FC2ブログ
DUGA

歪んだ正義=若妻・麗華(第5回・初めての鞭)


縛師の川端と金山が腕を引っ張っている縄をほどいた。福田が上半身を抱き起して支える。そのぐったりした腕を背後に回すと、川端が手際よく後手に縛り上げていった。
脚は大きく開かれたままで、紅い股間を曝していた。その秘裂からは俺が射込んだ白濁した液がどろりと流れ出してきた。
俺は川端が縛り上げている間に身仕舞を済ますと、麗華の足の縛めも解いた。だがその時にはがっしりと後ろ手に縛られて、麗華は自由を奪われてしまっていた。

「立つんだ」
川端が後ろ手に縛った縄尻を引き上げた。上半身は胸の膨らみの上下、腰に縄をまわされて、それらを背後から首の両側を通って回された縦縄が、しっかりとつないでいた。俺達も麗華の躰を抱きかかえて立たせた。しかし、立て続けに二回も絶頂を曝すようなアクメを味あわされて、彼女は手を離すと倒れてしまいそうである。川端がそれを防ぐようにしっかりと縄尻を保持していた。
「さあ、そろそろ日も傾いてきた。いくら夏だといっても、外で素っ裸じゃ風邪を引いちゃうかもしれない。家に入るんだ」
「この道を戻って行けば家に行ける。自分で歩いていくんだ」
「いやぁ~~~動けない‥‥‥」
麗華は両脚をピタリとつけて、恥ずかしい所を少しでも隠そうとしている。それでは歩けないだろう。哀れな声を出して、背後にいる我々を振り返った。
その時には道具小屋から金山がバラ鞭を持ってきた。
「言うことを聞かないと痛い目に遭うぞ」
俺は金山から鞭を受け取ると、崩れそうに前屈みになって突き出された豊かな尻たぶに鞭を振るった。
「キィ~~ッ!」
突然の激痛に、麗華が悲鳴を上げてよろめきながら数歩前に進んだ。

「歩けるじゃないか」
「ほら歩くんだ!」
また鞭が尻たぶを打ち据えた。
「打たないで、歩きます‥‥‥」
麗華はよろめきながら歩き始めた。だが、鞭は歩かせるのが目的ではない。鞭の痛さを初めて肌に覚えさせるためだ。歩いても、鞭が止まることはない。バシバシと鋭い音が麗華の肌の上に響く。
久美とはひと回り位年が離れている。久美の豊かな臀部と比べると、まだ脂はそれほど付いていず引き締ってはいるが、30歳の女の尻である。男に比べれば、豊かに膨らんで、鞭が喰い込む。
たちまちの内に紅く染まってきた。

はだしで土の上を歩かされているが、柔らかな短い草が覆っているし、石ころなど無いように整地してあるので、足を傷つける気遣いは無かった。
「ほら、ちゃんと歩くんだ」
全裸で縛られて歩かされている。恥ずかしい所を隠そうと股を合わせて、ヨチヨチと歩く上、両腕が自由にならないので、体のバランスはとりにくい。右へ左へとよろめきながらやっと歩く麗華の尻に、俺は立て続けに鞭を振るった。
「アア、アア~~~~ゥ」
川端が縄尻を引っ張り、倒れるのを防ぐのと同時に、前へ進むように誘導する。
それでもビシバシとバラ鞭が後ろから追い立てる。
「いやぁ、歩きますから鞭はやめて‥‥‥」
そう哀願した直ぐ後に、足をもつれさせてよろめく。その躰を川端が引き綱を引いて支えた。

「ほら、あと少しだ、しっかり歩け」
福田が先に行き玄関のドアを開いて待つ。そこへまるで家畜を追い込むように、麗華を追い立てていった。
「その階段を降りるんだ」
昨日久美を運び込んだ階段に麗華を導き、また鞭を当てる。
後手に縛られて不安定な躰で、麗華はゆっくりと降りて行った。もう脚を合わせている余裕も無いし、抗ってもどうしようもないことを悟ったようだ。

地下の南側のカーテンは閉めておいた。四本の柱の間に角材が渡してある。そうすると十字架を立てたように使える。そこに閉まっているカーテンを背にして、全裸の久美が大の字で磔にされていた。
脚は床には着いているが、磔柱の両側の柱に足首を縄で引かれて、股間が開いていた。床には丁度久美の秘裂の真下にバケツが置いてある。今は珍しくなったブリキのバケツである。
天井には煌々と明かりが灯り、久美の白い躰を浮き上がらせていた。そして、その白い躰は、両腕は柱に取り付けられた横棒に幾重にも括り付けられ、躰も柱にしっかりと縛りつけられて、大きく無毛の裸体を開いていた。長い時間縛り付けられていたので、久美は疲れはてたのか、がっくりとうなだれていた。




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


テーマ : SM
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12・歪んだ正義=家元・香澄
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード