FC2ブログ
DUGA

歪んだ正義=家元・香澄(第36回・奴隷K 4)

以前より丸みを増し、柔らかな曲線になったKの下半身が、蔵にしては明るい照明の下に白々と曝されてしまった。
「剥き出しになった肌に、直接鞭をお見舞いしよう。スカートの上からじゃ、物足らなかっただろう」
「お願いです。痛いのはもう許して下さい。他のことなら何でも言う通りにしますから」
「今日は拷問の日だと言っただろう。たっぷりと痛みを味わって、それを好きになり、それで快感を得られるようになるんだ」
「そんなことは無理‥‥‥‥‥‥アア、いやぁ、怖い」
「お前は奴隷なんだ、グズグズ言える立場か」

中本はやにわにばら鞭を振るい、剥き出しにされた豊かな尻の膨らみに炸裂させた。
ビシッ!
「ウッ」
今までもKは鞭の経験はある。しかし、ばら鞭とはいえ肌を直に打たれると、ずしんとした躰の中にまで響く痛みが走る。歯を食いしばってこらえても、声が漏れてしまう。しかし、中本の好みを知り尽くしたKは、下半身には力を入れず、脚は垂れ下がったままである。それは、傍から見ると、どうぞ何とでもしてください、というような風情だった。

恥ずかしさは減ったとはいっても、Kは両脚をピタリと合わせていた。だが最初の一撃で、それも保てなくなってしまった。
バシッ
また尻の膨らみが打たれる。
「ううっ」
Kに出来ることは、ただ耐えるだけである。痛みでは縄で締められるような快感を得られなかった。
今の一撃で脚を閉じていた力も抜けてしまい、脚がやや開いて、股が少し割れてしまった。
さらに、一撃。そしてまた‥‥‥‥‥

中本は肌に弾ける鞭の音に酔いしれたか、段々と間隔が短くなり、強くなってきた。振りかぶって一振りずつではなく、往復で鞭を振るい始めていた。

すでに、Kの白い肌は、いたる所ピンク色に染まってしまっていた。
鞭の反動で躰が回転するので、尻の膨らみだけでなく、太股も鞭跡が増えていく。
バシッ! バシッ!‥‥‥‥‥‥
「うう~~~~~」
バシンッ!
「あ、アゥゥ~~」
歯を食いしばっていても、Kの口からは打たれる度に、うめき声がどうしても漏れてしまう。だがそれが中本を刺激し、ますますエスカレートしていくことに、Kは気付いていない。

「ハッ、ハァ~~~」
徐々にうめき声が小さくなり、呼吸が激しくなってきた。
ばら鞭とは言っても、肌にみみず腫れが幾筋かできている。
「それ、くらえ!」
大きく振りかぶって、スナップの利いた鞭が、すでに真っ赤に腫れ上がった尻たぶに炸裂した。
「ぎゃぁ~~~」

それからどれくらい鞭うたれたろう。Kを吊っている重量は、躰を縛った幾本かの縄に分散されているが、それでも胸を圧迫して呼吸が妨げられる。
呼吸が制限されていることで、徐々に脳に回る酸素が減ってきているのだろうか。それに加えて絶え間ない鞭の痛み。それらが相まってKの頭の中はぼうっとしてきてしまった。ただKにはそれが不快ではなく、鞭うたれる度にスゥっと躰の中から何かが抜けていく、そんな気持だった。
そんな状態の所に、鞭が股間に当たった。あえてそこを狙ったわけではなかったが、たまたま股が開いた時に、鞭がそこに向かってしまった。
「ギェッ~~」
今まで力を抜いてだらりと吊り下がっていたKの躰が大きく跳ね、その後完全に力が抜けてしまった。

「気を失ってしまったのか」
今までもそういうことがあったので、中本は慌てなかったが、それでもそれが限界だと分かっていた。
チェンブロックを移動し、Kの躰を大きく敷かれているマットレスの上へ降ろし拘束をといた。
Kが失神していた時間はごくわずかで、縄を解かれた頃には目覚めていた。しかし、それでもぼーっとしていて、自分で動くことは出来なかった。

ぐったりしているKから、中本はブラウスを脱がせた。下着を着けていないので、それだけでKは全裸になってしまう。しかし彼女は抗うこともなく、中本のなすがままにまかせていた。
この土蔵は、裸になっても寒くないように、温泉の熱で温められている。
中本は裸にしたKをマットレスの上に横にした。そして、鞭うたれて赤くなっている下半身に軟膏を塗り始めた。それはKの肌を愛撫するような、優しい手つきだ。Kは火照った肌に軟膏が浸み込んでいくような感じと、愛撫されているような心地よさにうっとりしてきてしまった。




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問(中断)
14. 温泉女将奴隷化調教
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード