FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。

海外発・優良サイト(有料)のご紹介

















「やっぱりここも生えているな」
彼の手がアナルの周りに伸びた頃には、微妙な所に触れてくる彼の指に刺激されて、彼女は荒い息をついてしまっていた。
<そんなとこまで‥‥‥>
恥ずかしさは頂点に達している。その羞恥心が躯を刺激し淫液が溢れるばかりになってしまった。
彼はアナルの周りまで丁寧に剃り終わると、蒸しタオルをビニールの包装を破いて取り出し、シェービングクリームを丁寧にふき取った。そして、剃り跡を丹念に見て、数本の剃り残しに剃刀を当てた。

その後猿轡の縄をとくと、口の中から唾液でぐっしょりになってしまったショーツを引っ張り出して、剃毛の道具の載ったトレイの上に置いた。
「さあ終わった、それにしても綺麗なヴァギナだね」
彼の指が剃った跡を愛おしそうに撫でた。
「あああぅ~~ダメ、アアァ~~~」
剃られている間に彼の手が微妙に触れて、彼女のそこは敏感になってしまっていた。それを百も承知のように、彼の指が秘唇を開く。その奥で鮮紅色の粘膜を光らせている所へ、そっと指を伸ばした。

「剃られただけですっかり濡らしてしまっているのか」
「いやぁ~~恥ずかしい、そんなこと言わないで」
「ほら、躰を起こしてみてごらん」
彼が背中を支えて、後手縛りの上半身を起こす。彼女の目にはそれだけで、飾り毛を失ってしまった下腹部がすっかり見え、その下の秘裂までも目に入る。
「恥ずかしい~~~~」
すっかり熟した躰が無毛にされたアンバランスな有様、そして潤んでしまって淫液で光っている鮮紅色の粘膜‥‥‥彼女は耐え切れずに目をつぶって横を向いてしまった。しかし、その間にも、自由の効かない身で、恥ずかしい思いをされていることで、ますます躯が燃えてきてしまっていることに戸惑いも感じていた。

「そうか、見たくないか」
彼はまた仰向けに彼女の上半身を倒すと、口を割れ目に近づけた。そして、舌の先で秘唇の間の粘膜を丁寧に愛撫し始めた。
「ウウウ~~~」
たまらず彼女の口から声が漏れる。彼はその状態で自分の着ている物を脱ぎ去ると、彼女の上に、彼女と反対の向きで覆いかぶさってきた。手で体を支えているので、彼女に彼の体重がもろに掛ることはないが、彼女の顔の上に彼の下半身が覆いかぶさってしまった。
彼の口は彼女の割目に当たり、舌が蜜口の淵から、三角形の莢で覆われている敏感な尖りまで嬲り始めていた。それと同時に彼女の顔の上にかぶさった下半身の物も力を得てくる。
彼の舌で刺激されて、快感が躯中に放射され始めてしまった彼女は、なかば無意識の内に突き出してきた彼の肉棒を口に含んでいた。

「よし、それでいい、舌と唇を使って丁寧に舐めるんだ」
「ムグムグ‥‥‥」
今まで、そんなことをしたことは無かった。そういうことはもちろんビデオやその他で知ってはいたが、夫はそれを求めたことは無かった。
彼女は見よう見まねで口の中のものに舌を絡ませたり、頬の内側の粘膜に擦り付けたりして刺激してみた。
「いいぞ、その調子だ」
彼の方も舌先で包皮を剥きあげる。既にかなり勃起してしまった敏感な小さな尖りは、簡単に顔を出してしまった。そこに彼の舌が触れる。それだけで痛みにも似た激しい刺激が彼女の躯に走った。思わず口に含んでいたものを出してしまった。
「アッ、アア、アゥゥ~~~~」
大きな声が口から洩れて、躰がガクンと動く。今まで感じたことの無い快感と言うより刺激であった。
彼はその珠を内に含むと、舌で嬲り、歯で甘噛みをしたりして、彼女が強烈な刺激で苦しむのを楽しむ様に弄んだ。そうしながら躯の重なりをとき、珠から口を離すと、彼女の口の中ですっかり力を得た肉棒を、もう吐き出した淫液でヌルヌルになっている彼女の密口に当てると、腰を推し進めた。毛を失ってあからさまにされて、その上大きく開いて縛られている彼女の躯に自分が侵入してゆく様子を、彼は体を起こしてじっくりと眺めていた。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード