FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。

海外発・優良サイト(有料)のご紹介

















野々村は乗馬鞭を台の上に戻すと、今度は細いよく撓る棒を持ってきた。これも鞭の一種で、籐鞭(とうむち)と言われている。家具やかごなどを編む籐と同じ植物の幹で、篠に似ている。しかし篠よりよく撓るので、鞭としてお仕置き用などに使われている。
もちろん舞子はそんなことは知らない。籐鞭を見せられた時は、ただの細い棒のようにしか思えなかった。
「次はこれを使うぞ、これにも慣れなきゃ駄目だ」
膝が床に着いているので、舞子の足は裏を上に向けている。野々村は右手で持った籐鞭を左手で大きくたわませた。籐の特徴で大きくしなる。そのしなりを利用して、上を向いている舞子の足の裏を弾いた。

ピシッ!と鋭い音がして、舞子の足の裏で跳ね返る。
「ウウウゥ!」
バラ鞭や乗馬鞭と違った、切り裂かれるような痛みが走る。足の裏は鈍感のようだが、小さなものを踏んでも直ぐ感じるように、かなり敏感である。その上、土踏まずの所は踵などと比べると更に感じやすい。そこを細い籐で、バネを利かせて撃たれたのである。舞子は思わず吊られているパイプにすがって、膝を立てようとした。
そんなことは予想通りと、丸茂が脚を抑え込んでしまい、両足の裏が野々村に曝されてしまった。
野々村は再び籐をしならせると、反対側の足の裏を攻撃した。
ピシッ!
「あおぅ!!」
舞子は躰を反らせて激痛をこらえる。バイトギャクと顔を拘束しているベルトが無かったら、絶叫していただろう。
「どうだ、これも優れものだろう」
野々村は今度はしならせずに、細かく足の裏をたて続けに打ち始めた。しならせて打たれるほどの切り裂かれるような激痛は無いが、連続して打たれることで、痛みが膨らんでくる。
籐鞭も足の裏だからか、肌に傷をつけることは無いが、その痛みは常に鋭くて、バラ鞭や乗馬鞭とは異なり、直接的に舞子を弱らせてゆく。
「足の裏は分かっただろう。これからは足の裏も鞭の餌食になることを覚えておくんだ」
野々村は何回か続けて足の裏を攻撃し、舞子のそこは紅く腫れあがってしまった。

「これで尻を打つとどうなるかな」
バラ鞭や乗馬鞭で打たれた尻たぶは、まだ火照りは残ってはいたが、大分赤みが引いていた。そこの所を、野々村は籐鞭で、乗馬鞭で叩いたようにビシビシと打ち据え始めた。足の裏と違って肌の薄い尻の膨らみは、打たれるたびに紅く染まり、やがて蚯蚓腫れになってきた。
パシン!
「グゥゥゥ!」
悲鳴というより呻き声である。それもだんだん弱くなってきた。
打たれるたびに蚯蚓腫れは増えてきて、尻たぶに縞模様を作ってしまった。バラ鞭の跡と違ってひりひりと痛む。
「アグゥ~~」
呻きながらそれでも舞子は躰を捻って、籐鞭を避けようとした。

「ここは嫌か、じゃあこっちはどうだ」
野々村は、舞子の前に回ると胸のふくらみを打ち始めた。
敏感な珠にも当たる。激痛が躰の中まで響いた。アナルを拡張された時の最初の痛みよりも強い。数発撃たれただけで、もう舞子の気力は持たなかった。
「ウウ~~~」
弱い呻き声を上げると、躰から力が抜け、頭ががっくり前に折れてしまった。
「いっちゃったか。まあ最初にしては我慢した方だな」
二人の男は気を失ったからといって舞子を解放する訳ではなかった。逆に野々村がリモコンを操作して、チェンブロックを巻き上げ始めた。ぐったりした舞子の躰がまた引き上げられる。足が床に着いたところで一旦止められた。

「何時までも寝てないで、立つんだ」
丸茂が舞子の頬を平手で打った。何回かはたかれると、舞子は薄らと目を開けた。
「立てるはずだから、自分でしっかり立つんだ」
舞子は再びY字形に吊られていることに気付いて、足を床に着けて立とうとした。
しかし、足の裏は籐鞭で散々打たれている。尻のように蚯蚓腫れにはなっていないが、受けた打撃は同じである。今になって腫れあがって来て、舞子が足を床に着けた途端に、飛び上がるような痛みが走った。
慌てて爪先立ちになる。そうすると足の裏が引っ張られて、また違った痛みが襲う。
「ウウッ!」
舞子はたまらず、膝を上げて片足だけを床から離した。それでももう片方の足の痛みは耐えられない程である。直ぐに足を踏みかえた。まるで焼けた鉄板の上に乗せられて、踊っているようである。
その上、尻の膨らみからも、胸のふくらみからもジンジンとした痛みが絶え間なく舞子に襲いかかる。

「足が着けないのか、じゃあしょうがないな」
野々村はまたリモコンを操作すると、チェンブロックを巻き上げた。たちまちの内に舞子の足が床から離れて、宙吊りになってしまった。
「ウッ!」
両腕が引き上げられて、それに全体重が掛ったため胸の膨らみも引き伸ばされて形を変える。それと同時に籐鞭の蚯蚓腫れも引っ張られて、新しい痛みを舞子に送り込んだ。



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。


サンプル動画が見られます


テーマ:SM - ジャンル:アダルト

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード