FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。

海外発・優良サイト(有料)のご紹介

















丸茂はゆっくりと推し進めたかとおもうと、また引く。そしてまた推し進める。それにつれて、麗子のそこは、徐々に潤いを増し丸茂のそれを包み込んでゆく。
「だんだん、俺のものに馴染んできたな。もうすっかりびしょびしょだ。それにしても、奥さんはいい物を持っているのに、湯川はあんまり使ってないようだな。」
丸茂はさらに腰を進め、奥まで埋め尽くした。子宮をぐっと押し上げられる感覚に、麗子は思わず仰け反ってうめく。夫と違う圧倒的な充足感でそこが満たされている。
丸茂の巧みな動きに、結婚生活に馴染んだ躯が、麗子の意に反して反応してしまう。
「むむ・・・」
押し込められた自分のショーツを噛み締め、寄せてくる快感に耐えようとするが、麗子はもうほとんど絶頂に近くなっていた。
「それ、どうだ。」
丸茂がピッチを上げ、突き上げてくる。
「ううう・・・」
思うように声が出せないことがもどかしい。麗子は夫との行為では得たことのない、めくるめく快感に狼狽しながらも、身を任せてしまっていた。それは、丸茂のものが立派なためか、巧みなのか、あるいは自由を奪われ犯されているからなのか分からない。

今まで味わったことのないような、体を突き抜けるような快感が走る。麗子は猿轡の中で、大きな悲鳴に近い声を上げていた。
丸茂はそんな麗子に合わせ、巧みに腰を使う。
「ウ・・・ムム・・・」
丸茂の動きに翻弄されていた麗子の体に、突然痙攣が走った。一度収まっても再び体を貫く快感。何度翻弄されたのか、麗子にはもう分からなくなっていた。
「ムムム~~~ウウウゥゥ‥‥‥」
<中は駄目、中には出さないで~~>と言う麗子の哀願も、猿轡に阻まれただ呻き声になってしまった。そして、それは麗子が絶頂を迎える声にも聞こえないではなかった。
そして、ひときわ大きい波が襲い、麗子は大きく突き上げられて、頭の中に稲妻が走った。無意識のうちに体が突っ張る。それと同時に、丸茂も大量の熱い飛沫を麗子の子宮に浴びせ掛けた。
麗子は、ひくひくと躯を痙攣させ、その後ぐったりとなってしまった。そんな麗子から、丸茂はゆっくりと自分のものを引き抜いた。割り広げられたままの麗子の躯が、自分の吐き出した液体でぬめぬめと紅く光って、口を開けたまま残された。やがて、ゆっくりと閉じてゆくのと同時に、丸茂が射込んだ白い液体が、どろりと流れ出た。

何とか身づくろいを終えた麗子に、丸茂はビデオを見せた。そこには、今の行為が全て写っていた。固定したカメラで写していたが、生々しい声も入っている。
「あそこにカメラが有るんだよ。」
「酷いわ。消してください。」
「そうはいかないさ。奥さんが何もしなければこのまま持っているけど、何かすればインターネットで世界中に流れるからな。それに、湯川の犯罪も明らかになる。」
「ああ・・・」
「今日のことは黙っていることだ。それと、これからは俺の言うことを無条件で聞くことだな。」
麗子は黙ってうな垂れた。念を押されなくてもこんなことは誰にも言えない。まして、絶頂に追い上げられた身にとっては。
麗子は、その後丸茂に送られて帰宅した。夫はまだ戻っていなかった。

夫の湯川幸太郎は父親が創業した湯川興産の専務をしている。この市では大きな会社である。次期社長として、父親に厳しく仕込まれ、帰宅も遅い。丸茂の言った殺人のことなど聞けなかった。当然否定されるであろう。そこから、丸茂とのことが分かってしまう恐れもある。仮にそうだと認められても、どうして良いか分からない。
夫が求めてくることはまれだったし、丸茂に比べれば淡白だった。ましてや今まで夫から我を失うような絶頂感は得られなかった。
今までは、それが普通だと思っていたが、縛られて犯されたあの強烈な刺激を経験したためか、今の麗子には、それが物足りなさを感じてしまっていた。しかし、それもいつの間にか遠くなり、平凡な日常が戻った。
季節は足早に夏から秋に向かっていた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード