FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。





アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム








金属のパイプの両端についている鎖をまとめて、下げてあったチェンブロックのフックに掛けた。
「こっちは準備できました」
「じゃあ、上げてくれ」
ルシファーはコントローラーを操作すると、チェンブロックを巻き上げ始めた。徐々にキリヨの脚が上がってゆく。キリヨはうっとりとした感じで目を閉じている。それが麻里子には不思議でもあり、逆に分かる気もした。
チェンブロックがフックを巻き上げてゆくに従って、キリヨの躰も逆さまに上がってゆく。躰に無理な力が掛からないように、桜庭が手を添えて床をずってゆくキリヨを支えていた。そして、桜庭が手を離すと、キリヨの頭は床を離れ、ストレートの黒い長髪が床を掃いた。その長髪も床を離れると、適度な高さでルシファーはチェンブロックを止めた。

「アゥ…‥‥‥」
キリヨの頭が床を離れ、回転しながら揺れ始めた時、麻里子は股間に三角の棒が一気に喰い込んできたように感じられると同時に、躯の中に熱いものが溢れてきてしまった。
「麻里子も感じ始めたか、これから始まることに目を背けずに、もっと感じるんだ」
ルシファーに言われなくても、麻里子は無意識の内に股間に喰い込んでくる三角の頂点に、敏感な部分を擦り付けるように腰を動かしていた。
ヒューン!という空気を切り裂くような音と共に、キリヨの肌の上でバシリと重い打撃音がした。
「イイ~~」
長い一本鞭が桜庭の手にあり、その最初の一撃がキリヨを襲ったのだ。鞭はキリヨを打つだけでなく、体に巻き付き、苦痛を倍にする。今までのバラ鞭とは比較にならない鞭跡がキリヨの肌に残った。
再び手元に戻すと、今度は胸の膨らみを狙ったかのように振り下ろされた。
キリヨは、目をつぶり歯を食いしばって、敏感な所への強烈な打撃に無言で耐えている。

その時、ルシファーが赤い蝋燭を持ってきた。
桜庭は鞭の打撃で揺れるキリヨの躰を抱き留めると、上を向いてVの字に開いている股間の底に指を挿し込んだ。
「ウウウ~~~」
甘い声がキリヨの口から洩れた。
「すっかり煮詰まっているな、これだけ汁があれば大丈夫だ。ルシファーいいぞ」
桜庭のチェックを受けた肉の穴に、ルシファーは赤い蝋燭の根元を差し込んだ。さっきからの鞭打ちですっかり濡らしてしまっていたそこは、するっと蝋燭の根本を呑み込み、蝋燭は無毛の開いた股間に立った。ルシファーはそれに火を点けた。

蝋が融け始めるまでやや待つと、桜庭は再び鞭を振るい始めた。今度は鞭の痛さだけではない。鞭が当たる度にキリヨの躰は揺れ、融けた熱い蝋が飛び散る。たちまちの内にキリヨは股間を中心に赤く染まっていった。
「あの鞭は、打たれた時の痛さもさることながら、躰の中にずんと響くんだ」
ルシファーが麻里子の所へバラ鞭を持ってやってきて囁いた。そして磔柱に裸身を曝している麻里子にもバラ鞭を振るい始めた。
「ヒィー!」
三角形の棒の刺激に没頭していた瑠璃子は突然の攻撃に一瞬悲鳴を上げた。
しかし、続けてきた打撃には痛みもさるものながら、その痛みが躯の中に染みわたり、ジーンとした快感に変わるのを味わっていた。

ヒューン、バシッ!
「アアオゥ~~」
その間にも、桜庭はぐっと腰を落として、重心を低くし、重い長い鞭をキリヨの体中に叩きつけていた。
キリヨの肌は幾筋にも紅い鞭跡が付き、蝋がこびり付いている。一番敏感な所はもう真っ赤な涙蝋で覆い尽くされてしまっていた。
やがて、キリヨは体中に蝋を浴び、その蝋が鞭で弾き飛ばされ、紅い鞭跡が蚯蚓腫れになり、恍惚感の内に気を失ってしまった。
麻里子はそこまで行かなかったが、鞭の魅力をルシファーにたっぷりと教え込まれた。

拘束をとかれた二人の女は、鞭跡にたっぷりと薬を塗られて、マットの上で横になっていた。麻里子は体中が熱く、何時までもオルガスムスが続いているような気分で、半分気を失ってしまっていた。キリヨは更に深く沈んでしまっていたのだろう。

その日の午後、キリヨと麻里子はまだ鞭跡の残る躯を後ろ手に縛られて、臙脂色の部屋のマットの上で、キリヨは桜庭に、麻里子はルシファーに躯を貫かれていた。
二人とも既にかなり追い上げられて、荒い息をついている。
「アア、アア‥‥‥ア~~~もうダメ」
麻里子の声が響く。
「ア~~~~ハァ、ハァ‥‥‥ウウム」
キリヨは桜庭を味わい尽くすように、ため息の様な淫靡な声を漏らしている。
「ア、アア、もうダメ‥‥‥イクゥ、逝きます!」
「お願いします、来て。もうダメェェ~~~~ヒ、ヒ‥‥‥イクゥゥ、イクゥゥ~~~~」
縛られた躰を、二人ともそれぞれに犯しつくされて、耐えられなくなっていった。
「よし、いくぞ」
「それ、くらえ!」
二人の男も同時に精を解き放った、熱い迸りを躯の中にしたたか受けて、ほぼ同時にキリヨも麻里子も躰をのけ反らせて、完全に崩壊したことをあからさまにしてしまっていた。
*****************************************************************
数日後、成田空港に四人の男女の姿があった。桜庭は細身の体をまっすぐにして、すっと前を見ている。そのすぐ斜め後ろを、キリヨもキャリアウーマンの見本のように歩く。そしてその二人にかなり遅れ、ルシファーの大きな逞しい身体があった。その腕には麻里子がぶら下がるようにして歩いていた。ルシファーの大きな身体では、日本人の女性では大人と子供位の差がある。麻里子は腕を組んでいるつもりかもしれないが、ぶら下がっているようにしか見えなかった。そんな麻里子に、ルシファーは苦笑しながら、それでも満更ではない様子で、話しかけながら桜庭とキリヨの後を追った。

麻里子は桜庭のクライアントの設計事務所に職を得た。多分、経済的には独立をして、ニューヨークで暮らすことになるだろう。ルシファーも麻里子も結婚という形は望んではいない。
桜庭はさてどうなることだろうと、半分危ぶみ半分楽しんでいたが、自分とキリヨの関係をルシファーに指摘されると、苦笑するよりしょうがなかった。
イミグレーションを通過すると、既にそこは日本ではなかった。
*****************************************************************
四人がアメリカに去ってかから、雪乃の家の土蔵が出来上がった。その土蔵に度々大学の角田教授が通ってきていたが、そのことを知る者はいなかった。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード