FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。












吉田は潤滑ゼリーのチューブを取り上げると、すでに口をすぼめた舞子の菊座にたっぷりと絞り出した。
「アッ!」
今まで白沢の指で嬲られて火照ったようになっていた所に、急に冷たいものが触れて一瞬声が出てしまったが、それが潤滑ゼリーだと、もう舞子は十分承知をしていた。
さらに吉田は自分の、かなり力を得た肉棒にもゼリーをたっぷりまぶして、片手でしごき始めた。もう片方の手の指は、舞子の菊座に絞り出したゼリーを丹念にまぶし、さらに指を挿し込んで中にまでゼリーを行き渡らせた。
直ぐに吉田の肉棒は、剛棒と化して弓なりに反りかえってきた。その剛棒に片手を添えると、舞子の後ろに躰を回り込ませ、その先端を指で開いた菊座の真ん中に当てた。

「アア、イヤァ~~~」
舞子は悲鳴を上げたが、そんなものは何も役に立たないことは自分でも分かっている。しかし、声を押えることは出来なかった。
吉田は若いとはいえ、何回も経験がある。先端をゆっくり沈め始めた。既に由香に拡張されて、その後山本に貫かれた肛門は、昨日のように引き裂かれるような痛みはないが、ギリギリに開いて、吉田の剛棒の先端を呑み込んでいった。
「うむ、やはりまだ硬いな。しかし、この締まり具合がいい」
「そうだろう、吉田もじっくりと味わうんだな」
最初に白沢の指で開かれて、その上潤滑ゼリーでヌルヌルになっている肛門は、やがてツルンと言う感じで、吉田の先端を直腸に呑み込んでしまった。しかし、開き切った菊座は、その皺が完全に伸び切り、吉田の剛棒の竿を咥え込んでいた。

さらに潤滑ゼリーを追加すると、吉田は一気に押し込んでいった。
「アア~~~」
殆ど痛みは無かったが、昨日と同じように、あらぬ所に太いものが差し込まれている違和感。
舞子は力んでそれを押し出そうとしたが、もちろん何の役にも立たなかった。逆に、一息入れると吉田が腰を微妙に動かし始めた。
昨日の山本と違い、ただ抜き差しをするのではなく、小刻みに前後に動かす。先端は直腸の中に入り込んでいるが、竿の部分が肛門の粘膜を微妙に刺激することになる。潤滑ゼリーがたっぷり塗られているので、その動きは滑らかに粘膜を擦る。さらに、直腸の中のカリ首が、直腸と肛門の境目で、肛門を内部から押し付けてくる。大腸自体には神経は無いが、肛門の周りや、その内部周辺には神経が集まっていて、それが刺激されて異様な感覚を舞子の躯に与える。

更に、吉田の先端が直腸壁を擦り上げてきた。直腸壁は粘膜一枚で、舞子の敏感な筒と隣り合っている。直腸壁を中から擦り上げられると、その刺激が肉筒にも伝わり、そこからも快感が湧きあがって来てしまう。
アナルと直腸からの感覚に舞子は戸惑うと同時に、じれったさも感じ始めてしまっていた。
自分の手で抱えている脚を動かして、僅かに湧き上がってきた快感を追い求めるように舞子は蠢き始めたしまった。
「よし、感じ始めたな。吉田、遠慮なく責め上げてやれ」
吉田の動きが大きくなってきた。肛門の快感も徐々に高まってきた。それと同時に直腸を刺激する位置が少しずつ動いて行く。

突然、秘筒の中の快感が高まった。それは我慢できない程の強い刺激だった。
「アッ、ダメ」
舞子の腰が無意識の内にガクンと動く。
「よしポイントに当たったな」
吉田は独りごとをつぶやくと、そこを中心に、まるで円を描くように腰を動かしていった。そのため、肛門を貫いている部分も、微妙な動きになり、益々アナル自身の快感も高まってきた。
「アア、アアア~~~アア、アゥ―――」
舞子の声が止まらなくなってしまった。
見捨てられたように上を向いている秘口もアナルからの刺激を受けてか、あからさまに口を開き、そこからじくじくと淫液が溢れ出てきた。
<お尻の穴で、気持ちよくなるなんて‥‥‥そんなはしたないことを>
舞子は耐えようとするが、肉壺を犯されるのとはまた変わった快感が、次から次へと湧き上がって来てしまった。

「いやぁぁ~~~逝っちゃうぅぅ」
「いいぞ、ケツの穴で思い切って逝ってみろ。初めてのアナルアクメだ、病み付きになるぞ」
脇から白沢がけしかける。
「いい、この女、良く締まる。俺の方が我慢できない」
若い吉田はプロなのに舞子のアナルに耐えられなくなってしまったようだ。
「いやぁ~~~」
「ウウ‥‥‥」
一声唸ると吉田は思いきり腰を押し込んだ。肛門を貫く竿がぐっと太くなり、ビクビクと脈打つ。
大腸には神経が無いといっても、若い吉田が熱い飛沫を大量に大腸の中に吐き出したのは、舞子にも気配で分かった。

「ひぃー――」
躯を貫く痙攣が走った。しかし、かって山本達に嬲られたり、犯されたりして得られた、あの意識が飛ぶ様な絶頂感は得られなかった。
「なんだ吉田、もう終わっちゃったのか。35号は完全に逝ってないぞ」
面目なさそうに、吉田は舞子を貫いたものを引き抜いた。ポッカリと開いたアナルの穴から、吉田の肉棒の先端に纏わり付くように白いものが糸を引いたが、吉田は全て直腸の中に放出してしまったのか、それ以上溢れてくることは無かった。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト


管理者にだけ表示を許可する


// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード