FC2ブログ
DUGA

温泉女将奴隷化調教(第54回・奴隷完成1)

突然桜香の蜜口にバイブが突き刺さった。
「二人だけで良いことをしてるじゃないか」
知らないうちに、男達が戻ってきていた。その時点から桜香も麗華もまた奴隷FとRに引き戻された。
うつ伏せのFの躯に、先端の片側が膨れた電マが、龍天の手で差し込まれていた。
龍天は電マのスイッチを入れて振動させると、さらにこねくり回しながら、抜き差しを始めた。
「あぅ!」

Rの股間からFは離れようとしたが、その頭を川端によって押さえつけられてしまった。
「遠慮することはないよ。このままじっくりRを可愛がってやるんだ」
「ヒィ~~~ああぅ」
Rも男達が戻ったのが分かったが、Fが続けるのを甘受しなくてはならない。そのFも龍天が巧みに操る電マでたちまち追い上げられていった。
龍天は調教師を束ねるベテランである。そんな彼にとっては、Fのような経験が浅く、それなのに究極の絶頂感を知ってしまった熟した女を手玉にとるのはたやすいことだった。

柱に雁字搦めに縛り付けられて、肉芽を吸引されて白目をむいてしまった後に、今度は初めて女同士で愛し合った、というより今愛し合っている最中である。これで今まで味わったことのないレズビアンの世界に引き込まれ、その甘美な魅力に囚われつつある。
二人で愛し合ったとは言っても、今はFがRを責めている。女の肉を苛むといういままで味わったことのない蜜戯に、Fは肉壺の中から強烈な快感が放射状に躯の中に広がってしまった。そんな時に突然無機質な道具で、今度は自分の肉がもてあそばれ始めた。

Fの頭の中は真っ白になり、自分の愉悦に捕らわれてしまった。だが頭をRの秘裂に押し付けられて、口の中には大きく引き伸ばされて勃起してしまったRの肉芽を咥えている。もう何も分からずに、それを強く吸い上げて、舌で舐め上げていた。
「ああぅ、アア~~~ひぃぃーーーーっ!」
Rの口からは大きな叫び声が止まらない。
「ヒ、ヒヒィ~~~だめぇぇ~~イクゥゥ~~~~」
斜めに上に乗っているFの躰を跳ね飛ばすように、躰を大きく反らしてRは絶頂を迎えてしまった。

「イヤァ~~~いくぅ~~~~ヒィ~~~」
Rから跳ね飛ばされたFも、申し合わせたように、アクメの絶叫を迸っていた。
さらに、淫らに開かれたRの秘裂から、これがあの豆粒のような珠かと見間違えるばかりに大きく伸びて勃起したクリトリスが、これ見よがしに露わになっていた。
安城が電マを持ってきてスイッチを入れると、そのクリトリスにそっと当てた。
「ヒィィ~~~~」
絹を裂くような悲鳴とはこれを言うのだろう。そんな凄まじい声を上げると、Rは魚が跳ねるように飛び上がると、天井からの光を反射させて股間から盛大に潮を噴き上げてしまった。

その後、二人の奴隷は共にがっくりと力が抜けて、アクメの後の余韻に沈んでいた。
「ちょっと目を離した隙に二人で勝手なことをやっていて‥‥‥」
「奴隷とはご主人様に奉仕するのが役目だと、特にFには徹底しておこう」
「そうですね、まあ女同士で逝ってしまったようだから、それはそれで一つ進歩でしょう。この延長で責めてみますか」
「そうだな、それがいいだろう。龍天さんと川端さんお願いしよう」
松下が最終的に言って、調教師と縛師が縄の束を持ってきた。
「縄を一度ほどいてやる」
龍天と川端が各々二人の奴隷を抱き起し、後手に縛りあげた縄をほどいた。

「立つんだ」
のろのろと奴隷たちが立ち上がる。
「腕を開け」
二人とも素直に腕を水平に上げて開いた。素直にと言うよりは、まだ二人だけで肌を合わせて没頭した戯れの余韻が残ってるようで、ボーっとしている感じである。
そんなことには構わず、龍天と川端は二人の奴隷の胸に、各々縄を巻き付けた。
「うう~~~むぅ」
縄の刺激と締め付けでFが甘い声を漏らしてしまった。
縄は胸の膨らみの上下に巻き付けられて、乳房を絞り出した。しっかり縛り上げると、背後で縄止めがされた。Fはそれだけで息が荒くなっている。

「抱き合うんだ」
Fは言われたことが理解できない。Rも同じような感じである。
「ほら、こうして躰を合わせて、お互いを抱き締めるんだ。散々肌を合わせていたんだろう」
龍天がFの躰をRの正面に押し付けた。それでRは分かったようで、両腕をFの背後に回してFを抱き締める。それで何を言われたか分かったFも、同じようにRの背に両手を回した。お互いの左腕が右腕の下になって、脇で交差する。ハグをしているような感じである。。
「もっと強く抱くんだ」
安城と能代が二人の背を押して密着させる。完全に躰がくっついてしまった。
「よしいいぞ、安城さんと能代さんはしっかりくっつけておいて下さい」
そう声を掛けると、川端はRの背後にまわったFの両手首を、縄でがっしりと括り合わせた。それに次いで龍天もFの背後でRの手首を縛り上げる。さらに二人はその縄尻を、相手の胸を縛っている縄に絡めて一度縄止めすると、上に引き上げてチェンブロックのフックに掛けた。

プライド狩り
松下紗栄子
サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問(中断)
14. 温泉女将奴隷化調教
15. 熟女奴隷桜香・開花
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード