FC2ブログ
DUGA

温泉女将奴隷化調教(第52回・奴隷W調教8)

「よし、じゃあ次にいくぞ」
龍天がガラスの金魚鉢を二つ持ってきた。直径が20センチくらいあり、上にフリルの付いた球形の昔ながらの金魚鉢である。
「二人で向かい合ってこれに小便をするんだ」
Fは何を言われたのか一瞬理解できず、龍天の顔を見上げた。しかし、Rは防水シートの上に置かれた金魚鉢に、それでも恥ずかしそう膝立ち座りになって跨った。

「ほらFもRと同じようになって、向かい合うんだ」
縛られた躰を捩じって膝立ちになると、Fも金魚鉢を両脚で挟んだ。金魚鉢を股間に挟むと大きく股を広げなければならない。そうすれば秘裂が剥き出しになってしまう。
Fと向かい合ってRも同じ姿だ。Fは思わずそちらに目をやった。
さすがにRも恥ずかしいのか、顔を伏せている。だが、Fの目はその股間の一点に釘付けになってしまった。

Rの秘裂にクリトリスを覆うはずの、三角形の包皮が無い。肉芽がそのまま剥き出しだった。その視線の先に気が付いて安城が言った。
「分かったんだな、Rは皮を切除してもらったんだ」
「いや、言わないで下さい。恥ずかしい‥‥‥」
「それがお前にとってはいいんだろう」
「でも同性の方に見られるのは‥‥‥」
「その恥ずかしい気持ちでも濡れてくるんじゃないか。スカートでショーツも穿かずに教壇に立っているだけでも、感じているんだろう」
「いやぁぁ‥‥‥」

能代が口を挟んだ。
「その内にFも松下先生に整形してもらうよ。Rだけではない。それより小便をするところを見せ合うんだ」
「そんな‥‥‥出来ないわ」
Fは抗った。排尿姿は調教師たちには見られている。だが、同性と向かい合って見せ合うなど、Fには思いも及ばなかった。

Rは恥ずかしそうにしながらも、尿道を緩めた。金魚鉢の中に音を立てて、尿道口から小水が滴り落ち始め、やがて太い水流となって、金魚鉢の底を叩いた。
「あなたも‥‥‥私だけ恥ずかしい思いにさせないで、お願い‥‥‥」
Rの切実な声を聞きFも覚悟を決めて括約筋を緩めた。すぐに尿道口から漏れ始めて、金魚鉢に音を立てて薄黄色い液体が溜まり始めた。
「お願い、見ないで‥‥‥」
Fはそれだけ口にすると、自分も目をつぶって下を向いてしまった。
「だめだよ、お互いにちゃんと見なけりゃ」
能代がFの髪の毛をつかむと顔を持ち上げた。
「痛い!‥‥‥見ますから離して」

RはすでにじっとFの方を見ていた。Fも改めてRの排尿する様に目を向けた。金魚鉢を挟んでいるので秘裂がすっかり剥き出しになってしまっている。その尿道口から小水が噴出しているのが丸見えになっていた。自分も同じ姿をRに見られていると思うと、身が縮む想いだった。
今や二人とも勢い良く排出して、金魚鉢にわずかに黄色い色のついた尿が泡を立てて溜まっていった。

やがてRが最初に終わり、Fも続いて終わった。
「よくやったな、これでFも一つクリアー出来たことになる。お互い見せ合った仲だ、ここで固めの盃をするか」
松下の言葉で龍天がガラス浣腸器を2本持ってきた。それを見てRは松下の言った意味が分かったようだが、Fはここで浣腸をされるのかと恐れた。
「お願いです、こんな所では許して」
「何か勘違いしているようだな、今した小便を飲みあうんだ。さっきご主人様の聖水を飲みほしたので、ほんの真似事でいい」
「そうよ、あなたのお小水を私が飲み、私のお小水をあなたが飲む。これが奴隷同士の固めの盃なの」
Rは経験があるようで、松下に口添えした。Rにそう言われて、Fはうな垂れてしまった。
「各々自分のご主人様にやってもらうか」

能代と安城が龍天から50㏄のガラス浣腸器を受け取ると、能代はRの、安城はFの排出したものを金魚鉢から吸い上げた。
二人の奴隷は、まだ金魚鉢を挟んで股を開いたままで向かい合っている。その口先に浣腸器の嘴管が突き付けられた。
Rは迷わずに安城が突きつけた嘴管を咥えた。Fもそれを見て同じように能代の持つ浣腸器の嘴管を咥えた。
Fの口にRが排出した尿が、ゆっくり注ぎ込まれてくる。まだ生暖かい。Fはもう何回も男達の尿を飲んだことはあるが、なかなか慣れることが出来ない。
今も嘴管から流れ出てくる液体を口の中にいっぱい貯め込んで、それから覚悟を決めたように目をつぶってごくりと喉を鳴らした。
Rは注がれるものを、ごくごくと飲み下している。そうすればむせたりすることもない。分かっていてもFにはまだできない相談だった。
そんな二人の飲み方だったが、50㏄の量は直ぐに飲み干されてしまった。

「Fはまだ訓練しないとだめだが、それでもよくやった。これでFもファンドのマゾ奴隷になった訳だ」
なぜこんなことでファンドの奴隷だと言われるのかFには理解できなかったが、自分がすっかりマゾ奴隷に堕ちてしまったことは、身に染みて分かった。
「二人ともしばらく休んでいろ。俺たちも休憩してくる」
そう言い残すと、尿の残っている金魚鉢をどかすと、松下をはじめとする男達は、全員部屋から出て行った。
FもRも後ろ手に縛られたまま、マットの上に残された。Rは直ぐに横になった。さすがに疲れたのだろう。Fもそれに倣って、Rの脇に横向きに躰を伸ばした。

世界で一番ドM女の変態SEX
小便ゴクゴク!
浣腸ブシャブシャ!
ロウソクどろどろ!
藍川美夏 黒木いくみ
サンプル動画が見られます




元アスリート 縛って強制アナル開発1

サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問(中断)
14. 温泉女将奴隷化調教
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード