FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。












いつの間にか、床に敷かれている厚い合成ゴムのシートの上に、これまたゴムシートで包まれたマットレスが敷かれていた。
身体の力は抜けてはいるが、激しく息をしている真希子を男達は鉄骨の柱から解き放って、このマットレスの上に仰向けに横たえた。そして、腰の下にやはりゴムシートでコートされた枕の様な物を入れる。そのため、真希子の腰が持ち上がって、秘裂からアナルまですべて曝されてしまった。
完全に崩壊してしまった真希子だったが、大股開きで縛っていた縄が解かれると、膝を合わせて恥ずかしい部分を隠そうとした。しかし、膝を折って立膝にした縄は解かれていないので、土手肉で閉じられてはいるが、秘裂からアナルまでは反って良く見える様になってしまった。
後手にがっしり縛られているので身体も動かせず、柱から解き放たれたが、恥ずかしい状態は変わっていなかった。

「さて、お嬢さん、これから何をされるか分かるだろう。粟村先生の恨みを晴らす最後のことだ。だがその前に一寸やっておくことがある」
先ず医師の有田が近寄って来た。
「もうやめて下さい」
やっとの思いで、真希子が弱々しく哀願するが、そんなことで終わりにする男達ではない。
有田は銀色に光るクスコを持っている。それを真希子の目の前に突き付けた。
「女ならこれが何だかわかるだろう。俺は医者だから安心しろ、一寸お嬢さん先生の中を調べさせてもらうだけだ」
真希子は今まで婦人科の診察などは受けたことは無かったが、有田の持っているものは知識として知っていた。
「なんでそんな物使うのです。お願いだからやめて‥‥‥」
「雁字搦めに縛られて、膝を立てて腰を上げてるんじゃ、何も説得力無いな」
有田は単に真希子を恥ずかしがらせるだけだったのだろう。足下に回ると、腰を屈めた。それと同時に、熊井と川井が必死になって合わせている真希子の膝を左右に大きく開いた。
「ダメ~~~ヤメテェェ~~」
廃工場の中に真希子の悲鳴が響いたが、何も効き目はなかった。

「さっき溢れさせたもので、まだヌルヌルだな。これなら簡単に入るだろう」
有田は真希子の花襞を開くと、的確に肉壺の入り口にクスコを当て、ゆっくりと押し込んでいった。
「アアーーー」
クスコの冷たい感触に、真希子にとっては絶望の悲鳴だろうか。
「粟村先生、有田のチェックが終わったら、いよいよ最後の止めを刺したやる時ですよ。その前に、憎っき女の口で力を付けといたらどうですか」
熊川が粟村を焚きつける。
「そうだな」
粟村は立ち上がると着ているものを脱ぎ始めた。醜い肉塊を剥き出しにしたが、粟村も五十をかなり越した歳である。真希子を嬲っていた時は勢いが良くっても、もうすっかり頭を垂れてしまっていた。これではいくら復讐をしようとしても、躰が言うことを聞いてくれない。

剥き出しにした粟村は真希子の頭の所で膝をついた。井川が真希子の顔を横に向けた。
「さあ口を開いて、粟村先生の物をしゃぶるんだ」
「イヤァァ~~~」
真希子の悲鳴は、口で粟村の肉塊を咥えることへの拒否か、有田がクスコを開き始めたことへの拒否か分からなかった。それでも、真希子の口は井川が慣れた手つきで、強引に開いてしまった。そこへ粟村がだらんとした物に自分の手を添えて捻じ込んできた。
「先生に歯を当てたら、その歯を全部抜いてしまうぞ」
井川に脅されて、真希子は粟村の肉塊を口にほおばってしまった。
最初に小便を飲ませた時にも口を開かせて少し差し込んだが、粟村には女の口を完全に犯した経験はなかった。口の中は粘膜が剥き出しで、唾液でぬるりとし、その上舌が動きまくる。
真希子にしてみれば、避けようとして舌を動かしているのだろうが、段々反応して膨らんでくる男のものに、反って動かせる範囲が狭くなってきて、舐めるようになってしまっていた。
真希子が舌で押し出そうとしたが、それは反って頬の内側に押しやり、舌と頬の内側の粘膜で刺激を与えてやっているようなものであった。
「口の中も素晴らしいもんだ、うっかりしてるとフィニッシュしそうになる」
粟村はすっかり真希子の口に捕らわれてしまっていた。

その間に有田はクスコを開いて、さっきバイブで嬲られた粘膜をチェックし、さらに子宮口に光を当て、注射針程度の極く細いチューブを子宮口へ少し差し込み、外から小さな注射器で避妊薬を入れた。経産婦でないので子宮口は大きくは開かないが、有田は何回も経験があり、確実に薬は子宮内へ入っている。これで粟村が中出しをしても妊娠の心配はない。
いずれ、全てが終わって、真希子が熊井たちの上の組織のM奴隷になる時には、手術によって、避妊針を躯に埋め込まれることになるのだが、これはまだ先の話である。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード