FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。





アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム








それはそうだろう、杜若は珊瑚の珠を覆う莢を半分失って、もろに曝しているのと同じである。そこを冷たい水がかなり強い水圧で打つ。
気持ちが良いとかという段階でない。頭の中まで響くような痛みが走る。滝の水流は一定では無いようで、弱くなったかと思うと、耐え難いほど強くなる。
さらに、息も出来ないほどの水が顔を襲い続ける。鼻を塞がれているので鼻に流れ込むことは無いが、口で息を吸えば水も一緒に流れ込む。
外から見れば、水に曝されて逆さ吊りになっているだけである。それでも過酷な責めではあるが、杜若が実際に感じている辛さは見る以上に大きい。

どのくらいの時間が経ったのだろうか、杜若には随分長く感じられた。
鎖が弛められ、杜若の躰は徐々に下がって行った。しかし、権造は引き綱を調整し滝の水流から出そうとはしなかった。それでも、下がるに従い股は閉じることが出来た。
これで終わったのかと杜若はほっとした。
だが、そんなに甘いものではないことが直ぐに思い知らされる。
真っ直ぐ降ろされ、やがて頭が水面に着く。そこで終わりではない。されに鎖は弛められ、頭がそのまま滝壺の中に没した。

あっと思ってもがいても、さらに身体は降ろされてゆく。後手に縛られた逆さ吊りの身では、避けることはできなかった。
水を飲み込まないように、グッと息を止める。胸まで完全に沈んでしまった。
息を止めてしばらく我慢をしていたが、それにも限界がある。
<苦しい~~、もう駄目・・・・・・>
杜若の口から空気が吐き出され、それが泡となって浮き上がった。それを合図のように身体が上に引かれる。
水を吸い込みそうになるぎりぎりで、口が水面から出た。新鮮な空気が肺に流れ込み、助かったと杜若は安堵した。
また、引き上げられる。ある程度まで引き上げられると、脚が開き、滝の水流が敏感な所を打つ。
「助けて~、もう駄目~。神様・・・大神様・・・」

再び鎖が弛められ、頭が水中に没した。そして、ぎりぎりの所で引き上げられる。
何回繰り返されただろう。杜若には判らなくなってきた。
吊り上げられれば、杜若は身体を貫く刺激にどうしようもなくなってしまっている。腰を捻る力もほとんどない。ブランとぶら下がり、水の陵辱に身を委ねてしまっている。
頭を水に漬けられれば、息をこらえられる時間も短くなり、思わず水を飲み込んでしまう。

きらきら光る水の中に跳ねるようにもがいていた白い裸身が、段々動かなくなってきた。
「タスケ・・・テ~かみさま・・・」
≪穢れを落とすのだ。今までの穢れを。そして、身も心も無垢になるのだ≫
湧き上がるように頭の中で声がした。身体の芯から襲ってくる激しい刺激で朦朧としたあげくの幻聴だろうか。
再び身体が下がって、頭が水に浸かる。息が出来ない・・・
≪苦しむのだ。息が出来なくて苦しいのは、息をしなければならない身体があるからだ。それを悟れ、杜若。身体があるから、苦も楽も、そして快もある。苦痛も快楽も同じ身体から生まれる≫
杜若の意識は現実を離れ始めていた。間一髪で引き上げられた。

頭の中の声が躰中に満ちてくる。それはもう声ではなく、快感として、苦痛として杜若の身体を満たしていた。
大きく脚を開いて、無毛の割れ目を曝し、むき出しの珊瑚の珠を膨らませて滝に撃たれる。だが、もう杜若は辛くはなくなっていた。それより、その刺激が躰を満たすものを益々膨らませ、杜若は‘それ' と一体になって行った。

その有様を見詰めていた水木には杜若の変化が判った。同時に夏椿にも判ったのだろう。水木に向かって大きく頷いた。
「葛原様。杜若の禊ぎは大神様に受け入れられました」
「おおそうか。権造、禊ぎは受け入れられたぞ」
「はいっ」
強く返事をすると、権造は杜若の胸に結ばれた引き綱を引き、その身体を滝の流れから引き出した。同時に権治と権介が鎖を手繰って、杜若を降ろし始めた。
水面すれすれのところで、権造が杜若を抱きとめ、橋の上に仰向けに横たえる。
唇を紫色にし、身体中から水滴を落としながら、それでも杜若は微笑んでいた。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード