FC2ブログ
DUGA

歪んだ正義=家元・香澄(第43回:最終回・奴隷K 11)

翌日Kは雁字搦めに後ろ手に縛り上げられて、蔵の床に転がされていた。
上半身は菱縄でがっしり縛られて、その縦縄の縄尻が整形して形を整えられた秘唇の間を通って股間を割っていた。股間を縛り上げた二本の縄の間には、すでに勃起してしまって顔を出した敏感な球が挟まれている。縛りはきつく、ほとんど秘裂の中に没してしまっていた。
ただ脚には全く縄はなかった。だが、それがKにとってどういう意味があるのかは、しばらくしてから思い知らされた。
口にはなめし革で出来た猿ぐつわが噛まされて、さらに柔らかな革で出来た目隠しもされていた。
Kはすでに1時間くらい、その状態で放置されている。視界を奪われた暗黒の中で、秘裂に食い込む縄の痛さに耐えながらも、Kはきつく締め付けてくる縄を味わっていた。
躰を動かすたびに、縄のきしむ音がし、締め付ける拘束感も変わる。Kはまるで芋虫のように躰をくねらせて、その拘束感を味わって、ほとんど縄に酔ってしまっていた。

中本が作務衣姿で蔵に入ってきた。
「今度の調教の仕上げだ。しっかりと鞭を味わうのだぞ」
Kは視覚を奪われて、中本の居る所は分からない。突然の声にその方に顔を向けた。
「ムムム‥‥‥」
猿轡のために言葉にはならない。
「何言っているんだか分からないが、今は言葉はいらない。鞭を受けてそれを悦びにするんだ」

Kは脚をピタリと合わせて、仰向けで転がっている。菱縄でせり出された乳房の頂で、乳首がすでに尖っていた。
そこをめがけて、最初の鞭が振り下ろされた。ばら鞭であるが、さすがに敏感な所なので痛みが鋭くKにひびく。周りの状況が分からないので、Kにとっては突然の攻撃だった。
「ムゥッ!」
くぐもった悲鳴が漏れてKの躰が横になり、脚を折って縮こまった。そのために大きくせり出してしまった尻の膨らみに次の打撃が向かった。
バシッ!
「ウムゥ~~」
反対側に転がると腰を打たれた。
目隠しをされると感覚が鋭くなる。気配で中本のいるところは何となく分かったが、それとは別に鞭の痛みも鋭くなる。

Kは鞭を受けるたびに、転がって逃げるが、それは中本に新しい攻撃場所を提供するだけだった。さらに動くたびに、脚が乱れて股間が剥き出しになってしまう。埋没するほど縄を食い込まされた秘裂が、鞭の前に無防備に曝された。中本がそれを逃すはずはない。空を切る音と共に、激しい攻撃に見舞われた。
「ムギュ!」
異様な呻きを吐き出して、Kの躰が跳ねた。
股を割っている縄だけでも鋭い痛みだが、それに鞭の痛さが加わる。

「まだまだこれからだ」
転げまわって逃げようとするKを追って、中本の鞭はとどまるところを知らない。
バシッ!
ビシッ!
「うう~~~」
縄を纏っていても、肌の露出は多い。その肌に鞭が弾けた瞬間は、耐えがたい激痛がはしる。しかし、それは瞬間とは言えないけれど、短時間で消える。Kはそれはそれとして我慢して耐えた。その痛みは躯に浸み込んでくるように消えていく。そしてじーんとした痺れにも似たものが、躯の中に広がってくる。
Kは詳しく自分の状態を分析していたわけではない。そんな余裕すらなく、ひたすら中本の鞭打ちから逃げるように、床の上を転がり、肌に炸裂する痛みに耐えていた。

びゅーん、バシッ!
「ああぅ~~」
もう脚を合わせて股間をかばう余裕もなく、Kの全身が攻撃対象になってしまった。
既に縄からこぼれている肌は紅くそまって、一部はみみず腫れになっていた。
中本はばら鞭だけを使っている。彼にとっては、鞭は痛みを与えるだけでなく、鞭でKを愛撫している感覚でもあったようだ。切り裂くような痛みより、同じ痛みでもある程度鈍い痛みを与えたい、それが彼の愛情なのだろう。それと同時に、上品な家元の殻の中に隠棲する、Kという人格を引きずり出したかった。

どの位続いたろう。中本も全身汗まみれになって、息も上がってきた。
Kは打たれる度に、激しい痛みに見舞われていた。痛みに悲鳴を上げてこらえた後に、その痛みが躯に浸み込んで広がってくる。その広がってくるものは、直接の痛みではなく、打たれたところから放射状に、疼くような感覚となって広がり、徐々に躯に浸み込んで大きくなってくる。それが消えないうちに、鞭で激しく打ち据えられて、またその感覚が広がり、積み重なって躯の中を満たしてきてしまう。
その挙句、それがまるで快感の球のように膨らみ、Kの躯の中で爆発し、光を四方に放出しているようだった。
<いやぁ~~~、鞭で打たれて感じちゃってる。そんな~~~>
Kは必死に打ち消しても、躯は正直だった。すでに愉悦の光は、とどめることが出来ないほど、頭の中まで満たしてしまっていた。

バシッ!
「アアゥ~~~」
大きく開いた股間に鞭が当たった瞬間、Kが躰を突っ張らせた。そして突然足の指を曲げて、頭をのけぞらせて、アクメに似た状態を示した。
中本がよく見ると、股間に食い込んだ縄の色が変わっていた。
中本は手を止めると、Kの顔を覗き込んだ。
「逝ったか、逝ったのか」
言葉を奪われているKは、やっとの思いで頷いた。その時も躰を痙攣が走って、アクメの状態が続いていた。
Kは鞭だけで、初めて絶頂を極めてしまった。マゾ奴隷として、また一つの峰を超えたことになった。

その日の夕方、一条香澄に戻ったKは、中本の車で自宅に戻った。これから、また華道霞流家元としての生活が始まる。二日間で躯の中で蠢いていたものを、奴隷Kとしてすっかり吐き出して、家元としての別の生活をする。しっとりとした上品な家元の中のKは、しばらくは大人しくしているだろう。だが、香澄はそれもまた自分であることを、一時も忘れることはない。Kとしての悦びが、香澄の人生を豊かにしていることを、幸せに思っていた。    (終わり)


長い物語になってしまいました。「歪んだ正義」シリーズは、これで終わりとします。
次回からは、新たな物語を始めたいと思いますので、引き続きご愛読をお願い致します。



サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

歪んだ正義=家元・香澄(第42回・奴隷K 10)

再びKの躰を横に寝かせると、中本の指が尻たぶを割り、菊座を剥き出しにした。そこにたっぷりとアナルゼリーをぬる。
Kからは直接見えなかったが、ひんやりとした感触でそれが分かった。
「うう~~~~ん」
Kの鼻から甘い呻きが漏れた。アナルセックスを経験し、その魅力を知ってしまっているKは、アナルを愛されるという期待だけで、すでに狭間からは愛液が滲み出ている。

自分の肉棒にもたっぷりとアナルゼリーをぬると、中本は菊座の中心にその先端を合わせた。そして、Kの躰を押さえると、ゆっくりと腰を進めていった。
何回かアナルでつながっているし、直前にはアナルビーズで一度開かれている。柔らかくなってしまったKの肛門は、中本の肉棒を容易く呑み込んでいった。
とは言っても、先端の太い所はやはりきつい。Kは深呼吸をして肛門を緩め、中本も抜き差しを繰り返しながら、腰を入れていった。
やっと亀頭が没すると、後はスムーズに呑み込まされてしまった。

「いつもながら、お前の尻の穴は絶品だな。気持ちよく締まっている」
横たわって、背後から寄り添うように体を寄せ、中本がKの耳元で囁いた。
「アゥ~~~」
甘えるように呻きながらKが何か言ったが、それは言葉にはならなかった。

Kを抱きしめながら、中本はゆっくりとその剛棒を根元まで入れた。そして細かく動くと、今度は剛棒を引き抜き始めた。
亀頭が半分くらい見えると、またゆっくりと押し込んでいく。そうしながら肛門の締め付けを味わっていた。
Kもその動きで肛門の粘膜をこすられて、そこに集まっている神経が刺激される。さらにグイっと押し込められると、大腸の中の快感のポイントを的確に抉られて、そこも感じてしまう。
最初のころは大腸では何も感じなかったが、最近では、中本が開発したことで、Kは肉壺を抉られるよりも大きな快感が生まれるようになってしまっていた。
中本もそれを承知で、大腸の快感ポイントを責めていく。

Kが猿ぐつわをされた口で何かを言っているが、言葉にはならなかった。
徐々に中本の抽送が速く激しくなる。
「アアゥ~~~アア、ア~~~」
Kが感じれば感じるほど、肛門の締め付けが強くなる。それが中本に一層の刺激になった。
「おう、いいぞ。いい気持だ‥‥‥」
「ああぉ~~ああぅぅ~~ん」
口をふさがれていなければ、愉悦の中でKは卑猥な言葉をわめいていただろう。それも聞きたかったが、言葉を封じられて、じれったげに呻くKも、中本にとっては愛おしく、益々自分も高ぶってきた。

Kの背中に体をピタリと密着させて、両手を縄で無残につぶされた胸の膨らみに回して、中本は汗みどろになりながら、体を動かしていた。
「ううう~~イィ~~~」
「もっと味わうんだ、まだ逝くんじゃないぞ」
中本は今まで習い覚えた秘術を尽くして、Kを攻め上げていく。
目を閉じて、眉間に皺を寄せて、押し寄せる快感の波に呑み込まれるのをKは耐えていた。
しかし、腰のあたりに生まれた光のような愉悦の球が、どんどん育っていく。そして、それが躯中に広がり、頭の中も占領されてしまい、Kにはもうどうしようも出来ない。
「うう、うぅぅ~~~~、あああ~~~あ~~~~」
口の中に押し込められた中本の褌を噛みしめても、猿轡を通して大きな淫声が漏れてしまう。あの上品なお華の家元の声とは思えない、卑猥な呻きだ。
それが中本を一層刺激する。

突然Kの躰が反り返った。自分の両脚を、抱えている腕が引き寄せる。頭がのけぞり、まるで苦痛をこらえるように眉間の縦皺がさらに深くなる。目はあいてはいるが虚ろだ。
口で息ができない分、鼻から激しい呼吸と共に、唸り声を上げる。
「んん~~~ムゥ~~」
ふいごのように腹を喘がせた後に、中本の腕の中でガクガクとKは痙攣し始めた。
Kが逝くときのアナルの強い締め付けに、中本は頭の芯から快感にまみれて、しとどにKの大腸を大量のスペルマで焼いた。
「ウウ~~~ムゥゥ‥‥‥」
二人は同時に、絶頂に登って、めくるめく快楽の中で、全てをさらけ出していた。




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

歪んだ正義=家元・香澄(第41回・奴隷K 9)

ビーズにもたっぷりとアナルゼリーをぬると、先端の一番小さな球がKの菊の蕾を割って、肛門に押し込まれた。小さな先端の球をKのアナルは簡単に呑み込んでしまった。球で肛門が押し開かれると、ポコンという感じで、躯の中に消えていく。さらに次の球が押し込まれてきた。前のより確実に大きい。だが、Kの肛門はそれも楽に呑み込んだ。

ひとつずつ、ゆっくりと押し込まれていく。途中まで来ると、さすがのKの肛門も、そう簡単には入らなくなってきた。
「ああ、苦しい‥‥‥」
括約筋を引き裂くような痛みはもうないが、大きく肛門を開かれる感覚は、いつまでたっても気持ちよいものではない。それでも、Kは最後の一番大きい球まで呑み込んでしまった。肛門からは、引き出すための取っ手だけが突き出していた。

アナルで中本とつながった経験はもう複数回あり、括約筋もすっかり柔らかくなっていたが、それでもいつも違和感がある。特にアナルビーズでのいたぶりは初めてだった。
中本が取っ手に指を掛けて揺すった。一番大きい球も躯の中に呑み込まれているが、肛門は取っ手につながるやや太い軸を咥えている。その軸が揺すられて、肛門壁が刺激される。
その肛門壁には神経が集まっている。何回かアナルファックを経験しているKには、それだけでも感じるものがあった。

アナルで何回か絶頂を極めたこともある。アナルで愛してもらえるなら、じらさないでほしい。
「アア~~ン‥‥‥だめぇ~~」
「感じてきちゃったのか」
「意地悪言わないで、抜いてください」
「じゃあ抜いてやろうか。自分でも息んで吐き出すんだぞ」
中本は取っ手に指を掛けると、ゆっくりと引っ張った。肛門が大きく開いて、躯の中に納まっている一番大きい球が顔を出してきた。未練がましくゆっくりと溢れてくると、ぽこんと飛び出してきた。

「アア~~~」
「そら次だ」
やや小さめの球なので、最初の物を吐き出すと次は多少楽だった。ぽこんと飛び出す。簡単なようだけれど、Kには肛門壁が引っ張られて、球でこすられて、ひとつ吐き出すのも苦しい作業だった。ただ徐々に球が小さくなるので、段々楽にはなってはきたが。
ポコン、ポコンと引っ張り出されて、半数くらい出たところで、アナルゼリーを追加すると、中本はまた押し込み始めた。
「いやぁ、もう許して」
「清めてきたのは分かったが、こうやって事前準備をしておけば、後が楽しめるだろう」
「‥‥‥」
何を哀願しても、中本が満足しなければ、許されないのは分かっている。とうとうKは目を閉じで何も言わなくなった。
アナルビーズを抜いたり、また挿入したりするたびに、肛門が開いたり閉じたりする。Kは段々高ぶりを示し始めた。

ただ、これで責めるわけではなかったので、中本は何回かアナルビーズを往復すると、完全に抜き取った。
「綺麗だな。言うことをちゃんと守ったことは分かった」
アナルビーズで嬲られて、Kはもうぐったりしてしまっていた。そうでなくても、バイブと鞭で完全に逝かされた後である。
中本は着ている作務衣を脱ぎ捨てた。さらにもっこ褌もとると、横なっているKの頭の方に回った。仰向けで膝をかかえたまま、Kは中本が次に求めるものを待った。

「口をあくんだ」
Kは予想していた通りだったためか、素直に口を開いた。鼻輪をされて、それに縄を取り付けたままだったので、開いた口を邪魔していた。中本はそれを動かすと、Kの口に肉棒を差し込んだ。
「あぅ」
「これからお前の躯に入るものだ。舌でしゃぶって綺麗にするんだ」
Kは何時もの通り、口に入れられたものに舌を絡めながら、頭も動かして、今まで習い覚えた愛技を尽くした。
「う~~ん気持ちいいぞ、すっかりうまくなったな」
Kの顔に跨るように腰を落として、中本もKの動きに合わせて腰を動かした。
Kの口の中で、中本の豪棒は完全に力をみなぎらせた。中本はそこで引き抜く。
「この口はもう用がないな。寂しいだろうから、これを咥えていろ」
そういいながら、自分が脱ぎ捨てたもっこ褌を丸めると、Kの口に押し込んだ。
「あぅっ」
それでもKは素直に口の中に受け入れた。中本が鼻輪につながっている縄を、口を割って巻き付けた。
「ムォ‥‥‥」
縄が歯を割って顔に巻き付き、口に入れられたもっこ褌を奥に押し込む。これでKは言葉を奪われてしまった。さらにその縄が鼻輪につながっているので、鼻も引っ張られてしまった。
Kには見えないが、無残な顔になってしまっている。




サンプル動画が見られます




サンプル動画が見られます



ご訪問の記念にクリックして、ランキングを上げて下さい。

テーマ : SM
ジャンル : アダルト

プロフィール

masterblue

Author:masterblue
FC2ブログへようこそ!
内容は全てフィクションです。
18歳未満の方はご遠慮ください。
リンク先でのトラブルは、一切責任を負いません。
ご自分の責任で入ってください

FC2カウンター
全記事(目次)

全ての記事を表示する

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク
メールフォーム
ご感想、ご要望等々お寄せください

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
バックナンバー
1.新・理不尽な崩壊
2.新・淫虐のロンド
3.新・被縛の中に
4.新・爛れた因習
5.新・恥辱の万華鏡・女教師
6.新・恥辱の万華鏡・女医
7.新・恥辱の万華鏡・人妻
8.新・淫悦への調教
9.新・縄を求めた女
10. 歪んだ正義=人妻・久美
11. 歪んだ正義=若妻・麗華
12. 歪んだ正義=家元・香澄
13. 女秘書淫虐拷問
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード