FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。












角田が雪乃を吊っている縄を緩めている間に、助手が大きめのポリバケツを持ってきた。中には厚手のビニール袋が口を開いて入っている。それを門形柱の台に据えた。
吊っている縄は緩められ、雪乃は前屈みの体を立てられたが、脚を開いて縛っている縄はそのままである。その為、スクワットの姿勢に似ているが、それよりも脚が開いていて、さらに恥ずかしい恰好である。
「さあ出してもいいぞ」
「お願い、おトイレへ」
「この部屋にはトイレは無いようだ。ここでするよりしょうがない。足を解いている時間も無いだろう」

確かに雪乃にはもう余裕が無かった。腕を緩められたので、やや腰を落とすことは出来る。しかし、完全に解かれたわけではないので、中腰のままである。助手がその下に合うように、ポリバケツを置き換えた。
中途半端な、ひどく恥ずかしい格好だが、雪乃はもう我慢が出来ない。躰の奥からダムが決壊したように押し出されてくる。
「イヤーァ!・・・ああ・・・っ」
卑猥な音がすると、凄まじい爆発が起こった。

中腰のまま、丸見えの肛門が開き、茶褐色の液が迸った。バケツの底を叩く音と共に、あたりに濃い異臭が立ち込める。
「すごい臭いだ。美人でも出すものは臭いな」
「見ないで・・・お願い・・・・・・ああ、恥ずかしい・・・」
最初に噴出した液が細くなると、ぬるぬると固形物が絞り出されてくる。
やっと終わったと思うとまた出てくる。
「いや~~~また‥‥‥」
角田と助手は屈み込むようにして、雪乃の肛門を見詰める。

ボトンと千切れて落ちた後、また中から押し出されるようにつぼみが開き、茶褐色のものが頭を見せる。それが顔を出し、ぬるぬると伸びてきて、垂れ下がる。美女から出たものとは思えない臭いがあたり一面に立ち込める。
「すごいな」
助手が思わず呟く。その呟きが雪乃を苛む。

<ああ、恥ずかしい。人前で出しちゃって・・・・・・私は駄目になっちゃう>
雪乃にはもうどうしようもない。後から後から押し出してくる自分の躯が恨めしい。
やっと終わったと思ったら、また下っ腹に差し込むような痛みが走り、奥から直腸へ押し出されてくる。
ドボドボとひとしきり、柔らかいものを押し出して、やっと終わった。ほっとした途端、たがが緩んだように小水が迸った。溜まっている異臭の素に、強い水流が叩きつけられ、また酷い臭いが舞い上がった。
「イヤー・・・・・・・・・ッ」
雪乃は涙でぐしゃぐしゃになった顔を左右に振ってさらに泣きじゃくった。

「終わったようだな。始末してやれ」
雪乃には角田の声は届いていなかった。
助手がウエットティッシュを何枚も使って、吐き出したもので汚れた雪乃を丁寧に清める。
角田が、その後、石鹸水を入れた500ccもの大きな浣腸器を突き立てた。
「もう許して、いや。」
わずかに首を左右に振りながら、弱々しく雪乃が呟く。そんなことには耳を貸さず、角田は一気に大量の液体を、雪乃の躰に注ぎ込んだ。すっかり空になっている直腸が、冷たい液で満たされてゆく。
その間に助手がもう一本用意していた。
いったん抜き取ると、すかさず助手が渡した新しい浣腸器を差し込んだ。また、一気に注入する。全部で一リットルもの石鹸水が押し込められ、雪乃の腹はぼってりと重くなった。注ぎ込まれている内から漏れそうになる。

「いやー、たすけてぇ・・・アァァ~」
浣腸器の嘴管が抜かれた途端、凄まじい悲鳴と共に、雪乃の肛門から黄色く色付いた液が、すごい勢いで噴出した。その水流がバケツの中をかき混ぜ、また凄まじい臭いが雪乃を襲った。
すっかり終わった時には、雪乃は自分で立つことも出来ず、荒い息をついて角田に支えられていた。
助手がバケツの中の、ビニール袋の口を二つに折り、そこを纏めて細い紐で括った。
臭いが立ち上がるのが止まり、天井の換気扇から、いつの間にか吐き出されていった。
ポリバケツは台からどけられた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード