fc2ブログ

淫狼の生贄 第74回 未亡人再び(6)

軽く指先で撫でられて、怜子はハァ~~とため息のような息を吐く。背骨の上を撫で、その後手のひらを当てて、背中の広がりを味わった。杉森は鞭で痛めつけるより、愛撫するのが好みだ。女の柔らかな、たおやかな肌が、指先や手のひらから心地よさを伝えてくる。だが、そのままでは女を満足させることが出来ないことも、彼は知っていた。あくまでも、前戯の一つである。ましてや普通の女では無い。西片に調教されたマゾ未亡人である。

既に椋田が電マやバイブなどの責め道具を、キャスター付きの台に載せて運んできていた。
「杉森さん、背中を味わっているのもいいが、責めていい声を聞きましょうよ。その為の奴隷だから」
「おお、そうだな」
杉森もハッと気づいたように、台の上の責め道具に目をやった。そして、椋田が手にしている電マと同じだが、それより少し小ぶりの物を手に取った。共に充電タイプだが、女を我慢できない状態に追い上げるのには十分である。
椋田はスイッチを入れると、胸の尖りを責め始めた。杉森は弱に調整して、やはり背中から腰に当てた。

性感帯として知られている所以外に、思いがけないところで感じることがあることを杉森は知っていた。その一つが背中だが、それは背中に杉森が執着していることもある。
自由を奪っていなくても、うつ伏せになった女の背中の広がりから尻の膨らみは、杉森にとっては一番魅力的な所だった。
彼は丹念に背中の感じやすい部分を、弱く調節した電マで刺激していった。
だが、彼の楽しみを長く続けることは出来なかった。椋田が胸の敏感な所を電マで責める刺激が、微妙な背中への責よりも、怜子を狂わせ始めた。
「アアゥッ」
大の字に開かれて全く動けない怜子だったが、胸から送り込まれる耐えられない刺激に、躰を反らせて声を上げていた。
それにつられて杉森も尻の割れ目に電マのヘッドを潜り込ませた。大きく股を開いているので、秘裂と同時にアナルも剥き出しにされていた。杉森はそこに電マを触れさせた。
「ヒィ」
怜子も分かってはいたが、肛門とその周りも感じてしまう。しかし、そこを弱い電マで刺激されても、性感帯を直接虐められるほど快感は湧いてこなかった。うっかりするとくすぐったい。怜子は杉森に責めて欲しいという気持ちが大きくなっていたので、もっと激しくいたぶって欲しくなっていた。

「杉森さん、そこは最初から電マじゃ無理ですよ」
そう言いながら佐渡山が来て、台の上に椋田が用意したアナルゼリーを取り上げた。
「まずこれを塗り込んで滑らかにしないと。アナルは自分じゃ濡れてこないから」
佐渡山は杉森に手本を示すように、露出した肛門に指に絞り出したゼリーを塗った。
「こんな具合にゼリーを置いて、後は指で丹念に伸ばしていってください。ヌルヌルになって指が差し込めるようになったら、中も同じように塗り込んで、滑らかにしてやってください」
「そうか、この女は尻も使えるのか」
「西片さんの愛奴ですよ。当然すでに拡張済みです。よかったら存分に楽しんでください」
言われて杉森は、丁寧に肛門をマッサージし始めた。杉森もビデオなどでアナルセックスを見て、そういうことがあることは知っていた。それがいま目の前で、自分がやろうとしている。そのことで興奮が高まってきていた。

椋田は杉森のアナル責めとは関係なく、胸を責めていた。その刺激に怜子が反応して、息を荒くしていくのを楽しんでいたが、その一方杉森がアナルに執着しそこを攻めようとしているので、その進行に合わせて、それ以上先に進まなかった。
自分の責めに夢中になってしまった杉森は、椋田の動きには気が回らない。丹念にゼリーを塗ると、右の中指にゼリーをのせ、肛門に差し込んでいった。指1本程度だと、何の抵抗もなく呑み込んでいく。言われた通り肛門壁にも、たっぷりとゼリーを塗りたくった。

「怜子なら、これを呑めますよ」
今度は西片自らが、バイブを差し出した。
「こんな太い物を」
「アナルは開発済みです。アナルを使えてこその奴隷ですから。たっぷりゼリーを塗って突っ込んで悦ばせてやって下さい」
「尻の穴で悦ぶのか」
「まあやってみてください」
杉森は言われたとおり、受け取ったバイブにゼリーを塗って、怜子の肛門に差し込もうとした。
菊の花のように皺を寄せて窄まっている肛門に押し当てても、そんな太い物を呑み込んでいく訳はない。それは杉森にも分かった。そこで指を2本押し込み、それを開いて肛門を開こうとした。だが、そう簡単にはいかない。2本の指を差し込んだまま肛門壁をマッサージするように動かした。
「ああぅ~」
肛門壁で感じたのか怜子が呻く。しばらくそれを続けてから指を抜くと、僅かに肛門が開いた。直ぐに締まっていきそうだったので、杉森は慌ててバイブの頭をそこに押し込んだ。

「そうですよ、これからは押したり引いたりして、押し込んでいくのです」
佐渡山が声を掛けた。
言われたとおり押したり引いたりして、一寸刻みに挿入していく。初めは無理かと思った穴が、バイブの先端が差し込める程度まで広がってきた。
やがて、亀頭を模した先端が怜子の腹の中に入っていった。
「アッゥ」
肛門を通って先端が大腸にまで入ると、後は最初に比べると楽だった。それでも苦労をしながら押し込んでいき、やっと根元まで含ませることが出来た。

「杉森さん出来たな。これからスイッチを入れて振動を加えるんだ。振動させたままなぶってやると感じ始めるぞ」
初めてアナルを攻める杉森に声を掛けると、椋田までが手を止めて見はじめていた。
杉森とて動画などでは見ているので、この先どうするのかは知っているが、皺がすっかり伸びてバイブを呑み込んだ肛門に驚きを感じていた。
実際にはこんな風になるのか………よし、これからが本番だとばかりに、バイブのスイッチを入れた。バイブが振動する。
「ああ、だめぇ~~~」
その途端怜子が悲鳴をあげた。





ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

淫狼の生贄 第73回 未亡人再び(5)

怜子は吊りから下ろされて、縄を解かれた。
汚れた躰を清め、短い時間だが休憩するために自由にされたが、自分一人では立つことも覚束なかった。そんな躰を、左右から蛇蝎の会のスタッフをやっている二人の若い男が支えて、半ば引きずるようにして、部屋から連れ出した。
シャワーを浴び、紅く染まった肌に、多分沈痛消炎剤なのであろう、軟膏が男たちの手で全身に塗り込められた。
どの位の時間が経っただろうか。時計が全くないのでよく分からなかったが、鞭の痛みで追い上げられた忘我の境地から、はっきり覚めた頃に、さっきの二人が迎えに来た。
「さあ、続きだ。お客さんが待っている。西片さんに恥をかかさないように、しっかりと奉仕するんだぞ」

怜子が部屋に入ると、待っていたように杉森が近づいてきた。
「どうだ、大丈夫だったか」
「はい………」
思いがけない杉森の労りの声に、怜子は小さく返事をしただけだった。それ以上は許されていない。
直ぐその後、佐渡山に怜子は門形柱の下に連れて行かれた。
門形柱と言っても、部屋に数本立っている柱の内の2本に、角材で出来た横棒を渡して、門形柱にしている。その横棒は柱に等間隔で打ち込まれているL字型の金具に掛けられて、取り外して動かせるようになっていた。

布川が縄の束を抱えるように持って来るのと、一緒に蛇蝎の会のスタッフも集まってきた。
数人のスタッフに、怜子は両腕を取られて水平に開かれ、門形柱の横棒に沿わされた。その腕を布川と他のスタッフが、横棒に縛り付けていく。皆手際よい。たちまちのうちに、怜子の両腕は、手首から二の腕まで、数カ所をしっかりと横棒に固定されてしまった。
さらに布川が胸を数回縛ると、肩甲骨のあたりも厳重に横棒に密着させて動かないようにした。
そのため、縦柱がないが、怜子は十字磔にされてしまった。
「しっかり立つんだ」
そう声を掛けると、二人の男が左右から横棒を持ち上げて金具から外すと、一段上の金具に掛けた。既にほとんど伸びきっていた怜子の躰は、一段と真っ直ぐに伸ばされてしまった。

ふっくらとした胸、引き締まった腰、豊かに膨らんだ臀部、さらに恥ずかしげに必死に合わせている無毛の谷間など、完全に曝されてしまっていた。
「杉森さん素晴らしいでしょう。長年憧れていた女なんですけど、調教を続けていく内に、益々磨きが掛かってきた。それに、若い女とは違って、色気も増してきた」
西片は恩着せがましく、杉森に自慢した。そんな自分の奴隷を提供するんだから、これからはこちらの方にも、一肌も二肌も脱いで力を貸した欲しいという気持ちが、ありありと見えていた。
「西片さんがうらやましい」
「これからは好きなときに、この奴隷を使っていいですよ」
「でも、西片さんの憧れの女だったんじゃないのか」
「それを、杉森さんに提供しようとするんです。うちは、今は江府町だけだが、しばらくすれば恵寿市にも足掛かりが出来るんですよ。その時には杉森さんの力を借りなければならない。そうなったらよろしくお願いしますよ」

二人がそんな話をしている間に、怜子の両足首は、男たちによって、各々縄が掛けられていた。この男たちには逆らっても許して貰える希望はないし、力ずくで思うようにされるのが目に見えていた。それが分かっているので、怜子は男たちの手に委ねて縄を受けていた。足首に巻き付けられた縄の縄尻が、各々左右の柱の根元を回って引き絞られた。縄が引かれるのに合わせて、手の空いている男たちが怜子の両脚に手を掛けて開いていく。やがて彼女の両脚はこれ以上開かないと思われるほど、大きく割られてしまった。
「ウウゥ」
胸を横柱に固定している縄が躰に食い込む。
横柱に両腕を括り付けられて、極限まで躰を引き伸ばされていたので、脚を開かれれば、もう自分の足で立っていられない。大きく開かれてしまったので、たとえ足が床に着いても躰を支えることは出来なかっただろう。その結果、怜子は横柱に吊られたことになってしまった。

「出来上がったようですよ。自由に心いくまで嬲って悦ばせてやってください」
西片にそう言われて、早速椋田が立ち上がった。そして、怜子の後ろに立つと、両手を前に回して、二つの膨らみを掴んだ。
「はぁぁ~~~」
縛られて身動きが出来ない。さらに脚を大きく開かれて何もかも剥き出しにされてしまったことで、怜子は縄の刺激と恥ずかしさで、既に被虐の世界に入り込んでしまっていた。
椋田は胸を一通り嬲った後、杉森に声を掛けた。
「感じやすくて、責め甲斐のある女ですよ。杉森さんも一緒に楽しみませんか」

無毛の躰を、大の字に開かれて曝された女体に目を奪われていたが、そう言われてハッと気づいたように、杉森は立ち上がった。それに応じるように、椋田は怜子から少し離れた。
杉森は怜子の前に立つと、抱き締めるように背中に両手を回し、そっと背中に触れてみた。両手に吸い付くような肌の感触。ゆっくりと撫でると、滑らかな手触りが、きめの細かさを伝えてきた。
「ああぁ~~~」
杉森の手の動きに反応したのか、怜子は喘ぎ声を上げた。その声を聞くと、杉森はもう我慢が出来なくなったように、きつく抱き締めると、あえぎを漏らす唇に自分の口を寄せた。
怜子はそれを避けることもなく、どちらかと言うと迎えるように受ける。
両腕を水平に開かれて横棒にしっかり縛られて、身動きは出来ないが、顔を左右に振ることは出来た。しかし、彼女は横を向くことはなかった。それどころか、やや上向くようにして口を開いた。
それに合わせるように、杉森も唇を開くと怜子の舌を探った。
怜子は貪るように杉森と舌を絡ませる。さらに杉森の口にそれを差し入れてきた。
怜子を抱き締める腕に力がこもり、二人はピタリと一つになったようだった。
しばらく、貪りあったが、お互いに苦しくなり、いったん離れた。しかし、杉森は直ぐに怜子の口を求めた。
何回も繰り返した後、やっと離れた杉森に椋田が言った。

「まるで、ひよっこのようだな。独身だからといって、今まで女を知らなかった訳でもないでしょう」
「ああ、だけどこの女は格別だ」
「と言っても、西片さんのものだからな」
そう言いながら、椋田は大きく開いた怜子の股間を手のひらで覆った。一方杉森は後ろに回り、鞭打ちの時には縄で完全には見えたなった背中に指を這わせた。





ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

淫狼の生贄 第72回 未亡人再び(4)

布川が怜子の縄目をもう一度チェックする。そして吊り下げている縄を握ると、西片に声を掛けた。
「じゃあ西片さん、ゆっくり巻き上げて」
西片がチェンブロックのリモコンの巻き上げボタンをチョンチョンと押した。フックがちょっと上がる。それに応じて、怜子の爪先が床の上を滑る様に動き、床から少し離れた。爪先が床を探るように動くが、たとえ僅かでも床から離れてしまうと、もう足は浮いてしまう。

「ウゥッ!」
自分の体重が全て縄に掛かる。一段ときつく縄目が肌に食い込んでくる。さらに胸を括っている縄が胸を締め付け息も苦しくなる。だが、怜子にとっては充分に耐えることが出来る程度だった。それより、その拘束感が気持ちよかった。
布川が様子を確認した。
「大丈夫だ、この位の吊り耐えられなきゃ駄目だぞ」
念を押されるまでもなかった。
足先が床から20センチ程度上がっただけである。しかし、縄が食い込み、締め付けてくるのは、吊り上げられた高さではなく、足で躰を支えられないことが原因である。そんなことは誰もが知っている。布川が言った“この位の吊り”という言葉は、単なる言葉の綾であろう。

脚を伸ばしていると、自然と股が割れてくる。怜子は片脚を曲げて、もう片方の脚に寄せ、股間を隠そうとしていた。
「じゃあ、お客さんにお願いしましょう。椋田さんは経験があるのでバラ鞭を、杉森さんは続けてパドルで」
安本が手に持っていたバラ鞭を椋田に渡した。
「これを噛んでろ。しっかり耐えて、お客さんから鞭を頂くのだぞ」
そう言いながら、佐渡山がバイトギャグを怜子に噛ませた。ほとんど無いことだが、足が踏ん張れないので、打たれたときに舌を噛む恐れがある。

「よしいくぞ」
ゆらゆら揺れている怜子の尻タブに、椋田がバラ鞭を振るった。バシッと小気味のいい音がし、怜子の躰が揺れた。それが揺り返してくるのに合わせて、杉森が同じ所をパドルで叩きつけた。
「ううっ!」
ギャグを噛み締めても声は漏れる。ただうめき声だけで、怜子は悲鳴を上げることはなかった。

椋田が怜子の前に回り、下腹部から腰を狙う。杉森は尻の膨らみから腰のあたりを狙った。
鞭の衝撃と、それを耐えようとする怜子の身悶えで彼女の躰が揺れ動く。
二人の男はそれに合わせるように次々と鞭を振るった。
杉森も段々勝手が分かってきた。怜子の躰の動きを冷静に見ながら、狙ったところに打撃を与えることが出来るようになった。
二人で調子を合わせながらということはない。二人共女を鞭打ちいたぶれる機会に夢中になって、自分一人で食らわせているような気持ちになってしまっていた。
間が開くこともあるが、ほとんど立て続けに鞭が降ってくる。
やがて躰の前も後ろも、紅く染まってしまった。肌が裂けることはないが、バラ鞭の当たったところは、一部ミミズ腫れになっていた。
いつの間にか、怜子はだらりと脚を伸ばして吊り下がっていた。その太腿もピンクに染まっている。

怜子は一つ一つの痛みを区別できなくなっていた。躯中に痛みが染みこみ、溢れんばかりになっていた。息も荒くなり、そろそろ耐えられなくなりそうだった。
<アァァ、気持ちいい。もう少し………お願い、あと少しで>
激しい呼吸と共に、バイトギャグを噛み締めながら出る声は、鞭の痛みを耐える声ではなく、切羽詰まった喘ぎ声である。
しかし、椋田も杉森もそんなことは知らない。吊られた躰を捩るようにして、声を溢れさせる女体にさらに鞭を振るう。
「ウウウゥ~~ウウ~」

杉森の目の前で、怜子の股が大きく割れた。無毛の秘所が露わになる。思わずそこをパドルで強く攻撃していた。
「ぐぅっ!」
その攻撃が、杉森が意図した訳ではなかったが、偶然一番敏感な肉芽を責めてしまった。さすがの怜子もそれには耐えられない。痛みと共に躯を貫く稲妻の様な快感が走った。
「むむぅ~~~」
吊られた躯を一瞬突っ張らせると、その後ガクガクを揺らせて、自分の世界に堕ちてしまった。

「逝ったようだな」
西片の言葉に、杉森は信じられなかった。自分たちの鞭で危害を与えてしまったのかと心配していた。
「大丈夫なのか」
「怜子は、鞭なんかの苦痛で逝くんですよ。いま究極の絶頂感に浸っているのでしょう」
躯の痙攣が治まると、息は荒いままだが、躰はぐったりと力が抜け、縄にぶら下がってしまっていた。両脚もだらりと伸びたままで、全く力が入っていない。開いたままで、割れ目を曝していた。

「ああっ………」
恍惚感に浸ったまま、再び体を震わせた。そしてさらに深く絶頂感に浸ってしまった。
もう自分でコントロールできない。突然開いた股間から失禁してしまった。
男たちはそれを避けて怜子の周りから離れた。杉森はまるで意識がないように、ぐったりと後ろ手縛りで吊されて、無防備に股間から尿を迸らせ続けている怜子を、食い入るように見ていた。
熟した女盛りの躰が、無防備で曝してくれた痴態に、ある意味感激をしていた。それと同時に自分の躰も性的な興奮を覚えてきた。





ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

淫狼の生贄 第71回 未亡人再び(3)

「大切なお客さんに何やってんだ」
西片が声を荒げた。
「すみません………」
怜子が消え入るような声で謝る。
「西片さん、俺のタイミングが悪かったんだ」
椋田が取りなしたが、なんの役にも立たないことは怜子も十分知っている。
「お客さんが許してくれても、奴隷としての行儀が出来てない証拠だ。そういう時はどうなるんだ」
「はい、再調教をして頂きます。存分に罰を与えて下さい」
椋田には、この失敗をきっかけにした調教の流れかなと分かったが、初めて経験する杉森には、理不尽なことを西片が要求しているように思えた。だが、ここの所は黙って様子を見ていた。

西片が背後で怜子を縛り上げている縄をつかむと立ち上がらせて、天井からチェンブロックのフックが下がっている所へ連れて行った。
「逆さに吊ってやろうか」
「お願いです、逆さ吊りは許して下さい」
以前逆さ吊りを試みたことがあったが、怜子への責には向いていなかった。とは言っても、西片はいずれ仕込んでやろうとは思ってはいた。
「じゃあ、安本さんの鞭を受けるんだ」
「はい、有り難うございます」
鞭を受けると言われて礼を言う怜子を、杉森は理解できない。しかし、蛇蝎の会のスタッフはもちろん、西片も安本も怜子が疼痛で快感を得られることを知っていたし、何よりも増して怜子自身がそれを望んでいた。

「じゃあ、布川先生と安本さんお願いしますよ」
布川が怜子を縛り上げている縄に、背後で新しい縄を追加した。それをチェンブロックのフックに掛ける。
「西片さん上げてくれ」
声を掛けられて、西片がチェンブロックのリモコンを操作した。モーターの回転音と共に、フックが上がり始める。縄が引かれて横坐りになっていた怜子が、縄に引かれて立ち上がった。さらに引き上げられると、吊り縄を結んだ所が一番上になり、怜子は俯いて爪先立ちになった。剥き出しのふっくらした豊かな尻が突き出される。

いいバランスだ………杉森はその姿に見とれていた。熟した丸い線を持った女体が、縄で吊られている姿を美しいと思った。杉森はそんな自分を、やはりそういう嗜癖があるのかなと、改めて思っていた。この女の自由を奪って、自分の思うとおりにしたい………そんな思いが湧き上がってきた。
縄で吊られて危うい姿勢で立っている怜子の尻を、安本がバラ鞭でスナップをきかせて打ち据えた。
「ううっ!」
白い肌の上に鞭の房が当たり、薄らとピンクに染まる。
痛いだろうと思うが、悲鳴を上げることもなく、怜子は歯を食いしばって耐えていた。怜子への責を安本に任せて、西片は杉森の隣に戻ってきた。

「かなり痛いはずなんですよ。でも、お仕置きと称しての鞭打ちだけど、あれで怜子は悦んでいるんですがね」
「どういうことなんだね」
「あの痛みが、頭の中で処理されて快楽に変わっちゃうらしんです。むずかいことは分からないんですけど、疼痛系のマゾはそれだけで逝けるんですよ」
「はぁ………」
杉森にも理解できないが、経験のある西片が言うのだからそうなのだろう。

安本の鞭に、しばらくじっとして耐えていたが、つま先立ちの危うい姿勢である。段々耐えられなくなり、鞭が肌に炸裂するときに躰を捻るようになってきた。
鞭が腰の脇を狙ったときバランスを崩してグルリと回ってしまった。
「ううっ」
「だらしないな、これでどうだ」
思わず開いてしまった内股が狙われた。肌の薄い部分である。
「ヒッ」
と声を上げると片脚を持ち上げ庇おうとした。が所詮無理な姿勢である。床に着いていたもう片方の爪先も離れて、宙に浮いてしまった。怜子は慌てて床を探って、やっと爪先が着いた。
しかし、安本の鞭は次々と危うい所を狙う。とうとう、怜子は安本に鞭打たれる度に躰が動き、まるで踊るようになってしまった。

杉本はそんな責めを、身を乗り出して、食い入るように見つめていた。
「どうです、見ているだけでなく、杉森さんもやってみませんか」
その様子に西片が声を掛けた。
「出来るかな」
「鞭はちょっと練習しないと無理かも知れないけど、パドルで責めてみたら。パドルでも怜子は悦びますよ。佐渡山さん、杉森さんに手頃なパドルを持ってきてくれ」
佐渡山が幅が5センチ位、長さが60センチくらいの、革のベルト状のパドルを持ってきた。片側にグリップが付いている。
それを渡されて、杉森はグリップを握ってみた。思ったより革は厚く、重量もある。
「一寸振ってみて下さい」
言われて立ち上がると、空で振ってみた。適度にしなり扱い易そうだった。
「これなら使えそうだ」
そう言いながら怜子のそばに寄っていった。
「杉森さん、一発叩いてやって下さいよ」
安本が座を空けると、自力で立つのが苦しくなったのか、ゆらゆらと揺れる怜子の尻の膨らみに、腰を落とすようにして踏ん張り、パドルを思い切って叩きつけた。
バシン!と鈍い音がする。
「グゥ」
それでも怜子は悲鳴を上げることはなかったが、体勢が崩れてグルリと回ってしまった。
「せっかく杉森さんが責めてくれるんだ。布川先生、怜子がもっと悦ぶように吊り上げて下さいよ」
と西片が言った。





ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.縄に堕ちて
2.熟女人妻奴隷調教
3.禁断の館第1話未経験の女
4.禁断の館第2話未亡人再調教
5.淫狼の生贄
6.淫虐調教別荘
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

フェチのオカズ

人妻のよろめき

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

緊★縛エロチカ★

SM + 虐 待 & 拷 問

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

若狭と雫(全頭マスクの女)
RSSフィード