FC2ブログ
DUGA

温泉女将奴隷化調教(第48回・奴隷W調教4)

乳房の上にも、無毛の下腹部にも幾本もの鞭跡が盛り上がり、さらにその内の何本かは肌が裂けて血が滲んできていた。
<酷い‥‥‥>
ばら鞭なら紅く腫れ上がるだけで、肌が裂けることはめったになかった。Fには目を背けたい責めだったが、何故か魅入られたように見つめていた。

「脚を開くんだ!」
安城の鋭い声に、Rは自分から股を開いた。無毛の秘裂が曝される。そこを安城の鞭が打ち据えた。
ぱし!
「ぎゃぁぁ~~~」
バシッ‼
「うぎゃぁああぅ」
敏感な所をピンポイントで叩いていく。Rはまるで獣の唸り声のような悲鳴をあげて身をよじるが、決して股を閉じようとはしなかった。さらに打って欲しいとばかりに腰を突き出すほどである。

ぱしんっ!
「ぐわぁぁ~~、いくぅ~~~いくぅぅ~~~」
Rは一声発すると、吊られた縄にすがるようにして、躰を思い切り突っ張らせて、硬直してしまった。次の瞬間にはそれが縄にぶら下がるように弛緩し、同時に痙攣が始まった。
収まってはまた襲ってくる痙攣。しかしそれもやがて収まってきた。痙攣が収まると、Rは失神したように首を折って、縄にぶら下がって動かなくなった。
そこまで見ていて、Fは我知らずに息が弾んできてしまっていた。
「見たか、Rは鞭打たれただけで逝けるんだ。痛みを快感として感じているんだろう。そういうマゾもいるんだ」
能代がFの耳元に囁いた。以前Kにそんなことを教わったが、ここまでとはFは思ってもいなかった。

「お前も感じちゃったのか。息が激しくなってるし、顔も紅くなってるぞ」
松下がしっかり縛られている股間に、無理やり指を差し込んだ。
「やめて下さい、ああだめぇ‥‥‥恥ずかしい」
「やっぱり、潤んじゃってるんじゃないか。能代さん、Fも濡れてきていますよ」
「‥‥‥‥‥‥」
「お客様が盛大に崩壊を曝してくれたんだ。お前もお返しをしなきゃ、申し訳ないだろう」
能代も面白がるようにFをいたぶる。
「そんなこと‥‥‥」
「今日はお前の調教完了のお祝いに、いいものを持ってきてやった。もっと後で使うつもりだったが、今それを味わせてあげよう。ほらこれだよ」
能代が自分のバッグから取り出したのは、いわゆるバイブのような物だった。だが男性の性器を模したようなものではなく、先端がわずかに曲がり、瘤のように盛り上がっていた。
さらにバイブホルダーと言われる革ひもの組み合わせも出してきた。

「このホルダーにこのバイブを取り付けて、自分で楽しむんだ。その姿をRに見て貰え」
「いやぁ」
拒絶しても許されないことは、Fはもうすっかり分かっていた。しかしつい拒絶の言葉が出てしまう。
「川端先生、Fの下半身の縄をほどいて下さい」
川端が腰から下の縄をほどいて、柱から自由にした。とは言ってもウェストはしっかり柱に括りつけられている。Fはただ下半身が柱から離れただけで、柱に括り付けられて、吊り下げられていることには変わりはなかった。
それ以上に、脚が宙に浮いてしまって、だらりとぶら下がったままになり、力が入らなかった。その脚を龍天が大きく開いた。

Rは両腕を上にあげてはいるが、チェンブロックが下げられて、床に横座りになって、Fの方をじっと見ていた。
「いやぁ恥ずかしい‥‥‥」
「同じ奴隷同士だ、お前だってさっきのRの逝きざまを見ただろう。お互い様じゃないか」
能代の指が秘唇を開き、蜜口を剥き出しにした。そこに異形のバイブの先を当てる。
「あぅ、やめてぇ‥‥‥」
「そんなことを言ってると鞭だぞ」
能代が脅しの言葉を口にしたが、Fにしても反抗するつもりは無い。
当然のこととして、Fの抗う言葉は無視されて、ゆっくりと能代がバイブを挿入してきた。

「アア~~~だめぇ、太い、太すぎます」
今までFが呑み込んできたバイブやディルドより頭の部分が大きい。先端だけなのだが、Fには太く感じられた。
「太くはないよ、ほら入ってしまえば大丈夫だろう」
確かに、肉筒の中に挿入されてしまうと、かえってその太い所が刺激を与えてくる。
簡単に奥まで差し込まれてしまった。
能代はそのまま押し込めるように動かさないで支えていた。
「アア~~~」
いつのまにかFの口から、甘いため息にも似た声が漏れた。
「うん、感じてきたのか」
「いやぁ、おっしゃらないで‥‥‥」
確かにそのバイブを呑んでいるだけで、Fは躰が疼いてきた。バイブの瘤がFのスポットを刺激している。

能代がゆっくりと抜き差しし始めた。
「これだけでも感じるだろう。女のツボに合わせて作られているらしい」
「アアゥン、動かさないで‥‥‥だめぇぇ」
「よし、じゃあこれで入れっ放しにしておいてやろう」
能代がバイブから手を離しても、先端の瘤のような物があるために、すぐには抜け落ちてはこなかった。

極限拷問
最上さゆき
サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ : SM
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問(中断)
14. 温泉女将奴隷化調教
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード