FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。

アダルト動画 DUGA -デュガ-

胸を嬲り、存分に鳴かせると、中本は香澄の足下にかがんで、大きく開かれた股間に電マを移した。安城はさらに胸を攻め立てている。
片脚を持ち上げられて股が開かれて、一番敏感な珠を包んでいる包皮が、土手肉の間から覗いていた。中本はそれを剥き上げると、まだ慎ましやかに収まっている珊瑚珠を剥きだした。
「いやぁ、そこは許してぇ~~アアア、ううう~~~ダメェ~~」
振動を弱くしたものの、電マをそっと当てられただけで、香澄は強烈な刺激で大声を上げてしまった。大きく揺れて、顔をのけ反らせるのと同時に、躰が反り返ってしまった。

「凄い反応だな、俺もそっちを責めるか」
安城も中本の隣に屈むと、片手の指で肉の花びらを左右に開くと、鮮紅色にヌメヌメと光っている粘膜を曝して電マを押し当てた。
すでに胸を嬲られ、クリトリスをいたぶられて、香澄は否応なく体を濡らしてしまっていた。
「凄いな、ぐちょぐちょじゃないか」
「恥ずかしい、言わないで‥‥‥」
中本の攻撃に翻弄されながら、さらに安城に秘芯を狙われて、香澄は羞恥の真っただ中に放り込まれていた。
クリトリスの刺激は、躯の中に突き刺さってくる。しかし秘裂への振動は、躯の奥から快感を生み出していた。二種類の快感が入り混じり、さらに縄の拘束の快感、火を噴くのではないと思われる羞恥心、これらが渾然一体になって、香澄は自分がどうなっているのかも分からなくなりそうだった。

そんな中、川端が長襦袢の裾を捲った。下半身が完全に晒されて、外の空気が直接肌にあたる。
「ヤメテェェ~~恥ずかしい」
「家元は何をやられてても恥ずかしいだな。剥き出しにすれば、お二人ももっと自由に家元を悦ばせられる」
裾を纏めると背中の縄に挟み込んだ。腰から下がすっかり露わにされてしまった。
「これは‥‥‥引き締まったウェストの下に熟した腰が豊かに盛り上がっている。この尻の膨らみも見事だ。松下先生、尻たぶを開いて尻の穴を見せてくれないか」
頼まれた通り、松下が尻の膨らみを両手で左右に開くと、その奥にひっそりすぼまっている菊の花に中本が電マを当てた。
「アグゥっ!」
花びらのを開き、その中心の粘膜を剥き出しにされたまま、菊座に電マを当てられると、香澄の躰はぐらりと揺れた。高く片脚を吊られて、辛うじて一本足で立っていたが、それが滑って、香澄は宙づりになってしまった。

「ヒィィ~~~」
「すっかり濡れてしまったぞ、そろそろ逝っちゃうんじゃないか」
安城は夢中になって肉壺を攻め立てていた。既に蜜口からはとめどなく淫液が流れ出ている。
「アナルも敏感なようだ、大分鍛えられたんだな」
「イヤァァ、アア、アア~~~」
やっとまさぐっていた片脚が足下に敷かれたシートの上に着いたが、すでに香澄は息が荒くなり、声が止まらなくなってしまっていた。
「オッ、頭が入ってしまったぞ」
安城の操っていた電マの先端が、意識した訳ではなかったが、チョットした拍子に、つるりと香澄の躯に呑み込まれてしまった。

「グワッ!」
「これは面白い、中を電マでいじれるなんて」
「イヤァァ~~~きつい‥‥‥アアア」
躯の中で振動を続ける電マに、香澄は今まで味わったことのない焦燥感を感じていた。電マの振動が弱く、躯の中では中途半端だった。
<もっと強く‥‥‥>
香澄は思わず心の中で願っていた。
それを感じたのか安城は電マの振動を早くした。
「ヒィィ~~~」
中本もまた前に戻り、恥骨の上から電マを当てる。その振動は直接躯の中に入ってきて、最も秘めておきたい敏感な地帯全体に伝わった。さらに少しずらして、包皮の上に一部かかるようにされて、香澄はまた珊瑚球へのいたぶりを味あわされた。

秘裂への振動とクリストスへの強烈な刺激。それだけでなく、安城が肉壺の中に埋め込んでしまった電マを動かして中から刺激を送ってくる。香澄は調教部屋でGスポットを開発されてしまっていた。さっきの床飾りでも、バイブがそこを刺激しアクメに達してしまっていた。
「アアッ!そこは‥‥‥アア、ダメェェ~~~」
安城の電マが偶然そのGスポットにもろに当たってしまった。
中本の電マの刺激と重なって、香澄の中には一気の白熱の炎が爆発的に燃え広がって、吊られた躰がガクガクと痙攣し始めた。

「逝くか」
松下が声を掛ける。だが香澄にはそれが耳に届いていない。
「アアゥゥ~~~ヒ、ヒ、ヒィィィ~~~~イクゥゥ~~~~~」
燃え広がった白い光が頭の中で爆発した、
香澄は躰を反らせ、頭をのけ反らせ、絶頂に達したことを皆に曝してしまった。
「おおお、見事だ」
「さすが家元、大輪の花が咲いたようだ」
二人の男はそれぞれ手にしていた電マを香澄から離した。それでも香澄の痙攣は止まらない。何回も何回も躯を波打たせている。

「アッ!ごめんなさい‥‥‥アア~~イヤァァ~~~~見ないでぇぇ」
突然大きく開いた股間から太い水流が迸った。電マの刺激のためか、アクメに達して躯が緩んでしまったのか、香澄は激しく尿を漏らしてしまった。
そんなこともあるだろうと、松下と川端はビニールシートと吸水マットを二重に香澄の足元に敷いていたので、漏らした液体はそこに吸い取られていった。
電マでなぶられて、秘唇は大きく左右に開いたままで、尿道口はあからさまになっている。そこから噴き出してくる様子は、男達に丸見えであった。
「アア~~~~~」
切なそうな声が漏れ、そうでなくても羞恥心の強い香澄は、今日初めて会った二人の前で、排尿を曝してしまい、殆ど気を失うほどだった。鴨居につながれた縄に身を委ねて、がっくりと顔を伏せていた。





サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

長襦袢と同じ淡い青色の絹を見て、二人の男の目の色が変わったようである。
「おお、腰巻じゃないか」
「ちょっと貸してくれないか」
松下が中本に渡すと、二人はそれに頬ずりをしそうになるほど顔を近づけた。
「家元の体温が残っている」
「いい香りがするな、さっき逝った時の臭いかな」
二人の中年男は、剥ぎ取ったばかりの香澄の腰巻に夢中になっていた。

「それはその位にして、こっちを見て下さいよ」
再び長襦袢の裾を割ると、川端が香澄の右の太腿に縄を掛け始めていた。
「いや。それは許して‥‥‥」
香澄にはそれが意味することがすぐに分かった。しかし、後手にがっしり縛られて、その上鴨居から吊るされていては、川端のなすがままにされてしまい、どうしようもなかった。この二人の男のねちっこい視線を思うと、香澄はそれでも身を捩るようにして抗ってみた。だがプロの縛師には全く通用はしなかった。
膝からやや上の太腿に縄を巻き付けると、その縄尻を鴨居に巻き付けられている縄に付けられた金属環に通して引き絞った。松下が香澄の右脚に手を添えて持ち上げる。簡単に膝が上がってしまった。
真っ白な柔らかそうな太腿が、長襦袢を肌蹴て、付け根まで露わになる。それと同時に大股開きになってしまった。

「アア~~~」
悲痛な声が香澄の口から洩れた。それと同に二人の男達はごくりと唾を飲み込んだ。
「どうです、家元の割目は」
「これが家元の‥‥‥綺麗だな。まるで男を知らないようだ」
「まあ、そんなことはないけど、歳の割には初々しいですよね」
二人の中年の粘つくような視線を感じて香澄は身を縮めようとしたが、脚は躰から少し離れて吊られているので、開かれた股はいかんともしがたかった。
大股に開かれたからといって、秘裂がパックリと開いてしまう訳ではない。土手肉が僅かにほころび、その間から秘唇が見えるだけである。その上香澄のそれは齢の割には慎ましやかなものである。とは言っても、香澄には何の慰めにもならない。二人の視線に曝され、じっと見られていては、身も縮む様な思いである。

中本の指が遠慮がちに秘裂に伸びて、合わさっている秘唇の間に差し込まれた。
「イヤァァ~~~許して下さい」
「散々やられたことじゃないか、おぼこみたいに大げさな声を上げて」
「でも‥‥‥」
調教部屋では松下達に徹底的になぶられた。とは言っても、この初めて会う中年男達は、松下達とは何か包んでいる空気が違う。その雰囲気を香澄は素直に受け入れられず、責められることに拒否感も感じていた。既にここまでで自分に嗜虐癖があるらしいことは分かっていて、それを満たしてくれることを願ってはいたが、それとこれとはまた別のようだった。

「どうです、この中に色々な物がありますよ」
川端がいつの間にか車から段ボールの箱を持ってきて、中のものを中本と安城に見せた。そこには色々な責め道具が入っている。あの調教部屋から持ってきたもののようだ。
「いや凄いな、女を責める道具が、こんなに色々あるのか」
中本が香澄に伸ばしていた手を一旦止めて、箱からやや小ぶりの電マをとりだした。
「電池で動くんだな、使いやすくていい。安城さんもこれを使って、二人で家元を鳴かせてみませんか」
そう言われて安城も小振りの電マを取り出した。

電マのスイッチが入れられる。ブーンと僅かな音がして頭が振動し始めた。中本はその頭を、長襦袢を開かれて剥き出しにされた香澄の胸の頂にそっと触れさせた。遊びなれた中本は直ぐに一番敏感な部分を責めることはしなかった。
小振りの電マの振動は、フルサイズのものより細かい。それが既に尖ってしまっている胸の珠にそっと触れたのだ。
「アッ、いや‥‥‥やめてぇ~~」
そっと触れただけでも、香澄の躯にはゾクゾクとする快感が走る。強く当てられずに、そっと触れられたので余計に感じてしまったのかも知れない。

「よし、俺はこっちを」
安城がもう片方の鴇色の珠に電マを当てた。
「イヤァァ~~~」
躰を折って縄に身を委ねていた香澄はたまらずにのけ反ってしまった。
「どうだ」
「家元は敏感だな」
「調教部屋でかなり教え込みましたからね。調教されて躯が覚え込んだマゾの感覚が、だんだん目覚めてきてますよ」
二人の感想に松下が答えた。
「そりゃ楽しみだ」
中本と安城の手は、頂きの粒だけでなく、その周りから膨らみ全体を嬲り始めた。

電マの振動を速くして、グッと柔らかな膨らみに没するほど押し付ける。
胸全体を嬲り廻す。
二人がこもごも好き勝手に電マを動かした。遊びなれた二人である、どこをどうすれば女の躯に響くかは十分承知している。その二人に翻弄されて、胸だけでも香澄は燃え上がり始めていた。
「アア、アアゥ~~ダメェェ~~」





サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

「おう、これはいい」
中本は皆の目に曝されてしまった香澄の膨らみに直接手のひらを置き、グッと掴んで揉みしだいた。
「痛いっ!」
「これは俺としたことが‥‥‥こう優しくしなくちゃな。綺麗な花を手折ってしまうとこだった」
中本の指が一転して優しく乳房を撫でまわしてきた。そして頂きの鴇色の豆粒を摘まんで指先で揉みほぐした。しかし、それはそれで香澄の中に疼くような刺激を送り込んできてしまった。
「アア、ダメェ~~」
彼女の躰の中に、男の手で愛撫される、あの忘れていた感覚が蘇ってきた。

「家元は随分敏感なんだな」
「そんなこと言わないで下さい」
最初は上半身を折って縄にぶら下がるようにしていた香澄の躰が、中本の手の動きに従って、僅かずつ身悶え始めた。
しかし、がっしりと後手に縛られている。中本の手から逃れることは出来ず、なすが儘に弄ばれてしまっていた。胸を掻き開かれたまま身悶えをするので、長襦袢が着崩れてきてしまっている。それを見て松下がしごきを解いてしまった。
躰を飾っている縄だけで、長襦袢が肌蹴るのを防いでいる。だがそれだけでは、かなり肌が露出してしまっていた。
縄が肌に直接喰い込んできた。その感覚で香澄に躰の奥底に閉じ込めてした刺激が蘇ってきてしまった。

安城もたまらなくなったのか、立ち上がって香澄の前に来た。
「まるで娘の様に綺麗な胸だな。そっちは会長に任せてと」
呟きながら香澄の足元に屈んだ。腰を縛り上げている縄のお陰で、下半身はまだ大きく割れずに済んでいる。だが安城の手は遠慮なくその合わせ目に差し込まれてきた。
「アッ!」
片手で尻の膨らみを押えながら、手が太腿の内側に伸ばされる。
香澄は両脚をしっかり合わせてそれを拒もうとするが、指先で程よい強さで撫でられると、いつの間にか緩んで来てしまっていた。その上胸も巧みに刺激され続けている。

中本も安城も女遊びの経験は多い。どうしたら女が感じるかは十分わかっていた。ただ、このように拘束されて自由を奪われた女が初めてなだけだった。それだけに、二人にとっても刺激的だった。
執拗な愛撫で香澄の抵抗も緩み始めてしまい、安城の手のひらが合わせた太腿の間に差し込まれてしまっていた。
「アア、アアゥゥ~~~」
胸と太腿から快感が体の中に広がってくる。
安城が背後に回り両手で太腿を広げ、本格的な愛撫を始めた。それに呼応して中本が前に回ると、しっかりと香澄を抱きしめて、唇を寄せてきた。避けようとしても中本の腕はそれを許さない。さらに安城の愛撫が抵抗を奪ってしまっている。

「アアッ‥‥‥ウムム~~~」
香澄は中本に唇を奪われ、さらにその舌を受け入れてしまっていた。執拗な、それでいて刺激的な舌の動きに、香澄もいつしか応じていた。
安城の指は松下に気を使っているのか、太腿を愛撫するだけで、秘部には伸びてこなかった。それでも、二人の男に同時に敏感な所を巧みに愛撫されて、香澄は躰の中から溢れて来るものを感じていた。
「ウウ、ムゥゥ~~~」
口をふさがれながらも、愉悦の声を漏らしながら、香澄の脚からは完全に力が抜けてしまった。
取りあえずはそれで満足したのか、二人の男はほぼ同時に香澄に体から離れた。
「ア~~~~」
安堵したのか惜しんでいるのか、自分でも分からない溜息が、香澄から洩れた。

「どうです、家元の反応は」
「凄いな、こんなに感じやすい女は経験が無い」
「それもこれも縄のせいです。この女は縛られた刺激が加わって、より感じやすくなっているんですよ」
「縛られるというのは、そんなに性感を高めるのかね」
「それはその傾向のある女だけですが。いわゆるマゾ性の強い女じゃないと、不快感ばかりで逆効果ですね。じゃあ次に移りましょうか」
二人の男が香澄から離れると同時に、松下が前に回り込んだ。長襦袢の裾を広げると、腰に手を伸ばし腰巻の紐をほどいた。

「アッ、いや」
下半身をかろうじて守っているものを剥ぎ取られる。香澄は反射的に声を出していた。
「なんだい、調教部屋では散々曝していたじゃないか」
「でも‥‥‥」
今は二人の新しい男がいる。松下やその仲間たちは、ある意味でプロ的な雰囲気を持っていた。しかし、今目の前にいる二人の男達は、いわゆる脂ぎった中年というイメージではないが、香澄は何かまとわりついてくる粘着質な男を感じてしまっていた。床の間で悶える香澄を見る視線も、いま嬲り始めた手の動きなど、香澄を味わい尽くそうとするような不気味さもあった。
そんな香澄の気持ちを斟酌することも無く、松下の指は腰巻の紐をほどくと、長襦袢の下からそれだけを剥ぎ取ってしまった。
長襦袢の裾は元に戻ったが、下半身が何とも心もとなくなり、また香澄は両脚を互いに捩じるようにして、しっかり合わせた。





サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

「よし、取りあえずこれでいいだろう」
「きついわ」
今までは着物の上からの縄目だったが、今は薄物の上から縄を掛けられている。その上、締め付けは更に厳しい。縄が抱き締めるように香澄を締め上げていた。
「それが望みだったんだろう」
そういわれると香澄には返す言葉も無い。すでに縄の拘束感に身が痺れるようで、がっくりと首を垂れるだけだった。
胸を締め上げて後手のところにまとまっている縄に、二重になった縄が括り付けられた。その縄を川端が持つ。
「立つんだ」
縄を引かれて香澄がよろよろと立った。

開かれた襖は全て外されて、敷居を覆うように大きなビニールシートの上に、ペットシートが敷かれていた。肩を押されて、香澄はそのシートの上に連れていかれた。ほんの数歩のことだが、香澄は処刑場に引かれる女囚のように、よろよろと歩を進める。
鴨居には縄が数か所に巻かれて、それに金属環がぶら下がっている。川端は手に持った縄をその金属環の一つに通すと、手際よく香澄を吊り縛りにした。床の間の時と違い、乳房の下に縄が回されている。吊られると足が着いてはいても、上半身がひとりでに前屈みになる。
頭を垂らした俯き加減の姿は、やや乱れた後れ毛が垂れ下がり、覚悟を決めた風情だった。

香澄はそう吊られて躰を縄に委ねてしまっていた。一度絶頂を皆の前に曝してしまった今は、前にもまして恥ずかしさが募って来ていた。特に着物を剥がれて薄物だけである。躰の線がはっきりと見えてしまっていた。
「部屋飾りという言葉があるのかどうか知らないが、今度は徐々に咲いていってもらって、最後はこの二つの部屋の豪華な飾りになって貰おう」
松下が顎に手を掛けて顔を持ち上げた。中本と安城が、次は何が起こるかとじっと見つめている。硬く目を瞑ったが、香澄の肌にはその視線が痛いほど突き刺さってきていた。

「長襦袢で縛られているのも綺麗なものだな」
「何と言ったらいいのかな。危うげと言うのかな」
「ウ~~ン、俺は妖艶の方を取るな」
そろそろ四十路も近い熟れた躰を、長襦袢の上から縛られて鴨居から吊るされている香澄を見ながら、中本と安城はこもごも勝手なことを言っていた。
「アア、恥ずかしい~~~」
「何を今さら。調教部屋では散々恥ずかしい目にあったじゃないか」
松下がからかうと香澄は見を揉んで首を横に何回も振る。
「でも、初めての方には‥‥‥もう許して下さい」
「家元がいつまで経っても恥ずかしがるのは魅力だけどね。でも恥ずかしいと言いながら、それでいつも気をやっていたんじゃないか。これからこのお二人に存分に辱めて貰って満足するんだ。恥ずかしければ恥ずかしいほどいいんだろう」
「そんなこと無い‥‥‥アアァァゥ~~~」
否定はしても、ある意味図星を突かれて、香澄はがっくりと、体から力が抜けてしまった気がした。

「これからは飾り物を眺めるだけでなく、みんなでこの花を咲かせることにしましょう。家元も花を活ける時には、形を整えたりして、花を一番美しくするでしょう。それと同じように、生きた花の家元の魅力を引き出して、美しくしましょう」
「おう、そうだな。色々と家元の美しさを見せて貰って、楽しませてもらおう」
松下の言葉に中本も応じて立ち上がった。そして香澄の背後に回ると、やにわに後ろから抱きしめた。
前に回された中本の手が、長襦袢に包まれて、上下の縄と菱縄で迫り出されている胸の膨らみにかかった。
「あっ止めて下さい」
「揉んでくれと言わんばかりの柔らかさだ」
子供を産んだことのない香澄の胸は、歳相応に熟してはいたが、まだしっかりと張っている。その上縄で上下を締め付けられて、いやが上にも突き出していた。

「会長さん、ちょっと待ってくださいよ」
川端が前に回ると、長襦袢の胸の合わせ目に両手を掛けた。そして長襦袢の下にまとっている襦袢と一緒にそこを掻き開いた。
「イヤァァ~~~」
香澄の口から迸る悲鳴も、それをとどめる効果はない。
しごき一本で止まっていた長襦袢とその下の襦袢は、簡単に開いてしまって、ふっくらとした胸が剥き出しになった。





サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

中本と安城の二人も興味深げにその有様を覗いていた。
「ほう、家元のそこはそんな風のか」
「歳の割には綺麗だな」
「いやぁ、見ないで‥‥‥下さい…」
「後でたっぷりとお目に掛けますよ」
裾を直してから、松下が背中を支えて香澄の上半身を起こして支えた。川端が高手小手に縛り上げた縄を、手早く解いていった。
すっかり縄がほどかれた時に、中本がスポーツドリンクのペットボトルに、ストローを入れて持ってきて松下に手渡した。
「水分を取った方がいい、躰は起こしていられるか」
「大丈夫です、すみません」
香澄は両腕を付いて上半身を支えて、松下が持つペットボトルからスポーツドリンクを飲んだ。余程喉が渇いていたのか、500ccを瞬く間に飲み切ってしまった。

「苦しいだろう、帯を解いてやるから少し休め」
川端の手が帯留めにかかる。
「アッ、イヤァ‥‥‥お願い、やめて」
そういって身を揉んでも力が入らない。
川端と松下の手で帯留めは簡単にほどかれてしまった。背後の帯の結び目も手際よく解かれて、帯に締りが無くなってしまった。二人で躰を転がすようにして、手際よく帯を抜き取ってしまった。
香澄は拒もうとしても、手慣れた二人にかかってはどうしようもなかった。

「着物ってのは、ずいぶん紐だとかを巻き付けているんだな。まるで縛られているようだ」
見ていた中本が思わずつぶやいた。確かに帯を解いてもその下には伊達締めやら腰紐などがある。それらもたちまち解かれて、着物の前が肌蹴てしまった。
「いやぁ、恥ずかしい‥‥‥」
紺色の小紋が剥ぎ取られて、淡い水色の長襦袢が剥き出しになった。長襦袢はそのままで、伊達締めだけは解かれた。しかし腰紐を残したまま、川端は優しく布団の上に、彼女の躰を仰向けに横たえ足袋を脱がせた。
「少し体を休めるんだ」
松下は香澄の躰にタオルケットを掛けるとその場から離れた。

三人の男も部屋を出ていった。そして、いつの間にか香澄はまどろみ始めていた。
「躰を綺麗にして上げるよ」
松下だけがそばに座って、下半身だけタオルケットを持ち上げて、裾を開き股間を濡れタオルで清めてくれたが、それももう夢うつつだった。
他の男達は何かやっているらしい。それも香澄にははっきりとは分からなかった。いつの間にか香澄は眠りに落ちていた。

どの位寝たのか香澄には分からなかった。閉められている縁側の障子の明るさから、まだ昼間のようである。そんなに長くは寝ていないように感じた。
根を覚ました時、自分が何処に居るのかわからなかった。しかしそれも一瞬で、香澄は我を取り戻していた。
「良く寝たな。元気になったろう。さあ続きやるぞ、起きて手を後ろの回すんだ」
「いやぁ、もう許して下さい」
「何言ってるんだ。さっきはいいよがり声を上げて逝ってしまったじゃないか。この後も極楽に連れて行ってやる。香澄の躰もそれを欲しがっているんだろう」
「そんなこと無い、もう許して下さい‥‥‥」
言葉では抗っても、すでに松下に身を預けてしまっていた香澄は抱き起されると、背後から両方の二の腕をつかまれて、後に回された。香澄は見を揉んで逆らったが、所詮男の力には勝てない。その上心のどこかで縄を待ち望んでもいた。
そばに来ていた川端が、すかさずその腕を重ねると縄を巻き付けた。
「アァ~~~~」
ため息と共に、香澄の躰から力が抜けていってしまった。

松下に預けてしまった躰に、手際よく縄が絡んでくる。今度は帯が無いので乳房の上下を締め上げ、さらに肩から縦縄も通された。その縦縄に幾つかの結び目が作られて、さらに下に伸ばされる。腰の所で二本の縄が結び目を作り、左右に分かれて腰を締め上げた。後ろに回った縄が前に戻ると、乳房と腰の間の縦縄に絡め、また後ろにまわされて引き絞られた。
「ウッ」
乳房の下と腰の間に菱形が出来、縦縄も腰を縛り上げた縄もきつく締まった。川端は綺麗に菱縄を上半身に掛けていった。ただ躰に巻き付けられた縄でも、かなり強い拘束感があるが、菱縄で締め上げられると、一段ときつく躰を締め上げられた。





サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
リンク
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12・歪んだ正義=家元・香澄

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード