fc2ブログ

淫虐調教別荘(20)女子大生 香菜(20)

「もうたまんない、倉橋さん、俺も………」
口をなぶっていた肉棒を抜き出すと、百谷が安田と入れ替わって、アナルの上で空しく蜜を溢れさせている剥き身貝の口に、その先端を差し込んだ。
香菜の唾液ですでにぬるぬるになっている肉棒の先端は、何の抵抗もなく蜜口を押し開くと、快楽の筒の中に没していった。
「アアッゥゥ~~」
百谷にそこを埋められ、アナルで刺激された快感が更に高まった香菜は、動かないながらも身を反らしてうめいた。

若い百谷は、すでに香菜の口でかなり高まってしまっている。心ならずもすっかり潤って迎える準備が出来てしまっていた香菜の肉に包まれると、気が狂ったように腰を動かした。
「アッ、アア、アァァ~~」
香菜もアナルを犯されて腸を焼かれた感覚に、若い百谷のむちゃくちゃではあるが、激しく力強い抜き差しが重なって、瞬く間に下半身が燃え上がり、腰から全身へ震えるような快感が広がっていった。頭の中にまで白い光で満たされてしまた。
「ア~~~」
開口を強制された猿轡を通して、快感の絶頂が訪れてくるのに合わせて、恥ずかしげもなく大きな声を上げ始めた。

「ううおっ!」
百谷のほうも香菜の筒が締め上げるのに耐え切れず、どばっとばかりに子宮口に白い汚濁を浴びせ掛けていた。それも波打つように何度も繰り返して汚していく。
香菜の頭の中を満たしていた光が、一気に爆発して、香菜は絶頂に達してしまった。
香菜のアナルもひっそりと口を閉じていたが、肉筒の刺激で安田に射込まれたスペルマをまた垂れ流し始めていた。
「アアア~~~~、アアァ………」
何回も激しい痙攣を繰り返すと、香菜の躯からがっくりと力が抜けてしまった。
百谷がすっかり満足した肉塊を引き抜いても、香菜のぐったりした躯の表面に、思い出したように痙攣が走っていた。

全ての拘束を解かれ、猿轡を外されても、香菜は躰に力が入らず動けなかった。
両脇から修司と安田に抱きかかえられて立つと、引きずられるようにしてバスルームへ連れて行かれた。その間も、若い百谷が大量に吐き出した白い精が蜜口から流れ出し、更にもう口を閉じたはずの菊座からも、まだ白いしたたりがやまず、香菜の太腿を汚していた。
百谷は二人の男に引きずられてゆく香菜の後から、今まで香菜が仰向けに寝かされていた台を抱え上げて付いていく。

「よし、そこへ置け」
バスルームの広い洗い場へ百谷が持ってきた台を置くと、修司と安田はまた仰向けに香菜を横たえた。今度は手足の枷についているリングを、台の4本の脚についているリングに直接繋ぐ。香菜はまた大きく脚を開いて、自由を奪われてしまった。
そして、昨夜と同じようにその体にシャワーから湯を降りかけられて、ボディーシャンプーを塗りたくられ、スポンジでまるで動物を扱うように洗われた。
その洗い方は、体だろうが、胸だろうが、あるいは敏感な秘所だろうがお構いなく、同じように手荒く洗っていく。

「よし、こっち方は綺麗になった。それにしても昨日から色々と頑張ってきたな。とりあえず第一段階の調教の仕上げにご褒美を上げよう」
「もう、許して。これ以上虐めないで」
「虐めてなんかいないだろう。今まで知らなかった気持ちのいいことを随分教えてあげたはずだ。完全に男に尽くせるようになるには、まだまだやることはある。やっと最初の調教が済んだだけだぞ。もっと苦痛にも耐え、男を悦ばせることを学ばなければ、奴隷とはいえないんだ。その最初が終った印とご褒美に、ここの毛を剃る」
「えっ?」
「自分でちゃんとビギニラインの手入れはしているじゃないか。レーザー脱毛で毛根まで綺麗になっている。その残っているものも剃って、完全に綺麗にしてやろうというのだ。」
「そんなこと、止めて下さい。そんなことされたら………」
「いずれは、全部永久脱毛してやるが、ここでは専門家もいないので無理だ。とりあえず剃っておくだけにしておいてやるから、いずれまた生えてくるさ」

すでに、百谷がシェービングクリームを、形よく残っている香菜の漆黒の茂みにスプレーした。その泡を毛に塗すと、修司が西洋剃刀の刃を立てた。
毛を摘まんで上に引き、その根元に剃刀を当てる。
長い陰毛はただ剃るだけでは、寝てしまって剃刀ではうまく剃れない。修司はこんなことに慣れているらしく、手際よく根元から削いでいき、たちまちの内にあらかた剃りあがってしまった。
更に、その後もう一度皮膚を引っ張るようにして、肌の中に残った毛を逆立てて深剃りしてゆく。
それが終って、シャワーを吹き付けられて残った泡を流し去ると、香菜の秘丘は青白い肌を曝されてしまった。

「さあ、終ったぞ」
一旦戒めが解かれると、今度はうつ伏せにされて、もう一度躯を洗われた。
終ってから洗面所へ戻り、香菜は鏡に映った自分の姿を見せられた。下腹部は子供のようにツルツルで、一条の深い切れ込みが股間に走っているのがあからさまになっていた。
「………・」
言葉を発することも出来なかった。

部屋に戻っても、香菜はぐったりとベッドに横たわったままだった。肉体的な疲労と精神的なショックで、身動きする元気もなかった。
三人の男たちは手分けをして、香菜の両手足の革枷を全て外した。
「手をグーに握るんだ」
修司に言われて、素直に香菜はグーに握った。その手をボールを半分に切ったようなものに収める。それは強化プラスチックで出来ていて、手首にベルトで固定された。さらにその半円球に、ぴったりと反対側の半円球が合わさって、球体の中にグーに握った手が包み込まれてしまった。
反対側の手も同じように球の中に収められた。
さらにベッドに仰向けにされて、昨夜と同じように、おむつで下半身を包まれてしまった。
球体の中に手を入られては、拘束されていなくても、香菜はおむつを外すことはおろか、ほとんど何も出来なかった。

「さて、腹も空いたろう。昼飯抜きだったからな。これを食べて、今日はゆっくり休め」
床に、今朝と同じように食器に入れた食事を置いて、男たちは部屋を出て行った。
両手はツルツルの硬いボールで包まれている。食器を持ち上げることも出来ず、香菜は仕方なく床にひざまずいて、おむつで包まれた腰を上げて食事を食べ始めた。





ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.縄に堕ちて
2.熟女人妻奴隷調教
3.禁断の館第1話未経験の女
4.禁断の館第2話未亡人再調教
5.淫狼の生贄
6.淫虐調教別荘
7.HOS・奴隷達の館
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

フェチのオカズ

人妻のよろめき

人妻・熟女の不倫実話と創作官能小説専門ブログ 元ヤン知佳の美貌録

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

緊★縛エロチカ★

SM + 虐 待 & 拷 問

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

若狭と雫(全頭マスクの女)
RSSフィード