fc2ブログ

淫狼の生贄 第27回 女弁護士再び(3)

「そうだ、怜子さんは着物の時につまらんものは穿いてないだろうな」
西片が椅子から立ち上がって怜子の前に身を屈めた。そして、着物の裾を割って手を差し込んできた。
「何をするのです、やめて下さい」
怜子は両脚をぴたりと合わせながら腰を捻って西片の手を避けようとした。しかし、両腕を吊り上げられていてはどうしようもない。すぐに腰の所まで侵入されてしまった。
「なんだ、やっぱりこんなものを穿いているのか」
西片は着物の上から目立たないような薄いショーツに手を掛けると、一気に引き下げた。

「やめて下さい、アッ!駄目」
怜子がいくら抗っても簡単に脱がされてしまった。足先から抜き取る時に、足袋も脱がされ、上品な白い足がむき出しになった。
「着物のショーツというのはこうなっているのか」
西片は白い和装用のショーツをしげしげと眺めると、そのまま怜子の足下においた。着物の裾は元のように戻され、少し着崩れはしたものの外観上は変わりない。しかし、怜子にとっては腰周りが急に頼りなくなってしまった。

怜子がそんなことをされている間に、早紀の脇にはイルリガードルスタンドが立てられていた。そこに透明な液の入ったビニールパックが吊るされる。
「先生に何をするのです」
怜子はそれ以上西片が何もしなかったので、早紀のことにはっと気付いた。
「浣腸をするんだ。躯の中に溜まっているものをみんな出して貰わなければ、お尻は使えない」
「ウウウ・・・」
早紀が大きな呻き声を出す。
「そんな酷い。もうやめてください」

「いちいち怜子さんに口を挟まれていてはちっとも進まないな。お客さんも興をそがれてしまう。しばらく黙っていて貰おうか」
それと察した並木が西片に日本手拭を差し出す。それを縛って瘤を作り猿轡にしようとしたが、足下に投げ出されているショーツに目を止めて、それを拾い上げた。
「外は暑いみたいだな。お上品な怜子さんもやっぱりここは汚れている」
西片は薄っすらと黄ばんだ所を怜子に突きつける。
「イヤ、恥しい・・・・・・」
「うるさいから、この恥ずかしいものを口に詰め込んでやる」
言われたことが理解できなかったのか、戸惑ったような顔の怜子の顎を並木が強い力でつまみ、強引に口を開かせた。そこへ西片が汚れた部分を表にして、丸めたショーツを噛ませる。そして更に奥へ押し込む。

「あぐぅ!」
いくら薄いショーツとはいえ、猿轡などされたことのない怜子の口には上手く入りきれない。西片は無理矢理はみ出したものも押し込めることをせず、その上からこぶを作った日本手ぬぐいで覆って、首の後ろでしっかりと縛り上げる。
はみ出したショーツは日本手ぬぐいのこぶで押し込まれてしまい、さらにそのこぶも口に入ってしまった。
「ァン、ァァンン~~」
「これで少しは静かになったな、続けて貰おうか」

イルリガードルスタンドに吊るされたビニールパックに透明なビニールチューブが取り付けられる。その先端には長い嘴管が付いている。チューブの途中にはピンチコックが付いていて、それでビニールパックに入っている浣腸液が止められている。
「前屈みになって尻を突き出すんだ」
そういいながら、蒔田がチェンブロックのリモコンを操作した。モーターの回る音がして鎖が徐々に巻き上げられる。それにつれて、早紀は肘まで革枷で固定されてしまった腕を、真っ直ぐにしたまま引き上げられてゆく。そうされると必然的に、前かがみにならざるを得ない。
これ以上は上がらない所まで引き上げるとチェンブロックが止められた。早紀は体を二つに折って、尻を後ろに突き出してしまっていた。
尻の穴も無毛の股間も男達の目の前にすっかり曝け出されている。

「深く入れるからちょっと痛いけど我慢するんだ。奥まで綺麗にしてやるからな」
黒いマスクを被った男の一人が蒔田から潤滑剤の入ったチューブを受け取ると、尻たぶの奥に顔を見せている菊の蕾にたっぷりと塗りつけた。
嘴管にも潤滑剤を塗すと、蕾に嘴管を突き刺す。
「うっ!」
早紀が呻くのも構わず、スーウッと押し込んだ。かなり長い嘴管が完全に躯の中に没する。
片方の手で嘴管の根本を押えながら、もう片方の手で器用にピンチコックのねじを弛めた。そのとたん、ゆっくりとビニールパックの液面が下がり始め、確実に浣腸液が早紀の大腸の中に流れ込んでいるのが分かる。
浣腸液はそれほど多くはない。せいぜい200ccくらいだろうか。5分も掛からず、すっかり早紀の躰に流れ込んでしまった。





ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

着物

着物の女は、最高ですね。但し美人さんですが。衣擦れの音は、高揚してしまいます。長襦袢姿も…。

有り難うございます

国立様
コメント有り難うございます。
お茶の先生なので、苦手ですが和服にしました。
これから、主役の一人になりますので、楽しみにしてください。
プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.縄に堕ちて
2.熟女人妻奴隷調教
3.禁断の館第1話未経験の女
4.禁断の館第2話未亡人再調教
5.淫狼の生贄
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧



フェチのオカズ

人妻のよろめき

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

盛若楠紫楼の官能小説

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

緊★縛エロチカ★

SM + 虐 待 & 拷 問

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

若狭と雫(全頭マスクの女)
RSSフィード