fc2ブログ

熟女人妻奴隷調教 第73回(最終回)

奈美子は自分の躯なのに、なぜ排泄器官であるアナルで、愉悦を得られるのかは分らない。だが、今はそんなことはどうでも良く、どんどん膨らんでくる快感を、貪欲に求めていた。
女のあらぬ所を、自由を奪って犯すことで、浪川も興奮が膨らんでくる。それはただ躯をつなぐことだけでは得られない、より強いひと味違った興奮である。

「奈美子のアナルは絶品だぞ。いい、素晴らしい……」
浪川の声が耳に届くと、奈美子に一層欲情が高まってくる。あのめくるめくような絶頂が迫ってきていた。
「お願い、逝かせてぇぇ~~~」
「堪えろ、そうすればもっと良くなる」
「あ~~~、もう駄目ぇぇ~~~」
浪川の動きが大きくなり、そして速くなった。彼の方も腰の奥から押し迫ってくるものがあった。
「いい~~~、ごめんなさい~~いく、逝きますぅぅ……」
奈美子は躰を震わせて、絶頂を迎えてしまった。

「まだだ、まだ我慢しろ」
そうはいっても、浪川の方もフィニッシュが近かった。
一度絶頂を迎えた奈美子は、いったんそれが収まった感じだったが、さらに深いアクメが襲って、頭の中も真っ白のなってしまった。
「お願い、来て…………もう駄目、あああっ! またぁぁ~~~」
「よしいくぞ、たっぷり受け取れ!」
そう言うと、浪川も腰に痺れるような快感を味わいながら、奈美子の大腸や肛門壁にしとどに白い汚濁を浴びせかけた。

「ああ、ああぁぁ~~~いい、イクゥウ~~~」
奈美子が、さらに大きく躰を震わせて、崩壊を晒してしまった。
何回もアクメに襲われて、そのたびに奈美子の肛門がギュッと締まる。それが浪川の肉棒を締め付けて、まるで絞り取るように浪川の精を呑み込んでいた。

やがて奈美子はぐったりして反応しなくなった。浪川も仕事を終わって力が抜けた肉塊をゆっくり抜き出した。
跡はぽっかりと大きな穴が開いたまま、虚ろに暗い中を見せていた。
<とうとう、お尻でご主人様とつながってしまった……もう戻れない、完全に堕ちてしまった。スレイブとしてご主人様に尽くすより、自分を満たすものは無い>
アナルを捧げてしまったことは、奈美子に一つの区切りを与えていた。


「管理官、頂いた情報で捜査をしたところ、裏カジノが見つかりました」
「役に立って良かったわ。あとは課長の指示で、遺漏の無いようにして」
県警での奈美子の情報収集力は目を見張るようなものがあった。それは当然で、奈美子自身が裏社会とつながっているのだから。
だが森本グループはまっとうな企業のグループだし、浪川の森本興業も県や市の業務も請け負う江洲市でも有力な企業の一つだった。森本グループと接触をもっても、特に問題は無い。
とは言っても、表沙汰に出来ないことも多く、奈美子はある意味では二股を掛けて、警察内でも森本興業の中でも発言力を持つようになってきた。

そんな中でも、パーフェクト・スレイブになるための奈美子への調教は続いて、今や『禁断の館』のスレイブのトップになっていた。だが、奈美子は浪川一筋で、不特定な会員とプレイすることはなかった。ただ、例外的に浪川の同伴者とは場を同じにすることもあったが。
そんな奈美子とのプレイを求めて、浪川に近づく各界の有力者も多くなり、浪川の森本グループでの力も増していた。

(一応おわり)

尻切れトンボのように、きちんと結末を付けずに終わりにしてしまい、申し訳ありません。
最初の構想から、どんどん話しが広がって、と言うよりめちゃくちゃになってしまい、収集がつかなくなってしまいました。
そういうことで、この先は新たなストーリーとして、、『禁断の館』を中心にした連作短編の形でまとめていきます。
このストーリーに登場した美穂を始めとする女性たちのその後や、新たな女性などを、心機一転して綴ってみます。
相変わらずのご愛読をお願いします。




ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

熟女人妻奴隷調教 第72回

パーフェクト・スレイブにすると言われた日に、奈美子は浪川とは躯をつなぎ、絶頂を味わっていた。自由を奪われた状態で肌を合わせた時から、浪川は彼女にとってご主人様だった。
今肉塊を剥き出しにして目の前に立たれても、それは嫌悪するものではなく、むしろ喜ばしいことだった。
「何をするのか分るな」
「はい、ご主人様」
素直に返事も出来た。そして膝立ちになり、まだ力を得ていない肉塊をすくい上げるようにして口に含んだ。
「よし、そうだ。段々とスレイブらしくなってきたな」
浪川は両手で奈美子の頭を左右から掴むと、腰を動かし始めた。両腕の自由を奪われて、浪川の思うがままに扱われると、彼女はまるで道具のような感じである。だが奈美子は自分から口の中の肉塊に舌を絡ませて刺激を与える。
口での愛撫も排便を我慢している時に佐渡山に仕込まれた。まだ1回だが、そこそこのことは出来たし、今はフィニッシュまでいく訳ではなかった。浪川も森本興業の社長と言ってもまだ45歳の男盛りである。奈美子の口の中で、すぐに力を増してきた。

「ムグ、ムグ……」
「そろそろいいだろう」
奈美子の口から引き抜いたものは、完全に鎌首をもたげていた。
すでに、マットレスの上に四角い箱が置いてあった。箱と言うより1メートル弱の長さの角柱といった方が良い。1辺の長さは50センチ弱か。上には防水シートで覆われたクッションが固定されている。
「膝をついてその上にうつ伏せになるんだ」
奈美子が言われたとおりにする。上半身が箱の上に乗り腰が後ろにつきだされた。マットレスについた膝の部分が、箱の左右についているリングに縄で縛り付けられて、奈美子は腰を突き出したまま脚を開かされ、アナルはもちろん、秘部まであからさまになってしまった。

奈美子はそんな格好にされても、抗うこともなく軽く目を閉じて、これから起こることを待っているようだった。
剥き出しに曝されている菊座に郷山がアナルジェルを塗り始めた。
「あっ」
ひんやりとする感覚に、奈美子が思わず声を出した。だが、彼女にはそれが何かは分っていたので、その後郷山が指を肛門に差し込んで中にも塗り始めても、もう驚くことはなかった。むしろ滑らかに浪川を迎えられるように、肛門を緩めるようにして、郷山の指を受け入れていた。

その傍らで、浪川も自分の屹立したものに、丹念にジェルをまぶしていた。奈美子にとっては、アナルでの男との最初のつながりである。バイブを受け入れ、絶頂を味わったとはいっても、浪川のものを受け入れて、それも存分に味わえることが、これからの奈美子への調教に影響する。それを嫌悪するようなことは決してあってはならない。奈美子のように素質を持った女は、奴隷として仕えることで悦びを憶え、心を解放することが出来る。パーフェクト・スレイブを目指しているので、そこまで奈美子を導かなければならない。それが浪川を始め森本グループのチームの当面の目標だった。そのため、非日常的なアナルセックスは、入り口として重要なことだと浪川は十分に承知していた。

準備が終わると、浪川は自分の肉棒に手を添えて、ジェルまみれになっている奈美子の菊座に先端を当てた。その菊座は皺を寄せてぴたりと閉じている。しかし、郷山がアナルジェルを塗り込む時に、巧みに揉み解していたため、奈美子の口で硬くしこった先端は、そこを押し開いて潜り込んでいった。
「アア、ご主人様が入ってくる」
感に堪えないような声を、奈美子はあげていた。
浪川が巧みに挿入し、奈美子は苦痛を感じることもなく、一番太いところを呑み込んでしまった。その先もすんなりと、浪川の剛棒は奈美子の中に没した。
肛門管が竿の部分で開かれたままである。その感覚だけでも、奈美子は浪川と一つになってしまった、それもお尻の穴で……と、強烈に思い知らされてしまっていた。
「ご主人様がお腹に入っている……」
と、思わずつぶやいていた。

浪川は体勢を整えると、ゆっくりと抽挿を開始した。拡張が済み、バイブでも逝ってしまった奈美子だったが、そこはまだ狭く硬かった。浪川の剛棒はきつく締め上げられている。その刺激を楽しみながら、同時に奈美子にも快感を与えられるように、浪川は腰を動かす。
そうこうするうちに、滑らかに抜き差しが出来るようになった。
さらに直腸内の先端を使って、腸壁をなぶり始めた。
「気持ちいい……」
腸管には神経が無いのに、奈美子は躯の奥に官能の火がついてしまった。あのエクスタシーに導く光の珠が生まれてきてしまっていた。
奈美子には理屈は分らないが、浪川に巧みに攻められると、どんどん光の珠が育ってくる。
「お前はアナルも絶品だぞ。もっと鍛えて楽しむんだ」
「ご主人様~~」
何を言っているのか、もう自分でも分らないが。ただ押し寄せてくる快感に酔いしれてしまっていた。




ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

熟女人妻奴隷調教 第71回

「そうか、その内に分ってくるさ」
浪川にえぐるようにバイブを動かされる。さらに抜き差しも加わる。奈美子の躯の奥にポツンと灯った小さな光が、だんだんと大きくなってきた。
「ああ~~~」
甘い声が口から漏れて、苦痛に喘いでいた奈美子の顔が、うっとりとしてきた。
バイブの先端が小さく首を振りながら、大腸壁を揺り動かす。竿が肛門壁を震わせる。肛門壁から躯の中に伝わった振動は、肛門括約筋を揺らす。だが、その奥の大腸でうごめく亀頭は、さらにもっと躯の奥の快感の巣に火をつける。

「いい~~~気持ちいい…………」
眉間に縦皺を刻み、荒い息をついて、奈美子は完全にエクスタシーに入ってしまっていた。浪川は思っていたより早くアナルで感じてしまった奈美子の感度の良さに驚いた。
「そうか、感じるか。それをしっかりと覚えるんだ」
「いやぁ~~、お尻で感じちゃうなんて」
うわごとのように言いながら、奈美子の躯は愉悦の光で満たされてきてしまった。そしてそれは頭の中に拡がり、今にも爆発しそうである。

浪川の操るバイブも、奈美子のポイントを的確に突いて、ますます燃え上がらせる。
「ああ、アウウウ~~、だめぇ許してぇぇ~~~~」
上を向いて空しく口を開く蜜口も、淫液を溢れさせてきてしまっていた

奈美子の思いがけない反応に、浪川も夢中になりバイブを激しく動かし始めた。
「もっと優しく、だめ、それじゃあ痛い」
などと、奈美子も自ら求め始めた。
「よし、これでどうだ」
「いい、気持ち……いいぃぃ~~~ああ、だめぇぇ~~逝っちゃいそう」
「…………」
逆に浪川の方が言葉を失い、狂うように動かせない躰を揉む奈美子に夢中になってしまっていた。

躯の奥深くまで抉られて、口で激しく喘ぎまくる奈美子の躰が、ピクンピクンと痙攣し始めた。すでに頭の中に膨れ上がった光の玉は、爆発寸前だった。
「ヒィ、ヒィイ~~」
まともに息も出来ない。喉が引きつったような、喘息の発作にも似た呼吸音が続く。
「ヒィイ~~」
「しっかりと味わうんだ」

突然頭の中の光の玉が激しく爆発した。
「いやぁ~~~いい、イイイィ……イクゥ~~逝きますぅ」
叫ぶように告げると、奈美子は身体を震わせた。持ち上げられている足の指先がギュッと曲げられて、首ものけぞった。
上を向き無駄に口を開けている蜜口から、どっと淫液が溢れて、蟻の門渡りにしたたる。
「よし、よくやった」
「いい~~~ああぅ~~」
声を上げながら、奈美子は恍惚の世界に没入してしまった。

浪川以外の男たちも、全くアナル経験の無い奈美子が、バイブだけで激しく乱れる様子を、感激にも似た気持ちで眺めていた。森本が奈美子の資質を見抜き、パーフェクト・スレイブにして、森本グループのスレイブの頂点に据えようとした気持ちが理解できた。
大きく崩壊を晒すと、奈美子はがっくりと力が抜けてしまい、ただ激しい呼吸を繰り返すだけになってしまった。それを見て浪川はバイブを止めて、ゆっくりと引き出した。
もちろんアナルは体液を分泌することはない。引き出した後は空虚な暗い穴がぽっかりと開いているだけだった。だが、その大きさはバイブを呑み込む前に拡張された大きさより、一段と大きく開いていた。どはいっても、やがてゆっくり閉じ始めてきた。

それまで黙ってみていた布川が郷山に目配せをすると、立ち上がってマットレスのそばに来て、奈美子の縄を解き始めた。アナル拡張からかなり長い時間まんぐり返しで縛られていた奈美子は、自由になってもマットレスの上で仰向けに倒れたまま、無毛の股間も開いた状態で動けなかった。
「しばらく休ませてやるか」
郷山と佐渡山が奈美子を抱き起こして、奥の鉄格子のはまった所に連れて行き、その中にあるベッドに横にした。奈美子は男たちのなすがままに身を任せ、精も根も尽き果てたように、ベッドに倒れ伏してしまった。

それからどれほど経ったか奈美子にはよく分らなかった。男たちが戻ってきて、奈美子はまたマットレスの所に連れて行かれた。
そこで布川に後ろ手にしっかりと縛られた。もう後手縛りにされることに、奈美子は慣れてしまった。と言うよりは後手縛りにされて縄が肌に食い込み、自由を奪われると自然に被虐の世界に没入してしう。

「バイブであんなに乱れてしまったアナルだ。今度はご主人様の肉棒で、もっと激しく攻めてもらえ」
ここまで来れば、これからどうされるかは奈美子にも分る。浣腸をされたときに言われた三つ目の穴の意味も分ってきた。だが、実際にどうなるのかまで、完全に理解は出来たとは言えない。
奈美子の目の前で浪川が着ているものを全て脱ぎ捨てた。




ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい

テーマ : SM小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.縄に堕ちて
2.熟女人妻奴隷調教
3.禁断の館第1話未経験の女
4.禁断の館第2話未亡人再調教
5.淫狼の生贄
6.淫虐調教別荘
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

フェチのオカズ

人妻のよろめき

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

緊★縛エロチカ★

SM + 虐 待 & 拷 問

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

若狭と雫(全頭マスクの女)
RSSフィード