FC2ブログ
DUGA

熟女奴隷桜香・開花(第2回)

「じゃあ、着物を脱いでもらおうか」
桜香は、えっ?と言う顔で能代を見た。和服の上から縛られるかと思っていた。最初に奴隷Kと一緒に縄を掛けられた時はそうだった。着物姿を縛るのが好きなのかとも思っていた。だが、常にそうではないことを一つ学んだ。縄を掛ける前に、奴隷をどうするかは、多分能代の頭の中には沢山あるのだろう。

「はい」
抗わずに小声で返事をすると、桜香は帯留めを解いた。
じっと見られながら脱ぐのは、やはりまだ恥ずかしかったが、ご主人様が望むならそれに従うのが奴隷‥‥‥と覚悟を決めた。そういう責め方もあったのだ。

着物を脱ぎ長襦袢になった。
「きれいだよ、だけどそれも脱ぐんだ。全部だ。だめだ、後ろを向くんじゃない」
最初から、桜香にとっては強烈な羞恥責めだった。
桜香は能代に見詰められるまま、肌襦袢と一緒に長襦袢を脱ぎ去った。そしてさっと胸を抱えてしまった。
無理やり剥がされるより、自分から脱いでいくのは恥ずかしさが大きい。
「いまさら何やっているんだ。何回も曝しているじゃないか」
「‥‥‥」
桜香は何も言えずに黙って下を向いた。確かに能代の言う通りである。いくら肌を見られたからといって、自分からは出を曝していくのはそれとは違う。

「まだ残っているだろ。最後の一枚を自分でとって、しっかりと見せるんだ」
桜香は覚悟を決めて、腰巻きの紐に手を掛けた。そしてそれを解いたが、やはりその先には進めない。
「もうすっかり緩んでいるだろう。手を離すんだ。最初から鞭が欲しいか」
「それは‥‥‥」
桜香の手が紐から離れると、滑りのよい布は白い肌を伝わるように、その脚元に落ちてしまった。
「ああ‥‥‥」
桜香はそのまましゃがみこみ身を丸めてしまった。そんな桜香をそのままにして能代は縄の束をいくつか持ってきた。

「ほら立って、自分で縄をねだったんじゃないか」
言われて、桜香は立ち上がった。しかし両手は胸と股間を隠していた。
「奴隷は何時も腕を後ろに回しておくんだろう」
「はい」
小さく答えると、桜香はゆっくりと両腕を後ろに回した。白い肌が完全に剥き出しになった。
「無粋なものは穿いていないな。永久脱毛したので、下は完全にツルツルだ」
やや引き締まったとは言っても、柔らかな熟した躯の線が能代の加虐心を刺激する。両腕を背後で深く組ませると、そこに縄を掛け始めた。

能代もSMプレーには経験豊富である。流れるような縄さばきで桜香の肌に縄が巻き付いていく。
「ああ、いい‥‥‥」
締め上げてくる縄の感触、久し振りに肌を噛む刺激、そして縄に抱き締められるような拘束感、そういうものを味わい、桜香は思わず声を出していた。
「そうか、そんなにいいか」
「はい、とってもいい気持ち」
終わった時には、桜香の裸身は縄に絡めとられていた。基本的な後手縛りで乳房の上下を締め上げられて、さらに縦縄で乳房を絞り出され、その縦縄が腰を締め上げてくる。
背後で縄を始末して、その縄尻を持つと、桜香を門型柱の下に立たせて、縄尻を横柱に打ち込まれている金属リングに通して引き、それを縦の柱に括り付けて固定した。緩い吊りである。
「これで倒れることはないな」
桜香は縄に酔ったようにふらついていて、うっかりすると崩れそうである。上半身を折って門型柱に躰を預けて、桜香はうっとりと軽く目を閉じて俯いていた。ただ一つ躰に残った白足袋が、アンバランスなポイントになっている。

能代は桜香の左右の膝の部分を各々縄で縛り、それを縦柱に掛けて引き、桜香の両脚を開いた。腰が落ちて、膝を大きく開かれてしまった。腰高のそんきょに近い形にである。完全に下半身は固定され、股間は思いっきり大きく開いて開いて剥き出しにされてしまった。
桜香はそんな姿勢でもうっとりとした様子で縄に身を任せている。

「そういや、松下先生の所でデルタ地帯を整形して貰ったんだな。見せてもらおうか」
能代が桜香の前に屈みこんで、じっと股間を見つめる。
「恥ずかしい‥‥‥」
「恥ずかしいことなんかあるものか。すっかり若返ったじゃないか」
何をどうされたのか、桜香にもはっきりは分からなかったが、年のために厚ぼったくなってしまった秘唇を整えたのは、外観ですぐに分かった。それを含めて、全体的に若い女性と同じになるようにしたらしい。ただ、桜香も分かっているのは、秘部やその他に幾つかのピアスホールを開けられたことだった。

「そうだ、プレゼントがあったんだ」
そう言うと能代は小さな箱を持ってきた。
「見てごらん、松下病院で開けてもらったピアスホールに付けるピアスだ。ただね、外に付けていくわけじゃないので、デザインはシンプルなセグメント式だ。でも18金で出来ている。白い肌に金色に光って、シンプルでも映えるだろう」
柔らかな内張がされている箱の中には、色々なサイズのリングが入っている。桜香はちらりとそれを見たが、すぐに目を逸らせてしまった。

ノンストップ凌●17
有坂深雪
サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問(中断)
14. 温泉女将奴隷化調教
15. 熟女奴隷桜香・開花
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード