FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。











佳奈子は床に膝を着いたまま、上半身をベッドに載せ、もう大きく息を弾ませていた。
小夜子の位置からは、やや股を開いて跪いた佳奈子の狭間が完全に見える。そこはディルドウで責めあげられ、すっかり濡れそぼり、秘唇を開いてぬめぬめと光っていた。秘唇の間に見えるサーモンピンクの口が、男の肉塊を求めて息づいていた。益本は着ている物を脱ぎ捨てる。既にすっかり上を向いている剛棒の先を、佳奈子のイソギンチャクのように蠢く口に当て、ずずっと腰を進めた。

完全に溢れ出していた佳奈子の愛液で、何の抵抗もなく呑みこまれて行く。
「アア、いい。すてき。あなたきて。もっと深く。お・ね・が‥‥‥いィィ~」
料理をその口で味わうかのように、佳奈子は益本の塊を、丁寧に呑み込んでいった。
その佳奈子の声に小夜子は顔を上げる。目の前に展開される佳奈子と益本の絡み合いに目を離せなくなってしまった。小夜子も夫との夜は何回も過ごしている。しかし、他人の行為を目の当たりにするのは初めてだった。まして、佳奈子は雁字搦めに縛られている。そして、自分も身動きできない上、両脚を大きく開いた恥ずかしい姿を曝されているのだ。いつの間にか畠山が脇に来ていた。

「小夜子さんにも、あんなふうに悦びを与えてあげますよ」
耳に言葉が吹き込まれる。畠山の指がそっと、触れるか触れないくらいのタッチで、小夜子の肌を愛撫し続ける。
「ウウン・・・ンンン・・・アゥンン」
畠山の声を耳に送られると、小夜子は自分の意思が無くなったかのように全く抵抗できない。畠山の指の愛撫で、耐え切れなくなってしまって、口から甘い声が漏れてきた。

益本はすっかり埋め尽くすと、佳奈子の腰を抑えて、大きく抽送を繰り返し始めた。
佳奈子は顔をベッドに付けて、横向きになり、うっとりと目を閉じている。しかし口は魚のようにパクパクと開いたり閉まったりする。そのたびに、愉悦の声が漏れる。
一番奥まで突き上げられ、こねくり回され、佳奈子は小さく点った火がだんだんと大きく燃え盛ってきた。
「アゥ、アウア~ア、アアン、アウゥゥ、アゥ~」
絶え間なく佳奈子の口から、大きな声が漏れ始めた。
「ハー、ハァ~~アアゥン、アゥーウゥ‥‥‥ウウゥアフ~」
眉間に皺を寄せ、首を持ち上げ、また横に倒す。口からは涎がたれ流れて、シーツを濡らしている。
「そらどうだ」
益本の動きが一段と大きくなる。
「ヒー、ヒ~~~~~」
佳奈子は苦しげに大きく息を付くばかりになってしまった。喉を通る空気だけがかすれた音を出し、胸が大きく動いてている。
突然佳奈子の躰がこわばった。
「イ、イイ、アア、ヤァー‥‥‥ダ、ダ、ダメェ~~~~もうだめ‥‥‥イ、イイイ・イクゥー」
一度ディルドウで頂点まで追い上げられている躯は、反応が早いのか、大きく叫ぶと、背中に縛られた手をぐっと握り締め、躰を大きく反らした。佳奈子の軀は快感の炎に包まれ、頭の中まで真っ赤になった。

「何だ、だらしないな。こっちはまだだぞ」
「おねがい、許して。もうだめ、もう‥‥‥」
完全に弛緩した佳奈子の躰にまだ突き刺したまま益本は、さらに激しく動く。その動きに佳奈子の軀が大きく揺すぶられ、揉みくちゃになっている。

再び佳奈子は愉悦の大きな塊に満たされてきた。一度登り詰めてはいたが、それより大きな快感の炎が躰の奥から燃え上がってきた。そして、それはたちまち佳奈子の全身を包み込んでしまった。
益本は佳奈子の髪の毛を掴んで力いっぱい引っ張ると、ぐっと腰を深く突き上げた。髪を掴まれて引っ張られる痛さが、強い刺激になる。

「アゥ、また。またイクゥーーーーおねがい、こんどは一緒に、ねぇ‥‥‥オ・ネ‥‥グァ‥‥イ、イイ~~いく、いっちゃう、ねぇ、きて、きてぇ~イイイ、チョウダイ~」
「よし、それ逝け」
「イクゥー、イ・キ‥‥イイ・イキマスーー」
佳奈子が絶頂に達したのと同時に、益本も力いっぱい押し付けた肉塊の先端から、しとどに熱い飛沫を佳奈子の子宮に浴びせ掛けた。その飛沫の感覚がさらに佳奈子を追い上げる。
佳奈子はひざまずいた躯を反らせると、完全に崩壊してしまったことを曝していた。

益本が佳奈子の髪の毛を離すと、ガクンと首がベッドに転がった。まさに転がったといってよい。完全に力が抜けてしまった。しかし、痙攣が続き、益本とつながっている所だけが、それを離すまいとするように、収縮を繰り返していた。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード