FC2ブログ
DUGA

温泉女将奴隷化調教(第25回・浣腸)

部屋に入ってきたのは、医師の松下と結菜、それと縛師の川端だった。
誰でもいい、ともかくこの恥ずかしい姿から解放してほしい、Fは心の底から願って声を出したが、それは当然のことだったが言葉にはならず、うめき声だった。
「ウウ、ウウムゥ‥‥‥」
「ディルドギャグを噛んでいるのよ。これでオーラルの開発をやって貰っているの」
「そうか、結菜もすっかり一人前に調教するようになったな」
「まあ、これだけ調教に付き合っていれば」

松下はFの方に向いた。
「口で男のものを受けたようだが、もう一つ男を楽しませる穴がある。それが何かは分かっているはずだ。能代さんに聞いたんだが、蔵でKと一緒に責められた時、Kが尻を使われたのを見たようだな。Fも同じように尻の穴を使えるように拡張してやる」
Fにはその時の光景がありありと思い出された。
<あれだけは嫌。でも奴隷になると承知したからには、避けようはない。Kにもそのことは聞いていたし、Kは慣れれば素晴らしいものだと言っていたが>
「ウウ、ウゥ~~」
「しかし今のままじゃ、すぐには使えない。幸い結菜は経験が豊富なので、これからお前の尻の開発をやって貰う。取り敢えずカテーテルを抜いてやってくれ」
「まあ、随分溜まってるのね。これでスッキリしたでしょう。カテーテルで強制的に排尿させたものを飲ませるご主人様もいるわよ」
カテーテルの尿を受けていたガラス容器には、薄黄色の液体がかなり溜まっていた。それを飲まされる‥‥‥ご主人様の聖水を飲まされるだけでも耐えられない屈辱なのに、自分のものまで飲まされるなんて‥‥‥

借金まみれとは言っても、花の郷の女将である。裸で剃毛された躰を柱に縛り付けられたまま、口にはディルドを咥えさせられた姿で、結菜にあざ笑う様な言葉を投げつけられると、それまでの自尊心が崩れていってしまう。
「川端さん、柱から解いて、処置室の開脚椅子に座らせてくれ」
Kから聞かされていたことが、ひとつずつ現実になっていく‥‥‥一体どうなるか不安になると同時に、また<奴隷>に堕ちていくのかと、屠所に引かれる羊のような気持ちになっていた。

縄を解かれて立ち上がり、萎えそうな足に力を入れて、結菜がドアを開けた処置室に、後ろ手に縛られた躰をよろめくように運んだ。知らず知らずにうつむいている。
部屋には昨日Fが毛を剃られた開脚椅子がデンと据えられている。川端と松下はFを抱え上げると、その椅子に乗せた。便座のような椅子に座らされ、川端がFの上半身を背もたれに縛り付けて動けなくする。それが済むと松下がその背もたれを倒し、Fをほぼ仰向けに横たえた。
さらに二人はFの脚を足載せ台に載せて括り付けると、大きく開きながら上にあげていった。終わるとFの秘部は丸見えになり、さらにアナルの蕾もはっきりと曝されてしまっていた。
「ううぅ‥‥‥」
無駄とは知りながらも、Fは小さく呻いた。

「綺麗なお尻の穴ね。これなら皆さんが喜ぶわ」
結菜は早速回診車を押してくると、Fの股間に身を屈めた。そしてアナルゼリーのチューブを取り上げると、そこから絞り出したものをアナルに塗り込んだ。
その間に松下が、たっぷりと浣腸液が入った大きなガラス製の注射器を取り上げ、Fの面前に突きつけた。
「これで浣腸をしてやるよ」
「ウウ、アゥゥ‥‥‥」
「尻の穴で男を悦ばせるのは、まず受け入れられるように拡張しなけりゃならない。いずれにせよ、その前に大腸を綺麗にしないとならないんだ。ちゃんとした奴隷になったら、責めを受ける前に自分で躯を清めるのは常識だが」
「それで、これから浣腸をして、綺麗にしてあげるのよ。もっとも内視鏡検査をする訳じゃないので、直腸だけ綺麗にすればいいんだけど、会員の中には浣腸をされて、排泄するのを見るのが好きな人もいるので、この200ミリリットルのシリンジを使うのが普通なの。だから最初からこれに慣れておくのね」

松下から浣腸器を受け取ると、ゼリーをぬって滑らかになったアナルに、その先端を無造作に突き入れた。結菜にとっては日常的にやっている慣れた仕事だった。
「ウッ!」
「動かないで、動くと先端が折れてけがをするわよ」
それから、ピストンを押して、ゆっくりと液をFの躯に送り込んだ。
<いやぁ~~、入ってくるぅぅ>
どんなにFが拒んでも、彼女にはどうしようもない。ただ結菜が送り込んでくる浣腸液を受け入れざるを得ない。
「ほらあと少し‥‥‥あら、もう終わったわよ。抜くからお尻をきちんと締めて、漏らすんじゃないわよ」
そういわれなくても、この格好で漏らすことなど、Fには恥ずかしくて出来ない。結菜がスッと嘴管を抜き取ると、キュッと肛門を引き締めた。まさに菊の花というのがふさわしい皺をよらせて肛門がしっかりと締まった。

ただ、そうしていても、いずれ漏らしてしまうことを結菜は知っていた。彼女は円錐形のアナルプラグを持ってくると、アナルゼリーをたっぷりと塗った。
「プラグで止めといてあげるから、10分は我慢してね」
プラグの先端をギュッと閉まっている肛門に当てると、抉るようにして押し込んでいった。だが、いくらゼリーを塗ってあっても、肛門括約筋が抵抗をし、それが激痛となってFに襲いかかった。
「ウッ!‥‥‥ウウ、ウ~~~」
その痛さを訴えることも出来ず、Fはただ呻くだけだった。
それほど大きなプラグではないが、初めてのFにとっては苦痛だった。それでも、何とか収めることが出来た。




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

温泉女将奴隷化調教(第24回・カテーテル)

「たっぷりと悦ばせてもらったようね」
例によって回診車を押して結菜が入ってきた。
徹底的になぶられてがっくりとしていたが、その音でFが顔を上げた。
「結菜さん‥‥‥」
「口も愛して貰っちゃんだって。ほら口を開けてみて‥‥‥あら、これじゃ気持ち悪いでしょう。食事の前にまず口を洗いましょうね」
結菜はFをからかうように、わざと丁寧な言葉遣いをしているが、その一言一言にFの恥ずかしさが募ってくる。精液を口に出されて飲まされた跡を、あからさまに曝してしまっている。だが柱に括り付けられて身動きもできず、口は気持ち悪い。

結菜はペットボトルに吸い口を付けると、Fの口元に持って行った。
「口を漱いだら飲み込むのよ。ここでは吐き出せないから」
言われた通り口を漱いで飲み込んだ。さらに、残りのスポーツドリンクを飲み込み喉の渇きを癒した。
「下の口もすっかり汚してしまっているんじゃないの。でも自分じゃ何も出来ないのね。いいわ、面倒見てあげる。Fは毛も生えてない赤ちゃんですものね」
「恥ずかしい‥‥‥そんなこと言わないで、お願いですから縄を解いて下さい」
「駄目なの。私は看護師、縛師じゃないんだから」
理屈にもならないことを言いながら、結菜は身を屈めると、ウェットティッシュでFの股間を丁寧に拭った。とは言っても結菜のやることである。その手が巧みにFの敏感な所に触れていく。

「アアゥ」
「なんなの、変な声出しちゃって」
それでも、股間の汚れを落とした。
「じゃあ、お食事にしましょう」
「その前に‥‥‥お願いです。おトイレに行かせて下さい」
「おトイレに? 大の方小の方?」
「あのぉ~、お小水‥‥‥」
「そうね、ここで勝手にしちゃったら、と言いたいところだけど、後片付けが面倒ね。何か入れ物にして貰いましょうか」
「いやぁ、お願いです、おトイレに行かせてください」
「そう言われても自由には出来ないのよ。そうね、ここはこれで処理しましょう。いずれ排泄管理の訓練もされるのだし。ちょっと早くなっただけ」

結菜は回診車の引き出しを開けると、カテーテルと潤滑軟膏を取り出した。さらにガラスの容器も用意した。
プラスチックの袋を開くと中から留置カテーテルを出し、バルーンを膨らませるシリンダーも取り付けた。
「これ、カテーテルと言うの。これでお〇っこを出してあげるわ」
そう言われて見せられても、Fには分からなかった。
結菜はカテーテルに潤滑軟膏を塗ると、Fの前に屈んでラビアを開き、尿道口を露出させると、カテーテルを慣れた手つきで挿入していった。

「なんなの‥‥‥イヤァァ、アア、痛い!」
ほんの一瞬痛さはあったが、簡単に挿入されて、バルーンを膨らませて、Fはカテーテルを留置されてしまった。カテーテルの先をガラスの容器に入れてると、Fの意思に関わりなく、ツーっと尿が流れ出てきて、容器に溜まり始めた。
結菜が容器の位置を動かして、Fからも見えるようにした。
「見えるでしょう。Fのおし〇こが、自然に流れ出ているのよ」
激しい勢いではないが、確実にガラスの容器に溜まっていく。
「イヤァーーー恥ずかしい~~~」
Fは目を閉じてしまった。だが、有難いことに激しくFを責め立てていた尿意は、徐々に軽くなってきた。
「放っておいても自然に出て、終われば止まるわ。その間に食事を食べてしまいましょう」
Fはカテーテルで排尿を続けながら、結菜から奴隷食を食べさせられた。

「あらあら、髪も顔もすっかり崩れてしまったわね。これじゃ、午後からの調教も魅力無くなるわ」
崩れにくいメーキャップだったが、男達に責められている間に、やはりぐしゃぐしゃになってしまっていた。髪もすっかり乱れてしまっている。
結菜は朝と同じように、巧みな手さばきで直していった。
「ほら、綺麗になったわよ。やっぱり一流旅館の女将ね。こんな格好をしていても、滲み出てくる艶めかしさ、羨ましい‥‥‥」
「恥ずかしいわ、そんなこと言わないで‥‥‥」
「でも、奴隷としてはまだまだこれから」

結菜は道具棚から何やら持ってきた。
「これで自分で口の訓練をしているのよ」
Fに突きつけたものは、ディルドギャグだった。革のマスクの内側に、ディルドが飛び出している。
「口を開けて」
Fはそれが何かわかっているので、唇を締めて首を激しく横に振った。
「素直に開けるのよ。罰を受けたいの?」
結菜も鞭を使うことは出来るのだろう。罰と聞いてFは鞭の痛さを思い出し、おずおずと口を開いた。そこへ情け容赦なくディルドをねじ込むと、結菜は手際よくうなじの後ろでベルトを締めて猿轡をしてしまった。
ほとんど男の肉塊と同じ感触のディルドである。太さもさっき咥えさせられた男のものと同じ位である。それが喉の入り口にまで入り込んでいた。当然口を閉じることも出来なかった。
「ウウゥ‥‥‥」
「しばらくは口をきく必要も無いので、それでおしゃぶりの練習をしているのよ」
そう言い残すと、カテーテルを挿入したまま、結菜は出ていき、Fはそのまま放置されてしまった。膀胱に尿を溜めることが出来ないので、カテーテルの先からは、時折ポタリ、ポタリと尿が落ちていた。Fは自分で奴隷になると決心したが、あまりの浅ましい姿にがっくりと力が抜けて、縄に躰を預けてしまっていた。




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

温泉女将奴隷化調教(第23回・狂おしい陶酔2)

男はスイッチを切ると、改めて蜜口にディルドの頭を合わせた。もうそこはドロドロになっている。男は情け容赦もなく押しこんでいき、ディルドはFの躯の中に呑み込まれて行った。
「アア‥‥‥」
どうしても避けることが出来ない状態と、そんな状態でも愛液を吐き出してしまっている女の性、そしてそんな躯の中に無機質の道具を挿入されて、Fはため息にも似た声を漏らしていた。
「アクゥッ!」
半分位押し込むと、男は電マのスイッチを入れた。躯の中でディルドが振動し始めた。

Fが躰を突っ張らせた。しかし、柱にがっしりと縛り付けられているので、大きく動くことはなかった。
「どうだ、感じるだろう。一番感じる所を自分で見つけて、そこに当たるように腰を動かすんだ。俺も色々と探ってやろう。マ〇コの中は女によって皆違うからな。きちんと探り当てておかないと、奴隷として役に立たないぞ」
男は電マを操ってFの蜜壺を慎重に探っていく。押し込み、引き抜き、えぐる。
「アア、アゥ~~」
「この辺にGスポットがあるのかな」

電マの振動の強弱を調整しながら、男は更にFを攻め立てていった。もちろんこの男も色々な女を調教してきている。電マでFのような未経験の女を調教した経験も豊富だ。Fがいくら耐えても、的確に追い上げていく。
「気持ちが良ければ声を上げてもいいぞ。遠慮なく声を出して、我を忘れるんだ。そうすれば解放される」
そうだ、躯の中に送り込まれてくる愉悦を味わうんだ‥‥‥男の言葉に操られるように、Fは蜜壺から送り込まれてくる快感に身をまかせ始めていた。能代との躯のつながりで、初めて味わった絶頂感とも違う、もっと強く激しい至福の光が躰を満たしてきていた。

「アア、アゥゥ~~~~、アア、ダメェ、アッ‥‥‥」
意識しない内に、大きなよがり声がFの口を衝いて出る。それも、止まらなくなり、それと同時に縛り上げられた胸も、縄を押し上げる様に大きく喘いでいた。
淫らな声は、止めようとしても止まらない。さらに痺れるような感覚が、躯中に広がってくる。

「いやぁ、ダメェェ~~~、アアッ!」
Fの声が切羽詰ってきた。
男の慣れた電マの操作で探り出されてしまったFの急所が、執拗に攻められている。全く身動きのできないFは、それから逃げることは出来ず、男に一方的に翻弄されてしまった。
痺れるような愉悦が、躯の芯を揺すり段々大きくなってくる。

「逝きたきゃイッテもいいぞ。盛大に逝きっぷりを見せてくれ」
精を飲ませた男も、興味深げに見ていた。二人にとっては、調教を任されたFを徹底的に追い上げて、究極の法悦を味あわせようとしているのだろう。それを味わった女は、結果として、もうその絶頂感を忘れることが出来ず、常に求めるようになる。
今縄で雁字搦めにされているFは、条件反射的に縛られるだけで、性的に高まってくる‥‥‥そう言う奴隷に仕上げようとしているのだろう。

躯の中に膨らんだ愉悦の固まりは、白い閃光になってFの頭の中を真っ白にしてしまった。
「もうダメ、こんな歳になって恥ずかしい‥‥‥アア、イヤァァ、ヒィィ~~~どうしよう、逝っちゃう、イヤァァ~~~」
「これでどうだ」
「ヒィィ~~~~笑わないで‥‥‥イクゥゥ、いきます~~~」
悲鳴のような声を上げると、Fはがっくりと仰向き、躯を震わせて絶頂を告げて、崩壊を曝してしまった。

「老舗の温泉旅館の女将だと言っても、所詮女は女だな。ポイントを責められたら、躯が我慢できなくなる。それにしても、感度と言い、逝きざまと言い、Kに劣らぬ上玉だ。熟れ具合も、熟女好きのメンバーには堪えられないだろう。能代さんが執着してきた気持ちもわかるな。さて、続きは午後だ」
そう言い残すと、精も根も尽き果てて、縄に身を預け、がっくりと顔を伏せてしまっているFをそのままにして、男達は部屋を出て行った。




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

温泉女将奴隷化調教(第22回・狂おしい陶酔1)

「そうだ、Fも悦ばせてやらないと、可哀そうだな」
Fの頭を後ろから押さえていた男が、道具置き場から電マとそのアタッチメントを持ってきた。その間にFの口を侵した男が壁のコンセントから延長コードを引いてくる。
男の小水を飲まされた挙句、口でその男の肉塊を愛撫し、挙句の果てに精液を飲まされてしまった。段々駄目になっていく‥‥‥奴隷になる覚悟を決めてここに来たFだったが、うち続く苛烈な調教に、力を落としてうつむいてしまっていた。

「これは知ってるな。確か蔵で能代さんに使われたと聞いている」
突き付けられたものに、ぼんやりと目をやったFだが、それを見るとあの蔵での責めが思い出された。
「いやぁ、それは‥‥‥許して」
「やって下さいの間違いじゃないのか」
男は電マのスイッチを入れる。ブーンという小さな音がした。Fはその音の意味を知っている。以前蔵の中でKと一緒に責められた時に、能代が使ったものだった。
今は何も身に着けていない。全てを剥き出しにされている。その胸の膨らみの頂点、鴇色の尖りに電マの振動するヘッドが触れた。

激しい振動ではない、どちらかと言うと電マでは一番弱い振動だろう。だが、あるいはそれだから、触れた時の何とも言えないやるせない刺激に、Fは思わずのけぞっていた。
「アゥ~~~ダメェ~~~止めて下さい」
「もっとしてじゃないのか。嫌がっている顔じゃないぞ」
「そんな、アアゥ~~~アア、気持ちいい‥‥‥」
今までFが経験した胸への愛撫とは違う、躯に浸み込んでくるような気持ち良さだった。
もう片方の蕾にも触れてきた。
その快感に、Fは眉間に立てに皺を寄せながら、仰向いて歯を食いしばっていた。
「ウウウ、ウウ~~~」
だが、自然と躯が濡れてくるのは拒めなかった。

躰は全く動かせない、男のなすがままになっていなければならない。そんな状態でなぶられることが、<奴隷>という意識を、Fに刻み込んでいった。
男は電マを少し強くし、膨らみの頂きを強く押した。
「アゥ、痛いっ!‥‥‥もっと優しくして‥‥‥」
思わず出た言葉だった。‥‥‥優しくして‥‥‥求めているのだろうか。Fは自分でも分からなかった。

「ああだこうだと言える立場か。奴隷だということを忘れるんじゃない」
しかし男の返事は無慈悲なものだった。
奴隷‥‥‥男に念押しをされて、Fは改めてその言葉を、自分の状態と重ね合わせて受け止めていた。自ら求めることは出来ないのだと。
「アア、アッ‥‥‥」
電マの動きから躯に送り込まれる気持ち良い官能の疼きを、Fはただ味わっていた。

一旦電マを止めると、男の手が股間に伸びてきて、そこを撫で上げた。
「うん、なんだ胸だけで濡らしてしまったのか」
「‥‥‥」
「じゃあ、これだな」
男は電マのヘッドにアダプターを取り付けた。ヘッドにすっぽりとはまるお椀型の部分に、電マとは直角にディルドウが伸びていた。電マが振動すれば、当然そのディルドウも振動する。Fはちらりとそれを見ただけで、男が何をしようとしているのかが分かった。
「欲しそうな顔をしてるじゃないか。ほら、思っているように、電マと一緒にこっちも振動するんだよ」
男は電マのスイッチを入れると、それをFの目の前に突きつけた。電マと同じように振動するだけでなく、電マのヘッドの振動で、ディルドウが細かく前後に動く。
「いやぁ‥‥‥」
そういっても、その声には力はなく、単なる呟き程度だった。

男は屈みこんでFのラビアを開いて、三角形の莢を捲り上げた。そしてその下に潜んでいた小さな珠に振動するディルドウを当てた。無毛にされた秘裂は何もかも剥き出しだった。
「ヒィ~~~」
胸をなぶられた時の、マイルドな快感とは違い、躯の中に光の矢を射込まれたような、痛みにも似た刺激が送り込まれた。
昨夜能代の舌でそこを愛されて、その敏感さを改めて知ったばかりのFであった。
それが、よりによって電マにつながったディルドウの振動で、直接刺激されたのだ。柱に固定されていなかったら、躰が飛び上がっていただろう。
「びっくりしたか、お前はそんないいものを持っているんだ。そこも含めてじっくりと開発して、どんなご主人様とでも逝けるようにしてやるぞ」




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

温泉女将奴隷化調教(第21回・フェラ)

もういいのではないかとFが男を見上げた頃には、何と男の肉塊が勃起し始めていた。
「このまま口でフィニッシュさせてもらおうか。口で男を満足させるのも、奴隷には必要なことだ」
背後からの男の手は離れたが、今度は肉棒を突き刺している男が、Fの頭を両手で抑えた。そして肉棒を抜き差しし始めた。
それは昨夜、Fが自ら求めた能代との口戯とは違い、Fの意思と関係なく、口を我が物顔に犯していた。

「ムグゥゥ~~」
「しっかり唇や舌を使って‥‥‥それと喉と」
段々と力を得てきた得物を、奥まで突き入れて喉をいたぶる。
「ゲホッ!」
Fは思わずむせ返った。
「喉もしっかりと鍛えるんだ。むせてるようじゃ駄目だ。これからもしっかりと教え込んでやるから、訓練するんだ」
「ムグゥゥ~~」
「頬の裏もちゃんと使って、男を悦ばせるんだ」

Fはいつしかものに憑かれたようになり、自分の意志とは関係なく、必死に舌を絡ませて、唇を使って言われるようにしていた。Fの必死の動きを捉えながらも、男は自分勝手にFの頭をつかんで、肉棒を動かしまわっていた。
そのうち自分が動くだけでなく、Fの頭を前後に動かし始めた。
「ウウム、ムゥッ!」
口の端から唾液が流れ出る。しかし、Fにはそれを気にしている余裕はなかった。
「ほら、頑張るんだ」

どの位経ったのだろう、Fは顎が疲れて口も思うように動かない。だが、男はすごいスタミナでFを突き続けた。
「よし、いいぞ、頑張れ」
口の中の男のものが熱くなってきた。口で男の精を受けた経験はFには無かったが、それでもそれが男のフィニッシュが近いことを知っていた。
<いや、口の中では‥‥‥>
しかし、男の太い剛棒に口を占領されていて言葉が出せない。
Fが危惧した通り、男の剛棒が一段と膨らむ。
「うっ!」
一声唸ると、男は腰を突き入れてきた。
Fは辛うじて、それで喉を突かれないように、頬の内側で受け止めた。そのとたん、剛棒の先端から熱いしぶきが、Fの口の中に迸った。
剛棒が脈打ち、その度にしぶきが口を焼く。
Fは涙を滲ませながら必死にこらえた。
やがて激しい放出も治まった。しかし、口の中から生臭い臭いが襲ってきた。耐えられないほど強くはないが、何とも言えない不快な臭いだった。

「抜き出すときに、唇でよくしごくんだぞ」
操られるように、Fは唇をすぼめて、男の精を全て口の中に納めてしまった。
「口を開けて見せろ」
開いたFの口の中には、男の白い汚濁が溜まっていた。
「全部飲み込むんだ」
「ムム~~」
Fは首を何回も横に振って拒絶した。
「だめだ、飲み込むんだ。いやならまた鞭だぞ」
Fはその言葉にも首を振る。
「じゃあ飲み込め」
Fはどうしようもなくなり、覚悟を決め目をつぶって、ごくりと飲み込んだ。苦いうえに言葉にならない嫌な感覚で、口の中にも喉にも、ねっとりとこびりついて残っているようだった。
「飲み込んだら、口を開けてみろ」
Fは言われた通り口を開けた。たっぷりと溜まっていた白い汚濁が、ほぼ完全に無くなっていた。
「よし、そこまでは出来るようになったな」




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問(中断)
14. 温泉女将奴隷化調教
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード