FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。





アダルト広告はAPEXアフィリエイトシステム









思わず梨花子が声を上げた。しかし、すでに忘我の杜若には届かない。
「アアゥゥ・・・・・・」
「ハァ・・・ァァ・・・」
三人の巫女は権衆と一体になって動く。その高まりと涼やかではあるが激しく鳴り響く鈴の音と共に、小屋の中が徐々に暗くなっていった。蝋燭が消えてゆくのではない。蝋燭の光ごと闇が覆ってきている。その闇が徐々に濃くなっている。
梨花子は目がおかしいのかと思った。だが、後手に縛られた身では、こすってみることも出来ない。
御台所様の方を見た。夕闇のような明るさの中で、御台所様はじっと目をつぶっていた。 すでにこの闇を承知しているかのように。
闇に呑まれるように鈴の音も消えてゆく。

現実には、ほとんど絶頂に追い上げられた巫女たちからは、華やかに鈴は鳴り響いているし、甘やかな声も漏れている。それなのにそれすら、無声映画のように消えて行った。
「アアアア~~~~」
「オオウッ」
巫女たちも既に現実感を失っていた。

異界が奥宮を支配し始めた。徐々にこの現実の世界を、空なる神の世界が支配してきていた。全ては暗黒であり、また光り輝く世界である。暗黒と思えば暗黒であり、光り輝くと思えば光が満ち溢れている。
物質は消え去り、そこには気だけが存在している。いや、存在もしていない。完全に「空」の世界であり、その「空」が同時に物質となって、人間には認識できる。

権介が水木の中に精を迸らせ、続いて夏椿、杜若が逝き果てた時には、すでに闇がすっかり小屋の中に満ち、梨花子にはその様は見えないし、音も聞こえなくなっていた。
何も聞こえなくなったというのではない。巫女たちの声に変わって、梨花子の耳には何やらぶつぶつ呟く声が聞こえ始めていた。それが徐々に言葉となって梨花子の中にまとまってきた。
<嬉や、嬉や・・・>
耳に聞こえているのではなかった。頭の中・・・そうでもない、闇の中に呟き声が漂っている。それが、無意識のうちに、梨花子の口から漏れている。
「嬉や、嬉や・・・」
だが、発せられる声は梨花子の声ではない。しわがれた男とも女とも取れる声である。
闇はますます濃く部屋を満たしてくる。暗くなったというのではなく、闇というものが部屋にどんどん増えて、密になってゆく感じである。
「嬉や、新たな亥年の躰を・・・桜子、お前は戻れ。桜子に戻れ・・・」
「おお、梨花子は我が物となった。我が躰となった・・・」
別の声が梨花子の口から漏れる。完全に男の声である。梨花子はいつのまにか、上下も前後左右も闇に包まれて、闇の中に浮いていた。

完全な闇の中にいながら、梨花子一人が光に包まれている。この闇の中で誰かが見ていたら、その中に光となって浮かぶ梨花子の裸身を見ていたはずである。
だが、逝き果てた巫女たちは、気を失った中で、異なる世界に自分たちの身があることだけは分かっていたが、現実の奥宮から離脱した空間にはその他に誰がいただろうか。まして、梨花子のように意識が奥宮という物質空間から離れ、神と一体になってしまった者が。それだけではない、梨花子は奥宮に括られた躰を残し闇に光となって同化していた。全くの闇という空間に、光という、物質を持たない存在として、梨花子は同化していた。
光源から発せられる光とは違う。光源はない。ただ光だけがある。そして光に包まれた梨花子の意識は、また片方では大神様であった。

大神様は男根そのものとなり、待ち受ける大神様と一体となった梨花子の中に入る。梨花子と一体になった大神様がいるのでなく、男根になった大神様もまた梨花子そのものである。だが、そこに形があるわけではない。梨花子の感覚の中で、梨花子が大神様を迎え入れていた。
「アア、きて・・・もっと深く、もっと強く。アアア~~」
梨花子の自分の声とは違った艶めいた女の声に変わる。梨花子の若い声ではない。かといって御台所様の声でもない。まさに女そのものの声である。
究極のよがり声・・・そういうものがあればそれであろう。
「ア~・・・・・・アア~・・・・・・」
波のように押し寄せては戻り、押し寄せては戻る艶めいた声・・・そして、梨花子は躰中が子宮になっていた。
<イ、イ、イクー!>
梨花子の光が薄くなり、全ては闇の中に紛れた。

その頃、奥宮は魂の抜けたような梨花子を残し、誰もいなくなっていた。
そして翌朝奥宮に桔梗が訪れたときには、梨花子は新しい御台所様として誕生していた。

伊野谷村が現世に実在するのかどうか、新しい御台所様ですら分からない。ただ、全ての世界は、宇宙の果てまで大神様のご意志に司られ、人間はもちろん、全てのものは限りあるものとして、大神様の手の中にある。大神様だけが限りない唯一の存在だと言うことを、大祭の暗黒と光の中で、梨花子は知ることが出来た。その結果、梨花子と言う名を持つ肉体から脱皮でき、大神様と一体となれる御台所様になったということを悟ることが出来た。
かつて梨花子と呼ばれていた御台所様は、桔梗と小菊を付人とし、12日に一度大神様に呼び出され、大神様が憑依した權衆と共に異界を彷徨っている。
御台所様が呼ばれない日には巫女たちが舞を捧げ、大神様を慰めている。杜若が巫女として増えたため、一番年長だった水木は、いつの間にか掻き消える様に伊野谷村を去った。前の桜子と言う名だった御台所様も大祭以降、伊野谷村から消えていた。
何処へ行ったのかは神官すら分からない。

伊野谷村では分からなかったが、東京の小さいが、由緒ある画廊で、「幻の画家・桜子日本画展」が開かれ、各界の名士が集まっていた。それまで、作品は時として秘密裏に展示されることはあったが、公に展覧会が開かれることは無かった。
その展覧会には、新作と共に画家の桜子も、時々顔を出していた。今までどこにいたのか分からないが、忽然と姿を現した三十代の艶めかしい美女だった。
*****************おわり**************


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







静かに立ち上がると、音もなくすっと桔梗と小菊が出て行った。そのときに吹き込んだ風で、蝋燭の炎が大きく揺れ、数本が消える。小屋の中が少し暗くなった。
巫女を吊っている縄が引き上げられる。腕が一本の棒のように縛られたまま手首を引き上げられて、三人の巫女は一様に体を二つに折り前屈みになった。白い豊かな腰が突き出される。その股間に無毛の割れ目がはっきり露になった。
胸の膨らみから垂れ下がった鈴が一斉に鳴り、涼やかなハーモニーを奏でる。巫女一人一人の鈴の音が異なるためであろう。
「ウウ・・・」
リングを嵌められた口で、杜若が呻いた。まだ恥ずかしさが勝るのであろう。

権衆たちも全て脱ぎ去った。この部屋にいるものは、みな生まれたままの素裸になった。
「巫女様たちには、舞をまって、大神様をお呼びしてもらおう」
杜若には権造、水木には一番若い権介、そして夏椿の前には権治が立ちはだかった。そして、二つ折りになり下がった頭を押さえ込むと、リングで開かされた巫女の口へ、各々の肉塊を押し込んだ。
リリリリ~~ン・・・・・・一斉に鈴が鳴る。部屋に鈴の音が満ち溢れた。
それと同時に、巫女の開いた足が動き、御台所様と梨花子の花襞に食い込んだ縄を引っ張った。
「ア、ツゥ・・・」
梨花子は思わず体を動かして前にいざった。御台所様は眉間に皺を寄せながらそのまま正座して耐えている。
その梨花子を見た権造が、いったん杜若の口から自分のものを抜き取ると、新しい縄を持って梨花子の所へ来た。
「梨花子様、しっかり耐えてもらわなくちゃ・・・」
有無を言わさず、足首を太腿に括り合わせ、壁に寄りかかってM字型に足が開くように固定した。これで、梨花子はもう動くことが出来ない。それだけでなく、急所に完全に食い込む縄を曝してしまった。

再び巫女へのイラマチオが始まった。自由の利かない体で、頭を押さえられ、リング型の口枷で開かされた所を、無理やり犯される。それもただ突っ込まれただけでなく、喉の奥まで擦り上げられるのだ。
「グオ・・・」
喉を突かれ、口腔内の粘膜を嬲られ、三人は涙を浮かべて苦しい息をする。だが、それに慣らされた躰は次への期待を呼び覚まされていた。開いた股間に息づく肉壺は蜜を溢れさせ、紅い粘膜を露にしてきていた。

最初に口から抜いたのは水木を相手にしている権介だった。水木の背後に回ると、すっかり怒張したものをゆっくりと秘口に押し入れていった。
「アァァ・・・」
若い権介に割られて、水木の口からため息とも聞こえる甘い声が漏れた。
それに続いて、夏椿が権治に子宮まで突き通された。
「ほら、もっと舌を使うんだ」
権造は杜若の口をまだ嬲り続けている。初めて権造に口を犯され、処女を貫かれてから、もう何回も権衆と躰をつないできた。だが、権造にはまだ生ぬるいのかもしれない。
やがてその杜若も、すっかり愛液にまみれた花芯に権造の棍棒のような塊を収めていった。
三人の権衆がそれぞれ巫女たちの腰を掴み、自分の腰を振って突き上げるように抽送を繰り返しはじめた。

「アアゥ」
口をリングで塞がれてはいても、巫女たちの口からは声が漏れる。
権衆の動きに体を動かせば、足首をつながれた隣の巫女が引っ張られ、股をさらに大きく割られる。三人のそんなもがきが御台所様と梨花子の秘芯を締め上げている縄に伝わり、二人を苦しめることになる。
「ヒーー、ダメ杜若さん、動かないで」


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







亥の年、亥の月、亥の日、亥の刻、それが大祭の行われる日である。亥の月は旧暦の10月であるが、大祭を行うのには時期的に不適当なので、これだけは新暦の10月に行うことになったという。
10月の最初の亥の日、その日は大安に当たっていた。
権衆と躯をつながなくても、梨花子は常に大神様を身近に感じていた。身近というより、梨花子は常に大神様の中にいた。
大神様に包まれていると、梨花子は全てを大神様と御台所様に委ねることができた。
大祭の日、亥の刻、すなわち午後9時から11時に間に合うように、梨花子は御台所様と奥宮に向かった。長襦袢とも見間違えるような薄い白い一重の着物だけを素肌にまとい、簡単に伊達締めを結んでいる。
何がどう行われるかは分からない。御台所様も何も教えてくれない。小菊と桔梗が従った。菖蒲は加わっていない。
四人だけで、手燭を点し、藁ぞうりを履いただけで細い道を登ってゆく。
空は晴れて、満天の星空に満月に近いが、やや欠けた月がかかっていた。月明かりが木々の葉の間から零れてはいるが足元は暗い。風は無かった。とはいっても秋の空気はひんやりとして、薄い着物一枚の肌を刺す筈であったが、暖気に包まれて全く寒さは感じなかった。
奥宮にはすでに三人の巫女と権衆が到着していた。二人の神官も控えている。
中は太い蝋燭が何本も点され、赤っぽい光で照らさせている。小屋の中は特に暖房はないが何やら生暖かく、外から入った梨花子はほっとした。

三人の巫女は布を前後に垂らして、脇を紐で結ぶ巫女の衣装を纏い、両腕の肘の所から手首までを後手に一本に縛られ、水木を中心に三本の梁に吊るされていた。真っ直ぐ立ったまま、静かに顔を伏せている。
「御台所様と梨花子様がお出でになりました」
桔梗が宣言をするように声を掛ける。
御台所様は部屋の一方、夏椿の吊るされている方の壁を背にして座った。その向い側の壁、すなわち杜若の側に梨花子が桔梗に導かれ正座する。
「すでに亥の刻です」
葛原が厳かに言うと、権衆が一人ずつ巫女の着ているものを脱がせ始めた。脇で止めている紐を解くと、はらりと布が前後に広がる。それを頭からすっぽりと抜き取ると完全に素肌を曝した。
体を飾る鈴などが入った木箱は、すでに各々の脇に置かれている。権衆が手際良く巫女の身に付けてゆく。
チリリ~~ン・・・・・・涼やかな鈴の音が部屋のあちらこちらで鳴り始めた。
口にはリング状の猿轡を、耳に、乳首にピアスをされて鈴がぶら下げられる。
三人の巫女は、権衆がやり易いように協力はしているが、一番若い杜若は、股間に鈴を掛けられる時に、やはり身を捩って、権造に派手な音を立てて、尻をはたかれた。
秘唇に鈴が吊るされると、その重みで襞が伸びて垂れ下がった。股間に鈴がぶら下がり、三人の巫女はやや股を開いていた。まだ発達しきらない杜若の襞も引き伸ばされ、秘裂から顔を覗かせている。
ほっそりとして脂の薄い杜若、背の高い夏椿そして柔らかな曲線の水木、三人三様の白い体が、鈴を纏って梁に吊られて立つ。何処からか風が入ってくるのか、蝋燭の炎が揺れ、巫女を照らす明りが妖しく揺らめく。

「御台所様も梨花子様も脱いで下さい。ここは寒くないはずです」
暖房も無いのに奥宮の小屋は程よい暖かさであった。神官の葛原に声をかけられ、御台所様は立ち上がった。それに倣って梨花子も立ち上がる。小菊が御台所様を、そして桔梗が梨花子を裸にしてゆく。
裸になると梨花子には権治が、御台所様には権造が近寄り、後手に縛り上げる。そしてさらに腰に縄を巻きつける。ひと巻すると、縄尻を後ろから尻の割れ目を通して、股間を割り前に回す。
丁寧に秘裂に食い込ませると、腰を巻いた縄に下からくぐらせ、前に引き出した。

二人の権衆が御台所様と梨花子に縄をかけている間に、権介は巫女の脚を大きく開いて、足首を隣同士で結んでいた。
真ん中の水木の左足首と左側に立つ夏椿の右足首を縄でつなぐ。反対に水木の右足首と杜若の左足首がつながれる。そして最後に、権造と権治が御台所様と梨花子の腰から前に伸ばされた縄を、それぞれ夏椿の左足首と杜若の右足首に結びつけた。
三人の巫女は大きく脚を開いて、各々つながれてしまった。そしてその左右は、御台所様と梨花子の股縄につながっている。一人が股を閉じようとすれば、他のものが苦痛を味わい、挙句の果ては梨花子や御台所様の秘裂に縄が食い込むことになる。
御台所様と梨花子はその姿勢のまままた床に正座した。だが、股間に食い込む縄は緩むことは無い。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト



// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード