FC2ブログ
DUGA

熟女奴隷桜香・収穫(第2回)

「今お前の頭は、テルテル坊主のような黒い球になっている。これはこれで魅力的だが、ウィッグを被せて色々な髪形にすることもできる。今日はロングヘアにするか。写真を撮っておいてどんな様子なのか後で見せてやるよ」
そう言うと能代が棚からややブラウンのフルウィッグを持ってきた。それを丸い球になっている桜香の頭に被せた。地毛の上から被るのではないので簡単である。その上マスクの頭部にはマジックテープが数か所付いていて、ウィッグの中のマジックテープをそれに合わせればよい。
能代はブラッシでウィッグを梳くと、少し離れて桜香を見た。ロングと言っても肩にかかる程度で、それ程長くはないが何時もの桜香とはイメージが変わる。

「いつも和服ばかりだったが、こういう服装で、髪型も変えると雰囲気が違うな。でも完全にのっぺらぼうだ。どこの誰とも分からない。言ってみれば人格が無くなって、ただの奴隷Fになった訳だ」
そう言われても、桜香にはどうなってしまったか分からなかった。
「立ってごらん」
能代の手を借りて桜香は立ち上がった。

「ファンドの例会では、こうして奴隷の身元を分からなくする。それは同時に奴隷の方からも参加者が分からない。少数の理事は全てが分かっているけど、評議員も参加する例会では、お互い分からない方が何かと都合がいいのだ」
そう言われればそうかもしれない。桜香も不特定多数の人に知られるのは困る。
「これから、このままで少し責めてやろう。どんな風に感じるのか分かるだろう」

桜香は躰の自由も視覚も奪われて、ただ立ちすくんでいた。能代が何をしようとしているのかも見当が付かない。
頭上でチェンブロックの動く音がして、躰が引き上げられた。胸を縛られた縄と腰の縄が背後で引かれる。脚が伸びつま先立ちになってしまった。
<あっ、吊られる>
足先が床を離れて、桜香はぐらりと揺れた。それと同時に躰に縄が食い込んでくる。肌に直接ではないが、やはり拘束感は強まった。その上、全くの暗闇の中である。自分がどうなっているのかも分からない。
もちろん桜香も目隠しされて調教されたことはある。しかし頭全体を全頭マスクで覆われていると、孤立感が目隠しと全く違って虚空の中に放り出されたような心細さを感じていた。

腰が吊られているので、上半身が折れ、頭部はややうな垂れてしまった。
桜香は吊られたまま、縄に全てを預けて体の力を抜いていた。ロングスカートに包まれた両脚もだらりと垂れ下がっている。
目が見えなくてもここに居るのは能代だけである。それが分かっているので、心細さの中でも安心して躰に食い込んでくる縄を味わっていた。
どの位の高さに吊られたのかも分からない。この後能代な何をしようとしているのかも見えない。それでも桜香は耳を澄ませて神経を集中させて気配を読もうとしていた。
突然能代の手が腰に触れて、桜香はスカートを脱がされることを悟った。

スカートのホックが外され、ファスナーが引き下げられた。それだけでやや重いロングスカートは、脚を滑って落ちて行ってしまった。
ショーツはもちろん穿いていない。ショートソックスもこの家に上がった時脱いでしまっていた。
「スカートだけで来たのか。言われなくても出来るようになったな」
ブラウスの裾をたくし上げて縄に挟み込む。桜香の腰から下は、すっかり剥き出しにされてしまって、やや股を開いたままだらりと吊り下がっていた。
桜香は後手で吊られた時は、脚を曲げたりしない。縄に全身を預けてその感覚に浸っていた。それと同時に能代もその姿を一番喜んだ。

能代の片手が太腿に添えられて、股間をやや開いた。もう片方の手の指が、秘裂に触れる。永久脱毛され、さらに整形手術された桜香の秘裂は、アラフィフとは思えない若々しさだった。能代の指が秘唇を開くと、蜜口を探ってきた。
「いやぁ、恥ずかしい‥‥‥」
縄を掛けられた時から、桜香の躯の中は潤み始めてしまっていた。視覚を奪われたために、ちょっとした刺激でも、何時もより敏感に感じてしまう。
「縛られて吊るされただけで濡らしてしまっているのか。桜香は本当に縄が好きだな。よしご褒美をあげよう」
能代の手が離れると、桜香には彼が何をしているのかが全く分からなくなった。

ガクンとひと揺れするとチェンブロックがレールを動き始めた。それ程長い距離ではない。止まると今度は下がり始める。
レールがどう敷かれているかは、桜香もおおよそ分かっている。だがその時によって、下に何があるかは変わっているので、これからどうなるのかは全く分からなかった。
両足先が斜めの板に触れた。その感触は、以前調教を受けていた時に経験したことがある。
<三角木馬‥‥‥>
「分かったようだな。松下先生の調教部屋でお気に入りだったようだから、ここにも準備したんだ。それもずっと進化したものを」
「ああぁ‥‥‥」
桜香の躰の位置を調整しながら、能代は彼女を徐々に降ろしていった。



狂乱木馬地獄 vol.5
サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問(中断)
14. 温泉女将奴隷化調教
15. 熟女奴隷桜香・開花
16. 熟女奴隷桜香・収穫
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード