fc2ブログ

淫狼の生贄 第15回 女弁護士(15)

「薬が切れるまでこの女はこんな状態でトリップしている。さあ、2番さん、遠慮なく・・・存分にしゃぶり尽くして下さい」
蒔田に促され、早紀の口でさらに硬く逞しくなったものを突き上げながら、2番の黒坊主が3番と入れ替わった。
2番の剛直の頭が、まだ白い汚濁を溢れさせ開ききったまま、紅く爛れたようになってしまっている早紀の肉壺の口に当てられる。

「まだ?お願い早く・・・躯が落ちて行っちゃう・・・早くぅ~~」
誇り高い弁護士の口から出たとは思えない卑猥で甘い声がせっつく。
「よし、すぐだ」
2番がその肉棒をぬるりと早紀の胎内に納めていく。既にどこもかしこも濡れている。2番の剛直はかなり大物だが、早紀は簡単に呑み込んでいった。
「アア、いい。もっと深く、ネェェ・・・」
「どうだ、これでどうだ」
2番はすっかり納めきると、満身の力で早紀を突き上げた。

「いいわ、飛ぶ・・・体が浮いて・・・綺麗な雲~~~」
うわ言のような早紀の呟きとともに、肉筒がまた蠢き始めた。
それに合わせて、2番がゆっくり抜き差しする。その動きも止めてしまうかのように、早紀の秘腔が肉を巻きつけ締め上げてくる。
「おぅ、いいぞ、良く締まる。そら、ここはどうだ。」
「ヒィィ~~~」
敏感なスポットを探り当てられたらしく、あお向けた早紀の顔が大きくゆすられる。

2番の男もこういうことには慣れているらしく、巧みに早紀の快感を抉り出してくる。そうでなくても、薬でトリップしている早紀の躯は到る所が性感帯である。
たちまちのうちに、早紀は溢れるような光の中で、雲に包まれて漂っていた。
「ア~~、アアン」
意味の無い甘ったるい声が絶え間なく漏れる。目は開いてはいるが何も見えていない。とろんとしたままである。

その時、別の黒坊主が裸になり、だらしなく半開きになっている口に、その肉塊を押し込んだ。
「ムグ………」
早紀はすんなりとそれを口に含み、2番にしたのと同じように、舌を絡ませた。それに合わせて男は腰を使う。
楔を打ち込まれたように刺さっている熱い肉棒と、また口に含まされた剛棒を中心に、自分の意思とは関係なく、躯だけが突っ張ったり、甘く蠢いていたりしている。
といっても椅子に縛られた躯である。自分の思うように動けないもどかしさに、さらに強く肉筒を締め上げているようだ。

「う~~、堪らん」
「ムムゥ~~~」
早紀は口の中の粘膜も、喉の粘膜も、舌も総動員して新たな男の剛棒をなぶる。
「凄いぞ、この口は口じゃ無い、絶品のお○んこだ」

2番は自ら動くのを止めてしまった。もう爆発寸前である。
「いいか、いくぞ」
思い切って腰を突き入れる。
「ムムゥウ………」
耐え切れなくなって、躯を貫く快感とともに、早紀の最奥に熱い飛沫を大量に浴びせ掛けた。
それと同時に口を犯していた黒坊主も、口の中にあっさりと爆発してしまう。
「………ムゥ~~~」
口の中も白い汚濁で満たされてしまった。
男が口の中から肉塊を引き抜くと、早紀は意識しないままゴクリと喉を鳴らしていた。

秘壺は2番の肉を食いちぎらんばかりに締め上げたまま、早紀は完全に逝ってしまった。膣壁が痙攣を起こしたように2番の肉棒を咥えたまま離さない。そのまま何回も痙攣をする。
「あっ、駄目だ。やめろ・・・・・・離すんだ」
しかしがっしり咥え込まれてしまった、肉棒は根元を締め上げられて勃起したままである。
その状態で、痙攣を続けている膣壁に、刺激され続けていた。
「アア、駄目だ・・・また・・・」
2番はその刺激で、また射精をしてしまっていた。既に最初の射精ですっかり出尽くしたものをさらに搾り取られる。
気持ちのよさなど無く、尿道に針を刺されたような痛みが、その後鈍い痛みが下腹部を襲う。
やっと緩んだ膣からペニスを抜き出した時には、2番もさっきへたり込んでしまった3番の黒坊主と同じように、べったりと床に裸の尻を落として、肩で大きな息をしていた。
早紀は完全に白目を剥いてしまい全く力が無い。だが、無毛の白い裸身を絶え間なく痙攣が走り抜ける。そして、躯の穴が全て緩んでしまったかのように、突然大きく開ききった秘裂から、まるで噴水のように小水が吹き上がった。
早紀はそれすらも意識していない。意識はまだ雲の中を漂っているようだった。

スポットライトが消され、薄暗い中を黒坊主の男達が出て行った。

「どうでしたか」
「ウ~ン、さすがだな。でも、薬を使えば幾らでも女は逝くだろう」
「薬を使ったのは特別です。あの弁護士は予定外の飛び入りだったので。でもこれでこっちの意のままです」
「そうだな。弁護士を自由にできるのは強い。よしわかった、これでいこう」
部屋の一番暗い所で二人の男がこのショーを最初から眺めていた。ずっと身をひそめるようにしていたので、黒坊主達も気づかなかったようだ。

椅子から解かれても早紀は意識が朦朧としていた。着ていた物は全て切り裂かれてしまったので、身に纏うものは全くない。
男達は、早紀を汚れたままの素っ裸で、厚手の袋に足の先から入れ、頭まですっぽりと納めると、袋の先端を紐で縛った。
そのまま、早紀の住むマンションへワンボックスカーに乗せて運ぶ。マンションの鍵は早紀のバッグに入っていた。既に夜も更けて、辺りに人影の無いのを見澄ますと、男達はあっさりと早紀の部屋へ侵入し、早紀の入った袋をリビングの床に横たえた。そして袋の紐だけ解くと、さっと立ち去っていった。





ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.縄に堕ちて
2.熟女人妻奴隷調教
3.禁断の館第1話未経験の女
4.禁断の館第2話未亡人再調教
5.淫狼の生贄
6.淫虐調教別荘
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

フェチのオカズ

人妻のよろめき

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

緊★縛エロチカ★

SM + 虐 待 & 拷 問

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

若狭と雫(全頭マスクの女)
RSSフィード