FC2ブログ
DUGA

温泉女将奴隷化調教(第36回・調教-鞭の味1)

「よし終わった。龍天さんこんなものでいいですかね」
「いつもながら川端さんの縄は見事だ。必要な縄はきちんと掛かっているが、それにも増して美しい」
龍天は縛り終わったFの背後で、リング状になった縄をつかむと、チェンブロックの下にFを移動させた。そしてそのフックをリング状の縄に掛け、リモコンを操作して少しフックを引き上げた。

その形で吊られると、Fはひとりでに頭が垂れて、腰を突き出してしまった。まさに覚悟が決まった奴隷の風情である。
その姿勢がFを、厳重に縛られて身動きが出来ない、もう何をされても逆らうことは出来なという心理に追い込んでいった。

「今日は口を利く必要はないから、塞いでおく」
すでに手順が決まっているようで、牧村と呼ばれた男が布切れを持ってきていた。
他の男が後ろからFの頭を押さえる。
「口を開けろ」
天龍の声にFはビクッと躰を震わせた。それ程厳しい声だった。その声に命じられると、もうFは抗うことも出来ない。まして、後ろ手にがっしり縛られた身をチェンブロックの鎖に吊るされていては、反抗する気力を無くしていた。

小さく口を開く。
「もっと大きくだ、思いっきり開くんだ」
天竜の声に、思わずFは言われた通りに、思い切って大きく口を開いてしまった。その口に牧村が細長い布の端を押込み、さらに折りたたむようにして、後から後から口の中に押し込んだ。一枚終わると、新しい布を同じように押し込む。さらにまた一枚と‥‥‥Fの口いっぱいになるまで押し込んだ。口から溢れるまで押し込むと、その上に若い男が、真ん中に結び目を作った日本手ぬぐいで猿轡を噛ませた。

「むむぅ‥‥‥」
さらにその上を牧村が豆絞りの日本手ぬぐいで覆った。
「うむ、綺麗だ。猿轡もすればいいってものじゃない。お前たちも腕が上がったな」
頭を押さえられていたのを解放されると、Fはぐったりとうなだれてしまった。それは奴隷として全て身を捧げてしまったようだった。
実際Fはどう抗っても逃れることは出来ないという、その状態を受け入れてしまっていた。
「さすが川端さんの縄と龍天さんの猿轡だ。これだけで奴隷完成と言う感じだな」
「松下先生、これからが調教の始まりですよ。舞台が整っただけです」
「そうだな、能代さんにも頼まれている。完全に奴隷として調教してくれ。俺たちはいったん引き上げる」
「大丈夫だ、任せて下さいよ」
松下と結菜は部屋から出ていった。それをFは心細そうに見送っていた。

牧村ともう一人の若い男がばら鞭を持ってきた。
「最初に奴隷として覚えてもらうのは鞭だ。罰としての鞭じゃなく、快楽の道具としての鞭を、躯に覚え込んでもらう。最初は痛いだけだが、それを我慢するんだ。そうするうちの快感に変わってくる」
Fは奴隷となる決心をする前に、同じことをKから聞いていた。だがそんなことは信じられない。
「むむぅ」
首を左右に振る。
「素質があれば、鞭だけで逝くことが出来る奴隷もいる。今のところお前はそこまでは期待されていないようだが、鞭を味わうことは奴隷の基礎だからな、耐えるんだ」
龍天が言い終わると同時に、ばら鞭の打撃が尻の膨らみに炸裂した。

びしっ!
「むぅっ!」
Fは思わずのけぞって、たたらを踏んだ。吊りには余裕があるので、動くことは出来た。
すかさず第2打が、音を立てて、また尻たぶに衝撃を与えた。
「うっ!」
思わず逃げようとして躰を捻る。Fは足元がふらつき、ぐるりと回転してしまった。そのため、牧村に躰の前が曝される。そこを狙って、すかさず鞭が振るわれた。
バシッ!
無毛の下腹部に一撃が与えられた。
「む、ううっ!」
猿轡に妨げられて、悲鳴すら自由に出せない。
牧村に続いて、直ぐに若い男も背後から攻撃した。

Fは打たれる度に、前後左右によろける。縄で吊られているので倒れることはないが、まるで踊っているようだ。
歳相応に下に脂を蓄えた白い肌が、たちまちの内にばら色に染まってきた。初心者用で房も多く、その房に力が分散するので肌を引き裂くことはない。その痛さは細い鞭のように鋭くはないが、躯の中に染み入るような痛さである。
「むうう~~~」
どちらかの男の鞭がのけぞったFの胸の膨らみを打ち据えた。敏感な二つの珠が攻撃されて、Fはガクッと足を折った。縄に躰が吊られる。それと同時に躰を縛り上げている縄が、肌にぎしっと食い込んできた。

踏ん張ってやっと躰を立て直したが、自由を奪われていて足もとが定まらない。そのふらふらした躰に、鞭の嵐が止まらない。
脚が崩れて何度も立ち直った。だがそれにも限界がある。もうFは縄にぶら下がったままになってしまった。鞭も痛みより躰に響く打撃として感じてしまっていた。
「吊り上げろ」
龍天がチェンブロックのリモコンを受け取っている若い男に声を掛けった。

極限拷問
最上さゆき

サンプル動画が見られます



人造人間ふたたび
-むち打ちBB弾そして電気責めの刑

サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問(中断)
14. 温泉女将奴隷化調教
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード