FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。





アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム








ドアの中は、かつては化学工場の事務所だったのだろう。今はすっかり様変わりし、ゆったりしたリビングルームのようである。左手には外に面して窓があり、右手にも工場内を見通せるような、大きなガラス窓がある。だが外に面した窓は、厚いカーテンで覆われていた。突き当りはドアの付いた壁になり、まだ奥に部屋があるようである。
室内には熊井と粟村元教授が居た。
その熊井が部屋の右手にあるドアを開ける。工場へ通じるドアである。
トランクを運んできた二人は、そのまま工場の方へ入って行った。他の二人の男もその後に続く。

工場・・・化学工場の廃墟である。左手は鉄骨で二階建てになっており、かつては反応槽や中間槽などの装置類がその床を貫通して据えられていたのだろう。どうやら転用出来るものは取り払われたらしい。二階の床には、大きな穴が幾つか開いていた。
配管類はほとんどがそのまま残って、鉄骨の柱に取り付けられたサポートに並んでいたり、工場を横切ったり、縦横に複雑に走っているが、ペンキが剥げかけ赤く錆び始めている所もある。床はコンクリートのたたき、その中央を長手方向に排水溝が走っている。
天井はある程度高い。左右に排気用のダクトが走り、換気だけは万全のようである。
メンテナンス用に使われたのであろう、幾つかのホイストクレーンが天井に取り付けられているレールから吊り下がっている。
夏だと言っても、それ以上にムッとするほど暑い。生きているボイラーからのスチームを回し、暖房でもしているのかも知れない。

コンクリートのたたきの一部に厚手の合成ゴムが敷かれていた。男達はそのゴムシートの上にトランクを横たえた。そしてトランクの留め金を外す。蓋を開くと中には松谷真希子が身体を折りたたむように、膝を抱えて押し込まれている。完全に眠っているようだ。
「有田、どの位眠っている」
「スタンガンで気を失わせてから、注射を打っておいたので、あと三十分ぐらいは大丈夫でしょう。でも、大声で名前を呼べば目は覚ましますよ」
「よし、ともかく出して縛り上げて、暴れられないようにするか」
有田ともう一人トランクを運んできた男に、さらに熊井も加わって、トランクから真希子をゴムシートの上に寝かせた。真希子は眠り薬でも注射されたらしく、完全んに意識を失って横たわっていた。ノースリーブのブラウスにフレアスカートを穿いているが、スカートはすっかり捲りあがって、むっちりした太腿が剥き出しである。ストッキングは穿いていないため、若さを誇るように、天井からの水銀灯に照らされて、張りのある肌が光っている。

「粟村先生、どうですかぐっすり寝込んだ松谷先生は。これから縛り上げて抵抗できないようにしますから、後は先生の好きにしていいんですよ」
「う、ウン・・・こいつのお陰で・・・・・・」
粟村は横たわっている真希子を見下ろして、唸るように言った。
城北学園は恵須市でも上流のお嬢様が通う学園として、その品格を誇っていた。幼稚園から大学まで一貫した教育を行い、生徒、学生は恵須市や近隣の有力者の子弟が多い。真希子は東京で親と一緒に成長したが、中学の時にずっと憧れていた故郷の城北学園に入学し、寮生活を続けて高校を卒業した。大学へ入ってから、親にマンションを買ってもらい、今もそこに住んでいる。
ちょっとしたはずみで、まだ大学院生時代の真希子にセクハラをしてしまい、品格を第一とする学園だったし、ましてや強力な援助者の松谷家の次女に対する行為だったため、粟村はあっさりと懲戒解雇になってしまった。
その怨みを晴らしてやろうと突然粟村の前に現れたのが、今一緒にいる中年の男、熊井である。本名かどうか分からない。
怨みを晴らす権利を譲れば、思うとおりに怨みを晴らさせてやるという。
粟村にはよく分からなかったが、そんな熊井の申し出を受けた。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード