FC2ブログ
DUGA

温泉女将奴隷化調教(第33回・初めての絶頂2)

頃も良しとばかりに、川端がその指を蜜壺に挿入する。
「ああ‥‥‥っ」
「もうすっかり濡らしたいるな、敏感ないい躯だ」
川端の指がFの膣壁をまさぐる。ゆっくりと何かを確かめるように、うごめいている。
Fは躯の中心を指で貫かれていて、さらに躰は雁字搦めに縛られている。川端の動きを拒むことは全くできなかった。拒むどころか、Fには僅かに甘美な気持ちよさが湧いてきてしまっていた。

「ああ‥‥‥」
口から吐息のような声が漏れ出てしまう。
「吸いつくような肉襞だ。いい道具を持っているんだな」
ぶつぶつと、小さな声で独り言をつぶやきながら、川端の指が動き回る。
「ああぁ、あ~~~~」
Fの口からは声が止まらなくなってしまった。

川端の指が一つのポイントを探った時、まるで肉芽に触れられたような、強い快感がFの躯の中を貫いた。
「ああぅっ!」
大きな声を上げて、思わずFはのけぞっていた。
「ここがFのGスポットか」
川端はいったん指を抜くと、すでに蜜を吐いてぐしょぐしょになっている肉壺に、今度は人差し指と中指を揃えて入れた。そして指の腹で膣壁を柔らかく押す。
「ああぅ~~」
さっき川端に探り出されたポイントを押されると、Fはひとりでに、切羽詰まったような声が出てしまっていた。

二本の指で挟むように刺激してくるので、さっき探られた時より、快感が躯の芯に深く広がってくる。
「どうだ、気持ちいいか」
「きもちいい‥‥‥」
無意識のうちに、Fはおうむ返しに答えていた。
「よし、もっと気持ちよくしてやろう」
川端は1本の指をGスポットにあてがったまま、もう1本をさらに奥に伸ばして、秘筒の中をまさぐった。そこでさらに別のスポットをさぐる。

「あぅっ! だめ、ああぅぅ~~」
突然高まってきた快感にFは躰をくねらせて、大きな声を上げた。それほど、躯全体に愉悦の輪が広がった。
川端の二本の指が、秘筒の敏感なポイントを刺激していた。さらに、ただ触れさせるだけでなく、軽く触れながら擦り始めた。
「ああ、あ~~~、だめぇぇ~~~~」
まるで秘筒は井戸のように淫液を吐き出し、川端の手はびっしょりになってしまった。
「そうだ、感じるんだ。これを覚えて何時でも逝けるようにするんだ」
「ああ、もうやめて‥‥‥イイ、助けてぇ‥‥‥ヒィ~~~」
あられもなく両股を広げて、秘裂を剥き出しにして、Fは悶え続けていた。

「よし、この位にしておくか」
川端は指を抜くと、Fに覆いかぶさり、剥き出しになってしまった秘口に自分の肉塊を収めていった。
「あっ、あ、あうん」
男の肉が秘口を押し開いて、躯に入ってくる‥‥‥とうとう川端とつながってしまった。
さっきは若い男達にアナルを犯されたが、それは強制的に、まさに犯されたのだ。しかし、今の川端はFを愛しむように高みに持ち上げ、その結果として肉体をつないでいる。雁字搦めに縛られて、自由を奪われていても、Fには川端に犯されているという感覚はなく、縄を掛けられた躯で、自らも燃え上がって、川端を迎い入れているような気持だった。

甘い声がとめどなく漏れる。
Fはそんな気持だったが、川端の方は秘術を尽くして、仕事としてFを開発しようとしていた。今まで縛師として何人もの女を縛って、さらにその女たちを開発している。当然のことだが、Fも縛師としての仕事の対象だった。
Fは今まで経験が少ない。昨夜能代と一つになったのが、夫以外の男との初めての経験だった。その時も夫に与えられた以上の快感を得ていたが、いまはまるで種類が違うかのようだ。
もちろん川端に愛情を感じているわけではない。すでに何回も奴隷に堕とされたと、躯に強く刻み付けられていた。いまも、川端と躯をつないでいても、自分は奴隷なんだ、ご主人様に情けを貰っているんだと、心の片隅では思っていた。しかし、川端の巧みな導き方は、そんなことを超えて、Fを追い上げていった。

愛人凌縛
佐山愛
サンプル動画が見られます



サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問(中断)
14. 温泉女将奴隷化調教
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード