fc2ブログ

縄に堕ちて 最終回:女囚プレイ(9)

その姿をしばらく見上げていた野坂だったが、思い直したように小屋に行き、先端にディルドが取り付いた長い棒を持ってきた。言ってみれば、ディルド槍とでも呼ぶのだろうか。
「これで串刺しにして処刑する」
見せ槍の積りか、野坂はそれを耐子の目の前に突き出した。
妙子はうっすらと目を開けそれを見る。彼女もすっかり磔刑の女囚になっていた。
<これで貫かれて死ぬのね>

「自分の躯を貫く槍をよくしゃぶるんだ」
口の前に突き付けられたディルドを、首を差し伸べて含んだ。そしてまるで愛おしいように、丁寧に舌を這わせた。
「そんなもんでいいだろう。よし、行くぞ。覚悟するんだ」
野坂は手を上に伸ばして秘唇を押し開き、ディルドの先端を秘口に少し潜らせた。そして棒をしっかりと握る。
「えい!」
声を掛けると、グイっと一気に妙子の中に押し込んだ。
「ギャァ~~~」
まるで槍で貫かれたような声が響く。磔にされて曝されるだけで、妙子は躯を濡らしていた。唾液をまぶしたディルドが、そこを奥まで一気に突き刺した。子宮口を突かれて、本当に刺し貫かれたかと思うほどの刺激だった。

一旦奥まで押し込むと、野坂は棒を操って、ディルドを激しく動かす。
朝から何回も逝かされた躯の上に、屋外での大股開きの磔という妙子には刺激的な縛りで、彼女は完全にMの世界に没入してしまっている。
「ああ、あっ‥‥‥ああぅぅ~~~」
足の指がギュッと曲がる。きつく閉じた目の間に深く皺をよせ、耐えられないとばかりに首を振る。
「それ、これでどうだ。逝け!」
「うう、うううぅ」
食いしばった歯の間から声が漏れるる。大きく開かれた股間からは、しとどに愛液が漏れだしてきた。それに力を得たか、野坂はただ突くだけでなく抉るように棒を動かし始めた。

「ヒィ~~」
妙子は耐え切れなくなって、がっしりと柱に縛り付けられながらも、悲鳴を上げながら、動ける範囲で躰を震わせて、絶頂をあからさまにしてしまった。
それでも許されずさらに槍は突いてくる。
妙子も貪るように、躯の中に膨らんでくる快癒の塊に全てを投じてしまっていた。
「ひぃぃ~~~、ダメ!ああ、いくぅぅ、逝きますぅ~~~」
突然盛大に潮を吹き出しながら、妙子は完全に崩壊してしまった。波のように、何回もエクスタシーが彼女を襲う。そして、激しい恍惚の極致が過ぎると、がっくりと力が抜けて、磔柱に身を委ねてしまった。

「美しい‥‥‥」
野坂はディルド槍を引き抜くと少し離れて、余韻に浸り、まるでうっとりとしているかのような妙子を見上げながら、思わずつぶやいていた。

明るい日差しの中に、素肌を全て曝して、磔柱に抱きかかえられているようだ。その姿を見つめているうちに、彼は下半身に漲ってくるものを感じていた。
最後の止めに生の槍で貫いてやろう‥‥‥そう思うと、居てもたってもいられなかった。
磔柱の下に、台を動かして設置すると、そこに登った。
「もう少しこのままにして‥‥‥」
薄っすらと目を開けてそれを見た妙子は、もう解放されると思ったのか、思わず哀願していた。完全に別世界に入り込んでしまっているようだった。

だが、それには答えず、野坂は乱暴に自分の来ているものを全て脱ぎ去って、力が満ちた剛棒を剥き出しにした。
「妙、俺の槍で止めを刺してやるぞ」
「嬉しい‥‥‥」
その意味を理解したのか、妙子はそっとつぶやいた。
台の上に立つと、大きく開かれて曝されている秘裂が、野坂の剛棒の高さと殆ど合う。
既にディルド槍で突かれて、妙子の肉裂はしとどに濡れそぼっていた。野坂は腰を少し沈めると、やにわに肉壺を突き上げた。

「ああぁ~~~」
アクメの後の恍惚感に浸っていた妙子は、押し入ってくる野坂に肉塊に気付き、また快感が膨らみ始めてしまった。
そう言えば、いままで野坂の肉棒を、肉筒に迎い入れたことは無かった。口やアナルでのつながりだけだった。初めて秘部で一つになれたことだけで、妙子は感動が高ぶってきていた。
野坂は突きあたるまで挿入すると、柱ごと妙子を抱き締めてじっと動かない。

彼の肌との密着感と肉筒の奥への圧迫感、そしてそれ以上に躯の中に彼の肉を呑んでいるという意識だけで、妙子は徐々に燃え上がってきていた。
「あ~~~」
じっと妙子の躯の中で動かなかった野坂の肉塊が、微妙に動き始めていた。彼が意識して動かしているのではなく、中腰の姿勢で長くいるので、多少とも楽になろうとしていたのだろう。だが、その動きが妙子を激しく刺激していた。

一度ディルド槍で逝かされた身である。その上、高い所に大の字に磔られて犯されている。そのアブノーマルな状態も、妙子を何が何だか分からない状態に追い上げていく。
野坂の小さな動きに反応して、膣壁がギュッと縮む。
「いいぞ、妙子凄いぞ」
「あぅ、だめぇ~~いきそう‥‥‥」
「逝ってもいいぞ、思い切り気をやれ」
「ウウッ‥‥‥」
僅かに呻きながら、抱き締めている妙子に躯にギュッと力が入った。左右に伸ばされている両足の先がグッと丸まる。野坂の肉棒を呑み込んだ秘筒がきつく締まり、さらにその壁が波打つように動く。その刺激で、さすがの野坂も腰の奥から激しい快感が沸き上がってきて、肉棒が熱を持ち膨らみ始めた。
「おねがい、きてぇ~~~」
妙子の叫びと同時に、野坂は肉棒の先端から、大量に白濁した液を妙子の子宮口に浴びせかけていた。
「ウウウッ‥‥‥」
歯を食いしばり、眉間に深い縦皺を刻みながら、妙子は究極の愉悦に落ち込んでいた。
何回も放出を繰り返したが、野坂の剛棒はそのまま妙子の中に納まっていた。妙子もそのままアクメの余韻に浸っていた。
堂々と磔柱に晒した裸体を開いたまま、その身を野坂に預け、まだ時々ヒクヒクと秘肉がうごめき、野坂の肉棒と絡み合った。
<とうとうご主人様と一つになった>
その幸せを妙子は噛みしめていた。


これで妙子の物語を終わりにします。完全に開花して縄に堕ちた奴隷とご主人様の今後は、皆さまの妄想に委ねます。

次回から、新しいストーリーを始めたいと思います。相変わらずのハチャメチャでご都合主義のストーリーですが、引き続きご愛読ください。





ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

縄に堕ちて第31回:女囚プレイ(8)

妙子は母屋に戻されていた。
庭に面した和室に敷かれた布団で休んでいたが、水分を摂り、やっと人心地が付いた様子だった。すでに躰にこびりついていた蝋滓はすっかり剥がされて、全身を蒸しタオルで拭われていた。
「これで、今回は終わりにしようか」
「お願いです、最後まで連れて行ってください。まだあるんでしょう」
「ああ、そうだが。妙子がもたないんじゃないかと心配なんだ」
「大丈夫です。やっと殻が剥け始めた感じ。すっかり剥いて本当の私を曝してください」

野坂はしばらく考えていた。だが、畳の上に放り出されている縄を手に取った。
「じゃあ、起き上がって腕を後ろに回して」
もう何回も通った手順だった。言われた通りにしてうつむいた妙子に、野坂は素早く縄を掛けていった。
「アア~~気持ちいい‥‥‥」
うっとりと目をつぶる妙子の肌に縄が絡みつき、後手縛りが出来上がった。

「御沙汰が決まった。10両盗めば首が飛ぶ。妙の罪はとてつもなく重い。覚悟するんだな」
また野坂はプレイに戻って、芝居がかったセリフを言った。
「はい、お受けいたします」
「立って外に出ろ。これから林の中を引き回す。人は居ないが、鳥や動物たちが喜んで見てくれる」
妙子は身を捩って立ち上がると、縁側から藁草履を履いて庭に降りた。それに続いて野坂も降りる。手にはばら鞭を持っていた。
「右に行って林の中に入るんだ」
言われた通り、妙子は一糸まとわぬ裸身を曝して、木々の間を進んだ。
道があるわけではない。足元は短い下草だけで歩き難くはなかったが、後手にがっしりと縛られているので、体のバランスが取りにくい。倒れないようにゆっくり進むが、それでもふらついてしまう。

「しっかり歩くんだ」
後ろから鞭で打たれる。
「あっ!」
妙子は身を立て直して歩き始めた。
「右だ、右に曲がるんだ」
また鞭が尻の膨らみに炸裂する。
「うっ、許して」
「だったらしっかり歩け」
鞭に追われ、妙子はよろめきながら林の中を右へ左へと歩かされた。
そのうち、どこをどう歩いているのか、妙子には見当もつかなくなってしまった。多分富士の樹海を歩いているのと同じなのだろう。
自分の意志ではなく、野坂に言われる通り右左と曲がりながら、木々の間を歩いている。樹木に遮られてどこに居るのか分からない。
鞭に追われて木の間を抜けると、その先にも木が茂っていた。

足元だけを見て、よろめきながら鞭に追われて夢中で歩いているうちに、林から広場のような所に出た。広場と言っても、林の中にぽっかりと空間が開けているだけだった。
「処刑場に着いたぞ」
野坂の声に顔を上げると、そこにデンと磔柱が立っていた。それも十字型ではなく、キの字型の男柱である。柱と横木はきっちりとはめ込まれていて、磔柱に凹凸はない。
柱の前に、下の横木とほぼ同じくらいの高さの、階段の付いた木製の台が据えられていた。車輪が付いているので、可動式なのだろう。
野坂は少し離れた所に建つ物置小屋のような所から、縄の束を持ってきた。それから妙子の後手縛りの縄を全て解いた。

「登れ」
鞭で追われるように階段を登る。その後ろから野坂が縄の束を持って続いた。
「この磔柱を見れば説明しなくてもわかるな」
妙子は小さくうなずく。
「じゃあ、柱に背を付けて立つんだ」
言われた通り妙子が立つ。
「両腕を少し広げて」
妙子が両腕を広げると、野坂はその上半身をしっかりと柱に縛り付けた。

「右腕を横木に添えて伸ばせ」
逆らうことも無く、命じられた通り、妙子は横木に腕を添わせた。そこを数か所、これもまたしっかりと縛り付けられた。
左腕も同じように縛り付けられる。一番躰に近い縄は、脇の下を通り、体ごと柱と横木にしっかりと縄掛けされた。

これで、妙子は上半身を完全に磔柱に固定されて動くことも出来なくなった。彼女はその拘束感を味わうかのように、目を閉じて俯いている。覚悟を決めた女囚の風情でもある。
両脚は台の上にある。その片方の足首をつかむと、野坂は大きく開いた。妙子は野坂が成すが儘に、逆らわずに脚を預けた。これ以上は無理と言うくらい開くと、その足首を横木に括り付けた。さらに、反対側の脚も同じように開いて、横木に縛り付けた。

「うう‥‥‥」
足先が台から離れて、体重が縄に掛かる。締め付けられる力が強くなり、妙子は僅かに呻いた。しかし、彼女にはその拘束感が快感につながる。
「よし、出来た」
野坂は台から降りると、車のストッパーを外し、台を移動した。台が無くなると、妙子を括り付けた磔柱だけが、昼間の光の中にすっくと立っていた。
「目を開けるんだ。磔られた気分はどうだ」
「高いわ。ここで処刑されるのね‥‥‥」
下の横木の高さは、野坂の肩位である。見上げるほどの高さではない。しかし、そこから自分の身長が加わるので、妙子にはかなり高く感じた。
真昼の屋外で磔にされる。いつかは経験したい姿だった。
無毛の躰を大きく開き、秘すべき所もあからさまにされている。躰に縄が食い込み締め上げてくる。妙子はその刺激に陶酔していた。




ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

縄に堕ちて第30回:女囚プレイ(7)

「どうなっているか見てみるか」
この蔵にも姿見が置いてあった。野坂は、それを妙子の前に移動してきた。
Yの字型に逆さに吊られた妙子の全身が映っている。そして体の中心に紅い蝋燭が立ち、炎が上がっていた。

「‥‥‥」
一目見て、妙子は声も出せず、身を固くした。
「倒れると火傷するぞ。呑み込んでしっかり締め付けているんだ」
野坂がスイッチボックスへ行き、蔵の照明を消した。蔵の中が明り取りの上の方の窓からの光だけになり薄暗くなった。蝋燭の光が辺りをぼぅっと照らし出す。まさに妙子は燭台になってしまった。
野坂にとっては、幻想的な光景だった。特に妙子の股間が明るく強調されている。野坂もその光景に見惚れていた。

だが、妙子を悩ませたのは、アナルに挿入された電マの振動が、粘膜を越して蝋燭の根元に伝わってきていることだった。まるで蝋燭がバイブのように振動する。バイブを直接挿入されたほど激しい振動ではないが、それでも絶え間なく震える蝋燭が、妙子の敏感なポイントを刺激してきていた。

蝋燭が燃えて徐々に蝋が融け出した。微妙に振動している蝋燭は、真っ直ぐに立っているように見えたが、多少傾いてきたようだ。さらに、大腸から伝わる電マの振動で、微妙に震えている。そのため融けた蝋涙がポツリと秘裂に落ち、サーモンピンクの粘膜に直接触れた。
「痛い!」
妙子の躯がぐらりと揺れた。その拍子に、融けた蝋が飛び散り、新たな粘膜が襲われる。
「ひぃ~~痛い! いやぁぁ~~~」
蝋が当たった所は、熱さを感じるより先に痛さとして感じる。それが次の瞬間に熱くなる。蝋に焼かれる度に、我慢をしても、どうしても妙子の躰は揺れ、それが益々蝋を肌に垂らす。

その繰り返しが分かっても、熱蝋の衝撃に妙子はもがいてしまう。さらにアナルからの電マの振動で震える蝋燭が、蝋涙を撒き散らしてしまっていた。
「ウウゥ、アゥゥゥ~~~」
流れ落ちる蝋や飛び散る蝋涙で、妙子の股間は赤く覆われてきた。有難いことに、肌を覆った蝋の上に落ちた蝋涙には余り熱さを感じない。
だが、蝋の熱さが和らぐにつれて、妙子は別の感覚に悩まされてきていた。
アナルに挿入した電マが揺らす蝋燭が、躯に快美な刺激を送り続ける。その刺激に敏感になってきてしまった。
熱さに紛れて感じなかったのか、今では激しく妙子を追い上げてくる。
歯を食いしばって、それを感じないようにしていたが、逆さに吊られていることもあり、脳がしびれて恍惚となってきてしまった。

「ああ~~」
その快感に思わず声を漏らして躰を動かしてしまった。蝋涙が一度に肌を襲う。
「ひぃ!」
さらに大きく動いてしまった。もう、どうしようもない。
逆さに吊られているので、頭もポーっとしてきて、アナルの電マとその振動を拾う肉筒の蝋燭に刺激されて、躯はどんどん燃え上がってきてしまっていた。それに加えて、熱蝋の責め。

二穴からの愉悦と熱蝋の痛さ、熱さが入り混じり、妙子は蝋の刺激で我を忘れていった。と同時に、あの恍惚とした白光の玉が躯中に広がり、どんどん妙子を追い上げていった。
「ああ~~~~、あうむぅ~~」
声が途切れなくなり、半分意識を失ったような頭の中で、強烈な閃光が破裂した。
「イクゥ~~ゥゥ」
どうしようもない絶頂感を、体を揺らして全身に味わっていた。その揺れで、蝋涙が一気に躯のあちらこちらに飛び散った。その熱さでさらに深くオルガスムスに没入し、完全に崩壊を曝してしまった。




ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.縄に堕ちて
2.熟女人妻奴隷調教
3.禁断の館第1話未経験の女
4.禁断の館第2話未亡人再調教
5.淫狼の生贄
6.淫虐調教別荘
7.HOS・奴隷達の館
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

フェチのオカズ

人妻のよろめき

人妻・熟女の不倫実話と創作官能小説専門ブログ 元ヤン知佳の美貌録

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

緊★縛エロチカ★

SM + 虐 待 & 拷 問

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

若狭と雫(全頭マスクの女)
RSSフィード