FC2ブログ
DUGA

歪んだ正義=家元・香澄(第35回・奴隷K 3)

上半身を折ってぐったりしているKの躰が引き起こされる。ガラガラと鎖が巻き上げられる不気味な音と共に、否応なくKの上半身は伸びきり、よろめきながら立ち上がった。チェンブロックは一定の速度で容赦なくKの躰に掛かったフックをを引きあげていく。立ち上がったKの躰は、たちまち伸びきってしまった。
「ああっ」
強制的に立たされて、Kはよろめきたたらを踏んだ。やっと踏みとどまったが、さらに引きあげられて、つま先立ちになってしまった。

しかし、その状態も長くは続かなかった。
「あっ!」
Kの声と共に、足先がマットレスの上から離れて、Kの躰は宙に浮いてしまった。ゆらりとひと揺れし、宙吊りになった躰がゆっくりと回転した。やや前かがみになって、Kは徐々に引き上げられていく。
自分の体重で、グッと締まった縄が、躰に食い込んでくる。中本がこの吊りを考えて縛ったため、その縄の食い込みが、躰を痛めることはない。だがさらに厳しい拘束感を味わって、Kは、思わずため息をつくような声を漏らしていた。
「アア~~~」
マットレスから離れてた足先もだらりと垂れ下がり、目を閉じてうっとりとその拘束感を味わうかのようだった。

「気持ちいいか」
中本はチェンブロックの動きを止めると、Kの顔を覗き込んで声を掛けた。
「はい‥‥‥」
最近のKは、縄で身を縛られ、厳しく拘束されると、すぐに縄に酔ったようになってしまう。ここ何回かの中本との逢瀬で、さらにその傾向が増してしまった。
「お前は縄で縛られるのが本当に好きだな。それだけで躯を濡らしてしまうほどだ。だけど、今日はお前の一番苦手な苦痛を与えてやる。徹底して拷問してやるから覚悟するんだ」
「お願いです、それは許して下さい」
「駄目だ、奴隷は何でも受け入れるんだ」
「ああ‥‥‥」

Kは疼痛には弱かった。最初のうちは羞恥心が強かったが、何回も中本に肌を晒し、一番恥ずかしい所も見られ、さらにそこをいたぶられたためか、段々と恥ずかしさが少なくなってきてしまっていた。
「まず鞭からだ」
ここにKを追い込んだばら鞭を取り上げると、振りかぶって宙吊りになっている尻の膨らみを打ち据えた。中本は鞭の扱いも練習していた。そのため、以前よりも強い打撃をKに与えた。スカートの上からだったが、躰にずんと響く痛みがKを襲った。
「うっ!」
鈍い痛みが躯に浸み込む。しかし、Kはもがくこともなく耐えていた。どう抗っても逃れられないことは、Kには分かっていた。
ゆっくり回転するKの躰を狙って、中本の鞭が炸裂する。
「ウッ!」
肌を切り裂くような痛みではないが、歯を食いしばっても、思わずKの口からは声が漏れる。今のKにとっては、ただ耐えること以外には、なすすべはなかった。

スカートからはだらりと垂れ下がった足先が覗いている。後ろ手に縛り上げられて吊られている拘束感を味わって、Kは鞭の苦痛を少しでも和らげようとしているように見えた。
そんなKにお構いなく、中本のばら鞭は容赦なくKの躰にふりそそいだ。
「スカートの上からじゃ感じないだろう」
「そんなことはありません」
「駄目だな、今日は徹底的に拷問してやる。スカートを脱いで直接鞭を当ててあげよう」
中本がスカートのフックを外し、ファスナーを引き下げた。それだけで、Kのロングスカートは、自重で足先から抜けていった。それでも、Kは足を動かさずに、だらりと下げたままだった。吊られている時は、脚の力を抜いて、両足が力なく垂れ下がっているのが、中本の好みだ。Kはそれをよく知っている。奴隷として自然にご主人様の好みに合わせていた。

スカートの下は何も着けていないことは、座敷で確認されている。ここへ来る時は、ブラジャーはもちろん、ショーツも穿くことも許されなかった。当然ストッキングもない。形の良い脚が剥き出しになって、だらりと垂れ下がっていた。
スカートを脱がされて、下半身が晒されてしまっても、Kは以前ほど恥ずかしさに苛まれることもなかった。
中本はブラウスの裾をたくし上げて腰まで剥き出しにし、その裾を後ろ手に縛り上げている縄に挟み込んだ。




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12・歪んだ正義=家元・香澄
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード