FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。











ぞりっと毛が根元からそぎ取られた。真希子には、剃刀が動くたびにブツブツと毛根が断ち切られる音が聞こえるようだった。だが剃刀は切れ味が良く、軽く掃くだけで泡が拭い取られ、その後は何も残っていない。晴美がひと掃きする毎に、無毛の面積ガ大きくなる。
足元の白い布の上に、切り取られたり、剃り取られたりした黒い毛が落ちている。
ふっくらと盛り上がった恥丘は、簡単に青白い肌を剥き出しにしてしまっていた。
晴美は股間に潜り込むようにして、土手肉に疎らに生えている陰毛にも剃刀を当てた。さらに秘唇にも剃刀を走らせる。複雑な形で剃り難いところである。土手肉も秘唇も押し開くようにして毛を起こし、それこそ一本ずつブツブツと断ち切っていった。
その度に、晴美の指が遠慮会釈なく、真希子の敏感な所に触れてくる。
「ほら、じっとしてないと傷が付くわよ。な~に、これ。濡れてきてるじゃない。ずいぶんと淫らな躰になったものね」
「意地悪しないで、剃るのなら早く剃って、家へ帰して下さい」
<その内にまた生え揃うから‥‥‥>

いっときの恥ずかしさに耐えればそれで終わり。真希子もアナルまで凌辱を受けてしまい、もう失うものはないと開き直ってしまった。
「なんだ、ずいぶん素直になったな。じゃあ早く剃ってやってくれ」
いつの間にか戻ったのか、熊井が声をかけた。
「そうね。」
振り向いて熊井を見上げると、晴美はさっさと剃刀を動かし始めた。

「ほらすっかり綺麗になったわよ」
剃りあがった後にホースから水を掛けて、残った泡を洗い流した。泡が洗い流された跡は、一草も残らずつるつるになっている。土手肉が割り広げられているので、生々しい割れ目である。秘裂もそこから覗いている襞も剥き出しである。真希子は身を捩って脚を合わせようとしていた。だが脚の脛と腕を平行に縛られていては、どうしようもなかった。

「もういいでしょう。縄を解いて早く帰して。」
「晴美にお詫びの言葉が無いじゃないか。坊主になっただけじゃ、お詫びにはならないだろう」
「そんな、もうこれだけ辱めたのだから、仲さんも気が済んだでしょう」
「そうね、この先どうなるかは、この先生は知らないからこれで許してやるか」
<この先?>
一瞬真希子は晴美の言った言葉に引っかかったが、それも直ぐに忘れてしまった。

「だが、こう剥き出しで見せ付けられたらな・・・それに、なにかもの欲しそうに、ピンクの穴がヒクヒクしてるじゃないか」
隠すものがなくなったそこは、真希子が身動きするたびに、紅い粘膜が微妙に艶めかしく蠢くのがあからさまに見える。
だが、鏡を向けられても、さっきみたいに狼狽することもない。真希子は何か吹っ切れたようだった。

「好きなようにしたのだから、もういいでしょう。約束じゃない」
「こう開き直られたんじゃ、可愛げがないな。最後に俺が可愛がって、自分がただの女だということを徹底的に思い知らせてやろう」
熊井が着ているものを全て脱ぎ去った。
「ヒィ~~」
真希子は熊井を見て悲鳴を上げた。
熊井のそれは、今までの誰よりも太く長い。それが既に反り返って弓のように天を向いて、先走りの液で先端がぬらぬらと光っている。その怒張を誇るかのように真希子に近寄り、大きく開かれている股間へ突き立てた。
「アウッ」
真希子も晴美に剃られている間に、散々悪戯されたのでかなり潤ってきてしまっていた。先端が潜っただけで、もう凄まじい充満感である。信じられないほど太いカリが押し入ってくる。肉の口が引き裂かれんばかりに押し広げられていた。
「恐いいいい・・・壊れるぅぅ・・・」
だが、子供を産むほど柔軟性に富んでいる所である。ゆっくりではあるが、それは完全に没し、さらに奥へ突き進んでいる。躯中が一杯になるかと思うほど、完全に真紀子は満たされてしまった。その圧迫感に真希子はほとんど息もできない。
完全に挿入されて、熊井の強靭な先端がグッと子宮口を押し上げた。
「ウウムゥ・・・」
真希子は呻いて、その圧迫感に耐えた。だが、そのまま熊井にこねられると、真希子の腰がひとりでに回ってしまう。熊井は納めている棒を力いっぱい押し上げるかと思うと、ある時は微妙に操った。その巧みな刺激が瞬く間に真希子を高みに追い上げる。
巧みではあるが繊細ないたぶりではない。しかし、真希子の秘筒は完全に満たされていて、熊井が抽送を繰り返すたびに、あらゆる快感のポイントが刺激される。それに合わせて、秘筒はとめどなく淫液を吐きだしてしまっていた。

「アアゥゥ~~ァハ・・・アアアゥ・ウン・・・」
息が荒くなってきた。
熊井がその太いものを抜き差しするたびに、強靭な鰓が秘腔の壁を擦りあげる。その動きで躯の奥から快感が湧きあがって、熱くなってくる。
ほとんど動かないように縛られていたが、真希子の腰は無意識のうちに熊井の動きに合わせて蠢いていた。
「アハァ、ア~アァァ・・・・・・アハァ、アハァ・・・・・・」
どうしようもなく、艶めかしい声が漏れる。こんなに強い圧迫感と巧みな動き、そして強靭な子宮口周辺への突き上げ・・・今まで味わったことのないものであった。
男とのつながりが、これ程までに我を忘れる快感をもたらしてくれることを、真希子は初めて知った。それは、熊井の剛棒が人並み外れて逞しいだけでなく、自由を奪われて、避けることができない状態で犯されていることに、悦びを感じてしまっていることを、否応なく真希子は納得させられてしまっていた。

もっと激しく・・・めちゃくちゃにして欲しい・・・真希子の気持ちはもうその一点であった。
体の中心が焼けるように熱い。背骨に沿って快感が走り抜け、頭の中で大きくはじける。
「アア、アアア~~、アウン、アアァァ~~・・・」
ひっきりなしに声が漏れ、止めることも出来ない。
熊井が抜き差しするたびに秘腔がグッと締まりさらに強い刺激が伝わる。
「ウウ、ウ・・・」
歯を食い縛り耐えようとするが、もう崩壊は近くなっていた。
「ヒィ、ヒィイイ~~、ヒィィィ・・・・・・」
とうとう口を出る声は、喉を絞って笛のような、悲鳴のような声に変わっていた。自由に動かない腰を、それでも懸命に突き出す。
「ヒィィィ~~~イイ~~イキ・・・・・・」
「どうした、逝くか。逝きそうか。」
「イイ・いき・ますぅぅぅ~~~」
真希子はがくがくと頭を動かし、もう耐えられそうもない。
「よし、逝け、逝くんだ!!」
「ア・ア・・・アアアァ~~~~~ゥゥ・・・ヒ・ヒヒヒィィ~~~~」
熊井が大量の迸りを真希子の子宮口へ浴びせかけた。その熱い、激しい刺激を子宮に受け、真希子の躯は何回も痙攣を繰り返し、完全に崩壊してしまい、がっくりと首を折り、失神してしまった。

失神していたのはほんの少しであろう。気付いた時は、熊井と井川が真希子の縄をといていた。しかし、縄をとかれても激しい息をするだけで、真希子は動くことが出来ない。その躰を晴美が清めてくれていた。乾いたバスタオルで綺麗に拭われると、晴美は真希子の腕に注射をした。直ぐに真希子は眠りに落ちてしまった。
完全に眠りに落ちた真希子を、熊井たちは運んできたトランクに上手に詰め込んだ。

真希子を詰め込んだトランクを車に乗せると、有田が運転席に、晴美が助手席に乗った。リアシートには井川が座った。
「じゃぁ有田先生、何時もの通りで頼みましたよ」
「分かった、期限までには、この先生のマンションまで運んでおくよ」
車は荒れた道を走り始めた。


新・恥辱の万華鏡(女教師)は一旦終了し、新・恥辱の万華鏡(女医)へ続きます


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード