FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。

海外発・優良サイト(有料)のご紹介











ブログランキングに参加してます。クリックお願い⇓






「よしいくぞ。」
熊井が声を掛ける。
有田が真希子の肛門を抉っていた棒をゆっくり抜き出した。潤滑剤で滑らかに光る穴が、前よりも大きく開いたまま、ほの暗い中を見せていた。井川は真希子の口に突っ込んでいたものを抜くと、足元のほうへ回り、その穴を狙って突きつけた。
井川がなにをしようとしているのか一瞬で悟った真希子は、思わず大声を上げた。
「いや・・・そんなこと出来ない。やめて~~恐い~~~」
真希子が泣き喚くのを無視して、グッと体重をかける。既に開いたままで、ぬるぬるになっているアヌスに、唾液で赤黒く光っている肉棒の頭が半分ほど潜り込んだ。しかし、井川の一番太い部分が入るのにはまだ狭かったようだ。 そこへ晴美がアナルローションをかけた。軟膏と違って結合した隙間に浸透してゆく。
「ほら、入っていくぞ。ここは初めてだろう」
「痛っ!ヒィィィーーー」
傘の一番開いた部分で、さらに括約筋が押し広げられると、また引き裂かれるような激しい痛みが真希子を襲った。
「ちょっとの辛抱だ。大きく息をして・・・・・・ウム、通ったぞ」
無理やり開かされた肛門が張り裂けんばかりに広がり、なんとか雁首を呑み込み、真希子の胎内に没した。

「アアアァァァ・・・・・・いやぁ~~~」
初めての経験どころか、真希子はアナルで男を受け入れることがあることすら知らなかった。
あらぬところに、男の剛棒を挿入されてしまって、真希子は絶望的な悲鳴を上げた。避けようとしても、腕と脛を縛り付けられて、大きく脚を開いて持ち上げたままの姿では、避けることは出来ない。
一番太い所が没した後は、拡張棒で馴らされた肛門は、井川の剛棒を易々と呑み込んでしまった。
「全部入ったぞ。どうだ、腹に突っ込まれた感じは」
何をいわれても、ただ大きく息を継ぐだけである。そんな真希子を楽しそうに見ながら、井川はゆっくり抽送を始めた。

「ダメ、動かないでぇ・・・」
「やっぱり初めてはいい。よく締まる」
雁首を半分くらい出すと、また押し込める。そのたびに肛門が押し広げられる。いつの間にか痛みは薄らいでいた。雁首が出入りするたびに、空しく放り出されている秘口がきゅっと締まるのを、真希子は感じることが出来た。そしてそこから愛液が滲み出している。
アナルを犯されただけで、下半身が熱くなってくる。大腸と蜜壺とは粘膜一枚で隔てられているだけである。腸壁を刺激すればそれが粘膜を隔てて、クリトリスの根元に響いてくる。さらに、肛門周辺にも快感を感じる神経が集まっていて、慣れてくるとそれだけでもアクメを迎えることが出来る。

「ゥゥ・・・アアハアァァ・・・」
いつの間にか声が出ていた。
横で身をかがめた晴美の指が秘裂を狙ってきた。井川は覆いかぶさってはいない。秘裂へは充分指が伸ばせた。
さらに有田が着ているものを脱ぎ去って、股間の塊を真希子の口に押し付けていた。
アナルを刺し繋がれているのである。梨花子が首を横に振って逃れようとしたが、全く効き目はない。簡単に頭を押えられると、仰向いて上を向いている顎をむんずとつかまれ、口が開いてしまい、あっさりと塊を呑み込まされてしまった。
待っていたとばかりに、有田の塊が力を得て真希子の口を我が物顔に蹂躙し始めた。
今まで医師として拡張してきたが、有田もこのグループの一人である。女を調教するのには十分な経験があった
「アグゥ、アアア・・・・・・」
塊の先端が喉まで擦りあげる。ぬるんとした剛棒の尖端が喉の入り口を刺激すると、不覚にも真希子は快感らしきものを感じてしまっていた。

既に真希子は理性を失っていた。尻の穴を犯され、秘裂を指で嬲られながら、とうとう口の中でも快感を感じていた。いまや直腸の粘膜も、口の中の粘膜も喉も全てが性感帯になってしまっていた。
晴美の指が珊瑚の珠を覆っている莢をむき、敏感なものをむき出しにした。
「アアア・・・」
それに触れられただけで背中を鋭い快感が駆け上がった。躰がぴくんと反り返る。
井川のピッチが上がり始めた。それに合わせ、有田が乱暴と言えるほどの勢いで、押さえ込んだ真希子の頭を揺する。

目に涙をいっぱい浮かべ、もう真希子は声も出ない。躰中が熱く燃え、快感の塊に呑み込まれていた。
<イヤ~~どうなってるの。どうなるの・・・・・・いい気持ち・・・・・・イイイイ~~!>
目くるめく快感の中で、真希子はどうしようもなくなっていた。
「そら、逝くんだ。遠慮なく逝くんだ」
脇から熊井の声が聞こえる。逝ってもいい・・・アア、逝く~~~。
下半身から頭の頂点にかけ、真っ白な光が走り抜ける。
晴美の指が激しく敏感な珠を揉みあげ始めた。
「いくぞ!」
井川が声を上げると、直腸の中を満たしていた塊がグーッと膨らみ、熱い迸りが真希子の胎内に注ぎ込まれた。
その後すぐ、口の中のものも大きく膨らむ。
<ダメ、いや~~~>
だが、そんな真希子の拒否は何の役にも立たない。生臭い液が、ピピピッと喉に射込まれた。
真希子はその瞬間に、頭の中が真っ白になり、一瞬意識が遠のいてしまった。

すっかり放出しきった井川が、ゆっくりと引き抜いた。だが、引き抜かれた跡は、ぽかりと開いたまま、暗い中を見せている。そこから射込まれた白い汚濁が、だらりと垂れ流れ出してきた。
続いて有田も口から退く。ぬめりとした液が糸を引き、真希子の口の端からは白いものが泡になって溢れてきた。
「出すんじゃない。飲み込むんだ」
有田の鋭い声に、真希子はごくりと喉を鳴らし、生臭いものを飲み込んだ。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード