FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。











「おトイレに行かせて下さい。」
「10分我慢するんだと言ったばかりだろう。そうしないと全部出きらないぞ。」
「‥‥‥‥‥‥」
そうする内にも、麗子のおなかの中で、グルグルと音がし始める。大腸が活発に動き、中のものが出口を求めて殺到するような感じだ。
「駄目です。漏れちゃう~~」
「ここで漏らしたたければ、これにするんだな。」
玄蔵がこれ見よがしにポリバケツを突きつけた。腰を突き上げた格好である。そんな恰好で出来る訳もない。
「このままじゃ無理。ほどいてトイレに連れて行って。」
麗子は必死に肛門を締める。
「よし、じゃあ、玄蔵様の奴隷になり、なんでもご命令に従います、と誓うんだ。」
「‥‥‥‥‥‥」
「言えなければ、10分我慢するんだ。」
とても10分など我慢出来ない。それに、こんな格好でも出来ないし、ポリバケツにすることも出来ない。麗子は切羽詰っていた。

「言います。誓います。だからおトイレに‥‥‥」
「じゃあ、誓ったら行かしてやろう。」
「麗子は、玄蔵様の‥‥‥ド」
そこで言葉が詰まってしまった。昨日から奴隷だ、奴隷だと言われていたが、自分から奴隷であるなどとは言い切れない。
「うん、その先は。」
「ド・・・レイに・・・なります。」
「まだあるだろう。」
「行かせて、おトイレ~」
「早く言い切っちゃうんだな。」
そう言いながらも、玄蔵は麗子の足の鎖を外した。黒川も腰のベルトの縄を解く。しかし、麗子にはそれに気付く余裕も無い。
「何でも、ご命令に‥した‥がいます!ああ、お願い。もう駄目。」
「よし、今の誓いを忘れるな。」

玄蔵は素早く首の縄を台から解くと、それを引いて奥のドアに連れてゆく。麗子は、後手に括られ前かがみになりながら、豊かな臀部の双丘を振ってついて行く。 その後を黒川も追ってくる
廊下に並んだ二つのドアの、奥の方を開ける。そこがトイレになっているのだが、麗子は一歩入って唖然とした。8畳くらいの部屋の真中に、小判型の穴があるだけである。その穴の周囲には、1メートル強くらいの間隔で、四角く四本の柱が立っている。その柱に支えられるように、上にフードが付いていて、フードからはダクトが天井までつながっている。壁がない便所である。
フードのすぐ下に、柱を囲むように、金属のパイプがリング状に取り付けられている。そこから下向きにかなりの勢いで空気が噴出していた。一種のエアーカーテンである。吹き出た空気は、ダクトに取り付けられた強力な換気扇で吸い上げられている。例によって、柱には各々幾つかのリングが取り付けられて、縄を掛けられるようになっている。
「そこでするんだ。」
「出て行って下さい。」
「ダメだ、奴隷のするものをちゃんと見て確認するのも、主人の役目だ。」
「お願いです。出てって‥‥‥」

もう麗子には躊躇している余裕は無くなっていた。下腹部を突き刺すような痛みが絶え間なく走り、大腸が活発に動くような、グルグルと言う音も絶え間なくしている。
麗子は思い切って、その小判型の穴を跨ぎ、しゃがもうとしたが、玄蔵が首輪の縄を柱のリングに通して引いていた。麗子は完全にしゃがみきれず、中腰のままで吊られてしまった。もう我慢できない。我慢しようにも躯の中から押し出してきて、塞き止められなくなっていた。
二人の男の目が、今か今かと凝視していた。
「いやぁ、アッ、アッ、見ないでぇ~」
ひと声叫ぶと、爆発が起こった。卑猥な破裂音と共に、茶褐色に染まった液が噴出した。濃い異臭が麗子を襲う。エアーカーテンが麗子を包んでいるので、異臭は男たちのところには届かない。全て麗子を包んで、換気扇でダクトに吸い込まれる。
一度堰を切ると止まらない。液の後を、浣腸液で柔らかくなった茶褐色の固まりが押し出されてくる。肛門が中から押し開かれ、汚物が顔を出し、ずるずると垂れ下がる。そして、千切れるとボトンと落ちる。
浣腸液の働きで、大腸の顫動が活発になったのか、次から次とせり出してくる。それも中腰のまま、男たちの目に曝されて。
麗子には、立ったままで排泄しているように感じられ、より一層の羞恥にまみれていた。

いったん終わったかと思うと、また体の奥のほうから押し出されてきた。
「いやー。また・・・」
そして最後には、全ての筋肉が弛緩してしまったかのように、シャーッと小水まで迸り出た。
「ウウゥ‥‥‥」
麗子はいつまでも続く排泄に、異臭に包まれながら、魂も抜けたように嗚咽を漏らしていた。
「上品な若奥さんでも、出すものは同じだなあ。」
玄蔵も黒川も呆れたように見守っていた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード