FC2ブログ
SM小説に託し、日々浮かぶ妄想をハードに書き綴って、美女を責めさいなんでいます。緊縛、剃毛、浣腸などなど・・・どうぞお楽しみ下さい。











「どうだった、診察の結果は」
「それほどの傷は受けていなかったようです。ただ、ショックが激しいのでしばらく安静が必要とのことです」
「この病院なら安心だ。しばらくゆっくり休んで貰う」
その夜遅く小夜子が入院した病院へ駆けつけた畠山は、ずっと付き添っていた山下と声をひそめて話し合っていた。傍らのベッドでは、小夜子が鎮静剤を注射されて昏々と眠っていた。

「小夜子さんには本当に申し訳ないことをした」
一週間ほど経った午後、畠山はもう退院しても良いと許可が出た小夜子を迎えに来ていた。入院している間、畠山がほとんど付ききりで看病していた。畠山が来られない時は、山下が付いていた。
「いったい何があったのですか」
山下が用意したものに着替えを済ませた小夜子は、顔色も見違えるようによくなっていた。
「ああいう目に逢わせてしまったのだから、きちんと説明しなければならないだろうな。詳しい話は出来ない部分もあるんだが・・・ある程度は知っといてもらったほうがいいだろう。小夜子さんもある国が国家組織で偽ドルを作っているという話は聞いたことがあるだろう。その国が、日本円の偽札を作るという情報が入ったのだ」
「じゃあ・・・畠山さんは警察の方なのですか」
「いや、警察じゃないんだが・・・ウ~ン、もういいだろう。外れたことだし。公には出来ないが、国の役所の中に、そう言う外国の情報を調査する所があることは知っているかい」
そういえば、そんなものもあると言う噂程度には知っていた。しかし、小夜子とは全く別世界のことだと思っていた。
「ええ、ネットや週刊誌の記事だとかで」
「私はそこの職員なんだ。ただ、この間までは、そこが行う秘密調査を引き受ける外郭団体の組織に出向していたんだが」

偽札の調査を行うために、その外郭団体へ出向し、チームを率いてきた。畠山のごく平凡な顔かたちや、どこといって特徴のない姿は、秘密の情報調査にはうってつけだった。
偽札を印刷する原版が日本で作られていることを掴むと、それを押さえ、あわせて日本の組織だけでなく相手国の連絡員も確保しようとしていた。
原版の橋渡しをする組織を掴むと、その組織に一人潜入させ、原版が盗まれるかもしれない、事実盗まれたというようなかく乱情報を流した。
慌てて相手国から連絡員が飛んできて、仲介組織に原版を要求してきた。
それと同時に、畠山の別のグループが原版を作った印刷所を襲撃する。襲撃されたことで、相手国の連絡員は疑心暗鬼になり、仲介組織に詰め寄ってきた。

仲介組織には、女が原版を保管しているという偽情報を流し、相手国の連絡員をおびき出そうとしていたが、上手くその罠が当たった。
だが、そこで狂いが生じた。相手が、その女を小夜子と間違えてしまったのだ。畠山と小夜子の密接な関係と博物館の招待券の誤送が誤解を生じさせたようだった。

結果的には相手国の連絡員だった朴も捕らえることができた。偽札の原版も押さえることができ、外交的な切り札を握ることができた。
しかしこの捜査で、相手国に畠山の顔が分かってしまい、今後の秘密捜査が出来なくなった。畠山は人事異動で警察庁へ転勤になり、そこの情報連絡官になることになった。

「日本にも007みたいなことがあるのですね」
「そうだよ。日本だけ丸腰では安全は守れないのだ」
「そのお仕事で、私に近づいたのでしょうか」
「とんでもない。益本さんは、秘密捜査のベテランで、私の先生みたいな人だった。でも、引退しちゃってね。どうやら佳奈子さんと出会ったためらしい。ともかくあれだけのビルのオーナーなんだから、仕事が趣味みたいな人だ。僕がゴルフ練習場であなたに一目ぼれしたというのは本当なんだ」
「でも、畠山さんも私に酷いことをしたわ」
小夜子の目にはもう許している笑いがあった。
「本当に申し訳ない。ただ、私はああしないと駄目なんでね。それはもう分かって貰えたろう。最初はだますような・・・でも山梨の別荘でのあの夜、小夜子さんが起きてこなかったら、あなたを諦めようと決めていたんだ。賭けだった」
小夜子にはもうずいぶん昔のような気がしていた。
「そういえば山下さん、何処かでお会いしたような感じなの」
「そうかな。それより元のご主人の諸井さん。今度の株主総会で役員になって、ご自分で立ち上げたタイの工場の工場長になるそうですよ。それと、社長が再婚相手を探したとか」
「はい?」
小夜子には、なんで突然畠山が諸井の話を持ち出したのか、全く理解できなかった。どうやら浮気相手とは結婚しなかったようである。

暮れてゆくレマン湖を望む高層マンションの一室で、小夜子はスリップ姿で立っていた。
畠山は情報連絡員として、ジュネーブの総領事館に赴任した。各国の情報員との情報交換やその分析が主な仕事のようである。
離婚後まだ法定期間を過ぎていないので正式に結婚はできないが、小夜子は畠山夫人として一緒にジュネーブに来ていた。
小柄で愛くるしい小夜子は、在ジュネーブの各国外交官の間で、Japanese-dollとして人気があった。
だが、その股間がいつも無毛で、夜毎縄の下で淫乱に身もだえし、恍惚に浸っているなどとは、誰も考えなかった。ただ、常に長袖を纏っているということは、小夜子の代名詞として有名であった。

小夜子はゆっくりと腕を後ろに回した。
「今夜も縛って下さい」
---------------------------終わり-----------------------


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







「あっ、そこは・・・イヤァ~」
しかし、松木の手は止まらなかった。松木が押し込むと、既に何回も畠山とつながった菊の蕾は、小夜子の意思とは係わりなくディルドウを呑み込み始めた。
「そうか、経験があるのか。これだけのことをしでかす女だ。いくら可愛いといっても、その位じゃなけりゃな」
蕾の皺がすっかり延び、ディルドウが直腸の中に納まった。二つのディルドウが、薄い粘膜を隔てただけで、小夜子の躯の内に突き刺さっている。だが、今の小夜子はその充満感を味わっている余裕は無かった。
「さあ、原版を貰おうか。どこなんだ」
「私は何にも‥‥‥知らない‥‥‥」
「まだそんな寝言を言っているのか。じゃ、とことん責めてやるぞ。ここが使えなくなっても後で後悔するな」

逆さ吊りになっているので、挿入された二本のディルドウは抜け落ちることはない。微妙な角度を保って、角のように小夜子の躰からその根元が突き出ていた。
松木はまた鞭を手に取ると、そんな小夜子の股間めがけてスナップを利かせて打ち下ろした。狭間から秘丘に絡みつくように鞭の房が炸裂する。
「グェ・・・」
付き立てられたディルドウも一緒に容赦なく鞭を浴びる。その衝撃がディルドウを通して、小夜子の躯の深淵を刺激した。手で抜き差しされたことはある。しかしそれとは全く違う衝撃であった。まさに、脳天まで響く衝撃。

打たれるたびに鞭の痛みと、躯の中を走る抜ける異常な刺激に、小夜子は朦朧となってきた。
逆さに吊られている。頭に血が上って、それだけでも意識は定かではない。
だが打たれるたびに、空ろになる意識が引き戻され、またボーっとなって行く。
「まだ吐かないのか」
男の声が頭の中にグワーンと鳴り響く。誰が怒鳴っているのか、もう分からなかった。
その中で衝撃が襲う。
「アグゥッ」
心地よい、気持ちよいのとは全く違う。だが、その衝撃で躰が熱くなってきた。痛いのは分かりながら、虫歯をかみ締めてみるのと同じなのかもしれない。
気持ちとは反対に、小夜子の躯は何時しか激しい攻撃を待ち受けていた。
<そんなの‥‥‥だめ~~~~~>
望んでもいないのに、躰は潤んできていた。

「原版はどこだ」
それでもそれは、やはり快感であった。ディルドウが子宮口を突き上げ、直腸内のそれが薄い粘膜を隔てただけで、肉筒のディルドウにぶつかる。その振動が、また小夜子を熱くする。
「ああ、ン・・・アウ・・・」
「おい、松木。女がよがっているぞ。悦ばせてやっているのか」
金井がじれてきた。朴もいぶかしげになっている。
「じき吐きますよ。意識が半分飛んでいる。もう我慢も出来ない」
「そんなものなのか」

いくら房鞭だといっても、そこだけを責められ、太腿の内側から股間全体が赤く腫れあがっている。肌が裂けて、血が滲んでいる所も散見された。
松木がまた小夜子の股間を打った。
「ああ、あぐん・・・ア・ア・ァ・ァァ・・・」
小夜子は脳天に付き抜けるような火の柱に貫かれ、ガクンと大きく躰を突っ張らせた。と同時に、尿道口から大量に液体が吹き出た。噴水のように吹き上がると、大きく床に散った。

その時、シャッターの脇のドアが開き、朴に付いていた男の一人が飛び込んできた。
「××××××!」
日本人には理解できない言葉で怒鳴った。
「松木さん、あんた我々を売ったか」
「何ですか」
「警察が来た。まだ少し離れているが」
「そんな・・・ここは安全なはずだ」
「まだ、ここまで着いていない。ともかく逃げる。わたし捕まる訳には行かない」
「こっちだって同じだ」
「この女を盾にすれば・・・」
「降ろしている時間がない。ほっといて逃げろ!」
男達は慌てふためき混乱した。その中で、小夜子は完全に気を失っていた。
男達が逃げ出した直後に外で数発の銃声がした。
畠山が倉庫に飛び込んできた。

「小夜子さん、大丈夫か」
股間に差し込まれた禍々しいものが抜かれ、ホイストクレーンの鎖が弛められる。
畠山が降りてくる小夜子を抱きとめた。
さらに女が飛び込んできた。小夜子の様子を見て取って返すと、毛布を持って戻ってきた。
「室長」
「頼む」
畠山は小夜子の腕の縄をとくと、また外へ駆け出して行った。

女は小夜子を毛布でくるみ、天秤と呼ばれた鉄棒の鎖から脚のロープを外した。そしてそのまま小夜子を抱き起こす。
その時になり、やっと意識を取り戻した小夜子は女の肩に摑まって、よろよろと立ち上がった。
「確保!」
「こっちも確保したぞ!」
外で幾つもの声が上がった。

畠山が戻ってきた。
「朴を確保した。その上、日本人の方も全員逮捕した、とりあえず監禁致傷で緊急逮捕できる」
「良かったですね」
小夜子は女を改めて見た。
「あなたは‥‥‥」
「すみません、本当は私が囮に‥‥‥」
女は答えると、小夜子を畠山に委ねた。
小夜子は女の顔を見たことがあるような気がした。どこだろう、確かに知っている顔なのだが‥‥‥朦朧とした今の小夜子には思い出せなかった。
「ともかく安全な病院へ行く。私は後始末をしなければならない。彼女、山下さんが面倒を見てくれる。夜にでも、遅くなっても行くから・・・・・・すまなかった」
畠山は小夜子を抱き上げた。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト







小夜子の目に映るものが全て逆さになる。それだけで辺りはまるで違うものに見える。さらに、体がゆっくり回転しながら揺れている。手先が床から10センチも上がったところで上昇は止まったが、低い高いの問題ではなかった。
小夜子は眩暈がするような気分の悪さと、恐怖に襲われていた。
「こわい~降ろして‥‥‥」
「それじゃ、男から預かったものを素直に渡すのだ」
「何にも預かってなんかいません。いや~気持ち悪い。降ろして下さい」
「じゃあ、男はどこへ行ったんだ。どこへいつも連絡してる」
「本当に知らないのです。連絡は‥‥‥」
小夜子はふと言葉を切った。そういえば、畠山の住所を知らない。ホテル住まいで、住所不定なのかも知れない。唯一知っているのは携帯電話の番号だけだ。

小夜子は首をそらして、バッグの行方を探った。その動きで金井には分かったようだ。
「携帯か」
床に放り出された小夜子のバッグの中から携帯電話が引っ張り出された。すぐに番号をアドレス帳から見つけたらしく耳に当てた。
「どうだ」
朴が声をかける。
「もう解約をしたようだ。素早いな。どうしてもこの女から聞き出すよりしょうがない」
松木が金井の呟きを聞くと、えたりとばかりに房鞭を持って小夜子の前に立った。何か松木は小夜子を拷問するのが楽しくてしょうがないらしい。

「いいか、これが最後だ。白状するんだ」
「何にも知りません。助けてください」
その小夜子の哀願が終わらないうちに、松木の手がひらめき、鞭が小夜子の大きく開いた股間を襲った。
「ヒーッ」
小夜子の体が海老のように跳ねる。その反動で、小夜子自身が振り子のように大きく揺れた。戻って来るところを、また松木の鞭が背中を打ち据えた。
「背中じゃ効き目がないか、やっぱり女はここだな」
また、松木の鞭が股間を狙ってきた。しかし、今度は小夜子が必死で体を曲げて腕を持ち上げ、股間を守った。完全とはいえなかったが、鞭が股間ではなく、手の甲を打つ。
「やったな。手をどけるんだ」
「だめ~、助けて。何にも知らない・・・お願い~」
「よし、逆らうんだな。順次、この女の手を縛れ」

順次が後から小夜子の手首を掴むと強引に背後に回した。そして、その手首を一つにして縄で括くり、その縄尻を腰に回して締め上げた。瞬く間に小夜子の手は、後手に固定されて、動かなくなってしまった。
再び松木の鞭が、無防備にさらされた無毛の股間に襲い掛かった。

容赦ない、休むことのない鞭打ちに、小夜子の体は大きく跳ねる。その結果、振り子のように、右へ左へと大きく揺れ動いた。
打たれた所が腫れあがってくる。
躰の中でも特に敏感なところを打ち据えられて、小夜子は泣き叫ぶよりしょうがなかった。
「イイ・・・、イヤ~、あ~・・・」
「話してしまえ、楽になるぞ」
「知らない、ほんとに何も知らない・・・」
「強情だな」
「兄貴、こんなもんがありましたぜ」
順次が二階の事務所から黒いディルドーを二本持ってきた。
「痛めても駄目なら、突っ込んでかき混ぜてみるか。いい気持ちになって、吐く気になるかもしれないな」

松木は小夜子の体の揺れを止めると、鞭跡で紅く腫れあがった土手肉を押し開き、既に鞭にも曝された秘口を剥き出しにした。当然のことだが、潤いなど全くない。
「これじゃ無理だな」 
松木はしゃがみ込むと逆さになって苦しげに呻いている小夜子の顔へ、黒いまがまがしいものを突きつけた。
「気持ちよくしてやるからな。その前にこいつを舐めて、入れ易くするんだ」
「イヤ~、もう助けて・・・」
「ほれ、口を開けるんだ」
小夜子の顎をつかむと、強引に口を開かせて、ディルドウの一本を押し込んだ。
「アオッ‥‥‥ウウウ、グェ」
「よく舐めて、濡らすんだぞ」
松木は喉まで突き刺すほど押し込めると、ぐりぐりと回して、小夜子の口をえぐった。
「アワォ・・・アゥ・・・」
目に涙を浮かべ、小夜子は松木のなすがままである。
そんなものを口の中に突っ込まれれば、嫌でも唾液が溢れる。口の端からも涎になって流れ出て、頬を濡らした。
「こんなもんでいいか」
松木は無造作に抜き取ると、立ち上がって抜き取ったものを秘口に当てた。

「ああ、イヤ~、助けてぇ~~」
もう叫ぶ気力もない。弱々しく呟くような小夜子の哀願は全く無視された。
松木は小夜子の唾液でぬらぬら光っているディルドウの先端で、紅く割れている秘裂をつつき回す。
「毛が無いから丸見えだな。こんな可愛い顔をしていても、ここんところは淫らなもんだ。ほれ、感じてきたろう」
「アアン・・・ンン~」
逆さに吊られて苦しいのに、ディルドウで刺激されると、躰の奥から潤んでくる。
「もう大丈夫だ」

松木は片手で肉襞を押し開くと、ディルドウを肉壺にグイッと押し込んだ。 優しさなどなく文字通り突っ込んだのだ。
「アウ・・・クゥー」
声とも呻きとも付かないものを漏らして、小夜子は強制的に呑み込まされてしまった。
松木はすっかり収めると、ゆっくり抜き差しした。そのたびに子宮口が小突かれる。
蠢きだした秘肉が、抜き差しされるものに絡みつく。すっかり畠山に馴らされた躰が恨めしい。
「よーし、ぐっしょりに濡れたな。これなら大丈夫だろう。よし、もう一本も」
松木は収めたものを抜き取ると、もう一本をねじり込んだ。
「‥‥‥」
「こいつはどうするかな。うん、もうひとつ口があるな」
小夜子のあふれ出したものを指に取ると、無造作に菊座になすり付けた。


ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。




テーマ:SM - ジャンル:アダルト



// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 日々の妄想を形にして(SM小説) all rights reserved.

アダルト動画検索(18禁)

アダルト動画 DUGA

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

全記事(目次)
メールフォーム

ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ

バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教

リンク
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
RSSフィード