どうあがいても逃れられないなら、男の手で乱暴に毟られる屈辱よりは、自分で脱ぐという矜持を理紗選んだ。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード