FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。











村の中を貫く道が行き着いた所に、平屋ではあるが、まさに屋敷というのにふさわしい豪壮な家が、さらに深い森に囲まれて建っていた。八木原は屋敷の前の広い庭に車を停めた。
「お連れしました」
引き戸を開け、薄暗い中へ八木原は声をかけた。
「お待ちしていました」
中から声がして、薄い水色の作務衣を着た若い女性が走り出てきた。。
「梨花子様ですね。御台所様がお待ちかねです。どうぞおあがり下さい」
女は八木原には声もかけず、いそいそとした感じで、梨花子を出迎えた。
いつの間にか八木原はいなくなっていた。

「ご案内しました」
よく磨きこまれた廊下を通って、開けはなれた部屋へ梨花子は導かれた。しっかりした造りなのに、廊下が所々できしむような音を立てた。外は深い木立が迫っている。日差しが遮られ、風も涼しい。
「お入り」
目が慣れないため、薄暗く見える室内から涼やかな声がかかった。
さあ、どうぞと、女が体を開いた。梨花子はそれにつられて室内へ入る。
大きな座卓を前に、三十半ばと思われる、白い浴衣に近い和服を柔らかく纏った、ふっくらとした女性が座っていた。
「御台所様です」
案内してきた女は、座っている女性を引き合わせると戻って行った。
「どうぞ、お座りになって。お疲れでしょう、こんな山奥まで」
「有難うございます。しばらくお世話になります」
梨花子は若い女が置いて行ったキャリーバッグから手土産を取り出すと、女に挨拶をした。
「ご丁寧に。どうそ気楽になさって下さいね」
「御台所様とおっしゃると・・・村長さんの奥様ですか」
「そうね、外の方は戸惑うわね。伊野谷村といっても、行政上の村ではないの。これでもれっきとした恵須市の一部なのよ。市の中心から完全に切り離されて孤立しているので、昔からの通称で、伊野谷村のままなの。だから村長という人もいないわ」
「はい」
「あえて言えば、大神様。わたくしはその妻という所ね。それで御台所と呼ばれているの。」
「まあ‥‥‥」
この時には梨花子は、御台所様の言った大神様と言う言葉を、あっさりと聞き流してしまっていた。
「その他にも、ここ独自の呼び方だとか、しきたりが色々あるの。おいおい梨花子さんにも分かってくるわ。それが研究の対象でしょうし、しっかり勉強して下さいね」

そのとき、先刻の若い女が戻ってきた。
「梨花子様のお部屋のご用意ができましたが」
「有難う。紹介しておくわ。この子は小菊。あなたのお世話をしますので、なんでも遠慮なく頼んでね」
「有難うございます。長沼梨花子です、よろしくお願いします」
「小菊です。何でもおっしゃって下さい」
「じゃあ、疲れたでしょうから、お部屋でお休みになって。お風呂も支度をさせているので」
「はい、それでは・・・」
「お夕食のときにでも、ゆっくりと。こんな所なので、たいしたおもてなしもできないけれど」

小菊に案内されて、梨花子は奥まった部屋に通された。
「ずいぶん広いお屋敷なのね。沢山の方が住んでいるの」
「いいえ、母屋は普段は御台所様だけです。今日からはそれと梨花子様」
「小菊さんは」
「お屋敷内の別の建物です。その他、幾つか小屋があって、御台所様付きの菖蒲(あやめ)さん、下働きの権造や台所やその他の雑用をする、‘なみ’と‘かつ’の二人がいます。この二人には、梨花子様は直接お会いになることは無いと思います」
「御台所様に四人もの人が・・・」
「この村のしきたりは、御台所様にお訊ねになって下さい。私からは‥‥‥」
小菊は奥歯に物の挟まったような言い方をした。

秘められた奇祭が続く村。もっとおどろおどろしい所かと梨花子は想像していた。確かに、都会からは隔絶してはいたが、電気もあるし、ガスもあるようである。トイレも水洗だった。梨花子の部屋のそばのトイレは洋式で、オシュレットも付いていた。
ただ、御台所様は白の着物、小菊も女性用の作務衣姿であった。ただ迎えに来てくれた八木原は普通の若者である。 着るもので何か差があるのだろうか。ふと梨花子は思った。
さすがに、この屋敷は村の一番奥まったところにあるためか、あるいは村を治める者の屋敷のためか、鬱蒼とした森に囲まれてはいる。しかし、それでも一方は、谷川に面して開けている。
全体の印象は、霧の中から抜け出して初めて見て想像したものと、全く違って明るかった。
梨花子は、部屋から白く泡立って流れる谷川を見下ろしながら、自分のとんでもない思い違いに苦笑していた。
その谷川からは、尽きることが無いかのように、霧が立ち登り、対岸を隠していた。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード