FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。

海外発・優良サイト(有料)のご紹介

















その痙攣がまだ収まらない内に、二番目の男が今仕事を終えた男と入れ替わった。
舞子の蜜口はその名のように自分で吐き出した淫液を垂れ流し、さらに同時に男に射込まれた白濁した汚濁も垂れ流していた。しかし、二番目の男は棍棒の先端を、そんな蜜口に合わせた。
「もういや、許して‥‥‥許して下さい」
「すっかりいい気持になっちゃっただろう。でももっといい気持にして、極楽を味あわせてやろうというんだ。いいか、何人もの男を受け入れて、その度に逝き、男を満足させなきゃならないんだ。そして、それが奴隷としての性にならなきゃ駄目なんだ」
「そうさ、色々なもので苦しみ、それが快楽に繋がらなきゃ奴隷とは言えないな」
「そんな‥‥‥イヤァァ~~~」
「まだ分からないようだな、錘を追加するか」
山本が鉛の錘をぶら下げた紐を、乳首のピアスに追加した。
「アア、許して。痛い!千切れちゃう‥‥‥」

その間に、二番目の男が棍棒を舞子の中に詰め込み始めた。既にすっかり濡れそぼり、その上最初の男のスペルマまで残っているので、ヌルヌルになっている。以前川本の太いものも、最初の男の金棒も受け入れている舞子の肉筒である。この男の棍棒も、多少の抵抗はあったものの、すっかり呑み込んでしまった。
「アアァ~~~」
また、肉壺をすっかり満たされて、前にも増した充満感に、舞子は絶望のため息なのか、期待の悦びの声なの分からない呻き声を漏らしていた。
男の動きは一人一人で違う。今度の男はすっかり収めきると抽送も、舞子をゆすることもせず、腰を使い始めた。それに従って舞子の中を満たしているものがくねり始めた。
肉洞の壁を尖ったカリで擦られて刺激されるのとはまた違った感覚が舞子を襲う。まるで躯の中を愛撫されているようである。強烈な刺激が襲う訳ではないが、とても気持ちがいい。追い上げられるよりも、泉が湧くように快感が滲み出てくる。

舞子は自分の躯が、さっきよりも大量に蜜を吐き出し始めていることを感じた。
「ああ~~いい‥‥‥気持ちいい」
敏感な珠を、無機質な道具で刺激されるような刺激的な快感ではない。滲み出てくる快感が、躯をやんわりと包んでくるようである。いつの間にかそれに包まれて、胸を引き千切られるような痛みも、鼻を捲られるような痛みも忘れてしまっていた。というよりその痛みも快感に包み込まれてしまっているのではないかと舞子には思われた。
吊られている縄の拘束感、息苦しさ‥‥‥そういうものも包み込まれているようだ。しかし、実際には男の腰の動きで、舞子は幻覚を与えられているのかも知れない。麻薬とはいわないが、媚薬を飲まされてしまったようなものである。

「アアウン~~アゥ~~~」
前と違って、まるで甘えるような声がひとりでに舞子の口から洩れてきた。ゆったりした愉悦の高まりだが、それは確実に舞子の中に溜まってくる。
「どうだい、気持ちいいだろう」
「きもち‥‥‥いい‥‥‥アアンン~~」
男はそうやって動いている内に、舞子の躯の中の構造を探りつくしたようである。的確に敏感なポイントを攻め始めた。柔らかく包んでいた快感が、急激に舞子を締め付けてきた。それと同時に躯の中からも、まるで動物が発情したかのような欲望が膨らんでくる。舞子は初めて自分から悶え始めていた。

「アアイヤァァ~~~どうかなっちゃう‥‥‥」
妖しい戦慄が躯の中に走り、興奮で息がせわしくなる。
「もっと、もっと強く‥‥‥‥‥‥アア、気持ちいい‥‥‥アア~~~ン」
激しい火の玉ではなく、躯全体に行き渡る様な戦慄が走る。
男はすでに抽送を始め、舞子の腰を両側からしっかりつかむと前後にゆすり始めていた。
その刺激が舞子をさらに追い上げて行く。舞子はもう耐えられない。躯が勝手に高みに登っていってしまう。
「ヒィ~~~、だめ、もう‥‥‥」
「逝くか、逝くのか」
「いくぅぅ~~~~いきますぅぅ~~~~ああ、アゥゥッ」
「まだ駄目だ、こらえるんだ」
「‥‥‥」
そんなことを言われても、舞子は耐える方法など知らない。どんどん躯が燃え上がってきてしまう。
「イッ!イクゥ~~~~~~お願い、もう駄目、逝かせて‥‥‥イヤァァァ~~~~アア~~~」
その声と同時に男もピッチを上げた。
躯の中に膨らんだ今まで感じたことの無いような絶頂感が大きく弾けて、舞子はスーッと目の前が白い光に包まれてしまった。
それに合わせるかのように、男は脈動していた棍棒から、熱い大量の白濁液を、舞子の躯の中に浴びせかけた。
舞子は躯を震わせて、その液を受け入れていたが、意識は殆ど飛んでしまっていた。

男は仕事の終わった自分の分身を引き抜こうとした。すっかり意識を失い、縄で吊り下がっているだけの舞子だったが、肉襞はしっかりと男の棍棒を咥え込んだままだった。
「凄いな、今まで何人も調教してきたが、まれに見る逸品だ。締め付けて離さないよ」
そう言いながらも、舞子の腰を押えて抜き出した。その後から未練がましく、大量に吐き出された淫液と男の放出した白濁液が糸を引くようについてきた。そしてだらりと床に垂れてそこを汚した。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード