FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。












丸茂が縛っている間に、玄蔵は低い小さな台を持ってきた。そして、それを麗子の前に置くと、うつ伏せにさせて上半身を載せた。高さは、麗子が膝をついて丁度良いくらいで、大きさはやっと上半身が載るくらいである。そのため、頭は前にはみ出し、腰も後ろにはみ出している。
玄蔵が麗子の上半身を台に押さえつけ、丸茂が縄で台に縛り付けた。さらに、麗子の膝の上を台の脚に付いているベルトで固定したので、麗子は股を開いて、尻を突き出したような格好で台に伏せることになってしまった。
そんな格好が後から見るとどうなのかは、女の麗子には良く分かっていた。さあ入れて下さいとばかりに、豊かな白い腰が秘部を開いて突き出していた。さらに、その上に菊形に皺を寄せたアヌスが、これもあからさまになっていた。

玄蔵と丸茂も着ている物を脱ぎ去った。麗子は目のやり場に困って首を折って、目をつぶっていた。玄蔵のそれは麗子が以前に見せられた丸茂のものに劣らず大きく長い。二人共すでに弓のようにがっしりと反らせていた。
「先生、俺はこっちを試してみたいんですが。」
丸茂は麗子の頭の方へ回った。
「じゃあ、今日は私が女としての性能を試させてもらおう。」
玄蔵は、麗子の股間に回るとそのそそり立ったものの先端で、開ききった割れ目を撫で上げた。
「いや、もういや。」
「何言ってるんだ。自分だけいい気持で逝ってしまって。こっちはこれからなんだぞ。」
丸茂が麗子の髪をつかみ、顔を上げさせる。
玄蔵は指でラビアを押し開くと、その奥に紅く濡れて光っている所に、すっかり硬くなっている先端を当てた。
「ああ、だめ。許して・・・」
無言のまま、玄蔵はその先端を押し進めた。ディルドウで一度逝かされたそこは、溢れ出た蜜ですっかり濡れそぼっている。先っぽの太い部分が、簡単に麗子の女の中心をいっぱいに押し開き、麗子の中に潜り込んで一気に貫いた。ぐっと子宮が押し上げられる。麗子は玄蔵の大きなものを根本まで埋め込まれ、その圧迫感に呻いた。
「あうっ。」
しかし、そのままぐっと力を入れたまま玄蔵は動かない。子宮は押し上げられ強く圧迫され続けている。

完全に肉の筒を満たすその圧迫感に圧倒されてしまっている麗子の髪を、丸茂がつかんで顔を上げさせた。そして、その猛々しいものを口の前に突きつけてきた。
「口を開けるんだ。湯川にやってやったことがあるだろう。」
あまりのことに麗子は必死で口をむすんで、首を横に振る。夫はそんなことを求めたことはなかった。
拒む声を上げても押し込まれそうだ。
丸茂に代って玄蔵が髪の毛をつかむ。手が空くと、丸茂は麗子の鼻を摘んだ。
息が出来なくなる。必死に我慢をしていたが、苦しくなって口を開いて息をついてしまった。その瞬間に、丸茂はもう片方の手を添えて、自分ものを麗子の口に押し込んだ。
「グェ」
「歯を立てるんじゃないぞ。しっかりやらなかったら、もっと酷い目にあわせるぞ。」
丸茂は再び麗子の頭を、その髪の毛と一緒につかむと、ぐっと自分の方に押し付けた。

丸茂の大きなものは、麗子の口いっぱいになり、喉まで犯してくる。
「グゥゥ‥‥‥ゲホ、ゲホ‥‥‥」
喉を突かれて麗子はむせ返った。
その間に玄蔵が微妙に動き始めた。丸茂のものも、喉を擦り上げる。躯の中を太いもので満たされ、さらに子宮を微妙に刺激されて、ディルドウで一度絶頂に追い上げられた麗子の躯は、不本意にも、もう感じ始めてしまっていた。
喉を突かれても、丸茂も加減が分かったようで、もうむせ返ることは無かった。
「ムグ、ムグ‥‥‥」
丸茂の太いもので満たされ、声も出せない。それより、喉を刺激され、下からの快感と共に、そこもむず痒くなってきた。麗子は、なにがなんだか分からなくなって、躯じゅうを貫く快感に翻弄されてしまっている。

その時、玄蔵の指が秘口から溢れ出した麗子の愛液をアヌスに塗りたくった。
「ムグ、ムグ・・・」
<やめて>と言おうとしたが、丸茂の肉の塊が口を塞いでいて言葉にはならなかった。
玄蔵の指が愛液で湿ったアヌスを柔らかく揉みほぐすと、その先が潜り込んで来た。何とも言えない異様な感じが麗子に加わる。指が直腸壁を撫でまわるのと同時に、玄蔵の動きが大きくなった。快楽の洞窟の壁を、太い雁首が擦り上げ、その先端がまた子宮口をぐいぐい突き上げる。

「舌を使うんだ。」
丸茂も両手で麗子の頭をつかむと、腰を動かすのにあわせ、前後に動かす。口に含まされたものが、舌の上を滑り、喉に突き刺さる。
躯の中が火の玉のように熱くなり、麗子は二人の男に前後を挟まれ、後手に縛られた手の指までが硬直し、縛られて動かない体を、それでも突っ張らせていた。
いったん去ったと思うと、またそれが襲ってくる。
「ウウム~~~」
麗子は躯を突っ張らせて 鼻から荒い息をつき、アクメの真っただ中を示していた。
「丸茂君、そろそろだ。」
その玄蔵の声に、丸茂も更に麗子の頭を強くつかむとピッチを上げる。
肉の洞穴を満たしている玄蔵のものが熱く膨らんだ。
「それっ。」
「あうう‥‥‥」
麗子が何度目かのアクメに達したのと同時に、玄蔵は麗子の子宮に大量の熱い飛沫を浴びせ掛けた。それに少し遅れ、口に含んだ丸茂の怒張も一段と大きくなる。
それを感じた麗子は慌てて吐き出そうとしたが、丸茂ががっしりと頭を押さえているのでどうしようもなかった。
丸茂がぐっと腰を突き出し、麗子の顔に押し付ける。麗子の口の中で怒張が一段と膨らみ、痙攣するように動くと、青臭い液を大量に喉に浴びせ掛けた。

しばらく余韻を楽しむように丸茂はぐっと腰を突きつけていたが、やがてゆっくりと口から引き抜いた。その先端と麗子の唇の間に、唾液が糸を引く。口を開けようとした麗子の顎を、丸茂はぐっと押さ込んだ。
「吐き出すんじゃない。全部飲み込むんだ。」
麗子は呆けたようにとろんとした目で丸茂を見ると、ごくりと喉を鳴らした。
玄蔵が引き抜いた後は、ぬらぬらと光ながらゆっくりと閉じてゆき、それにつれて、大量に射込まれた白い液体が、どろりと溢れ出た。

麗子は精も根も尽きたように、ぐったりと台に突っ伏していた。がっくりと前に折れた頭からは、黒髪が垂れて、床を這っている。そんな麗子を二人の男は満足げに見下ろしていた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード